01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

スガの犬になった日本のマスコミ、日本をダメにした政治的中立

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  今日も政治の話を書きたいが、アベのクズが国会を開かないので、これといってネタがないね、

  マスコミもアベマンセーというばかりで、完全に社会のごみになってしまったが、連中が生存する意味はもうないのだろう、


  そういえばマスコミの話があるか、スガのやつが携帯電話取り上げているとか、ゴミ人間的な行動をしているらしい、

  以前から違和感があったのだが、スガの記者会見では批判的な質問が一つもなかった、


  以前は官房長官の記者会見といえば、厳しい指摘もあったはずなのだけど、一度も見たことがない、

  アベのクズは記者会見自体を開かないから、そういう話はないんだろうが、スガのやつは何でだろうと思っていた、


  そうしたら、スガの記者会見は最初に質問内容を出せて、それを答える形にしているらしい、

  つまり記者会見とは名ばかりで、実際は政府広報として話を聞いているだけで、それ以外の意味はないようだ、


  あまり話を聞いていなかったので、スガの問題に気づいたのは最近なのだが、普通はもうちょっとは話題になるべきではないか、

  マスコミが社会のゴミなのはわかるけど、明らかな不正行為をしているのだから、なぜ誰も情報を伝えなかったのだろうね、


  日本の報道機関の質の低さを感じますが、それはともかくスガのヤツは記者に対して、携帯電話などを取り上げている、

  なぜかというオフレコ発言が外部に漏れて、起こったスガに対してマスコミが犬と化したのが原因だといわれる


  社会のゴミのマスコミだから、平気でヘコヘコするクズしかしないのだろうが、ほんと日本のマスコミはジャーナリストのカケラもない、

  コイツラのどこに報道機関としての意味があるのか、どう見ても一切なく連中は広告会社か、国民を騙す詐欺師としてみるしかないだろう


  スガのクズが携帯電話を取り上げて、それを渡してから記者会見をしていると聞く、

  独裁国家じゃないんだからさ、マスコミは自分のやっていることを分かっているのかね、


  つまりマスコミの報道としての権利は、全て国に献上しますといっているようなものだが、テレビや新聞もすぐに廃業してほしいものだ、

  
  私は別に報道やジャーナリズムを否定はしないが、日本のマスコミはそういうものではないので、コイツラはこの世から消すべきだと思う、

  だって何の役にも立っていないわけで、そんな連中を生かしておく必要はない、既存のテレビと新聞は潰して、別の会社を作ったほうがマシだ、


  マスコミはよく言論の自由は、報道の自由という意味もあるから、無理な記者会見を要求するとか、プライバシーに配慮しない行動であっても、自分らは認められているといっていた、


  その報道の自由は憲法に書いてあって、一般国民に比べ我々は情報を得るための、権利が強いから特別な行動もできると、

  普通の人がやったら問題になるけど、テレビや新聞は多少の人権侵害は問題ないとか、偉そうにコイツラいっていた気がする、


  あの傲慢な態度はどこへいったのか、報道の自由は憲法に書いてある、俺らの独占的な権利であるという話は、何だったのだろうね、


  マスコミが強い権限を認められるのは、それが国家権力に対する抑止力になるからだ、

  それが国家権力と合体してしまったら、マスコミの権限はすべて奪うしかなくなる、


  ほんと思うのだけど、マスコミは自分が何をしているのか分かっているのかね、メディアは二度と報道をしません、永遠に政府の犬ですと公言しているわけで、そうなったらもうこいつら始末するしかなくなる、


  権力の走狗のマスコミなんて危険なだけだ、そんな連中を生かしておけば国民の生活が破壊される、日本のマスコミは頭がおかしい、


  日本人はものを考えず反知性主義的な所があるが、それが一番狂っているのがマスメディアで、連中の化けの皮が剥がれた感じがします、


  次に、では似たような話として、政治的中立という問題、という話でも書いてみると、

  よく日本では政治的に中立でなければいけない、そんな話が出るのだが実際の所ほとんど意味はない、


  政治的中立といえば聞こえがいいが、実際の所権力の走狗としての意味が強く、アンバランスな世の中を作っている、


  権力に与しないというのは、政治的中立だといえるが、実際には権力拡大に寄与する意味が強い、

  なぜそうなるかというと、いわゆるサイレントマジョリティー的な意味を持つからだ、


  以前アメリカでは黒人差別が行われていて、それに対する反対活動もされていた、

  反対派の指導者がいっていたのは、サイレントマジョリティーの問題で、声を出さない反対派の影響だ、


  単純にいえば差別は人間としての悪だが、黒人差別をしていた人は批判する気持ちがあっても、それを声に出して活動する人は少なかった、

  そのような声を出さない人々を、サイレントマジョリティーと呼んで、結果的にそういう人々は差別を助長していると批判していた、


  日本の政治的中立というのは、このサイレントマジョリティーと全く同じで、中立であるということは、政治的な異常性を支援する意味がある、

  なぜならやっているのは中立ではなく、無関心だからであって何もしないのは、中立ではなく無だから、それをもって中立的行為とはいわない、


  状況によって中立の意味は変わるだろうが、黒人差別の話も似ているように、何らかの抑圧的な政治傾向が出てきたら、それに対立する形こそが中立を形成する、

  力なき平穏状態ならば、何もしなくても中立になるだろう、しかし特定の権力が増大する傾向においては、それに対する力こそが中立的行為になる、


  物事の中立的な成立としてあるのは、複合要素の重心がどのように成立するかで、力のかかり方によって中立の意味が変わる、

  社会的に起きている問題が小さければ、発生している複合要素は放っておいても安定し、ある種のバランスの良いところに落ち着く、


  しかし社会の用途が偏りが強くなったときは、それに反する力を出すことこそが、バランスの良い重心を成立させる効果がある、

  黒人差別をするならば、それを反対すればバランスのよい社会に変わる、

  今のような独裁傾向が強い日本では、それを反対する行為をしないと中立にはならない、


  行為をする人間が中立であるから、政治的に中立になるわけではない、

  重要なのは複合要素が合わさったときに、どのような形ならばバランスが取れるかで、そこを目指すのが中立である、


  現状日本の中立と呼ばれるのは、状況の悪化を生むサイレントマジョリティー的な意味しかない、

  中立というものが権力の暴走を止めることはなく、更に歪みを強めてしまっている、


  日本の歪みは戦後が生んだ問題である、自民党が長期間与党であったため、それによる政治的な偏りが強くなった、

  政治的な偏りを土壌にした独裁、もしくは国民が不利益になる政治の長期化など、デメリットの強い政治や社会を生んだのは戦後が原因である、


  絡み合った問題は深い知性によってのみ開かれ、その歪みを修正できる方法を見つけられる、

  短絡的に政治的中立と考えてしまうと、それは中立とは関係ない社会の歪みの原因になってしまう、


  大きく考えて中立とは何か、その視点をよく見なければいけない、中立とは本来バランスをとることで、場合によっては非常に複雑な判断をして、結果を出さなければいけない行為になる、


  結局政治的中立というのは、特定の勢力にとってメリットがあるだけで、政治的な歪みを強める結果になった、

  本来であれば政治的中立は何か、深く考える機会も日本にはあっただろう、

  しかし日本人はものを考える文化がないので、政治的な中立について考える人がいなかった、


  それはマスコミも一緒で、連中は政治的に中立であるといっていたが、結局権力の走狗しかなっていない、

  なぜそうなったのかといえば、連中のいっていた中立というのは、サイレントマジョリティーを目指すものだったからだ、


  実態としてマスコミは権力批判をせず、それが中立だといっていたが、本質的には権力への協力だったわけだ、

  政治的に中立であるというは幻想であって、本質的な問題を見ておかないと、政治的中立であると言うたびに、権力が増大して狂った社会に変わるわけです、

  
21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社


関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR