10 月<< 2019年11 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>12 月
 

レイシスト化する日本のマスコミ、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  むかしから感じているのですが、日本は何らかの終わりに落ち込むのではないか、そんな気がしています、

  明るい未来はなく下り坂を進み続ける、あとはどこ穴に落ちるかの違いしかない


  さてそろそろ日本が落ちる穴が近づいてきている感じがしますが、何十年も現実を見なかった日本人はどうなるんでしょうかね、


  それで今回のネタとしてあるのは、レイシスト化する日本のマスコミ、という話で末期状態ですね、

  テレビでも韓国人女性を日本人が襲うべきだとか、韓国人の発言権は奪うべきだ、人間扱いするべきではないと公言する人がでてきている、


  本来ならば犯罪者として処罰し、刑務所に叩き込んで始末すべき罪人だが、そういうたぐいは今日も元気にテレビに出ている、


  雑誌もそうだが、韓国人は社会のゴミだと公言していて、完全にヘイトスピーチ雑誌になってしまった、

  以前からマスコミの人種差別主義の姿勢はあったが、ここまで大っぴらに狂ったのは初めて見ている、


  まあ個人的に書いた本とか、マイナーな雑誌ならば分かるのだけど、大手雑誌も韓国ヘイト記事しか書いておらず、テレビも毎日に外国人差別をする番組をながしていて、戦後世代がそれを喜々として世論でいる、


  戦後世代もちゃんとした人はいるが、マスコミマンセー世代なので外国人差別をする高齢者は多い、

  以前の小泉政権ではB層といって、テレビのプロパガンダに弱い層を使っていたが、現在はそれが戦後世代に変わっている、


  戦後世代は会社では頑張っていたが、社会や政治のことなど考えた経験がなく、マスコミが国民を騙すという現実も理解できていない、

  戦前の世代は戦争の経験もあるから、国家やマスコミの弊害を良く知っているが、戦後世代にはそれがなく、マスコミのいうことは何でも信じしまう、


  その辺の層を狙った韓国ヘイトで、今となっては戦後世代は韓国人を悪くいうのは普通で、人間性を失った異常な人々に変わりつつある、

  騙すマスコミが悪いのが第一だが、安易に信じる戦後世代にも罪がある、そういう人々は残念だが社会の害というしかないだろう、

 
  レイシスト化するマスコミの問題は、マスメディアという仕組みにも大きな問題がある、

  元々メディアというのは国民に情報を伝え、国民がものを考えるためにあるものだが、日本のマスコミにはそのような性質はない、


  戦時中の大本営の仕組みを引き継いだマスコミは、最初からジャーナリズムではなくプロパガンダを目的にしている、

  多くの人にこうだと思い込ませて世論を動かし、それによる利益を狙うのがマスコミの本質である、


  以前はそれが娯楽や何らかの商品の販売であったため、社会的な問題を引き起こす可能性は低かったが、

  現在はアベ自民党と一体化して国民を騙す道具になってしまい、社会問題を引き起こすのがマスコミの唯一の仕事になった、


  いわゆるブームや社会現象と呼ばれるものは、マスコミの仕込みによって起こっている面が強かった、

  テレビや新聞も社会問題を報じるのではなく、社会問題を報じてブームを作ることを本質的には狙っていた、彼らは最初からジャーナリズムではなかったのである、


  理性のない感情論こそが、メディアの唯一伝えられる情報であって、抑制を与える仕組みがマスコミにはない、

  最初からタガの外れた存在がメディアであり、韓国ヘイトにマスコミが進んだのは善悪ではなく、レイシズムがブームになると判断したからだ、


  つまり、マスコミは善悪の判断をする性質がなく、ブームになればどんなことをしても良いと考えている、

  例えば人殺しがブームになったとしよう、そうなったらマスコミはそれを拡散させる報道しかしなくなる、


  この例えはちょっと極端だが、マスコミはブームや社会現象を起こすことは考えても、それ以外を考える能力は一切ない特徴がある、

  だから、韓国ヘイトが人気を得た時点で、何も考えずに一瞬でレイシストに変わってしまう、連中は最初からまともではないのだ、


  根本的にはメディアの仕組みが狂っていて、人の役に立つような形になっているないのが原因だ、

  政府の広報としてあった戦前の大本営の仕組みを残したまま、まともなジャーナリズムの仕組みを作るなど不可能である、


  そしてアベのクズは選挙対策のために、韓国ヘイトを意図的にやっているのだから、大本営でしかない日本のマスコミもそれに賛同する、

  そこにマスコミの自律的な判断は存在せず、機械的な行動として韓国ヘイトをし始めてしまう、マスコミは根本的に狂った存在なのだ、


  多分だがこれからも韓国ヘイト、レイシズム的な行動はマスコミはするし、それを抑制する可能性はないと考えるべきだ、

  私がむかしからマスコミを信じるべきではないというのは、彼らが危険な存在であって、社会的に評価できるものではないからだ、

  
  例えば特定の個人の影響でメディアが差別主義団体に変わる、それは個人の問題なので変えられる可能性はあるだろう、

  しかしメディアの体質によって起こる差別的な傾向は、本質的な問題があるのでメディアそのものを否定しないと改善できない、


  ずっと昔からメディアは腐っていたし、国民を長く騙してきている、小泉政権は全て嘘だったし、アベのクズのやったのもでたらめだった、

  それを支えたのはマスコミであって、この時点で連中に倫理観がないか、そのようなものが機能しない性質がある、


  だったらどうするかというのが、日本のメディアに対する考え方で、韓国ヘイトはブームだからやろう、

  外国人の弾圧は社会現象になって人気があるから、もっとやるのがマスコミの社会的な責任だ、倫理的におかしいがマスコミはこうしか考えない、


  日本の政治や社会の異常性をずっと作っていたのは、マスコミであって連中が日本を駄目にした原因である、

  ネットで意見を言っている人は何らかの問題が起きたから、マスコミが急変しておかしくなったのだといっている、


  残念だがそれは間違いで、マスコミは最初から狂った存在だったのが、表面化していなかったから分からなかっただけだ、

  マスコミの異常性としてあるのは、国民を騙すのが本質的な仕事で、ジャーナリズムなど誰も目指していない点だ、


  アベのクズを見て見るが良い、あのアホに対してまともな報道をしたメディアが一つでもあるのか、

  それに対して今回の韓国ヘイトはどうなのか、メディアには韓国ヘイトを抑制する姿勢があるか、どこにもそんなものは存在しないだろう、


  マスコミは最初から狂っていたのだが、その狂気が表面化していなかっただけ、もしくは国民の過剰なマスコミへの信頼が、日本のマスコミの異常性を表面化させず、大きな問題を発生させていただけだ、


  日本のメディアは仕組みで動いている、自立した存在ではなく社会的価値も考えていない、仕組みとしてどうあるかという視点しかない異常な連中なのだ、

  例えば小泉政権では数百万人か、数千万人の人生が破壊される政策をしていた、それをやったマスコミで悪いと思っている人が一人でもいるか、


  残念だが誰ひとりとしていない、マスコミはブームや社会現象を起こせたので、自分が間違ったとは考えない、

  連中にとっては大本営のような、社会的な変化を起こせれば対象は何でもよく、倫理なんてものは一切ないのだ、


  完全に狂っているでしょ、これが巨大メディアの不気味な所で、日本のメディアが大きい問題は問われていたが、規模の大きさが原因で無機質で人間性のない存在に、日本のメディアになっている、


  テレビや新聞のする韓国ヘイトは、政府の指示でもあるし基本的には止まらないだろう、

  以前の詐欺師の小泉のときの異常な政治に対して、マスコミは何の役に立ったのか?、それと同じ問題がレイシズムとして現れる、


  一般常識としては倫理的な問題として、レイシズムは存在するのだろう、しかしマスコミが本腰を入れて人種差別をする、それがなぜなの考える必要があるのではないか、


  特定の番組とか、有名人の発言とか、それならば大きな問題とはいえない所がある、

  しかし今回の件は詐欺師の小泉のときと同じ、国策プロパガンダとして韓国ヘイトをしていて、それを止める考えが一切テレビにも新聞にもない、


  マスコミは危険な存在であって、海外では基本的に信頼されていない、日本人は過剰にメディアを信じているが、その信頼が人種差別を生む原因になっている、

  メディアを信じる行為は犯罪である、ある意味においてそのレベルまで考えなければいけないほど、この国のメディアの本質には狂いがある、


  今の十分の一程度の影響力になれば、マスコミを評価する行為も意味があるだろう、しかし今のような巨大メディアは国民にとって害でしかない、

  日本人は大きなメディアが存在するリスクを考えていなかった、だから今回のような国策韓国ヘイトをテレビがやりだした時に、何の対策もできないわけだ、


  レイシズム化する日本のマスコミは、仕組みとして起こっているので修正は難しいだろう、

  特にマスコミを神のように信じている戦後世代は、ほぼ全員が韓国ヘイトのレイシストに変わる恐れが高い、


  ものを疑うのは気分の良いことではないし、人間として良くないイメージを持たれているが、

  日本人はもっとメディアなどを疑って、連中の影響力を大幅に下げないと、いずれマスコミのやる国策ヘイトは、多くの外国人のを奪う犯罪に進むように思います、
  

21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社







 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR