01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

アベによる性犯罪問題、モルモットになった日本の自衛隊

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  今日も政治の話を書くと、前回はアベレイプ仲間の問題を、司法が容認して弁護士や裁判官が、性犯罪行為に加担した問題があった、

  自分は関係ないと言う人もいるかもしれないが、司法制度が性犯罪者を見逃して、レイプ魔を容認したのだから、反論する権利はありません、


  もしくは司法制度の不十分な所、例えばアベの意見で不起訴が決まったところなど、活発な議論をして是正をしていればよかったはず、

  しかし日本の司法関係者は何もしなかったから、当然批判は司法へ向かう形になる、


  レイプ魔=司法関係者となった所で、この土壌の上に積み重なったのが、性犯罪に対する無罪判決だ、

  法律を元に考えるならば、状況的に無罪になるべきというのが、司法関係者の意見なのだが、実はそれは間違いである、


  中世の司法は、司法というよりは宗教もしくは国会制度であったため、例えば特定の宗教団体の意見のためにあるケースや、王様の都合で裁かれる場合もあった、

  中世の魔女狩りは司法が行ったが、実際にやっていたのは宗教団体だった、

  王様が誰かを気に入らないといって、処罰していたのも同じように、司法でありつつその結果を決めていたのは、特定の個人だった、


  日本の司法は実はこの制度でしかなく、近代的なシステムとしての意味は殆どない、

  どうでもいい問題に対しては、中立的な判断をする可能性があるが、そうでないときは誰かの都合で、裁判結果が変わるケースが多い、


  実際過去の冤罪を見ていても、裁判官は無罪だと大半の人が思っていて、それなのに圧力を受けて、有罪にしたケースが良くある、

  つまり、日本の司法は法律を元にしたものではなく、中立でもなくて誰かの都合で決まる、インチキ制度だといえる、


  また、日本の司法の根本的な問題としてあるのは、民主主義制度になっていない点だ、

  海外の司法制度は国民が参加する所が多く、実は司法関係者の影響力はかなり低い、


  例えば、裁判をした時に一番疑われるのは、検察や警察であって犯罪者ではない、

  それは国民が主体になって裁判に関わり、従者として検察や警察が存在する、そういう形になっているからだ、


  外国では裁判官を決める投票は、大統領選挙並大きく扱われて、それがどのような人物であるか活発に議論される、

  裁判官が問題を起こすと考え、それらの異常性を元にして判断するので、国民の意見を聞かない裁判官は、全て否定されるようになっている、


  なぜそうなるのか、それは近代国家は国民主権の制度であって、その点は司法制度でも代わりがないからだ、

  本来であれば裁判官に対して批判をするのは当然だし、裁判官は個人的な考えで判断するため、悪くいわれるのも当たり前である、


  そうでないというのならば、過去の冤罪で裁判官が法的に間違っている判断をしたのはなぜか、それを考えてみるべきだろう、

  間違った判断をしても誰も悪いといわなかったからで、無批判に司法を受け入れたが故に、彼らは異常な行動をしてしまったのだ、


  人間のやることは絶対に正しくはなく、必ず間違った行為をする、

  司法であるから正しいなどというものはなく、司法であるからこそ間違いと考えるのが正しい、


  ではどこが間違うのか、それは人間関わっている部分だ、法律の本が人を不幸にはしない、しかし司法に関わる人間は人を不幸にする、

  その害は裁判官、検察、警察、弁護士など、関わっている人間の害として現れるため、それをどのように除去するかが重要になる、

 
  物事には常に毒のような所があり、それを取り除いてから初めて意味を持つ、

  例えば魚を食べるときは、問題のあるところは取り除くが、そのようにしないと制度は機能しない、


  司法においては人間が害になるため、人が関わる所に対して監視をし、必要ならば是正をするのが本来の司法制度である、

  しかしそのような考えは日本にはまったくない、司法は絶対正しい神であって、逆らうのは悪魔である、それが日本人の考えだ、

 
  今回の話は、司法の民主化としては悪くはなく、司法関係者を叩くのはある程度は意味がある、

  本質的な問題を理解しつつ行動するならば、制度問題の是正として価値があるだろう、


  司法の本質にあるのは正しくないという問題だ、実は国家も正しくなく、企業も正しくなく、近代的なシステムは概ね正しくない、

  それを民主主義システムで是正しつつ、機能をもたせるのが重要になるわけで、この辺りを日本人は理解できていない、


  民主主義を土壌にしたシステムでは、司法の正当性は司法そのものでは成立しない、  

  司法では司法が成り立たない問題に対して、国民が介入して制度を修正していく、それによって制度に血が通って、社会に意味のある形になる、


  本来はこう考えるべきだ、しかし日本人は何かを信仰するのが好きで、現実的な問題を考える能力は低い、

  今回も神聖な司法を叩くのは何だという人が多いが、そのような人間は頭にちょんまげが生えている、中世の住民なのである、


  本当の意味での知的教育がない日本は、いつまでたっても本質を理解せず、こういう騒動が続くようです、


  次に、読売の調査で不自然なものがあった、少し前にあった統一地方選では、自民党が議席を減らしていて、その代わりに無所属の候補者が増えていた、

  読売はそれに対して、無所属の候補者の多くは自民党系だから、勝ったのは自民党だと宣伝していた、


  アベ犬新聞なので、何らかのプロパガンダなのだろうが、現実的に見るとその可能性は低い、

  まずあるのは、自民党が無所属候補を認めるはずがなく、推薦などをしていた可能性は低い点だ、


  まず無所属候補は政府の批判票を吸収して、反自民的な形で得票を得ている、

  だとすると、選挙をする時に自民党の公認だと書いてしまうと、大きく得票が減ってしまう、


  だから選挙をする時に推薦などを受けた可能性は低く、あったとしても直接的でない協力か、追加公認と見るべきだろう、


  また、他の点もでも特徴があって、それは自民党の県議の議席が減っていて、同じ程度の無所属候補が増えていた所だ、

  アベ犬読売はそれでも自民党が勝ったといっているが、無所属が前回選挙より大きく増えているのはおかしい、


  選挙後の報道を見ると、無所属で野党寄りで立候補していた人たちが、選挙後に自民党の会派に入ったとか、そういう話を結構聞いたから、

  自民党の無所属が多いというのは、引抜きによって増えただけのような気がする、


  確かに引き抜きをすれば増やせるだろうが、その分自民党の意見は通らなくなるし、勝手な政治活動もやりづらい、

  イニシアティブを無所属議員が取ってしまう可能性もあるため、自民党にとって有利になるとはいえない、


  根本的に今回の選挙は、自民党が議席を減らして無所属が増えた、そういう点を重視すべきだろう、

  つまり自民党が弱くなったわけで、追加公認などで水増しをしたとしても、全体的な傾向は変わらないだろう、


  アベ犬読売がなぜ急に無所属議員をいい出したのか、無所属が増えるのは野党が大きくなるのと同じで、アベ犬読売にとっては損なはず、

  それでも報道したのは、自民党の議席が増えたとアピールするため、インチキが目的だったと考えるべきだろう、


  連中に善意なんてものは一切ないので、どんな悪意を持っているか考えるのが、日本のメディアに対する正しい見方です、


  後は、戦闘機が墜落した話があるか、アメリカの最新鋭戦闘機を購入したが、日本で初めて墜落したという、

  アメリカのことだから、日本人をモルモットにしてこき使ったのだろうが、亡くなった方には残念なことだ、


  日本の戦闘機の交換が必要だと、以前からいわれていたらしいが、購入できる製品は多く存在していて、安い値段で使えるものも存在していた、

  しかしアベバカの能無しは、一番高いアメリカの戦闘機を買ってしまった、十分な研究も行われていない、不安定なものを買い墜落したわけだ、


  最新の設備があれば防衛の役に立つ、そういう意見もあるのだけど、実際の所最新の設備って、不具合が多いから役に立たない場合がある、

  例えば有名なオスプレイも不具合が多く、以前のヘリのほうが使いやすい所があった、


  運用もかなりオスプレイは難しいらしく、特別な方法を使わないと長期間の移動ができず、問題点が多く存在している、


  歴史を振り返ると、最新の兵器は死亡フラグというか、俺この最新の兵器を使ったら結婚するんだ、、みたいな悪い話が多い、

  弾が簡単に詰まって、殆ど撃てなかった最新式のマシンガンとか、完成して浮かべてみたらすぐに沈んだ軍艦とか、そういう話は沢山ある、


  兵器を買うのは良いのだけど、初期段階のものはトラブルが起きやすく、余計な問題が起こるから避けるのがベターだ

  日本は初期から関われば、技術開発が行えると考えているが、当然重要な情報は機密扱いになるし、こちら側が得られるとは思えない、

  
  アメリカとしては試験運用のテスト費用を、日本に出させて被害も日本人に負わせる、それだけが目的と見ていい、

  常識的に考えれば、アメリカは自国の利益しか考えないのだから、日本にとってメリットのある行為をする可能性はない、


  じゃあ何するのといえば、日本の金を使って実験を行って、日本人を使って被害の確認をする、

  実際の今回の事故が起きた海域では、米軍の船がたくさん来て情報収集をしていたと聞くし、最初からそれが目的だったわけだ、


  国際政治は信頼よりも利害なので、アメリカと協力して国を守るなどという選択肢はない、

  どのような利害があるかだけなので、安易にアメリカに協力すれば、全てのリスクを押し付けられる、


  こんなレベルの話すら、日本人は理解できずアベマンセーなのだから、日本が滅ぶのもそう遠くないでしょう、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社


関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR