01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

犬マスコミが失敗した明石市長選、アベ多選で限界が見えた二階

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  この頃はやたら暑い時と寒い日が来ますが、春が合成されず夏を冬が交互に来ている感じがします、


  それはともかく書いてみると、政治的な話題としては明石市長選挙があるか、マスコミが政府と結託して騒いでいたものだね、

  明石市長は評価の高い人物だったが、感情的になりやすい問題点もあった、それが原因で一時辞めたのだが、


  原因になった話に不自然な所があって、マスコミの演出は効果が弱かったといえる、

  多分だがこの話は昔自民党で、このハゲーといってやめた政治家がいたが、それをモデルにプロパガンダを構築した可能性が高い、


  このハゲーといった政治家の影響で、自民党の評価が大きく下がってしまい、それが原因で東京都議選で負けたところがある、

  ちょっと曖昧なのだけど、たしかこの騒動と東京都議選は時期が近く、ハゲーといったせいで支持率が暴落して自民党は大敗した、


  自民党は政治的な価値のない社会のゴミだが、プロパガンダを使って国民を騙している、

  小泉政権から人を騙すのに特化しているため、多分このような騒動の思わぬ効果に対して、興味を持った可能性が高い、


  これは私の想像になるが、この明石市長の話はハゲーと言った政治家の問題を、再現する狙いがあったと感じる、

  暴言を録音しておいてテレビで何度も報道する、そうすることによって影響力を削ぐのが目的だったのだろう、


  大体からして、アベ犬マスコミは明石市長選挙の直前で流していたし、どう考えても政治がらみのインチキでしかない、

  暴言を吐かれた職員も録音をしておらず、問題が起きたのも一年前だと証言している、


  情報には価値があるものだが、その出処がしっかりしていなければ信用できない、

  今回の件で既得権が失敗したのは、暴言の記録データの出処が怪しかった点だ、


  ハゲーという発言は、直接被害を受けた人が記録していて、その問題を指摘するために公表していた、

  つまり、誰が何故したのか明確だったため、信憑性が高く興味を持つ人が多かった、


  しかし今回のアベ犬マスコミがやった、明石市長の暴言問題に対しては、誰がなぜそうやったのか分かっていない、

  暴言に関しても別に利権などの話ではなく、交通事故を減らすために工事を進めたいという理由で、悪意があったとは言えないところがある、


  まあ暴言の問題はあるにしろ、情報の出処が胡散臭かったので、地域の住民はかなり早い段階から、評価するべきでないと判断したようだ、


  これは賢明な対応だといえて、とかくメディアを神のように信じる人は、情報を過剰に評価してしまうところがある、

  例えば今回の件もそういう人は暴言がすべての問題だと考えるが、本来ならば情報源のチェックもいる、


  日本のメディアは全てアベ犬マスコミなのだから、連中が嘘を付き不正をするのは当然である、

  ならば政府にとって都合のいい野党系政治家を叩く話を、テレビや新聞がいったからといって、安易に信じるのは良い方法ではない、


  この件はいわゆる法的な手続きと似ていて、例え何らかの犯罪行為があったとしても、そこに明確な理由がなければ評価してはいけないという、根本的な考えが存在している、


  もしアベ犬マスコミがこのプロパガンダを成功させたければ、最低限情報源を公開すべきだったろう、

  被害を受けた人も別に大きな問題とは感じておらず、第三者が盗聴していたのは明らかである、


  市長との会話を盗聴した情報を、当事者の意見とは関係なく公表するのは、社会的に信頼できる行為ではない、

  そのため市長は再選したようだが、この件には見るべき点が存在する、


  それはマスコミを誰も信じなかった点で、マスコミが騒いでもそれを評価する人はいなかった、

  本来ならば昔のハゲーの話と同じように、野党系の市長が不利にならなければいけない、


  しかし選挙は元市長が大勝していて、マスコミが期待していた自民党系の候補者は、全く歯が立っていなかった

  選挙結果を見る限りは、地域の住民は誰もマスコミを信じておらず、胡散臭い話だと考えていたようだ、


  そうでなければ暴言を吐いた側が大勝するはずがなく、マスコミへの不信が根底にあったと見るべきである、


  ネットにいた方の意見だと、暴言問題で騒がれたので知名度が高くなったから、元市長が勝ったといっていたが、選挙結果を見る限りは暴言問題を気にしていた市民はかなり少なかった、


  その人の考えだとマスコミは絶対的な存在で、マスコミのおかげで悪名が高まったから勝てたといっているが、投票結果にはそのような要素は存在しない、

  だとするならば考えられる理由は一つで、現地の人はマスコミよりも市長を信じたと考えるべきだろう、


  このような傾向は案外起こりやすく、劇場型政治をしすぎた副作用が出始めている、

  劇場型政治はマスコミと政治が一体化したものだが、その両方に対して国民が拒否反応を示しつつある、もしかするとそういう選挙だったのかも知れません、


  次は、自民党の二階というやつが、アベの4選に対して支持するといい出した、この人物は以前もレイシスト小池を支持するといい出して、先走り過ぎなところがあると感じていた、


  今回もアベの4選といっているが、多選に対する批判は分かりやすいため、国民の理解を得られるとは考えづらい、

  実際世論調査でも評価は低く出ていて、自民党のアキレス腱になりつつある


  野党としては多選でアベ独裁の自民党といえば、実際にそうなのだから納得してくれる国民は多いだろう、

  元々アベに対する社会の評価は殆ど無く、自民党に対する信頼を喰い物にしているだけで、こんなアホを支持する人間はいない、


  実際自民党とアベ政権の支持はだいたい同じで、それはアベの私党になった自民党は、同じものだと見られているからだろう

  しかしこうもあからさまに多選をしてしまうと、自民党もアベもダメという意見が強くなる、


  そもそも自民党は多選の問題を批判していて、年齢制限などを厳しくしていたはず、

  今回は年齢とは関係ないが、同じような多選の問題を容認すれば、ダブルスタンダードといわれるだろう、


  この件に関しては二階という人物の失態と感じる、

  ネットには二階を、神のように崇めろという不思議なツイッターアカウントがあって、日本の問題は二階を理解すれば分かるといっていた、


  その人がいっていたのは、二階は集中して選挙に勝つ方法論が強く、これが彼の特殊な能力だといっていたが、

  しかし集中して勝つ戦法は、小泉政権からずっとやっているもので、自民党はそれしか取り柄がない、


  自民党は劇場型政治の政党だから、パフォーマンスとして見やすい所は力を入れるが、それ以外の所が弱く弱点になってしまう、

  実際東京都知事選では自民党はいつも勝っていたが、都議会選では民主党に負けてしまい、過半数を取られた時もある、


  自民党は一点集中して、マスコミ受けの良い所で勝つのは上手いのだが、結局それ以外の取り柄はない、

  ツイッターで二階は素晴らしいといっていた人はいるが、目立つ所で勝つ戦法は昔からだし、そういうパフォーマンス重視をしすぎて、民主党に負けたわけだ、


  二階という人間に対しては、マスコミもプロパガンダをしているのを見た、

  どういうわけかアベ多選の問題を報道しつつ、それを行った二階は素晴らしいと報道していた、


  多分そのツイッターで二階は神といっていた人も、実はアベからなにかもらっていて、マスコミと結託して人を騙そうとしていたのだろう、

  そうでなければ同じようなタイミングで、プロパガンダを仕掛けてくるはずがなく、連中には悪意があるとみるべきだ、


  ただマスコミのプロパガンダは成功しているとはいえず、アベ犬マスコミのアベマンセー、多選マンセーの報道は、逆効果だった可能性が高い、

  結局次もアベということならば、次の次もアベって形になるのは明白だし、そうなれば民主主義を否定する自民党は悪くいわれる、


  マスコミとしては神がかった力を持つ二階が、神託としてアベ多選を容認したのだから、奴隷である国民は言うことを聞けと、プロパガンダをしたかったのだろうが、

  以前のレイシスト小池の話と似ていて、状況を性格に把握してから対応できておらず、ただ権力欲を満たすために行動している所がある、


  そもそもアベのクズは人の役に立っていないし、国民の所得はずっと減少している、

  減少は最初の年から始まっていて、6年間ずっと減っているため、一度も国民の所得は増えていない、


  それは通貨価値がアベのせいで半分になったから、海外の輸入品が高騰してしまって、物価上昇の影響で所得が減っているわけだ、

  経済指標が良いというのも統計データの捏造だし、実態としては悪化していると見るのが妥当だ、


  雇用問題は貧困の拡大によって、高齢者などが働かなければならず、共働きも増えたのが理由としてある、

  つまり経済悪化による雇用改善であって、景気が回復して雇用が良くなったわけではない、


  また団塊の世代が引退してしまい、2000万人くらい労働力が減ったらしく、その影響で雇用環境が改善したところはある、

  改善そのものが悪いとはいわないが、急に激に労働力が減るのを好景気といって喜ぶのは、非現実的であろう、


  人の役にたたないアベが多選をするのは、こいつを容認していた人間すら敵に回すのではないか、

  デメリットの塊のアベを、多選させるのはほとんどの人にとってリスクでしかない、


  それを何も考えずに発表する二階という人間は、マスコミは神聖視させたかったのかも知れないが、先走りすぎて判断が落ち着かない人間だといえるでしょう、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR