01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

山梨県知事選のマスコミプロパガンダ、日本が対応できない二重国籍問題

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  最近は日本も廃れてきた感じがしますね、活力がないというか何もないというか、まともな所がないのに下らない部分は増える、そういう世の中になった気がします、


  それは全てアベが悪いので、やつを始末すれば解消するわけですが、現状なにかネタがあるかな、

  山梨県知事選挙があったらしい、野党側の候補者が負けたと聞くが、以前は結構楽に勝ててたと聞く、


  ショックを受けている人もいたようだが、冷静に考えているといつものパターンだった、

  いつものパターンというのは、自民党がよくやる低投票率、組織票、野党の分断という3つの手を合わせた方法だ、


  自民党は国民の支持がない組織だが、今までの実績があるので組織票は強い、だから投票率を下げて、組織票を活かす戦い方をする、

  今回は共産党と、もうひとり独自の候補が出ていて、その二人が野党候補の票を吸収した所があった、


  マスコミは自民党が圧倒的に強いと報じていたが、冷静に見てみるとそうとも言えない所がある、

  例えば自民と非自民の得票はほぼ同じで、野党側のほうが多少多いくらいだった、


  山梨県知事選挙で野党が勝てていたのは、自民党の内部分裂が原因だといわれる、

  郵政解散などで自民党が分裂した時があって、それで組織がバラバラになっていたので、野党が勝てていた、


  今回の自民党候補は、詐欺師の小泉の近くにいた人間で、郵政解散などで刺客として仕事をしていたらしい、

  そのような形で活動をしていたが、選挙に勝てなくなっていたため、今回は古巣の自民党と協力して立候補した


  協力したので以前からあった自民党の分裂がなくなり、それによって野党が不利になったといえる、

  山梨県の国政の選挙では一区と二区があるらしいが、野党は一区では強く二区では弱かった、


  それが分裂の影響で二区の得票が自民党は少なく、結果として一区が強い野党が有利になっていた、

  今回の選挙では二区の自民党の対立がなくなって、大きな票を取れるようになり野党が不利になった、


  一応共産党ともうひとりの候補者が出ていなければ、野党側が勝てていた可能性が高いが、そのような形にならず負けてしまった、

  ただ得票を見ると与野党ともほぼ同じだったため、自民党が勝ったともいえないところはある、世論が真っ二つというのが実情だろう


  選挙はいつもながらの形なので仕方ないが、マスコミの報道は異常な感じがした、

  特に問題だと思ったのは自民党が有利という話で、結果から見るとそのような意味はなかった、


  与野党の得票が五分ならば、別に自民党は有利ともいえないはずが、マスコミは自民党の圧倒勝利といっていた、

  そういう所がマスコミが人の役に立たないところだが、連中のいっている話には問題点が多い、


  例えば選挙の調査では自民党は40%以上の支持があったというが、そのうちの結構な割合は野党に投票している、

  自民党が多いと見せているのだとうけど、現職の知事がいてそこに投票する自民党支持層がいるならば、それはもはや自民党支持者ではあるまい、


  多分そういう人達は、何かあれば自民党以外に入れる人なのだから、野党よりの支持者なのだし、そういう人を自民党の中に入れるのはおかしい感じがする、

  他の点でも立憲民主党の支持が、以前の民主党に比べて急に減っているのもおかしい感じがした、


  それは党が変わったのもあるだろうが、マスコミがいう自民党の支持層というのは、元々は民主党を支持していた人ではないのか、

  たしかにそういう人が立憲民主党の支持者ではないのかもしれないが、自民党の支持基盤に組み込むのは無理がある、


  今回落選した人は山梨県では有名で、以前は選挙で強い候補者だったのだから、そういう人を支持するのは、政党として考えるべきではないのではないか、

  マスコミは地方政治にも政党政治が関わっていると考えているが、実際の所地方は中央とは違う政治の仕組みが強くある、


  地方はそれほど政党政治が強くはないため、投票した人を政党のくくりで判断する方法だと、不自然になる場合がある、

  今回も自民党の支持者の一部は、明らかに前回も現知事に入れているのだから、そういう人は自民党支持に含めるべきではない、


  つまり、それぞれの候補者の支持層について考えるのは良いが、政党を元に選挙の良し悪しを考えるのは、地方政治ではそれほど正しくないということだ、


  今回の選挙はNHKが早い段階で、結果をわかりやすく放送していた、以前の沖縄知事選挙では全然結果を出さなかったのに、今回はいの一番に伝えていた、

  アベのクズからのご褒美が欲しかったのだろうが、全く腐った犬メディアであるが、多分自民党が強いと印象づける報道をしたかったのだろう、


  しかし地方自治はそれほど政党的ではなく、そうでない部分も多くあるのだから、それを政党の理論で考えるのは無理がある、

  もっと単純に候補者の支持層としてデータ化すれば良いのに、政党の成果のようにいうから意味不明になる、


  もしマスコミのいうように、自民党の支持が40%を超えているならば、組織票が中心の自民党は、もっと得票をしているはずだ、

  例えば投票率が50%の選挙ならば、組織票が40%ある自民党ならば得票の8割を抑えなければいけない、


  無党派と違い組織票は、金や利害関係で投票するので、ほとんど確実に投票する特徴がある、

  だとするならば支持が40%もあるならば、低投票率の場合大差がつくはずなのに、そういう形にはならない、


  つまりマスコミは意図的に自民党の支持を大きく見せて、国民を騙そうとしているのだろうが、結果はその様になっていない、

  多分だがマスコミの支持率は、投票率が50%前後の前提の数値であって、実際の支持はその半分程度と見るべきだろう、


  今までの選挙を見ても、自民党が有権者の3割以上の得票を得た例は少なく、大概は2割前後になるケースが多い、

  良くいわれるが自民党を支持しているそうは2割位で、国民の8割は自民党に投票していない、


  これは投票率が上がったとしても変わらないため、自民党の支持が非常に高いというのは、実は嘘である、

  あくまで投票率が50%くらいなら、その半分程度は得られるといっているだけで、投票率が変われば自民党の支持率も変化する、


  他の点でも考えるポイントがあって、それは山梨県知事選では与野党の得票は大きな違いがなく、与党側の分裂状態が解消されて変化が起きただけだ、

  つまり何らかの民意が示されたのではなく、組織的な票の変化以外は何も起きていない、


  そういうところをマスコミは無視して、これからの選挙の前哨戦だといっているが実際にはそういう形になっていない、

  分裂した自民党の組織が統合されただけで、それ以外の民意がない選挙結果では、国民の意見がどうなっているか分かるサンプルにはならない、


  勘違いしている人がいるが、民主主義選挙には組織票がつきものなので、国民の意識が投票結果に現れない時は多い、

  昔のアニメでもあったが、国民の二割の組織票が存在していれば、後は投票率を下げ他の勢力を分散すれば、必ず選挙に勝てるようになる、


  このような図式で勝っても民主主義になるが、実はどこにも民意と呼ばれるものはない、

  もしくは自由な民意というものはないので、このような形の選挙だと国民の判断を汲み取るのはほぼできない、


  日本の選挙は組織票と無党派の浮動票の戦いになっていて、それがどのように変化するかに重点がある、

  ある意味政党政治という概念もなく、自民党の組織票と無党派が戦うだけなのが、現在の日本の政治状況である、


  だから政党の優位性というのはあまり重要ではなく、選挙結果も組織票と無党派の対立として、どのような形になったか考えないと理解が難しい、

  今の政治は無党派の拡大というのがテーマであって、イデオロギーでもなく政党でもない存在が、選挙の中心に存在するわけです、


  次に、大坂なおみという方がテニス大会で優勝したようだ、世界一になったといわれているが、
  
  その人物に対して日本側が二重国籍を指摘して、問題になっている、


  二重国籍問題としては、蓮舫氏の話も以前存在していて、真に受けた民主党議員が党を破壊する原因になった、

  歴史的にいえば二重国籍は規制をされていた時期もあって、冷戦時はヨーロッパなどでも強く制限されていた、


  それは冷戦状態があったからだろうが、ベルリンの壁が崩壊してからは自由になって、海外では二重国籍を認めるのが一般的になっている、

  日本人は頭がすぐに化石状態になるので、未だに冷戦時代が続いていると考えているが、その影響か二重国籍問題を批判する、


  今回の大坂なおみさんに対しても、そのようなバッシングをしていたようだが、相変わらず低俗な所がある、

  国籍の問題は民族とは直接関係がなく、あくまで国家との契約関係でしかないため、それを人間的な意味に考えるのは間違いだ、


  国籍でその方がどういう人か判断するのは、人権問題になるのでしてはいけない、

  民族的な問題は存在するが、それは国家とは関係のない話であって、国家と民族は必ずしも一致するわけではない、


  そのような前提条件が日本人は理解できておらず、日本人が日本国籍を持つと考えているが、国籍は運転免許証のようなものであって、そこに人種や民族的な意味をもたせるのは間違いだ、


  あくまで制度として処理すべきなのだが、日本人は大坂なおみさんを二重国籍だといって叩こうとする、

  以前も大坂なおみさんを使ったクレームに対して、マスコミはネジ曲がった報道をして嘘をついていた、


  この人物は世界一になれるほどの人間だ、当然どこの世界でも暮らしていける力がある、

  そういう人間にとって国籍はほぼ意味はなく、日本側が二重国籍にこだわれば、間違いなく日本人をやめるだろう、


  それは日本人である価値がないからで、評価される価値がなければ国籍も無意味なのである、

  
  日本素晴らしい教を信じている人は多いが、この国を評価するのは客観的な見方である、

  海外から批判されるような行為を繰り返しているのに、誰も情報を得られず日本が凄いといっているならば、そんな気味の悪い国に優秀な人はだれも来なくなるだろう、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社


関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR