01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

若い世代の人生を破壊する年金2000万円問題、選挙の評判が悪いアベ自民

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)

不在者投票のやり方

期日前投票のやり方



    どうもこんにちは、


  選挙もかなり終盤になってきましたが、そういえば今回は結構書きましたね、

  まあ4000文字くらいは数十分で書けるけど、いつの間にやら役に立たないスキルを身に着けたようです、


  今回の選挙では年金問題が大きく、2000万円足りないという話題があった、選挙でも重視している人がいるが、

  ネットではちょっと変わった話を見て、その人は2000万円問題は大したことがない、普通だと考えていたようだ、


  結構若い年代の人で、周囲の人も2000万円の話は一般的だといっていて、自民党を擁護する発言をしていた、

  しかしこれは間違いであって、この問題は若い世代に対して、致命的なダメージを与える可能性がある、


  なぜそうなるのかというと、まず自民党が受け取らなかった書類に書かれていたのは、2000万円ではなく5500万円資金が足りなくなる話だからだ、

  書類に書かれていたのは最低でも2000万円で、実際は5500万円いると書かれている、つまり大体6000万円ないと老後は快適に過ごせなくなる、


  自民党が受け取らなかった書類には、最低でも2000万円で、リフォーム工事や介護が必要ならば1500万円、将来年金が減額されたらもう2000万円いると書かれている、

  合計で5500万円いるわけだが、もしこれが事実だったとすると若い人の生活は破綻してしまう、


  サラリーマンとして働いていて、生涯得られる収入は一億円を超えるといわれる、仕事内容によって変わってくるが、正社員ならばそれなりにもらえるらしい、

  では5500万円足りないとどうなるか、その生涯で得られる収入の半分を貯金しなければいけなくなる、


  つまり生涯年収が半減するわけで、それによる影響を考えなければいけない、


  もし5500万円貯金するとすれば、住宅か、結婚か、子供のどれかを諦めなければいけなくなるだろう、

  結婚は共働きならば何とかなるが、住宅はかなり難しくなるし、子育ても絶望的に厳しいといえる、


  報告書が正しいとしてだが、もし5500万円いるのならば老後と、若い頃の生活のどちらを優先するか選ばなければいけない、

  老後を優先すれば家庭を作れず、自分のための住宅を購入するのも難しくなる、

  若い頃を重視すれば結婚などができるが、老後に生活が破綻して自分や子どもたちを巻き込んで、大きな問題が起こる可能性がある、


  このまま行くと、若い世代はどちらか一方を選ばなければいけなくなる、ある意味において人生の半分程度が破綻するわけだ、


  近代化社会は過負荷がかかる時代である、人間が長生きをするのは良いことだが、誰もが長生きをするのはかなり難しい、

  そういう世の中では長生きをすること自体が、人税の大きな過負荷になってしまうため、長生きをするのが原因で人生が破綻する恐れがある、


  奇妙な話だけど、そもそも人間は長生きをするものではないし、科学技術で無理やり長生きをしているだけだから、当然その無理や反動は発生する、

  変な表現になるが若い人は、長生きをする弊害と一緒に生きなければならず、その問題への対応も求められる、


  自民党はこの問題に一切対応しないだろう、全て自己責任の連中が国民の老後の生活を考える可能性はない、

  若い人は自民党が好きな人もいるらしいが、現状安易に評価するとすぐに自分の人生が破綻する、


  老後に必要になるのは2000万円ではなく、5500万円なのだからその負担を、どのようにするか冷静に判断しなければいけない、

  長生きをすれば5500万円かかるのだから、若い人は生まれつき諦めなければいけない可能性がある、それは大きな問題ではないか、


  人間が納得できない社会が広がるのが近代化の特徴で、科学技術によって人々は歪んだ生活を強制される、

  人の生き方は人間としての意味と考えがちだが、今の世の中ではそのような考えは成立しない、


  人間が長生きをする問題への対応は、努力をして変えられるものではない、だとしたらどうするべきなのか、

  年金問題は若い世代の人生を破壊する意味を持っている、それを冷静に考えておかないと、後でひどい目にあう可能性があります、


  次に、選挙についてはあまり良く分からないし、予想はアベ犬マスコミのプロパガンダも含まれているため、正直そんなに信用していない、

  ただある程度傾向があるようで、それはアベに対する評価が低い点だ、


  いつもの選挙だとアベ政権への評価は、選挙中に上がったりするのだけど、何故か今回は減少傾向にある、

  選挙前から批判する意見が強くなっていて、選挙中も支持率が下がるなどの問題が起きている、


  アベのクズは選挙期間中に、ハンセン病患者の和解をするなど、インチキプロパガンダをしていたが、なぜか全く興味を持たれなかった、

  韓国を悪くいう報道も一日中テレビにやらせていたのに、それによる変化も起きていない、なにかおかしい所がある、


  以前だったらハンセン病への対応や、韓国を悪くいうプロパガンダに効果があったが、大半の人が無視をしているのが不思議だ、

  さすがにアベが低能の嘘つきで、言っている話が全部でたらめだとわかったので、信用を失っているのかもしれない、


  また選挙期間中に自民党議員が失言をしていて、アベの低能も意味不明な発言を繰り返している、

  低能がいっているのは、枝野氏が民主党の人間だという話で、アベのアホの発言はよく分からない所がある、


  確かに立憲民主党なのだから民主党だけど、それをいうならば自由民主党も民主党になるだろう、

  つまりアベの民主党だという批判は、何を言っているかわからないバカの話だが、やっぱりバカなので理解できないな、


  低能アベは民主党批判をしないと、政治的な成果など一切ないのだから、自分が不利になると考えているのだろう、

  しかし、枝野氏は立憲民主党の人間だから、民主党がという発言の意味はない、現状民主党はこの世から消えているからね、


  国民民主党はたしかに民主党だが、結構違うところもあるし、アベがよくいっていた民主党批判は対象がなくなってしまい、全てにおいて空振りをしているわけだ、


  よくいわれるバカの一つ覚えってあるが、もしかするとアベはバカの一つ覚えかもしれない、

  そんな格言がそのまま成り立つって、どれだけアベが異常なゴミなのかと感じるが、可能性はあると思う、


  つまりこのアホは、今まで民主党がと批判する演説しかせず、それ以外演説をする方法を知らないのでは、

  以前は景気回復とかいえていたけど、それも全てアベが指示して統計不正をしていただけだから、実はなかったというのが確定している、


  経済の嘘情報をいえなくなった低能アベは、それ以外の民主党批判をするしかないのだろうが、民主党もこの世に存在しない、

  アベのバカではこれ以上の判断ができず、選挙に行っても話す内容がなく、考える知能もないわけだな、


  よくアベかいう「民主党の枝野氏」発言は、当てつけて発言しているといわれるが、正直別の可能性もあると思う、

  それはこのアホが民主党批判をするしか、選挙の時に発言する内容を考えられず、同じことを繰り返していっているだけ、そんな感じがする、


  知能のないゴミ人間だから、アベのアホでは選挙活動もできず、低能にできることはないわけだ、


  選挙に関しては自民党議員の失言が多くあって、たしか毎日のように問題発言をしている、

  自民党としては気の緩みがあるのだろうが、アベが一番そういう類だから、批判をする仕組み自体がないのだろう、


  総アベ化が進んでいる、無能組織自民党は倫理とかそういうのはないから、問題を起こしても悪いと考える人がいない、

  たしかに今まではそうだったが、今回は問題発言はそれなりに報道されるし、それを抑制しない自民党も批判を受けている感じがする、


  ある意味自民党は選挙戦略を全くせず、何も考えずに行動している感じがする、例えば政治家の問題発言に対して、一切規制をしていないと思う、

  しかし選挙期間中の国民は、そのような発言を選挙の判断材料にするため、自民党に対する批判は強くなる、


  それがどの程度効果を持つかは分からないが、自民党の問題発言の乱発は、それなりに影響を与えていそうです、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR