06 月<< 2020年07 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>08 月
 

立憲支持者のいう脱原発論の無意味さ、リフレ論の2つの悪意

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  今日も政治の話を書いてみると、そういえば野党は脱原発が重要だという意見がある、

  まあ左翼がいっているいつもながらの内ゲバだが、連中は何一つ学んでいないのだろうな、


  そもそも脱原発は現実的な問題があって、自民党ですら脱原発の方向性にかじを切っている、

  何故かというと原発のイメージが悪い点と、経済的に成立しない状況があること、後は老朽化が進んでいて使えなくなっているからだ、


  脱原発論は多分だけと建設反対運動が元になっていて、反対運動が中止する運動になって、事故後により過激な意見を言うようになったのだろう、

  だからそういう人は歴史もあるだろうから、自分らが本流の脱原発論者だと考えているのだろうけど、自民党ですら脱原発になっている現実を理解していない、


  現状の脱原発論は、原発の危険性というよりは制度維持が不可能になって、廃止するしかなくなったのが原因だ、

  アベの間抜けが、原発の輸出といって全滅してしまったけど、ああいうの見ても分かるが、原発の時代はだんだん終わりつつある、


  原発が難しい理由の一つは、福島の事故があって社会的な批判が強くなり、それに合わせた裁判所の判決が増えた点だ、

  事故のリスクに対して厳しく問う声が強く、それは地方自治体の首長もそういう意見をいうので、稼働などが非常に難しくなっている、


  もう一つは自然エネルギーの拡大もあって、現状原発に近いレベルの発電が行われていて、原発はいらないのではといわれている、

  実際自民党は自然エネルギーを潰すために、支援制度を凍結するなどして嫌がらせをしているが、それは自然エネルギーがあれば原発がいらない状態にあるからだ、


  いつの間にか自然エネルギーの発電が増えていて、それだけで電力の多くをまかなえるようになっている、

  あれだけ大きな事故があったのだから、自然エネルギーに興味を持つ人も増えただろうし、民主党時代の支援政策の影響で拡大した、


  3つ目が、原発は新規で作られたものは少なく、大半は数十年前にできたものなので古くなっている、

  古い原発は安全対策もしていないため、爆発の危険がある状態なので、そういう点も批判がある、


  最新の原発は福島みたいな形になっても、核燃料を確保する仕組みがあるらしく、もしあの原発が新しいタイプだったら、爆発をせずに核燃料の取り出しもできていたかもしれない、


  古いタイプだったから対策ができず、事故の被害が拡大したところはあるため、原発の古さも問題としてある、

  何十年も前に作られたものだから、老朽化も進んでいて本来ならば建て直しがいるが、再建築となるとハードルが高い、


  結果として古い原発は破棄するしかなく、維持ができないという問題があるので、自然に脱原発になるしかない、


  これは不思議な話なんだけど、実は与野党とも全部脱原発である点は変わらず、程度が違うだけの差しかない、

  もちろん自民党は問題があるが、現実的に原発が維持できないのは分かっていて、連中も脱原発に近い考えはある


  脱原発は本来は建設反対運動があって、左翼の活動として長く行われていたのだろう、

  ただ実際は労働組体の対立を元にしていて、大企業中心の連合と共産党系の労働組合が、それぞれを批判するために使われている所がある、


  連合は東京電力などが関わっていて、原発を急にやめると事業の問題が起こる立場にある、

  それを見越して共産党系の労働組合は、すぐに脱原発ができない連動は間違いだといっている、


  しかし連合からすれば、すぐに脱原発をして電力会社が潰れれば、社員が路頭に迷ってしまうため、抑制的なスタンスに立つのは仕方がない、

  結局日本の脱原発論は、それぞれの労働組合の事情で行われていて、ある意味おいては原発そのものを考えているものではない、


  例えば、そういう脱原発をいう左翼勢力が、被爆の問題などに対して言及したのを見たことはない、

  労働組合の対立として脱原発をいう人は、原発事故を完全にスルーしていて、被爆の問題は風評被害だとしかいわない、

  
  つまり連中にとって脱原発は、相手の労働組合を叩くための道具であって、現実的な被爆などの問題を考える、そういう性質のものではない、


  少し前に立憲民主党が国民民主党を、脱原発ではないと批判した時があった、

  党首がそういったわけではないが、立憲民主党の政治家や支持者が口汚く、国民民主党を罵っていた、


  連中は人間のクズというしかなく、左翼はアホしかいないから仕方がないが、

  その原因としてあるのが小沢氏との協力で、小沢氏が脱原発と強くいっていたのだから、国民民主党は嘘を言ったのではと批判していた、


  その後小沢氏が連合と話し合いをしたときに、ある程度脱原発論を弱めたため、この点も政党な脱原発論ではなく、小沢氏は邪教徒だみたいな話を、立憲民主党の関係者がよくいっていた、


  連中の性根の腐り方がよく分かる話だが、ほんま左翼は内ゲバが好きだけど、コイツラ絶対仲間を攻撃するよね、

  左翼を見たら敵だと思えというくらい、連中は必ず味方を攻撃する文化があるため、そういう間違った考えが炸裂してしまった、


  まあ歴史的な過程もあって、脱原発は労働組合の争う道具になっているのだろう、左翼にとってはそういう意味しかない、

  連中には事故の被害など眼中にないし、福島で暮らしている人の生活の再建など、くだらない話でしかないのだろう


  うーんと、私の見立てとしては野党は脱原発はいわないほうがいいと思う、

  何故かというと結局労働組の縄張り争いでしかなく、そんな話をしても国民は興味を持たないからだ、


  大体からして事故が起きたのを、完全にスルーしていていっているわけで、普通の人からすれば野党が脱原発といっても、嘘を言っているようにしか感じないと思う、


  政治論は時代に合わせて変えるべきで、今の時代にあった脱原発論はあるだろう、

  しかし左翼のいっているのは何十年も前の論であって、現在の脱原発を問う話ではない、


  原発の維持が不可能になっているのは、自民党でも認めなければいけない現実だ、

  じゃあ脱原発は何かといえば、程度の差しかないわけだけど、そのような意味しかないのならば重要でもあるまい、


  どうやっても脱原発は行われるのだから、それを大きくいっても得るものはない、

  野党間の対立を招くくらいならば、脱原発はいっそ封印するくらいにして、それ以外の政治論を中心にすべきでしょう、


  次に、あれあまり余裕が無いぞ、、ではリフレ論の2つの悪意、という話を書いてみると、

  高度経済成長が終わって、日本は生産と供給が釣り合った状態の、飽和した低成長状態にあります、

  
  そのような経済状態は成長がしづらく、また全体のバランスを取りづらい所があります、

  低成長で飽和していると考えれば、政治や経済の問題を起こさずに暮らせますが、そんなに世の中は甘くありません、


  高度経済成長から低成長に移行しても、大半の人は高度経済成長が続いていると考えます、

  だとするならば人々を騙して金を稼ごうと、頭の良い人は考えてしまうため、このような時代の境界では大きな問題が起こります、


  今の世の中をおかしくしているのは、いわゆるリフレ論が存在しています、

  この理論は政治的な謀略としての意味が強く、多分高い成長が低成長に変わった時に、人々を騙す手法論として存在するのでしょう、


  なぜかというそれは、リフレ論が人を騙すのに都合がいい性質があるため、極めて悪質な考え方だからです、


  リフレ論の特徴としてあるのは、経済成長を期待させつつも実際に行うのは搾取経済である点です、

  飽和した経済は成長をすることはなく、実体経済が変化する可能性は基本的にはありません、


  では成長しないのかという、実は金融ならば実態がないため、飽和した経済状況下でも拡大ができます、

  リフレ論が人を騙すのに向いているのは、経済成長が鈍化した状態で、本来不可能な経済成長を演出できる点です、


  人間というのは記憶を元に判断するため、今まで経済成長をしていた社会が急に止まっても、それを理解することはできません、

  そのため経済成長が続いていると演出できる、リフレ論は人を騙すのに都合がいいわけです、


  次に、リフレ論が搾取経済になる点としては、インフレの性質が存在しています、

  以前ネットで見たのだけど、民主党はデフレで最悪の不景気だと批判している人がいました、


  しかし実際は民主党政権の方が」、その後の自民党よりも経済成長をしていて、国民の所得も増えていました、

  インフレ・デフレ論と呼ばれるのは、実体のないプロパガンダであって、本質的には間違いでしかありません、


  インフレだと景気が良いわけでもなく、デフレだと不景気になるわけでもありません、

  実際はインフレでも不景気になりますし、デフレでも好景気になるので、インフレとデフレは景気とは関係ありません、


  データ上もインフレとデフレの違いは存在せず、インフレだから景気が良くなったという話はありません、それはリフレ論者がいっているデタラメです、


  それで搾取になるのは、通貨価値の下落による強制的なインフレは、国民所得の下落と金融資産の膨張を生みます、

  以前も書きましたがそういう形になると、インフレを通じて現金を持っている人が損をして、その分金融資産を持っている人が得をする形になります、


  このようなインフレを使った富の移転が起こるのが、リフレ論の特徴として存在していて、急激な社会衰退を生む特徴があります、

  今の若い人は戦後世代の数分の一ですが、そうなったのはインフレが原因だともいえるでしょう、もしくは金融膨張のために現金収入を減らす政策が、問題を起こしたともいえます、


  リフレ論が問題になるのは、高い成長が終わった後の成長への期待を働きかけ、それでいながら低成長時代における、搾取経済の仕組みを作れる点にあります、

  本来であれば低成長時代は、経営者や経済の社会的な価値は大幅に下落し、彼らを主体にした社会は成立しなくなります、


  しかし、インフレなどを利用した搾取制度を維持できれば、高い成長期に得ていた企業の立場を維持し、搾取制度によってそれを続けられるようになります、

  高い成長が終わった後は別の時代が来ますが、それは成長時代に成功していた勢力にとっては、大きな損失になります、


  リフレ論はそのような問題に対応できる考え方で、権力者が損をしやすい低成長時代の現実を国民に想像させず、更に見かけ上経済を改善して、また搾取によって権力者の立場を強められる効果があります、


  完全に毒薬なんですが、日本人は世の中のことを考えないから、このような毒薬を美味しいと飲み干して、いずれ絶滅するのではと感じています、

21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR