06 月<< 2020年07 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>08 月
 

地味だったアベ元号問題

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  そういえばもう4月ですね、ずっとブログを書いていて思うのは、世の中が悪化するのは早いなって感じです、

  昭和の頃はもっと安定していたし、活気もあったのだけど日本は廃墟の一歩手前ですね、


  近所の商店街もお店がなくなっているし、全てが悪化しているのだけど対策がない、この辺りに日本人の問題点がある気がします、


  今日は実はネタが全くなくて、ここで終わらせても良いレベルなのだけど、しいていえば元号の話があるか、

  元号ね、正直な所昭和の印象が強すぎて、平成は空気感があったけど、今度は令和になるのか、


  アベのクズにしてはまともなものだが、一つとしてあるのは戦後世界観だろうな、

  昭和の和の所を残しておいて、高齢者の関心を買おうというのが狙いだろうか、


  そういう世代は戦後世界観が終わったという、アイデンティティーの喪失を一番気にしているから、

  戦後は続いていますよ、昭和は終わっていませんよと、人を騙すのを狙いにしている感じはある、


  元々令和というのは万葉集からとったのか、あれはかなり古いものだから中国の影響も強く、実際この令和というの元は中国だといわれる、

  日本の独自の文化ができるようになったのは、紫式部とかああいう人が出てからで、古代は日本の文化と呼べるものは少ない、


  古い時代は中国が圧倒的に優れていたから、日本の古代の文章は基本的に中国と似たものだといえる、

  今回も中国の古典にある文章がもとらしく、アベは日本のオリジナルといっているが、そういうものではない、


  日本オリジナルにしたいならば、平安時代の後期あたりを出さなければいけないが、そうなると日本の歴史というより、特定の歴史上の人物の意見が元号になる、となれば不自然にはなるのだろう、


  古い時代の哲学者などを利用する手もあるが、思想的な意味を元号に持たせるのは偏りも強い、

  となるとより古い時代しかなくなるが、古い時代になると日本のオリジナリティーはなくなってしまう、


  アベは低能のアホだから、日本が素晴らしいという宗教をしたいのだろうが、元号でそれをするのは無理があった、

  不思議と今回はそれなりにまともだったのは、アベがあまり関われていなかったのではないか、そんな気がする、


  元々馬鹿だからねこいつは、古い時代の作品を元にするためには、十分な教養がなければいけない、

  教養というのは学問が好きでないと身につかないから、アベのバカにはそんな要素は一切ない、


  当然元号なんて考える知能もないわけだが、ただやろうとすれば自分勝手にするのも可能だったろう、

  それが拒否されたのは選挙が近いのが大きかったように思う、


  来週あたりに統一地方選挙があるし、もう一回くらい大きな選挙が行われる、

  参議院選挙もあるから、ここで問題を起こしてしまうと、自民党は急激に不利になっただろう、


  例えばアベの名前を使った元号にすれば、私的な利用ではないかと考えられて、強い批判が発生したと見て良い、

  元号は簡単に変えられるわけじゃないから、もしアベの名前を使ってしまえば、自民党に対する批判は最悪のレベルまで行く、


  それでやめたんだろうね、自民党は選挙対策とかはしっかりやるから、選挙が近いのが妥協したのが理由だといえる、

  ある意味において統一地方選挙や参議院選挙がなければ、もっと気味の悪い元号になっていた可能性もある、


  実際にアベのバカは、元号の話で自分の手柄を延々と言っていたらしいが、どう考えても元号の発表を、自分の手柄にしたかったのだろう、

  そういうアホが元号に手を出さなかったのは、選挙が近かったのが大きな理由だといえる、


  では令和に関して書いてみると、うーん何だろうね、悪くはないのだがいいづらい感じがする、

  弱い発音が並んでいる言葉は、発声がしづらい所があるため、人によっては上手く言えないのではと感じる、


  例えば昭和とか平成は、強く発音する所があるけど、令和にはそういうところがない、

  冷たいイメージもあるし、元気ハツラツみたいなところがなくて、妙に地味なんだよね、


  アベとしては日本の文化だから、無理やり万葉集からとったらしいが、元々は飲み会で月がきれいだというような、そういうどうでもいい内容らしい、

  実は古典的な文学にはくだらなかったり、下品だったりする内容が多いのだが、古文で書かれているので、簡単には分からなくなっている、


  今回もそういうもので、飲み会で月がきれいだったという程度で、これが日本の文化なのかというのはある、

  色々な条件を考えて、これしかなかったのかもしれないけど、何だろうね意味が薄いというか、面白みにかける、


  やっぱり自民党は知能レベルが低いんだろうな、昔だったら古典に精通している人がいて、

  そういう方に元号をどうするか決めてもらって、総理がその結果を発表する形にできたが、

 
  現状もう自民党も劣化してしまい、教養がある人間が残っていないのだろう、

  更にアベ独裁体制にあるわけで、組織を上手く機能させられなくなっている、


  人材がおらず、人材を活かすシステムもない、末期状態にあるのが自民党だから、元号をどうしようかと考えて、浅い考えしか持てなかったのだろう、

  そうでなければ、もっと国家とか社会とかに意味がある内容を考えて、含蓄深い元号を考えていたはず、


  しかし万葉集の中身ならば、日本だから何でも良いと考えて、飲み会の話を持ってくるのは質が悪い、

  もう少し語呂を考えるだけじゃなくて、言葉に深い意味をもたせられなかったのか、自民党の劣化を感じる話だといえる、


  本来であれば中国の古典を使えるわけで、日本の古い時代の本はかなり少ないから、古事記と日本書紀くらいなので、そうなると選択肢が少なくなってしまう、

  アベがこだわらず、素直に中国の古典を使えばよかったのに、そのせいで底が浅くなったのではないか、


  やっぱり思慮が足りないと思う、発音がしづらいところや言葉の意味が軽い、中身が殆どない、

  国を表すものというよりは、素人が作ったキャッチコピー的な、安っぽさを感じてしまう、


  今更元号なんてあまり意味はないが、令和はちょっと国が滅びそうな、冷たい感じがしてしまう、

  冷凍とか、そういうのに似ているから、もうちょっと明るい感じにすべきだったのではないか、


  アベの名前を使わなかったのは良かったといえるけど、質の良い元号とはいえない所がある、

  やっちまったものは仕方がないが、アベみたいなバカに大きな顔をさせると、何をやっても問題になるのでしょう、


  後は、ついでなので元号についてもう少し書くと、令和に対しては令というの命令ではないかという意見もある、

  そうじゃなくて古典では美しいという意味だというが、正直な所命令の意味もあるだろう、


  だいたい自民党が美しい平和なんていうはずがなく、戦争屋の連中にはそんな考えはない、

  アベは美しい国とかいっていた逝かれたやつだから、そういうニュアンスもあるのかもしれないが、


  古典がそうだったから、令は美しいの意味だというけど、現実的に見るとその可能性は低いだろう、

  一番あるのは何も考えずに決めただけで、深い意味がないという可能性だ、

  今の自民党は知的レベルが低くなっていて、教養というものが殆どなくなっている、


  そういう連中が元号について考えられるかほぼ無理だろうし、権力志向が強い自民党が専門家に任せて、仕事をしてもらうとは考えづらい、

  となればあまり深く考えずに元号にする条件だけを決めて、後は大したことをしていなかった、そういう可能性はありそうだ、


  もう一つはやはり命令の意味があって、それが気に入った可能性はある、

  自民党は国家主義者であって、国家が正しければ国民は死ぬべきだという考えて、日本が大きく傾いた原因を作っている、


  この国の人口減少は全て自民党が行っていて、連中が国民の生活を支援せず、国家権力の増大を行ったのが原因である、

  その結果国民の生活は悪化してしまい、今となっては若い人は戦後世代の三分の一しか存在していない、


  国のために国民は犠牲になれ、それが自民党の考えであるし、その結果人口が大幅に減少したわけだ、

  自民党はこういう考えがあるから、命令という意味が含まれているのは、ありうる話だといえる、


  多分これが気に入ったのも、命令という漢字が使われていて、自分の権力が増大できると感じたからだろう、

  世の中を考える政治家ならば社会にとって価値がある、国民の生活にとって意味があると、そんな内容にするだろう、


  もしそういう人だったら、令という命令の漢字を使うのは、国家が国民に命令しているイメージを持つから、それはやめるべきだと考える、

  つまり令という漢字が使われているのは、国家権力が国民に圧力を加える、それが正しいと自民党が考えているからだ、


  何というか、古典に書かれているから令という感じに問題はない、そういう意見は性善説に偏った見方だ、

  今回の元号は専門家に依頼したのではなく、自民党やアベの都合で作られたのだから、当然連中の意見が元になっている、


  そう考えれば令は古典が原因になっているのではなく、自民党の考えが元になっている、そう考えたほうが良いでしょう、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社




関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR