01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

まちがってない、ちがった世界、

    どうもこんにちは




  先日憲法改正法案が可決されたようで、この国も破滅へと一歩進んだようですが、その前後を見ていて思ったのですが、最近の強引な国家運営は、何らかの大きなシナリオがあるなという感じがします、例えばおととい北朝鮮が新しいミサイルを持っているということが分かったらしいのですが、このタイミングでそういう話が出るのはおかしく、多分六カ国協議といいつつ、実態としては六カ国のトップが自国の国民を食い物にするための会議のような面が強いことを、このことはあらわしていると思います、



  北朝鮮の新しいミサイルは、ロシアのミサイルを改造したものではないかといわれていますが、この点から考えれるのは、北朝鮮問題に対してロシアが手を出し始めたということでしょう、それは北朝鮮問題が中国へのけん制といして非常に効果が高いことが証明されたため、ロシアも中国に対しての外交的有利のために乗り出した可能性があるということだと思います、 なぜそう思うかというと、そもそも北朝鮮の新しいミサイルはもとがロシア製であり、ロシアが与えない限り作れないからです、私の読みが当たっていればですが、多分ロシアのミサイルを外装だけを変えたものなのではないかと思います、北朝鮮は前の核開発でも、見たところ実験は失敗していたようなのに、開発をしたといっているところを見るに、外交駆け引き上の軍事という意識が高く、また、昔のソ連に倣って国を運営している北朝鮮ならば、昔のソ連のように実態の軍事ではなく、軍備を持っているというパフォーマンスを重視すると思うので、具体的な軍事強化というものはやらないだろう、昔のソ連の軍事というものはそれほどまじめにやってはいなかったようで、軍事強化というよりは、軍事脅威のアピールとしての軍事という意識が高く、実際の軍事力はそれほどでもなかったと聞いたことがある、多分北朝鮮もそれに習って動いているだろうから、軍事強化ではなく軍事脅威のアピールを何らかの形で頼まれたと見ていいように思える、



  このあたりが一介の国民には分からない不透明な領域で、やはり何らかの組織が日本を始末するか、軍事独裁化をさせようとシナリオを書いているようです、それが何なのかは分からないのですが、長崎市長殺害にしてもそういう大きな歯車に巻き込まれた恐れがある、何か全体として大きな、危険な波が見える、もしかすると六カ国協議自体日本を始末する、もしくは破滅させて食い物にする会議なのかもしれない、日本の政治は自主性を完全に失い、外国によって好き勝手にできる状態になっている、実質この国を守っているのは憲法だけだろう、それが変わるとなれば完全にジエンドだろうな、



  それを避けるためには、北朝鮮問題、そして日本の軍事化に対する反対として、利害が共通している中国と仲良くなる必要があるのだが、よく騒がれる反中国的扇動というのは、日本の退路を絶つための戦略なのかもしれない、私自身も中国という国はあまり好かないが、しかしこの状況を救えるのは中国しかいないだろう、北朝鮮は何らかの虚構的パフォーマンスをすることにより、何らかの利益を得ているのだろう、そしてその不利益が日本と中国にかかっているようだ、だから日本の未来が開けるとしたら、多分中国がやるのではないかと思う、それは中国自身の利害によるものなのだろうが、日本と中国の利害が一致している以上、中国が独自の解決案を出すことが、結果として日本を救うことになると思う、



  前回の核問題のときも、結局解決したのは中国だし、アメリカが手を引いたからと思われているが、北朝鮮問題の会議にしろ、北朝鮮がアメリカに協議にいくにしろ中国を基点にしていた以上、中国が手を打ったと見るのが妥当だろう、今回の騒動もそうなる可能性が高いが、今の日本は自分自身の問題を解決する、能力も、人材も、気力も無い、寝たきり老人のような国だから、今回のことも中国頼りになるでは無いだろうか、その点われわれ日本人も中国への見方を変えるべきなのか、それとも彼らは利害で動いただけとドライに見るか、そういうところがあるようですが、私としては多少中国という国に対して、温情的に見ていったほうがいいようにも感じますが、まあなんにしろしばらくは日本人と(日本政府ではなく)、中国政府は共通の利害を持つという面はあると思います。


 




  さて、それはいいとして今日は、まちがってない、ちがった世界、ということでも書いてみようかと、今の世の中というものは、色々と考えるに、何かまちがっているように感じたり、自分のやることがまちがっているように考えたりしがちですが、しかしそうそうなんでも間違っているというのも変なもので、その本質を考えていくとそれは、間違っているのではなく違っているのではないかと思ったので書いてみようかと。



  それで、まちがってないちがった世界ということで、私自身いつも何か自分がまちがっているのではないかなと、長いこと考えていたのですが、しかし冷静に考えてみると私の立場、状況ではそうするしか手がないことがほとんどなんですね、他の選択肢があったかどうかと考えてみても、あったかもしれないけど、非常に確率が低いといいますか、できそうでできない、そういう他の可能性しかなかったように思えます、その点から考えるに、自分が思っている基準と、自分の生きるべき運命のようなものとは、場合によっては大きくずれるときもあるのだなと、特に今のような時代の境目のような状態では、多分私だけではなく多くの人々にとって、自分の思っている世界と、自分のいる世界とが大きくずれやすいのではないかなと思います。



  そして、そういうずれのようなものが、今の世の中に起きている問題の根本的原因としてあるのだと思います、たとえば多くの人々が不安だからそれをあおる胡散臭い宗教や、政治が発生し、で、それを信じることによってさらに不安が増加する、そういう悪循環の中に今の日本はあるといっていいと思います。 



  だから、今の世の中で生きるためには、もしくは世の中を良くするためには、間違いを認めないといけない、つまり間違いを間違いと考えず、違いと考えねばならない、Aが正しいからBがまちがっているという考え方では、今の時代を乗り切ることはできず、Aが正しいけどBというものもある、そういう一つの方向性に対しての違いというものを、否定的に見るのではなく、肯定的に見なければ、多分この国は全体的にかなりおかしくなる可能性があると思います、なぜならそういうことがそこらじゅうでおきているわけで、それが致命的な問題化してくれば、その被害は莫大なものになるからです。



  それに、一人一人の人生においても、この問題は結構大きいのではと思えます、特に私のようなバブルのころを経験した人間だと、あのころの世界観がしみついてしまっているので、今の世の中がわからないところがいつもあって、やっぱり自分の思っている世界と、実際の世界が全然ちがっていて、よくわからないことが多いです、例えばそういう時も何か、私か、それとも世の中が間違っているのではないかと考えがちですが、しかしそれも、上で書いたように、Aという正しいものがあるけどBというものもある、そういう並列的な視点で考えないといけないようで、正しいものがたくさんあって、そのそれぞれの比率が変化している、それで、今の状態では私の信じていたものの比率が下がっていて、事実上存在していなくなってきて、そしてその代わりにそれを埋めるために全然関係ないものが、それと入れ替わりつつある、だから単純に自分の信じるもの、理解しているものを唯一の正統性のように考えてしまうと、自分自身が間違った存在になってしまう。




  とにかく全体として、今の世の中は変化が激しいですから、古いもの新しいもの、そのそれぞれが並列的に存在し、そしてそれぞれがそれなりに正しいものであるというややこしい状態にあると思います、ですからそういう状態では、単純に何らかの正当性を信じてしまうと、自分の内も外も間違いだらけなように感じてしまうと思うのですね、私もそんな感じを受けていたころがありましたが、だから今のような時代では、単純に正当性を信じるという生き方は、問題が多いと思うので、今のような世の中では、正当性という考え方はせず、非常に多くのちがった世界、そういうもののある世界に住んでいるのだと考えたほうが、多分間違わないですむのではないかなと思います。


 


 


    それでは、今は週二回ですので、次回は木曜日になります、では次回まで。


 


 


 



 

関連記事




  • このエントリーのカテゴリ : 未分類

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR