03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

金融と核兵器

    どうもこんにちは



  前回書いた戦後レジュームの転換という嘘という文章のことについて、あれこれ考えていたのですが、考えていて思ったのが、なんとなくですがこれからの日本の進む道はアジアなのではないかという気がしました、 今の日本の間違いを見ていくと、多くがアメリカが原因のものが多く、アメリカと接しているところで問題がおきている、それに比べるとアジア諸国との問題はそれほど起きなくなってきている、北朝鮮問題はあるがあれはアメリカがやっているようなものだし、中国の問題に関しても、前回に来日した中国のトップの人の対応を見る限り、日本と争う意思はないと思う、




  まあそれで、そういうことを考えながら思ったのは、今の日本を救うには日中関係の改善が必要なのではないか、そんな風に思えました。 そもそもなんで今の日本が苦しい状態にあるかといえば、日本のアメリカ依存体質をアメリカに付け込まれて、日本国内を破壊されているからなのですが、それを改善しようにも日本はアメリカに依存しなければならないところがあるので、この問題から逃げられない。


  そしてなぜ逃げれないのかなと考えたとき、二つ思いついたことがあって、一つは小泉政権のやった問題、もう一つが北朝鮮問題で起こったこと、この二つを見ていくと今の日本の状態の原因と、解決策が見えくるような、そんな感じがしました、 それでその一つ目の小泉政権のやった問題というのは、今の日本の問題は、アメリカ依存が日本に被害を与えているという問題なのですが、その形を作ったのがこの小泉という人物で、今起きている問題の原因はこの人物がやったと見ていいでしょう、それでどのようなことをしたのかと見ていくと、この人間のやったことは、反中(及び反アジア)と過剰な親米政策をやったわけです、




  そしてそれがどうなったかというと、日本はアジアとの対立によってアジアからの圧力を受けるようになり、その分アメリカ依存をしなければならなくなった、その上過剰な親米政策をやったためさらにアメリカ依存がひどくなった、やはりこの辺りを見る限り小泉という人物はアメリカに買収されていた何かか、そのあたりの輩だったのでしょうが、まあとにかく、今の日本の問題になっているアメリカによる破壊は、アメリカ依存が原因であり、それを小泉政権はわざとやっていたふしがあるということ、これが一つめで、



  それでもう一つめがその改善策を見た場合、北朝鮮問題でおきたことがいいヒントになっていて、北朝鮮問題の解決は、核によって何か起きたのではないかといわれていますが、実際は中国とアメリカの交渉によって解決した問題であり、米中の外交交渉が最終的な問題解決を生んだと見ていいことだったと思います、 それでそれが日本で今起きている問題に対してどのようなヒントを与えているかというと、それは米中交渉という形に持っていけば、アメリカの圧力であっても撥ね退けることができるということ、つまり今の日本で起きているアメリカからの圧力による日本の破壊という問題は、日中間で何らかの外交的な形ができれば、解消は可能だということ。




  もちろん必ずできるわけではないですが、北朝鮮のように親中親米という形を作ってしまえば、アメリカはその国と中国との関係を重視して慎重になり、中国も同様に慎重になるということ、その形を日本がやったらどうなるだろうか?、そのあたりに今の日本の未来の可能性を感じるのですが、別に中国を好きになれとか、中国と本当に協力関係を結ぶべきだというわけではなく、それまた別の話だとは思いますが、ひとまず米中対立という形を作って、アメリカの圧力をかわすというくらいの手は考えてもいいような気がします、今の状況では金床にハンマーでしたか、日本はそういう形になってしまっていると思うので、アジアという金床に日本がおかれていて、それをアメリカというハンマーが叩いている状態ですから、少なくともアジアという金床はなくしたほうがいいと思いますよ、その上うまく行けば中国か、アジアというハンマーがアメリカとやりやってくれるかもしれませんし、(ま、他力本願な方法ではありますが、、、)


 



  さて、それはいいとして今日は、金融と核兵器、ということでも書いてみようかと、今の世の中はグローバリゼーションの時代といわれ、金融の流動性というものが非常に高まり、その金融の力は非常に多くのメリット、そしてデメリットを生む要素になってきていると思います、 しかし、制限のない金融というものは、ある種の制限のない暴力のような側面を強く持ち始め、冷戦時の核問題のと同じように、人類全体にとって非常に危険なものにもなってきていると思います、その点金融と核兵器というものは似ているのではないかなと思ったので、書いてみようかと。




  それで、金融と核兵器ということで、今の時代というものは冷戦時のような、武力による世界バランスという形はなく、どちらかといえば金融による世界バランス、そういう側面が強まっている時代であり、昔の核兵器が金融に置き換わったようなそんな時代になってきたように思えます、 そして、力の主流となった金融は、昔の核兵器と違って、日常的に使用するものであり、また基本的に規制のないものであります、その点昔の核による圧力というゼーブした力に比べ、コントロールや安定性という事に関してはほとんど対処がされてなく、また、非常に日常的であるので、多くの人々に常に干渉するような、そういう力の性質があると思います、



  そしてそれがどうなるかと考えると、人類の日常を不安定にさせる、そういう要素として非常に大きなものとなってきていると思います、 もちろん金融にしろ核兵器にしろ道具に過ぎないわけで、使い方しだいだとは思いますが、しかし、昔の核兵器というものは、事実上使えないものであり、そして一部の人間が判断し、考えるものであったため、社会的な影響や問題というものはあるようでなかったので、今より冷戦時のほうが人々の生活は安定していたのですが、まあ変わるべきものはどうしても変わるもので、その変わっていったものが一般的な生活の分野まで入ってくるとなると、昔の核兵器の比ではない、何かもっと危険なものになる可能性もあるのではないか、とそう思えるのです。




  金融の問題は、金融に詳しい人によると、その正当性があると常にいわれています、何万、何十万、何百万という人を困らせても、金融的に正しければそれでいいと金融の人はいう、しかしそれは同じように、何万、何十万、何百万という人を困らせても、核兵器を撃ちそれを正しいといっている人と理論的には同じだろう、人を殺す正当性、人を困らせる正当性、それがないとはいわないが、しかしそれを極限まで進めたものをはたして人がやっていいのか、そういう問題はあると思う、核兵器は問題がわかりやすかった、だから核兵器による人を殺す正当性は、たとえあったとしても、非常に大きなブレーキがかかった、そして結果として冷戦時は核問題というものは実際的には発生しなかった、



  しかしそれが金融になると違う、少し前に書いたのですが、金融というものは問題の隠蔽がしやすく、はっきりしないものであるので、核の問題のような明確な否定ができない、だから実際は核兵器並みの被害が発生していても、それをとめることができない、そしてそれがこれから進む可能性のある世界であり、多分冷戦時の核の問題と同じように、グローバリゼーション時の金融問題というのが、ほぼ同じレベルの問題として表れてくるだろう、そしてそれは核の問題の何十倍も悪質なものとなる可能性があるはず。



  だからこそこれからの時代は、核の問題と同じレベルで、金融の問題を考えていかなければいけないと思う、それは人類全体の歴史で見れば、人という道具を使う猿が、その使っている道具の進化によって自分自身より優れた道具を持ったときに、その道具との付き合い方を学ばねばならないのと似ていて、今の状態の金融を悪とは言わないが、人間を凌駕した危険な存在になっているのはほぼ間違いがないので、そういう人を凌駕している金融という危険な存在に対して、どれだけ対処をうてるかというのが多分、すべてにおいて大きな問題になるのではないかと思います。


 


 


    それでは、今は週一回ですので、次回は来週の水曜になります、では次回まで。



 


 


 

関連記事




  • このエントリーのカテゴリ : 未分類

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR