01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

統一地方選挙の傾向と維新の問題

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  今日も政治の話を書いてみると、ネタとしては統一地方選挙を書きますか、前回の続きっぽいですけど、

  統一地方選挙では自民党が大きなところで負け、唯一勝てたのは北海道知事選挙だけだった、


  実態としては自民党の候補なのだけど、地方の事情を考えずに中央の指示で候補者を決めようとして、その結果として分裂選挙になった所が多い、

  そして中央が支持した所が負けていて、これはアベ自民の失態だといえる、だって負ける必要がないのに負けるのだから、完全に自滅している、


  地方選挙の分裂は国政にも影響を与えやすく、自民党の弱体化を生むだろう、

  自民党の中央が支持をした人が勝っていれば、問題にはならないが対立している人が勝ったのだから、当然国政選挙への協力も変わってくる、


  連中がなんでこんな馬鹿なことをしたのか、アベがアホだからというのはあるが、それにしても無能すぎる、

  一箇所ならばまだしも、四箇所くらいあった気がするから、自民党も何かが狂い始めているのだろう、


  今までの自民党は統一地方選挙で、大きな選挙で勝ってプロパガンダをする、それが一般的だった、

  以前も山梨知事選挙で勝ってアピールするとか、大きな所で勝負する習慣があったが、


  今回は大きな所でほぼ全滅していて、自民党に対する悪いアピールになってしまった、

  完全に失敗したとしかいえず、参議院選挙にとってはデメリットだった、


  では他の野党はどうなのかというと、なんともいえない所がある、

  共産党はある程度伸びていたが、立憲民主党に議席を奪われる所が多かった、

  二つの党は方向性が似ているから、票を食い合ってしまいやすく、それで共産党の候補者が落ちる時があった、


  国民民主党もそうで、立憲民主党が勝った分だけ議席が減る、正直な所不毛な戦いをしていた、
 

  ただ立憲民主党自体は成功しておらず、いわれているほど選挙は強くなかった、現職はそれなりに行けていたけど、新人がとにかく弱くて楽に勝てるほど、立憲民主党には風が吹いていない、


  面白いにはマスコミのいう政党支持率とは関係なく、国民民主党と立憲民主党の議席があまり変わらなかった点だ、

  無所属系の議員も合わせると、国民民主党の方が議席が多かったくらいで、マスコミの世論調査が現実を表していないのは、この点からも明らかだろう、


  野党は議席の食い合いをしてしまい、実態としてはほとんど増えていないが、今回は無所属の議員が増加している、

  民主党系の議員が無所属にいってるらしく、それでなんとか当選できたようだ、

  地方選挙は政党政治が成立していないので、無所属に移ったほうが選挙で勝ちやすい、そのような動きがあった、


  他の党としては維新があるが、ここは大阪ではかなり有利になっていた、しかしそれ以外の地域では全く見かけず、ほぼ全滅している、

  以前は維新の党というと、日本中に候補者を立てていて、それなりに勝てる組織だったが、


  今回は大阪以外は失敗していて、他の地域への影響力はまったくなかった、

  私は統一地方選挙や参議院選挙でポイントになるのは、維新の党でここがどう潰れるかが重要だと指摘していた、


  しかし今回の結果から見ると、ある程度復活してしまっているので、それがどうなるかが分かりづらくなっている、

  ただ勝ったのが大阪限定で、それ以外の地域では評価がなかったので、国政はかなり厳しい感じがある、


  以前は国政政党としての意味があったが、今の維新の党は地方のミニ政党的な存在で、大阪では強いけど社会的な意味はない、そんなポジションにいる感じがする、

  やっぱり維新の党自体は弱体化していて、それを集約したから一時的に力を得ただけ、今回はそういう意味なのだろう、


  国政で勝つためには支援する地方議員がいるが、それほとんどない状態では大阪以外では勝てない、

  維新の党はこれから減税日本と同じ、地方政党としては価値を持つが、国政では何もできない組織になりそうだ、


  このあたりの判断は曖昧な所があるが、維新の弱い所と強い所が出ていて、同時に限界も見えてきたというのは、連中を潰すときのポイントになりそうです


  次に、今回の選挙で感じたのは野党はそんな悪くなく、低投票率なのに勝てていた点でした、

  私は最初投票日が天気が悪いと聞いていて、それで低投票率になるかと心配していました、


  しかし当日はかなり晴れている地域が多く、その影響で投票はそれなりにはあった、

  野党がやや有利だったのは当日雨が降るといわれていて、それが晴れたのも大きいと感じている、 


  地域にもよりますが、今は期日前投票があるから投票日の天気が悪いと、事前に投票する人が増えやすい、

  しかし実際に投票日が晴れれば、事前の投票と当日の増加する投票があるので、数値が良くなりやすいのではと感じる、


  それで野党がそれなりになったのならば、期日前投票と天気の関係によって、助かった所もありそうです、


  更に書くと、今回の選挙は低投票率なのに自民党や公明党が弱く、大阪では議席を失っていた、

  本来ならば低投票率は与党有利で、組織票で戦う勢力だから勝てるはずなのに、実際はそうなっていなかった、


  原因はちょっと分からないのだけど、一つ可能性があるのは政治マニアが増えたのではと思う、

  ネットを見ていると政治に関心を持つ人もいて、色々な意見を毎日発言している、

  それを見て政治に関心を持った人が増えて、投票率は低いのだけど自分で判断するようになったのかもしれない、


  以前はマスコミがいったからとか、そういう理由で投票する人が多かった、

  組織票で投票している人も、全く何も考えずに知り合いだからと、特定の組織に投票するのが普通だった、


  しかし、ネットだけかもしれないが、選挙や政治に対する情報が溢れていて、それで国民に判断力がついたようにも感じる、

  もしくはアベ自民の政策があまりにひどいので、冷静な判断をするようになったのかもしれないが、以前とは違う形が生まれている、


  コミュニティーとはコアになる層と、ライト層の相互関係によって成り立つ、

  今の状態はもしかすると政治に関するコア層ができていて、以前のような単純な組織票ではない、自分で考える人々が生まれているのかもしれない、


  だから低投票率なのに、自民党や公明党が不利になる時もあって、微妙に以前とは違う所がある、

  まあ明らかに世の中おかしくなっているし、困っている人なんて数千万人はいるだろう、


  マスコミはそういう問題を一切報道しないが、実際に困っている人からすれば死活問題で、政治に対してシビアな見方をしているのかもしれない、

  以前から低投票率なのに自民党や公明党に不利になる、そういう傾向は現れていたが、今回はそれが強かったように感じます、


  後は、これからもう一回統一地方選挙がありますが、今状態でどう変化するかというと、

  維新の党は自民党と協力して、国会でも騒動を起こす可能性が高い、

  地方選挙では自民党との対立で勝っているが、国政では自民党と対立しないため、選挙の仕組みが大きく変わってしまう、


  国政選挙では、自民党の一部としてのイメージを持たれたまま、参議院選挙に入る可能性が高い、

  国会が終わった後に参議院選挙が行われるから、それまでにアベの歓心を買う行為をするだろう、


  メディアでも報道されるから、自民党=維新の党とイメージされてしまう、


  今の維新の党は選挙で勝ったのが一人だけで、後は比例の候補者だった気がする、

  前回の選挙ではそうだったのだが、次の参議院選挙も同じ形になるとすると、、、


  自民党は大阪で勝つための組織を失い、次の大阪での選挙はかなり不利になる、

  それは野党も同じ問題があるが、維新の党は国会でアベマンセーアピールをするから、自民党の対立軸としては評価されないはずだ、


  つまり、大阪選挙では自民党も維新も悪くなる、何らかのパフォーマンスをして挽回する手もあるけど、

  市長を知事を交換して選挙をするとか、そんな例外的な手は国政選挙では難しい、


  維新の党としては大阪都構想をしたいのだろうが、大阪市議選挙では過半数を取れていないから、他党との協力が重要になる、

  公明党などと協力する手もあるが、自民党を無視して公明党とだけ協力するのは難しい、


  維新の党はインパクトのある選挙はできたが、その後の計画は全くないように思う、

  多分何も考えていないだろうから、選挙後の動きでボロが出そうだ、

  大体からして地方は反自民で選挙をして、国政は自民党の一部として行動するのは、矛盾があるから成立しない、


  矛盾を超えるだけの勢いも今はないから、何らかの対策は必要になるが、どこを落とし所にするか分かりづらい、

  野党がすべきことは偽物である維新を潰し、自民党との対立軸を関西地方でも作ることだ、


  そのためどうしても維新つぶしを考えなければならず、連中の欠点やどうすれば弱体化できるか、考えなければいけないでしょう、

21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR