10 月<< 2019年11 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>12 月
 

アベが引き起こした千葉の災害、ボランティアが支える異常な国家体制

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  千葉の災害は去年の西日本のものよりも被害が大きいらしく、沢山電柱が倒れたといわれます、

  マスコミは災害の報道を殆どせず、現地の人々を見殺しにしていたのですが、何故か最近は報道していますね、


  実はやりたくないのだけど、批判されそうだからしているとか、その程度の話なのでしょうが、


  今回の災害に関してはすべてアベが悪く、この低能のクズが元凶だといっていい、なぜなら災害対策を一切しておらず、何もやっていないからね、

  アベのアホは内閣改造をしていて、災害が起きたときの対策をしていなかった、

  災害対策は大臣が中心に行うが、その大臣を被害が発生している時期に変えてしまったため、対策が行われたのは被害にあった数日後だった、


  災害対策は初動が重要になりやすく、もしくは事前の準備も必要になる、早い段階で対策をしておけば、被害を受けた方を多く救えるようになる、

  問題になるのは遅いタイミングで支援をした場合で、こうなると被害を受けた方の体力が低下したり、経済や社会に対する悪影響が強く出る、


  地震の場合はいつ来るかわからないから、対策を考えるのは難しいけれど、今回は台風で事前に分かっていたのだから、対策しておけば被害はかなり減ったはず、

  特に重要になったのが倒れた木や電柱の問題で、こういうのは素人では対応が難しい、


  だから災害が起こる前に事前に人員を確保して、問題が起きた地域に対して早めに大量に派遣して、短期間で問題を解決する方法もあったはず、

  それが災害がどの程度起こったか確認をしてから、準備をしたので全てが後手後手になってしまた、


  大きな被害があるから災害の状況を確認するのも難しく、確認が難しいから対策を決められず、対策にあった準備をするのも遅くなった、

  本来ならば被害の予測をしておいて、それに合わせた対応をすればよいのだが、被害を確認してそれに合わせようとしたので、歯車が狂ってしまった、


  台風の被害からかなりたっているが、電気の問題はまだ解決していない、倒木の処理も進んでいるとはいえず、道がふさがっている所も多いと聞く、

  千葉の南部はかなり田舎の地域だから、森とかが多くあるだろうし、そういうところで倒木が起こると、簡単には解決できないだろう、


  そういう点も考えつつ、どのような被害が起こるか予測をして準備をするか、被害が発生したあとでも情報の確認をするよりも、大きめに被害が発生していると予想して、十分な支援をする方法もある、


  今回の件からいえるのは、日本は災害対策が全くできていない点で、災害は起こった事実に対応するのではなく、被害の予測に合わせて行動しないと、行動の遅れが出て被害が拡大してしまう、


  つまり予測が一番重要になるが、対処療法的な対策をしてしまったから、まともな結果を得られず、災害対策が大幅に遅れてしまった、


  アベの低能は何の役にもたっていないが、このアホはテレビで十分に災害対策をしているといっていたらしい、

  内閣改造しかしていなかったやつが、何をしたというのか?、テレパシーで地域住民に必要な情報でも伝えていたのか、アホのいっていることはよくわからないな、


  アベの行動は新聞とかに書かれているが、それを見た人によると全く何もしていなかったようだ、

  それは現在も一緒でこの低能のアホは、災害対策を何もしていないらしい、被害が拡大しても対応しないのはなぜだろう、


  自民党の大臣も被害が拡大しているのでなく、被害が大きいと報道しているから、被害が大きく見えているだけだ、だからマスコミが悪いとツイッターでいっていた、

  千葉の災害は被害妄想だといっているわけだが、自民党のようなカルト宗教は現実を理解せず、狂った人間しか産まないのだろう、


  台風の被害として大きいのは介護施設もあるようだが、高齢者は地方だと多くいるから、千葉の南部には沢山介護施設があるだろう、

  そのようなところに水や電気が来ず、暑かったのに冷房ができなくて困ったらしい、


  災害対策は戦略的な視点が求められ、どのような被害が派生するか結果をシミュレーションして、それに合わせたプランを用意するのが正しい、

  今回でいえば高齢者の問題は大きいわけで、介護施設の被害を最小にするプランも必要だったろう、例えば予備の電源車などを予め配備するとか、そういう手もあった、


  被害というのはどのようなものが起こるか、予め大体わかるのだから、それに合わせた対策を考えれば良い、

  それが今回の被害を見る限り、どこにも問題を解決する戦略がなく、被害がどうなるか誰も知らなかったように見える、


  台風の被害が発生しない前提で国も、地方自治体も動いていて、対策を何もしていなかったのに、被害が大きくなったから急に色々な行動をして、それが返って問題を拡大させてしまった、


  結局アベや自民党が無能な役立たずなのが原因で、自然災害の対策を一切していない、

  連中は東京電力が解決すると考えていて、被害が拡大したのは東京電力が原因だというが、自然災害の対策をするのは国の責任だろう、


  そのために税金を支払っているのだから、自然災害対策は政府の責任であって、民間企業の責任ではない、

  例えば民間企業だと私有地に勝手に入るとか、そういうのができないわけだから、災害対策は公的な機関がするしかない、

  
  なのになぜか自民党やアベのクズは、千葉の災害は東京電力が引き起こしたと批判している、ホントコイツラは人間のクズである、


  千葉は自民党が強いところだが、知事も含め殆ど何の役にも立っていない、国会議員も多くいるはずだが、対策本部を立ち上げるべきだといった議員もいない、

  結局千葉の自民党議員は金がほしいから政治家をしているだけで、地域の住民を助けようという考えはない、


  そうでなければ今回のような形にはならないわけで、自民党に投票するのはデメリットでしかない、それが明確に証明されたのではないかと思います、

 
  次に、今回の災害で疑問に思ったのは、新聞でこれからボランティアで問題が解決するという記事があって、正直意味不明な話だった、

  災害対策は素人では難しいし、怪我などをする恐れもあるから基本的に、ボランティアでは対応できない、


  以前も西日本豪雨でもボランティアだけで、地域の問題を解決していたのだが、そのときに素人の人が勝手に家を壊してしまって、生活できなくなって困ったという話があった、


  建物の問題は専門家でも対応は難しく、特に壊れたものを修復するのは特殊な能力がいる、

  そういうものに対してボランティアが対応するのは、危険なだけでメリットは存在しない、


  少なくともマスコミがいうボランティア万能論は間違いで、簡単な作業とか物資運搬程度ならば、一般の人でもできるだろうが、

  建物に関してはボランティアが関わるのは間違いだ、ちゃんと政府に雇った専門家に作業をさせるべきで、そうしないと問題は解決しない、


  例えばボランティアの人が建物の修復をして、それが原因で建物が壊れてしまった場合は、修復した人が訴訟される恐れがある、

  また作業をしていたボランティアが事故で怪我をしたら、誰が保証するのかルールが決まっていない、


  多少はあるかもしれないけど、やる作業の危険度からすると、十分な保証とはいえないわけで、ボランティアを使った災害対策は最悪の方法でしかない、


  日本人はテレビや新聞に洗脳されやすいから、ボランティアは素晴らしいと思ってしまうけど、そりゃ募金活動くらいならば確かにそうだが、
 
  災害対策で建物の解体をボランティアにやらせるとか、ある意味犯罪に近い行為ではないのか、


  本来なら災害対策をするための予算を作って、作業をする人々の保証をする仕組みを作って、人員を事前に用意して災害起きたときに速やかに対処できるようにする、そういう仕組みを作っておくべきだろう、


  日本は災害が多くある国なのだから、災害対策に予算を組んでおくのは誰も反対しないのではないか、

  自衛隊でもいいけど建物の処理などは、専門じゃないわけだから災害対策として、準備をしておくべきだ、


  それに今回の千葉の災害を見てみると、自衛隊がほとんど活動していなと聞く、数百人程度は動いているらしいが、規模が全然足りないのは不思議な所がある、

  本来ならば数万人とかで、災害対策にあたってもよいのではないか、少なくてとも一万人規模で対応しても良いはず、


  それが私の知っている情報ではだが、数は百人か下手すると100人くらいしか災害対策をしていないらしい、

  このような話は以前の西日本豪雨であって、実はあれ自衛隊は殆ど活動していなかったようだ、


  自衛隊が活動していなかった理由よくわからないのだけど、一説では複数の地域で災害が起こったので、どこに行けば良いか分からなかったというのがある、

  当時アベは災害対策本部を作らず、何の指示も出していなかったため、自衛隊をどう動かすか命令がなかった、


  地方自治体は連絡をしていたのだろうが、複数の地域から来たので自衛隊としても、どこを優先すべきか分からなかったのだろう、

  本来ならばアベがそれをするべきだったが、当時のこのクズは総裁選の準備をするために、飲み会を繰り返していて災害に関心がなかった、


  普通だったらマスコミが批判しそうなネタだが、テレビや新聞もどこも一切批判をせず、アベマンセー報道に終始していた、

  ホントマスコミは社会のゴミだけど、今回もどういうわけか自衛隊は動いておらず、活動しているのは東京電力関係の人と、ボランティアくらいしかいない、


  マスコミもさあボランティアだといっているが、本来ならばさあ自衛隊だじゃないのか、

  自衛隊なら訓練も受けているし、災害対策のための重機もあるだろう、他の県の自衛隊を集め対策をすれば、素人がやるよりも全然効果があるのではないか、


  今回の災害は人災といって良いものだが、災害対策を政府全くしておらず、全責任を民間企業(東京電力)と国民(ボランティア)に押し付けている点がある、

  そりゃ災害拡大するだろうし、被害の対策できないわけだが、マスコミはこのような事実を一切報道することはなく、国民が知る日も永遠に来ないでしょう、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR