03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

日米関係を悪化させた売国奴のアベ、野党が勝った地方選挙

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  そろそろ秋が近づいてきたのか、少し涼しくなった気がします、といっても涼しくなったと思ったら、急に熱くなるのが最近の日本ですが、


  ともかく書いてみると、最近の話題としてはアメリカとの交渉があるか、アベの間抜けが売国行為をした話だ、

  アベは低能として国際社会で認められているので、このバカをどう騙して金を日本から盗むか、それが諸外国の課題になっている、


  少し前にロシアは北方領土の権利と引き換えに、3000億円をアベに貢がせていた、

  問題なのは領土の権利をロシアに認めさせる代わりに、上納金を出すという意味不明な話だった点だ、


  どこに日本のメリットがあるかよく分からない話だが、低能のアベは金をむしり取るゴミ政治家として有名なので、まともな人間扱いされなかったのだろう、


  今回もアベ金むしり取りチャレンジというか、そんな感じだったわけだがアメリカとの交渉については、以前から関税の引き下げで話題になっていた、

  農産物の大幅な関税引き下げで合意したといわれていたが、交渉内容は完全非公開で、選挙期間中も議論にはなっていなかった、


  本来ならマスコミが取材をすべき話だが、日本のメディアは政府の犬でしかないので、何の役にも立っていなかった、

  それで選挙期間中も話題になっていた、農産物に関する関税の引き下げだが、かなり低くなってしまっている、


  たしか現状40%くらいのものを10%程度に下げるらしく、これをやられたら日本の畜産関係は全滅するだろう、

  他の分野と違って農業は国の大きさによって、有利不利が予め決まってしまっているから、日本のような小国で山が多いところだと農業で勝負をするのは無理である、


  例えばアメリカなんて、日本の数十倍はあるわけで、そこで作ったものをそのまま国内で売れば、日本農業関係は全滅してしまう、

  だから関税が必要になるわけで、工業製品ならまだなんとかなるだろうが、農業に関しては関税がなくなったら、そのまま終了してしまう、


  海外では関税以外でも、民主党がやっていた個別補償制度をやっていて、農家の生産に対して直接支援をしている、

  そのため関税がいくらか低くなったとしても、ある程度は耐えられるようになっているが、日本にはそういう制度がない、


  民主党がやっていた保護政策は自民党が廃止したので、現状日本の農家を守っているのは関税だけなのに、それを事実上撤廃するようでは農家に死ねといっているようなものだ、


  関税の引き下げにしても、もう少し小さくするべきじゃないのか、40%だったのだから30%程度にするとか、なんで急に四分の一にするしてしまうか、やっていることが極端すぎる、


  それ以外でも工業製品の関税も引き下げられていて、車以外の産業に大きなダメージがあるといわれる、

  マスコミは外交交渉の成果といっていて、良いことをしたと書いている記事があるけど、どこに良い所があるのか謎である、


  低能のアベとしては、自身では何の能力のない社会のゴミだから、他力本願でアメリカの庇護を得たいと考えたのだろう、

  しかし相手もアベが低能で役に立たず、信頼できる要素がないのは見抜いているわけで、このゴミ人間からどう金を取るかしか考えていない、

 
  結果として何のメリットもない話になっているが、日本の利益は一体どこに存在しているのか、

  北朝鮮に対して支援を受けられるわけではなく、韓国との問題に関してもアメリカは一切協力する姿勢がない、


  交渉というのは利益を得るためにするのだが、アベが狂っているのは一切日本の利益がない点だ、どこを見ても全部不利益になっていて、以前のロシアとの交渉と同じ結果が出ている、


  地方の産業はすべてつながりが存在していて、畜産と農作物を作るビジネスは関係が深い、

  だからどこか一箇所がだめになるだけで、他の分野も大きな被害が発生してしまう、そういう特徴がある産業である、


  今回は畜産だけど、それをやられたら他の分野もダメージを受けるし、結果として地方の衰退を招く恐れが高い、


  田舎の方は農業くらいしか産業がないし、畜産関係で働いている人もいるだろう、

  それなのに関税を四分の一にするとか、これ下手したら今の4倍位アメリカの肉が入ってきて、国内産がその分売れなくなる可能性もあるだろう、


  今はマスコミはあまり報道しないけど、豚のウイルスの問題も拡大しているし、それによって被害を受けた畜産業の方もいる、

  中部あたりでは大きく広がっていて、しかもどのようにすれば解決できるか分かっておらず、自民党も具体的な対策はしていない、


  ただでさえ大きなダメージを受けているのに、関税で大幅引き下げをするのは致命的じゃないか、

  しかもこの手の話は表面的に見えるところだけではなく、それ以外でもいろいろな条件が付け加えられている場合がある、


  今回のような無様な交渉をしたのだから、当然それ以外の条件に関しても、日本が一方的に不利になるものがあるはずだ、

  聞いた話ではトウモロコシを大量に買うとか、そんな話もあるようだけど、もっと沢山日本が不利になる取り決めをしているだろう、


  トランプは数百億の利益をアメリカが得るといっているし、その分日本が損をするのは確定しているから、多大な被害が出るのは確実だ、


  アベのような無能なゴミに政治家をさせると、こういう問題が起きてしまい結果として、アメリカとの協力関係も難しくなってしまう、

  例えば今回の交渉では日本だけが損をする形になっていて、それでこれからも取引をする場合は、アメリカの被害を受ける人がたくさん出てしまう、


  被害を受けた人はアベも批判するが、アメリカのせいで自分の生活がおかしくなったと、相手の国を恨んでしまう、

  むかしも日本の自動車を壊すデモンストレーションを、アメリカでやっていたけど、そんな形が日本国内でも発生する恐れがある、


  交渉を適切にしないのは全てにおいて損であり、まともな結果を得られる可能性はない、

  今回の件でアメリカが利益を得たとしても、それが一方的であれば日本からの信頼を失ってしまう、


  結局の所、アベのような無能なアホに外交交渉をさせると、どんな形であれで問題しか発生しない、

  アメリカ追随をする安易な発想は、日本にとってもアメリカにとってもデメリットにしかならないだろう、


  次に、地方選挙の話があるが自民党が全体的に負けているようだ、東北の選挙でも議席を減らしているらしく、埼玉の知事選では候補者が負けていた、

  まあ埼玉の場合は前職が民主党系だから、それが原因で勝てた側面もあっただろうが、全体的に見ると自民党の弱さが目立っている、


  特徴としてあるのはとにかく投票率が低く、本来ならば自民党が有利になる状況なのに、野党側に風が吹いている点だ、

  私の想像になるがもしかすると、自民党の組織が段々崩れてきてしまい、あまり機能していないのかもしれない、


  埼玉の知事選でも野党候補が勝ったのは、人口が多い地域で大きな差をつけたからだが、

  実はその地域は自民党の有力候補がいる所で、本来ならば自民党有利になってもおかしくなかった、


  しかし実態は野党側に大きく票が動き、それによって野党候補が勝てる原因になった、


  そうなったのは詳しくはないのだけど、自民党の組織が機能しなくなって、上手く働かなくなっているからだと思う、

  元々自民党の組織は高齢化問題を問われていて、今組織運営をしている人の大半は60を過ぎていて、若い人はほぼいないといわれている、


  結構前にそういう話を聞いたので、現状だと自民党の組織運営をしているのは、70歳くらいの人が中心かもしれない、

  そうなればやっぱり運動も難しくなるし、何より自民党はそういう世代を攻撃する組織だから、あまり信頼されていないのかもしれない、


  埼玉の選挙で思ったのは、与野党が競る状況になると投票率が少し上がって、それによって野党が勝ちやすい所がある、

  前回の参議院選挙も与野党が競っている所は、全て野党が勝っていたのだけど、実はそうなったのには理由が存在している、

 
  東北で野党が全勝したのは投票率が、他の地域に比べて5%程度上がっていて、それが野党勝利の原因になった、

  埼玉の選挙も本来は低投票率だったはずが、数%ほど投票率が前回よりも上がっていて、それで野党が有利になった感じがする、


  国民が何を思っているか私には分からないが、傾向としてあるのは自民党に対する批判は強いけど、野党も信頼できないという問題がある、

  つまりそれなりに信頼できる野党候補ならば、国民は応援するし自民党に勝てる可能性もある、


  自民党が現状勝てるのはあまり競っていない場合で、野党側の準備不足などの問題があると、有利になりやすい

  しかし野党側が十分に準備をして、野党共闘で行動をすれば、自民党はそれほど強くなくなる、


  以前の参議院選挙と今回のさいたまの知事選挙の似ているところとしては、接戦になると投票率が少し上がって、それが原因で野党が勝ちやすくなる、

  だからこれから野党が勝ちたいならば、自民党とそこそこ勝負ができる体制を作っておけば、案外勝てるんじゃないかという気がします、

21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR