10 月<< 2019年11 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>12 月
 

発覚した原発のワイロ、マスコミが引き起こした日本の政治問題

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  今日も政治の話を書くと、関西電力が原発関係から金をもらって、インチキをしていたと聞いている、

  数億の金をもらっていたらしいが、いわゆる原発マネーの不正疑惑がある、


  原発は国の支援などがあるので、建設をすると莫大な資金が得られるとか、そういう特徴がある、

  また原発関係はブラックボックスが多く、不正をしても分からないところが多い、


  例えば原発の作業をしている人は、専門家がしているように思うだろうけど、実際は浮浪者を雇って作業させている場合が多い、

  なぜかというと、被爆するリスクを避けるためにはそういう立場の弱い人を、強制的に働かせているとか、そんな話もあるようだ、


  普通の発電所ならば不正をすれば、直ぐにバレてしまうのだけど、原発は国が情報公開をしないようにしているから、不正をしても調べる方法がない、

  少し前も原発で重大なミスがあったとか、長期間原発の一部の機器の検査をしていなかったとか、そういう話あるのはチェックシステムが基本的にないからだ、


  今回の件は数億という金額を、関西電力のトップに渡していた、常識的に考えれば賄賂だが、渡した側が亡くなっているので、その人の責任にしようとしている、

  原発の問題としてあるのは不正がいくらもできて、それを国が支援している点がある、


  実はマスコミも原発に買収されているため、どんな問題を起こしたとしても基本的には批判をしなかった、

  福島の事故が起きてからは批判もするが、それ以前は日本の原発の危険性について、報じたメディアは殆どなかったと思う、


  元々日本の原発は読売グループのトップが、アメリカの大統領と裏取引をして、日本中に作ったのが始まりだと言われる、

  日本は原爆が落ちて核アレルギーがあるから、それを緩和するために読売グループがプロパガンダをして、そのトップは自民党議員党して当選し日本中に原発を作った、


  つまり福島に人住めなくなったのは、読売グループとマスコミが原因なのだが、ともかく原発は腐った世界で、税金のちょろまかしなどが横行している、

  いわゆる昔の無駄な公共事業と同じで、目的があるわけではなくて利害関係があってやっているだけだから、基本的に不正しかしていない、


  そんな連中が金をもらったのだが、当然マスコミは批判をしないだろう、連中は政府の犬だから批判をしたとしても、ガス抜き程度のことしかしまい、


  こうやって社会は腐っていくわけだが、日本人は事なかれ主義で周りに合わせれば良いと考えているが、今回のような問題が起きたときにそういう発想は、原因をあやふやにしてしまって、十分な対策ができなくなる、


  この国の文化は問題への対処をする能力がない、福島の原発だって事前に分かっていれば、事故を起こさなくですんだはずだ、

  それが起こってしまったのは日本人が物を考えず、問題への対処をする文化がないからで、今回もそれが原因で良い結果を得られないと思います、


  次に、ちょっと抽象的な話になりますが、マスコミが引き起こした日本の政治問題、という話を書いてみると、

  以前から私はマスコミの異常性を感じていて、それが日本をおかしくした原因だと思っています、


  昔バブルの頃があって、その後崩壊した時期があったのだけど、マスコミの言っていることは支離滅裂だった、

  
  バブルの頃は実力で行けるのは係長まで、日本の会社は学閥派閥年功序列で、どのような学校を出るか年齢はどうであるか、それによって全てが決まると言われていた、

  当時のマスコミは狂ったようにこの情報を流していて、国民を洗脳してそうだと思い込ませていた、


  ほんと、連中は今から思うとカルト宗教じゃないかというくらい、国民を洗脳するような報道を繰り返して、それ以外の人の生き方をしたいなら死ねとでもいうような、極端な考え方を社会に広めていた、


  じゃあそれが成り立ったのかというと実はなく、バブルが崩壊したら今度は東大を出てもフリーターしか仕事ないとか、そういう世の中になってしまった、

  バブルの頃は東大を出たら一生は安泰で、高収入を得られるといっていたのに、ほんの数年でそんな世の中が終わってしまった、


  崩壊後もマスコミはなんとか、学閥派閥年功序列が社会のルールだといっていたが、結局成り立たないのでいわなくなった、


  この話の本質的な問題としてあるのは、マスコミが人の生き方に過干渉しているということ、

  例えばバブルの頃に何歳までにこうしないと、あなたは人間として生きていけなくなりますよ、そういう情報をテレビや新聞を使って大量に流す、


  実際にそうなるならば良いけど、ほんお数年で全て破綻してしまって、マスコミの話を信じていた人は、大半が人生が破綻したのではないか、


  本来であればマスコミの仕事は、国民にとって役に立つ情報を提供するものだ、

  だとしたら人の生き方などを指示するのではなく、どのような可能性があるとか、社会で必要になる情報の提供に留めるべきだった、


  それなのに人の生き方は完全に決まっていて、それ以外の生きたをしたら全員死にますよみたいに脅していた、

  更にそれが数年後に完全に間違うのだから、連中の害は非常に強くある、


  もしマスコミが人の生き方を決めるような、過剰な報道をしていなかったら、例えバブル崩壊のような話が起きたとしても、国民は柔軟に対応できただろう、

  それができなかったのはマスコミによる洗脳が強くて、国民が柔らかく考えられず、現実を理解できなかったからだ、


  学閥派閥年功序列の世の中だと考えて、バブル崩壊後の社会を生きてみたらどうなるか、かなり高い確率で人生は破綻してしまう、

  過剰にこれが正しいとマスコミがプロパガンダをしなければ、自分の立場に立って考えられるから、被害に合わずにすんだ可能性が高い、


  で、この話はその後の日本の政治にも関係してくる、バブル崩壊後のマスコミは政治に過干渉して、国民を洗脳する機関に変貌した、

  例えば何となく感じると思うけど、政治的にこのように考えなければいけないと、そう思うときはあるでしょう、


  自分が政治的にこうであると考えても、それを表現しづらいところというか、もしくは自分で政治を考えるときに、圧力を感じてしまう所がある、


  今でいえばアベは役立たずの能無しだし、完全に社会のゴミであるが、そうだといいづらいところがあると思います、

  なぜかというマスコミがそう考えるように、国民に報道しているからで、一種の洗脳を受けているからだ、


  小泉改革もそうで、あれも完全に失敗していたのだが、マスコミが成功だと騒ぎ立てるから、間違っているとか失敗したと国民が考えたり、そのような意見をいう機会を作れなかった、


  結局の所これはバブルや、バブル崩壊後メディアの問題が、同じようにここ二十年くらいの政治に対して、同じような問題を引き起こしている、


  バブルやその崩壊後の問題に対しては、マスコミが人の生き方に過剰な干渉をして、それによって人々が自分で考える能力を持たず、社会変化に上手く対応できなくなった問題を発生させた、


  その後は、詐欺師の小泉とかアホのアベだが、コイツラのやったことは完全に間違っているし、全てにおいて失敗しているのだ、

  データなどを調べてみると自民党の政策は価値がなく、日本を駄目にしたという結果しか出ていない、


  しかしマスコミは自民党は成功したとしか報道しないから、失敗していると考えられないわけだ、

  バブルの頃は人の生き方だったが、それ以降は政治に対する国民の判断を、マスコミが奪っている、


  日本のメディアがやっているのは完全に民主主義つぶしで、バブルやバブル崩壊後に多くの人を苦しめた、学閥派閥などの洗脳とよく似ている所がある、

  
  私がメディアに否定的なのは、このような社会を支配するマスコミというスタンスが強く、国民を不自由にする存在であることがある、

  バブルやバブル崩壊後に多くの人を苦しめたのは、現実を見ず大した判断力もないのに、人をの生き方を決めつけて多くの人を騙したマスコミに原因がある、


  その延長上に今の政治問題がある、この問題は解決が難しいけど、結局の所国民が自立しないと、対応できないのだろう、

  つまり自分で物を考える人になって、マスコミとの関わりを減らすようにする、それのみがマスコミ支配の社会を改善できる方法だといえる、


  日本のメディアは社会に影響が強すぎで、それによって多くの問題を引き起こしている、

  悪口になるがここに十年程度の社会をダメにしたのは、全てマスコミが原因だといっていい、


  マスコミが情報を伝えるのではなく、社会や国民に対する洗脳ような支配をしようしたとか、政治に深く関与して民主主義を潰したとか、ここに本質的な問題があるわけだ、


  変な言い方だがマスコミを信じたら日本は滅ぶ、海外では自分の考えを持つのは大切だといわれるが、それはメディアに左右されることは不幸であって、誰にとっても価値がないからだろう、


  バブルやバブル崩壊後に多くの人が苦しんだのは、自分で物を考えずマスコミの影響を安易に受け入れたからだ、

  それ以降の狂ったアベや小泉の異常な政治を否定できないのは、民主主義つぶしをしているマスコミが原因である、


  日本のマスコミは異常な存在であって、本来ならば存在してはいけないほど、社会に悪影響を与えている、

  ジャーナリズムや報道は悪いものではない、しかし日本のマスコミのように国民へのプロパガンダをし続け、社会支配だけを考える勢力は害にしかならない、


  これから日本がどうなるかは分からないが、マスコミが悪であるという認識を持って、自分で物を考える文化を構築できないと、永遠に国民はマスコミのプロパガンダでしかものを考えられず、民主主義はマスコミの都合だけが通る無価値なものになるでしょう、

21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR