10 月<< 2019年11 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>12 月
 

参議院選挙の結果と傾向

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  そういえば選挙が終わりましたね、何故か接戦区で野党が全勝するという、よく分からない勝利でしたが、

  まあ多分国民世論としては、自民党やアベ政権を潰したいのでしょう、ただその機会がないから投票をしない、


  しかし今回のように接戦区だと、興味を持って投票するのかもしれません、以前からそういう選挙になると、国民の意志が動く時があるので、


  選挙に関してはアベ犬マスコミは、自民党の圧勝といっていて、テレビや新聞も自民党、アベマンセー報道しかしていません、

  さすが政府の犬、社会のゴミ、生きる価値のないクズ連中であるが、自民党の議席が減ったのに勝ちはないだろうに、


  以前もいいましたが今回の選挙は、自民党の一人負けになる形が強く、それ以外がどのように勝つかが重要だった、

  自民党の負けは確定していたため、負けを利用して野党が有利になる、選挙の意味はそこにあった、


  例えば野党が勝つのは良くても、維新みたいな自民党の別働隊が勝ては、結局自民党の議席が増えてしまう、

  そのような問題を解決するためには、維新のような別働隊を潰して、他の野党が勝てるようにする必要があった、


  そういう点でいうと失敗していて、立憲民主党があまり強くなかったのか、維新などの勢力に止めを刺せていない、

  都市部の選挙では国民民主党が弱いので、立憲民主党や共産党が自民党や維新を叩くべきだったが、その辺りはあまり良くなかったようだ、


  ただ一人区では大きく勝てたため、全体的にみれば野党の勝ちだといえる、もともと自民党の議席が多かったにしろ、接戦区で全滅するのは国民の支持がなく、批判的な意見があるのが原因と見るべきだ、


  今回の選挙でポイントになった山本太郎氏だが、今回は当選できなかったようだ、本人が選挙区に出ていれば勝てたのだろうけど、どうやら次の衆議院選挙に出る予定らしい、


  比例では二議席を得る快挙をしていて、大きな影響を与えていたが、山本太郎氏に対してはマスコミは一切報道しなかった、

  そういうと無名の組織だからというが、以前の選挙ではレイシスト小池が大した勢力がなかったのに、国政選挙で一日中出ていた、


  ああいう例があるのに、山本太郎氏が出ないのは議員が少ないからだとか、頭のおかしなことをいうのが日本人だね、

  マスコミに悪意がないと思っているのだろうけど、そんなはずはないだろう日本のメディアがまともならば、アベ政権など一月もあれば終了するはず、


  それが長く続いている時点で、メディアの社会的価値など一切ないが、ともかく山本太郎氏は二議席をとって、これから衆議院選挙の準備をするらしい、

  一説では100人は候補者をたてるというが、多分他の政党に配慮した形になるだろう、


  今回の選挙でも比例を重視して、選挙区に候補者を立てないようにしていた、共産党や立憲民主党の候補者を応援し、野党全体のために大きな仕事をしていた、

  それに対して立憲支持者は悪口しかいわないが、連中は心が貧しく人間が小さいので、政治よりも他人の悪口を言うのが得意なのだろう、それしか取り柄がないからね、


  山本太郎氏がこれからどうするか分からないが、100人候補者を立てるにしても、他の政党に配慮した形になるだろう、

  実際に所野党は候補者不足になっているし、今回の例を見れば場合によっては、山本太郎氏に任せる方法もある、


  例えば都市部でどうやっても野党が勝てないところとか、そういう選挙区ならば大きな効果があるかもしれない、

  山本太郎氏は変化球のような人だから、ストレートに戦ってうまくいかない相手に対しては、案外効果あるように思う、


  他の政党に関しては、全体的に自民党以外は議席が増えていて、野党側有利であったのは間違いない、

  立憲民主党の比例があまり伸びなかった感じはするが、それ以外はある程度は成功していた、


  選挙によって改憲議席を失った自民党は、これからどうするのだろうね、アベは政治的な目的は特になく、憲法改正して独裁者になるために政治家をしている、

  しかし改憲ができなくなった以上は、自民党としてアベがやる仕事もないはずだ、

  次回の参議院選挙まで待つ方法もあるが、実はその選挙で改選になる人はかなり多く、負ける可能性が高い、


  自民党は大きく勝ちすぎている反動が起きていて、しばらくは選挙に負け続ける可能性がある、

  そうなれば憲法改正どころではなくなるため、実質憲法問題に対応するのは不可能になったと見るべきだろう、


  そもそもアベのやっている憲法改正は、一度として成功したことはなく、国会の調整ができない無能なアベでは、憲法改正をするための手続きができない、

  憲法改正のためには国会での交渉が必要だが、アベは能無しの低能なので交渉などできず、憲法改正できる知能がない、

  
  選挙によって憲法改正が不可能になったが、これから起こりそうなのは長期的な不景気である、

  これから消費税がアップするのだけど、その問題に対応する政策が行われていない、


  前回は10兆円規模の公共事業を行って、消費税によるダメージを減らしていたのだが、今回はそのような対策はしていない、

  一応クレジットカードなどで買い物をすると、ポイントが付くというものはあるのだが、現実的な効果は殆ど無いだろう、


  一部の金持ちにしか効果がない支援制度をした所で、経済全体に与える影響は殆どない、

  となるとかなり不景気になる可能性が高く、米中間の経済問題が起こってしまえば、長期的に経済が悪化するかもしれない、


  そもそも今はかなり不景気になっていて、消費税を上げる前の駆け込み需要も全くない、

  逆に売上が下がっているほどで、このまま消費税をあげてしまうと、経済的にかなりまずくなってしまう、


  最もこのような問題が起きたとしても、株価は日銀が買って上げるので変わらないだろうが、国民生活に悪影響が出る可能性はある、

  また不景気な状態が長く続いていまうと、それを批判する国民の声も出るだろう、マスコミは隠蔽工作をするだろうが、景気の悪さはいずれ報道される、


  今回の選挙の特徴としてあるのは、マスコミは報じなかったが消費税がテーマになっていたこと、

  本来ならば現在の日本が不景気である点や、消費税による駆け込み需要が全くないところなどを、国民に広く知らせるべきだった、


  しかしマスコミがやったのは改憲の話題だけで、本質的な政治の問題について報道しなかった、

  今回の選挙では消費税を上げる環境ではないのに、それを無理に上げるアベの問題があったのだが、私の知る限りこのような視点で報道したメディアはない、


  消費税を上げるのに適していない状態で、負担を増やせは大きな問題になるだろう、

  この税は一度上げたら下げるのは難しいため、長期的な不景気が続く恐れがある、


  やはりこの国で一番腐っているのはマスコミで、今回の選挙でも重要なテーマを取り上げなかった、

  消費税を経済状況が悪いタイミングで上げるべきか、そこが今回の選挙の争点だったのに、報道したメディアは新聞でもなかったように感じた、


  今の日本は選挙がデモンストレーションになっていて、国民を騙すための道具になっている面がある、

  消費税が本来のテーマだったのに、マスコミは全く報道しないのだから、そんなものを見ていれば世の中は悪くなるだけだ、


  選挙で野党が勝ったのは良かったのだけど、本質的な問題が抜けていた感じがした、

  そもそも問われるのは憲法改正ではなく、消費税を上げるとどうなるかだったはず、それなのに憲法改正としてしか報道しなかったマスコミの罪は重い、


  日本のメディアはもう終わったのだなと感じましたが、国民が誰も興味を持っていない憲法改正を、選挙期間マスコミがいい続けるのはどう考えても変だ、

  どうせアベから金をもらったのだろうが、今の世の中ではマスコミは低俗で、人を不幸にする犯罪組織としての意味しかなさそうです、


  次に、選挙結果を見ていて感じたのは立憲の弱さで、以前のような勢いは感じませんでした、

  特に複数区で勝てなかったのは大きく、立憲民主党がしっかりしていれば、大きく結果は変わっていたと思います、


  立憲民主党の最大の問題は、他党との協力をしない点です、国民民主党や共産党はかなり早い段階から、選挙協力をどのようにするか相談するべきだと、立憲民主党に対して意見をいっていました、


  立憲民主党はその意見に対して、安易に野党同士が協力するのは、談合のように見えるので良くないと反論して、野党共闘に否定的な態度をとっていました、

  多分連中からすると、立憲民主党が選挙に勝つので、他の政党はいずれ潰れると考えていたのでしょう、


  実際マスコミを見ると、そのような発言をする立憲民主党の幹部が出てきて、他の野党は潰すべきだと公言していた、

  まあ性根の腐った連中というしかないが、野党共闘に関しては完全に立憲民主党が悪く、それが原因で選挙が厳しくなてしまった、


  本来なら一年前には準備を初めて、どのようにするか決めておくべきだったろう、しかし実際は選挙の数ヶ月前に動き出していて、十分な対策ができない面もあった、


  もし立憲民主党が早く選挙協力をしていたら、もう10議席ほど自民党から奪えていたかもしれない、選挙区でも勝てていた所は多かったのだから、立憲民主党の判断は間違いだといえる、
  

  なぜ立憲民主党が他党との協力を拒むのか分からないが、そのようなスタンスがあるようでは野党のリーダーとはいえないので、もう少し謙虚に政治活動をするべきではないかと思います、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR