03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

立憲民主党が狂人集団になった理由、イデオロギーではない現実を見た政治

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  今日も政治の話を書いてみると、しかしアベもクズだが立憲民主党もクズだね、組織そのものが悪いとはいわないが、普通は他の党のトップを殺害するとかいうかね、この時点で気が狂った連中への興味がなくなりましたが、


  まあただ分析してみると、立憲サヨクが狂人になった理由としては、連中の妄想があったのではという気がします、

  日本の政治は社会党が潰れてから、民主党が中心の体制に変わってきた、

  民主党は中道政党なので、右翼や左翼という考えはあまり持っていない、その点を昔から政治を知っている人間は不満を持つのだろう、


  なぜ立憲支持者は狂人が多いのか、連中の異常性としてあるのが、社会党的な体制への渇望がある、

  つまり民主党が野党であった体制ではなく、社会党が野党である体制に戻したい、そう考えている人間が多い、


  しかし冷戦が終わってしまい、イデオロギー政治が事実上終了した現在では、自民党も社会党も役には立たない、

  保守革新の政治が崩壊しているのだから、自民党も人の役に立ったことはないし、社会党のような体制を作っても国が傾くだけだ、


  また勘違いをしているようだが、立憲民主党は別に左翼政党ではなく、どちらかというと保守的な意味を持っている、

  以前、立憲民主党は護憲政党だといった人を見たが、それは完全に間違いで実は国民民主党と立憲民主党のスタンスはほぼ同じである、


  憲法改正に対しては肯定的だし、議論もすべきだという考えももっている、まあ確かに国民民主党のほうが積極的だが、考え方自体は殆ど違いがないので、もし立憲民主党が護憲だというのならば、国民民主党も護憲になってしまう、


  現状護憲政党と呼べるところは少なく、共産党ですら憲法改正自体は否定していない、

  社民党は多分絶対改正に反対だろうが、それ以外の党は改正自体を否定しているところはない、


  国民民主党や立憲民主党は、アベの憲法改正には反対していて、その点は一致した考えを持っている、

  憲法改正については党内手続きで決まっているため、党首が勝手に自民党と交渉しても、方向性を変えられなくなっている、


  立憲民主党や共産党は党首が固定なので、国民民主党も同じだと考えているようだが、国民民主党では代表戦があるしもし問題のある行動をすれば、党内手続きをして党首をやめさせるのも可能だ、


  つまり、立憲サヨクは党首が行動したら党が変わると考えているが、国民民主党の仕組みではそのような形は起こらない、

  昔の民主党と同じシステムのがあるため、党首は限定的な権限はあるが、絶対的なものはないので制限がある、


  話がズレたけど、今回の騒動では左翼連中が社会党の復活を考え、そのためにじゃまになる民主党勢力を潰そうとした、

  しかし実際は国民民主党は勝っていて、負けたのは次戦の予想よりも議席が少なかった立憲民主党である、


  立憲サヨクが他の点でも感情的になっているのは、れいわ新選組の問題もある、

  連中はなぜかれいわ新選組を叩いているが、それは社会問題に対応している同組織に対して、不安を感じているからだろう、


  立憲サヨク連中からすると、社会的な問題は立憲民主党がすべきで、れいわ新選組の候補者のような、介護が必要な人間の問題に対して、他の党が影響力を持つのは間違いだと考えている、


  小沢氏のいる岩手でも車椅子の人が立候補していたが、その人は国民民主党の人間なので、実は障害を持っている候補者が立憲民主党にはいない、


  来年はパラリンピックも行われる、当然障害をもった方の生き方なども議論になるだろう、そこで障害がある議員がいる政党ならば、色々な議論ができる機会を得られる、


  しかし、立憲民主党にはそんな候補者はおらず、選挙結果を見ると連合の支援で勝っただけに見えた、

  比例の当選者の半分以上は連合の人だし、もし国民民主党の当選できなかった人が、立憲民主党で出ていたら大半の議席を連合の人がとっていた、


  左翼はなぜか連合が嫌いで、この労働組合の組織を叩く傾向がある、今回の選挙では左翼的な方向性で、立憲民主党は勝つと考えていたのだろうが、そのような勝利を得たのは国民民主党とれいわ新選組だった、


  立憲民主党は連合の支援で勝っただけで、左翼が期待するような形にはなっていなかった、

  この党の支持者がやっていたのは選挙期間中に、他の野党の候補者を叩く行為だけで、協力するような姿勢は一切見せなかった、


  選挙後もれいわ新選組や国民民主党を叩いているが、結局左翼ができるのは誹謗中傷のみ、戦後の社会党と同ベルの政治しかできない、

  更に障害者の問題などについては、れいわ新選組や国民民主党に奪われてしまい、リベラル的な要素がまったくなかった、


  このような話は明確にいう人はいない、しかし立憲支持者は心のなかでは感じているはず、想像していたものと違うとね、

  そもそも立憲民主党は名前こそ左翼的だが、ただ単に民主党が分裂しただけの組織だ、別に左翼的な方向は目指していない、


  保守よりはたしかに左翼的かもしれないが、昔の社会党のような組織になる可能性はない、あくまで連合のためにいる団体である、


  以前も書いたけどイデオロギーに現実的な意味をもたせてはいけない、それは冷戦構造を期待する考えや、自民党が社会の役に立つと考えてはいけない点や、社会党をもう一度戻すのはダメだという意味を持つ、


  基本的な部分でいえば、立憲民主党はどう頑張っても民主党にしかならないし、左翼が野党の中心になる可能性はない、

  その現実の上で左翼とは何かと想像し、リベラルの考えを政治的に反映させるのは可能で、そのような方向性ならば成立する、


  しかし立憲サヨクが考えているような、野党が左翼になるとか社会党を復活させるなど、そんな事はできないしもし下手にやると日本は崩壊する、

  今更55年体制などで乗り切れる国の状態ではないので、過去の亡霊を追った所で日本が地獄に落ちるだけである、


  色々な意見はあるだろうが、根本的にいえば立憲サヨクには異常性があって、それが野党のトラブルを生んているということだ、

  連中の考えは狂っているし、まともな判断力も持ち合わせていない、未だに戦後世界観が成り立つとか、ある種の病的な考えを持っている、


  左翼も右翼も現代では狂人にしかなれない、なぜならそのような考えは今の時代には合わないからだ、

  抽象的な意味ならば成り立つし、現実の状況を理解した上で行うならば、右翼や左翼にも意味はあるだろう、


  しかし今の世の中でイデオロギーをいう人は、全員狂っていてまともな人間がいない、左翼はアベを批判するが実際の所、立憲サヨクの異常行動を見るとアベそっくりで、違いは殆ど感じない、


  以前から書いているけど、今の世の中で問われるのは時代変化への対応で、冷戦が終わったのはどういう意味なのか、戦後が終わってどのような世の中になるか、それを一から考えることこそが政治論になる、


  当然そうなれば過去に依存する右翼左翼論は全て破綻するし、それを元にした考えや行動は多くの人を不幸にする、

  実際戦後の体制を支持して無理やり自民党と、左翼の野党という形にしようとした結果、狂った世の中になっている、


  自民党は今の時代にあった政策を持っておらず、戦後の高度成長期の考えしかないので、何をやっても日本をダメにする結果しか出せない、

  実際データを見ると日本は世界でも最悪に近い国になっていて、異常なくらい多くの問題が発生している、


  それをやったのは全て自民党だからね、連中がどれだけ現実を見る能力がなく、日本にとって害のある組織なのかが分かるだろう、


  左翼もそうだな、結局連中は自民党のアシストしかせず、野党が協力するのを潰していた、

  共産党は以前から全ての選挙区に候補者を立てて、その結果政治的な変化が起こるのを防いでいた、

  
  今回の件もそうで立憲民主党は、選挙をどのようにするか一切議論をせず、投票の数ヶ月前になって急に協力をした、

  そうなったのは選挙が近くなって結果のデータを見て、自分の立場が危ういと知ったからだろう、そうでなければ選挙の近くになって急に態度を変えるのはおかしい、


  立憲民主党や枝野氏はまともなところがある、全てが悪いというわけではないのだが、野党が左翼であるべしという意見は、結局多くの人々を苦しめる結果にしかならないだろう、


  政治とは遊びではなくて、実際に生きている人々を助けるためにある、イデオロギーを信じている人は、政治をおもちゃにしているだけで人々を考えず、困っている人がいても政治的に利用するだけで助けない、


  戦後的な意味で左翼、右翼というだけで、どれだけの人間が苦しむのか、日本をダメにしたのは右翼や左翼のイデオロギーだ、それを信じた人々が多くの人間を不幸にした歴史がある、


  現実を見ずにイデオロギーだけを見て、それが絶対的に正しい民主主義だといって、国民の発言権を奪おうとする、日本の右翼や左翼は結局自分の権限を強めたい独裁者でしかなく、国民にとっては完全に敵であろう、


  日本の政治の最大の問題は、過去の歴史との対話であると言えよう、戦後や冷戦が終わったのに、未だに右翼左翼論だけで政治を考えているのだから、日本はおかしくなるばかりだ、


  現実は自民党は過去の遺物であって社会のゴミ、多くの人々の人生を破壊してきた悪魔のような存在だ、連中のせいで人口が数分の一に激減しつつあるのだから、国民を大量殺戮した戦前の軍部とやっていることは同じである、


  左翼もそうだ野党の協力を潰し、独善的な自分の考えを押し付けるから協力ができず、国民は左翼に関心がないのに野党は左翼でなければいけないといって、国民が選挙に参加する機会を奪っている、


  今の時代右翼と左翼は不要だ、戦後的な世界観など人を不幸にする意味しかない、自民党を完全にこの世から消して左翼も形を変えさせる、

  以前も書いたが時代の変化に対応するためには、一度世の中をプレーンな状態にしないといけない、そのためには自民党の始末と左翼の異常性への抑圧が重要になる、


  それができて初めてスタートラインに立てるのだが、どうやら日本は競技に参加する前に終了しそうです、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR