03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

自民党が負けた沖縄の投票、アベが関与した統計問題、北朝鮮とアメリカの交渉

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  そろそろ春が来ていて風が冬とは変わってきていますが、そのうち虫が飛び始めるのでしょう、

  春の虫はうざったいですけど、今日はネタがあるかな、まずは沖縄の住民投票があるか、


  アベの基地外が始めた沖縄の基地建設だが、根本的に意味があるのか不透明になっている、

  低能の一つ覚えののアベはなぜか基地にこだわるが、それが正しいのか沖縄で投票が行われた、


  住民投票は自民党が嫌がらせをしていたが、結果は反対票しかなく賛成する意見は少なかった、

  自民党は、どちらともいえないという選択肢を無理に入れたが、そんな意見を表す県民は存在しなかった、


  大体からして、どちらともいえないという人は、最初から投票に来るわけがないので、そんな選択肢を増やした所で意味はない、

  マスコミは政府の犬なので、連中は県民投票は価値がないといっているが、日本のマスコミは現実を理解する能力がないのだろう、


  連中はカルト宗教の広報みたいなもので、実態はオウムのああいえば上祐みたいなやつだから連中に人間性はない、日本のマスコミは沖縄差別をして、そういう人々を叩いて飯を食っている、


  マスメディアなんてのはクズ商売なのだが、ともかく今回の投票では7割近い人が反対といって、自民党の目論見が失敗した、


  沖縄を喰い物にする自民党は、今回の選挙で支持者に対して投票に行くなと圧力をかけ、自由な投票ができないように嫌がらせをしていた、

  投票率がやや低くなったのは自民党が原因で、連中が民主主義を否定している犯罪組織なのは、この点からも明らかだといえる、


  そんな犯罪者が運営している自民党だが、支持者に投票に行かせないようにして、投票率を下げようとしていた、

  低投票率だったら民意がいないとか、投票率を低くすれば反対する人が減るだろうとか、下らないことを自民党は考えていた、


  ほんとまあクソ組織というしかないが、こんなのでも沖縄で議席を得ているのだから世も末である、

  基地外自民党は今回の選挙では、投票率を下げて住民投票を失敗したと演出する予定だった、


  しかし投票率を下げられたのは自民党の支持者だけで、それ以外の人は投票に行ってしまい失敗した、

  金をもらって買収された自民党支持者以外には、基地建設に賛成する沖縄県民はおらず、結果として大差で自民党は否定された、


  こんなことすら想像できないのが、自民党の低能さの表れであるが、自分の支持者以外賛成派がいない状態で、投票すればどうなるか分からなかったのか、


  自民党はよく沖縄の選挙では自党の候補が勝っていたから、民意は基地賛成であるといっていたが、

  実際は自民党系の候補者は基地問題についてどうするか、明言した候補者は一人として存在しない、


  そうやって人を騙すしか能のないクズ組織が、社会正義だ民主主義たというのだから、狂っているというしかない、

  それはマフィアが社会正義をいうのと同じで、自民党が民主主義を語るのは異常であろう、


  ともかく、今回の投票では明確な否定が出てしまい、しかも極端な結果になった、

  政府の犬のマスコミも一応は事実を伝えるしかなく、沖縄は基地建設に反対だと言う結論は出た、


  そもそも、辺野古基地自体普天間基地への批判で起こったのだから、基地建設に賛成する人間が沖縄にいるはずがあるまい、

  自民党から金をもらった人間以外は、そんな考えを持つ可能性はないわけで、普通に民意が出た投票だったといえるでしょう、


  次に、統計の問題が出ているようだが、またアベが犯罪をしたのがバレた、

  このクソ犯罪者のアベは、低能で手癖が悪いのだが、まともな考えがなく無能なチンピラ程度の能力しかない、


  本来ならば社会のゴミとして、早期に消されるべき人間だけど、諸々の事情で権力を得てしまった、

  こんなゴミが大きな顔をする時点で、日本がダメになっているのは明白だけど、


  ともかく統計の問題に対しては、アベがこの件について知っていたかが重要になっている、

  統計データはルールを変えることになって、そのために大きく数値が変動する予定だった、


  本来の計画では経済データが下落して、アベ政権の問題が見える形になっていた、

  実際にこのアホの政策は殆どが失敗していて、初期の頃の公共事業のバラマキ以外では、経済的な効果を全く得ていない、


  その公共事業も消費税を上げるための見せ金で、税金を上げるまでしか効果が持続せず、すぐに経済は衰退する形になった、

  アベ犬マスコミはイザナギ超えの好景気とか、バブル期に近い経済状況が来たと、何年もいっていたが誰も実感していなかった、


  なぜならそんな事実はなかったからで、経済状況を決める部署に圧力をかけて、景気が良いと発表させていたから、そのような形になっていただけだ、

  
  それは別の話だけど、今回は統計データのとり方を変更して、それによって経済数値が下落するのが決まった、

  数値の下落は統計のとり方によるものだが、そうなればアベ政権が失敗したイメージが広がる、


  実際に失敗しているのだから、ある意味においてはそれは正しかったのだが、統計をどのようにするか、途中で急に変更が行われていた、

  最初に行われた方法は専門家の会議で決まっていて、そこで方針がはっきりしたのだが、その後内閣から横槍が来て話が変わった、


  本来のやり方をする予定だったのだが、ある日から急に別の方式に変化してしまい、専門家の会議の議論は完全に無視された、

  専門家の会議の意見の結果が無視されるのはおかしく、しかも短期間で変更されたため、なにかがあったのではないかといわれている、


  具体的にはアベ内閣の関係者が、統計を管轄している役所に相談をして、その日から急に方向性が変化している、

  つまり、アベが指示をして変更させた可能性が高く、このクソ犯罪者が全ての原因だといえる、


  ホントこいつクソ犯罪者だからね、倫理観のない頭のおかしなゴミだから、統計データの不正は普通に行うだろう、

  普通ならマスコミが騒ぐところだが、テレビを時々見るが一切報道していないし、していたとしても政府の意見を垂れ流すくらいしかしない、


  時系列で見ればかなり分かりやすく、この統計の話は原因がよく分かってきている、

  最初の頃は何が問題か分かりづらかったが、結局の所統計データの取り方について、官邸が関与したという事実が重要だ、

 
  そういう事実に基づいた証拠も出ていて、連絡をしたメールの記録も公表されているため、アベやそういうクズ連中が関与したのははっきりしている、

  国会を見ていれば原因はわかるのだが、残念ながら日本のマスコミはジャーナリズムがないので、どんな事実が出ても報道する可能性はないでしょう、


  あとは、トランプと北朝鮮の交渉が行われるようだ、もっと時間がかかるかといわれていたが、思ったよりも早く進んでいる、

  トランプの想定は中国との交渉であって、今回も北朝鮮のトップが中国を通って移動するが、そのような点もアピールとしてあるのだろう、


  つまり実態は中国とアメリカの交渉であって、そのポイントとして北朝鮮がいるわけだ、

  最近も中国とアメリカとの貿易交渉の話があるし、そのあたりも考えて交渉していると見て良い、


  北朝鮮との交渉がどうなるか分からないが、本質が中国戦略である以上、アメリカ側が大幅譲歩をする可能性もある、

  例えば核開発なども穏便な形にして、大きなトラブルが起きないようにするかもしれない、


  報道だとアメリカは北朝鮮との交渉では、核開発よりも韓国との和平を重視するという話がある、

  ネットで見た情報だった気がするが、ひとまず核問題はおいておいて、北朝鮮と韓国との和平を優先させる可能性はある、


  北朝鮮とトランプとの交渉は、トランプの人気取りの側面もあるため、問題が起こる可能性は低いといえる、

  元々中国との交渉のために北朝鮮を使っているのだから、それを失ってしまうリスクをアメリカが取るとは考えづらい、


  アメリカではトランプに対する批判も強く、最近は国境の壁の問題が出ている、

  壁問題を解決するためにかなり無理をしたので、外交の成功をアピールしたいと考えるはずだ、


  交渉がどうなるかは分からないが、現状ありそうなのは核問題の一時的な容認、韓国との和平へのアメリカの協力、そして交渉後に中国とトランプが話し合いをして、何らかの外交成果を自慢する辺りか、


  まあ、ある程度は予定調和の話になるだろうし、最後に出てくるのは中国だろうから、

  中国がどの程度貿易で妥協するかによって、北朝鮮の和平への進展度が分かるかもしれません、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社


関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR