04 月<< 2020年05 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>06 月
 

誰も日本に来なくなった海外の要人、沖縄の補選の不自然な世論調査

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  今日も政治の話を書くと、アベの基地外は外遊して逃げている、本来ならば国会で議論すべきだが、このアホはすぐ逃げるね、

  盗っ人猛々しいというのが、自民党やアベの特徴であるが、ネットで見た情報だと日本外交は失敗しているようだ、


  以前は日本に来る要人がたくさんいて、外交交渉のために来る方がいたらしい、野田政権まではよくいたのだが、アベになってから急激に減っている、

  このバカは知能のかけらもないアホなので、外交交渉が全くできていない、低能のアホなので言葉は理解できるが、会話は無理なので外交交渉は不可能だ、


  日本は何だかんだといって、先進国ではあるから国際的な会議も行われるだろうし、海外から来る人もいるはず、

  それなのにアベ政権になってから、外国から来る要人が激減しているのは、必要最低限以外誰も来なくなっている可能性が高い、


  そういえば、何らかの大きなイベント以外で、海外の要人が日本に来た記憶がない、

  小さな国の人が来たときはあるが、ほぼ要人て日本に来ていないですよね、ここ六年くらい、


  サミットとかの話し合いはあるが、それ以外だと日本に対して外交交渉した国がないような気がする、

  外国ではアベは低能の間抜けと考えられていて、知能のかけらのないゴミ扱いされているので、そんな基地外と会話する人はいない、

  
  国会の答弁を見ていれば分かるけど、アベの基地外はまともな会話ができたときがなく、話の通じない頭のおかしいゴミだから、外国もアベのアホと関わり合いたくないので、誰も来ないのだろうね、


  その代わりに海外には出かけているが、もちろん全く評価されていない、金を持って行くので歓迎はされるが信頼関係は一切なく、アベのゴミが去ったら地域の人間はすぐに忘れるのが普通だ、


  今までアベのやつが使った金は、50兆円を超えているといわれるが、ここまで金をばらまいでやっと会話ができるわけで、金をばらまかなければ誰も話したくなく、アベは国際社会から頭のおかしいゴミだと思われている、


  こういう外交の問題についても、普通ならば国民は知っておくべきだが、誰も気づいていないわけで、日本がどれだけだめになっているかが分かる、
  
  マスコミはアベ外交の成果というが、じゃあなんで海外から誰も来ないのか、外交の成果があるならば要人が日本に来るはずが、誰一人として来ない、


  それは外交ではなくて、金をばらまいて人気取りをしているだけで、成果など一切ないからだ

  アベ犬マスコミは、アベマンセーというのが唯一の仕事だから、国民を騙すインチキ話しか書かない、


  所詮は社会のゴミだが、こういう点を見ても日本人は世の中を分かっていないし、マスコミを信じすぎていて現実を理解できていない、

  信じる者は救われるというのは、信じるものを騙した人間が得をするという意味で、本質的な問題を考えなければいけない、


  外交問題一つとっても、国民が全く理解できない国に住んでいるのだから、その異常性が分かっていないと、より最悪の社会に日本は変わっていくでしょう、


  次に、統一地方選の話があるか、前回は大阪について書いてみたので、沖縄の選挙区をやってみると、

  沖縄の選挙区は小沢さんの党の候補者が、沖縄知事選挙に出て当選した後の、引き継ぎをするものであった、

  
  こういう選挙は勝ちやすい特徴があるが、負けてしまうと大きな問題になるので、気をつけなければいけない、


  選挙情勢は序盤から野党有利だったが、後半自民党がある程度追い上げていた、

  当日の投票率はかなり低くなっていて、それでかなりまずいのではないかと感じていたが、


  低投票率でも自民党は不利になっていて、自民党の弱さが目立っている選挙だった、

  本来ならば低投票率は自民党有利なのに、それでも負けるのは基礎部分が崩壊していて、選挙にならなくなっていた可能性が高い、


  例えば投票率が60%を超えていたら、大きな差がついていただろうし、40%程度の選挙でも差をつけて負けるようでは、自民党が選挙で勝つのはかなり難しいだろう、

  
  この選挙では奇妙な所があって、出口調査の情報がかなり変わっていた、

  とある会社の出口調査だと、野党系の候補者が大勝していたのだが、実際の得票はそこまで差がなかった、


  NHKでは若い人が自民党に投票していたとあったが、実際は別に若い人の投票が自民党に多かったわけではないらしい、

  まあ地方選挙だから出口調査も、簡易的にするところもあっただろうから、精度が低かったのかもしれないが、


  1つ目の出口調査と実際の得票に差があったのは、投票率の読み間違いがあったようん感じる、

  以前から書いているのだけど、世論調査は投票の傾向を読むためのもので、政党支持率にも似た所がある、


  その辺りの数値は正確ではなく、特定の投票率の選挙を前提に考えている所がある、

  例えば自民党の支持率は40%近いが、これは投票率が50%くらいのときで、70%ほどになると大きく変わってしまう、


  自民党の支持層は20~30%程度で、もし投票率が100%なら二割から三割程度しか得票を得られない、

  本来は支持率の半分くらいの票しかないが、投票率が低いから有利になっている、

  
  もし本当に国民の意見を調べるならば、自民党の支持は2割程度でないと、正確な数値にはならない、

  なぜなら組織票しかない自民党は、必ず投票をする人が多いため、もし国民の四割が自民党を支持していたら、投票率が50%ならば8割の得票を得られるはず、


  しかし実際の投票結果を見てみると、投票率が40~50%のときは半分程度になるが、60%を超え始めると大幅に比率が小さくなって、30%くらいの得票しかできなくなる、


  これは私の勝手な考えだけど、沖縄の選挙で出口調査と実際の得票が大きく変わったのは、投票率が高いと予想していたからではないかと思う、

  実際予想されていたのは50%~55%くらいで、当日の投票率よりも10%以上高いと想像されていた、


  もし50%を超える投票率だった場合は、それは野党側に大量に流れてしまうので、上昇分はそのまま野党に流れる、

  投票結果は野党が6割位で、自民党が4割程度だったから、投票率が10%と上昇して、それが野党側に流れたとすると、


  大体野党側がダブルスコアになるので、マスコミの出口調査の結果と一致する、

  
  この話はマスコミの世論調査が、投票率がどの程度であるかデータ化して、出口調査や政党支持率の計算をしている可能性を示している、

  つまりそのようなデータは、国民が全員そう思ったわけではなく、投票の傾向として使える形を目指しているといえる、


  逆にいえば投票率が高ければ、世論調査の結果は全く意味がなく、政党支持率が高かったとしても、選挙に有利になれないともいえるだろう、

  とはいえ、国民の選挙に対する関心は小さくなっているため、このような解決策は難しいのかもしれませんが、


  もう一つのNHKの問題に対しては、比較されたデータがどの程度正確か分からないが、比較されたデータが一番正しいと考えてみると、

  以前から書いているけど、マスコミは自民党を若者が支持していると、演出している所がある、


  それは実際は高齢者の支持が多い自民党の問題を、若者の問題にすり替えるのが狙いだろうが、投票結果を見ると別に若い人が自民党支持をしているわけでもない、

  以前の沖縄の選挙でも若い人は、確かにやや自民党支持に寄っていたが、かなり小さなもので自民党を支持しているとはいえなかった、


  今回もそういう形はあって、NHKが出した沖縄の選挙結果だと、若い人が中心になって自民党を支持したとあったが、正直な所それは怪しい気がする、

  沖縄の選挙は投票率がかなり低く、選挙に関心を持ちづらい若い人が多く投票に行ったとは考えづらい、


  投票結果は野党の勝ちであったが、その差はそれほど大きくなく、もしNHKがいうように若人が中心になって、自民党が得票を得ていたというのならば、そこには矛盾が存在する、


  若い人は低投票率の選挙に行かないだろうし、影響力はそれだけ小さくなってしまう、

  それなのに自民党の候補者が若者を中心に支援を受けて、野党とある程度勝負になったというのは、話に無理があるだろう、


  実際は高齢者も含めそれなりに、自民党の支持はあったのだろうが、若者に関しては特に傾向はなく、影響も小さかったと見るべきだろう、

  選挙結果から見るとそうなっているのだから、NHKのいっている話はおかしい、


  他の調査で若人が、特に自民党を支持していたわけではない点を見ると、何らかのプロパガンダであった可能性もある、

  自民党支持の若者という話は、党のイメージアップや頭のおかしい自民党を、高齢者が支持している問題を隠蔽する意味もある、


  高齢者も自民党がおかしいのは分かっているから、それに投票しているのが自分らだといわれると、あまりいい気分ではないだろう、

  それを若い人のせいにできれば、気楽に投票できるので自民党にとっても得だから、マスコミはプロパガンダをしているのかもしれない、


  若者が政治で云々というのは、少子化が進みすぎた日本の現実を分かっていない話だ、

  もしそんな情報を出すマスコミがあるならば、多少は疑ったほうが良いでしょう、
  

21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR