03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

野党自民党のメリット、

    どうもこんにちは




  前回長崎市長殺害に対する疑問というものを書いたのですが、その後も色々調べていくと、なかなか複雑な問題があったようです、それで、ついでみたいなものなのですが、そのあたりのことをちょっと書いてみると、、、 


  私の見た感じどうもこの問題の核心には、自民党、安部、アメリカがいるように見えます、多分この連中は長崎の軍事化、軍港化あたりを狙っているように見えます、まあ全体的に見るとなんですけど、それで、ここで重要になるのが自民党の久間という人物で、殺された伊藤氏の上にいた人物です、 この人物は一時期反米的発言をしていましたが、その根底にあるのがたぶん伊藤氏の国会議員化ということを狙っていての発言だったのではないかと思われます、伊藤氏は長崎では絶対的な人気があるので、それを使って、今の長崎の国会議員の民主党議員を追い出そうとしたのではないでしょうか、




  それで伊藤氏についても調べてみたのですが、伊藤氏は長崎で問題になっていた組織的裏金問題に対してかなり甘い判断をして、そういう関係者に恩を売るようなことをしていたようです、それはやはり国会議員になるためにやったことのように見えますが、 本心がどうだったのかは今となっては分かりかねる問題ですが、まあ伊藤氏は平和的な側面を持った人物でありつつ、何か事情があって裏金問題に対しては甘かったようです、多分そこをつけ込まれたのでしょう、 



  伊藤氏が殺されたのは平和主義的な絶対権力者が生まれるということに反応した連中がいたのが原因に見え、伊藤氏としてはそういう意図はなかったし、今までの自民党ならばそういうことをおおらかに認めていたので、それがどういう問題になるかということに対して認識が甘かったのかもしれません、しかし、今の自民党はファシズム的軍事狂組織であり、平和的な絶対者などというのは認めれないので、どうもそのあたりで何かあったのではないという胡散臭さを感じます、




  ただし殺害した後にどうするかという点ではあいまいなところがあったようで、次の候補というものが上手く決まらなく、最終的に伊藤氏の殺害ということがどういう意味、意図があるのかというのははっきりしないように見えます、 伊藤氏が亡くなられてその後に行われた選挙では、統計課長の方が当選なさったようですが、多分ここで裏金問題が表面化してきたように見えます、当選した方はマスコミがいうには、地元の人間で、政治が分かっている人間で、というスローガンが言われましたが、なかなかそのスローガンの判断は鋭く、課長氏自身が考えたとは思えない裏の協力者がいたことをあらわしていると思います、その点において、この課長氏は、裏金問題によって選ばれたようにみえます、つまり外部からの人間では裏金問題に手を出す可能性がある、また、伊藤氏以外の候補は裏金問題の追及を述べていた、だから伊藤氏が亡くなられた後では裏金問題の追及が起こるのではないかと恐れた人達が動いた可能性がある、このあたりから話がずれてくるように見えなくはないのですが、、まあ傍で勝手に思っているだけのことですが、調べてみるとそんな風なイメージを持ってしまいます、



  その点から見てもやはり現市長はリコールして選挙をやり直したほうがいいのではないでしょうか、別に現市長に問題があるというわけではなく、フェアな勝負じゃなかったことと、市民の方も選ぶ権利を失ったわけで、それに裏金問題を解決しようとするのなら、やはり外から血を入れないとだめなときもあるのではないかなと思えるので、、なんとなく今の長崎は危険な流れに組み入れられそうに見えるので、やはり再選挙をしたほうが安全なようには見えるのですが、どうなるのでしょうか。





  さて、それはいいとして今日は、野党自民党のメリット、ということでも書いてみようかと、最近の選挙を見ても自民党の終わりのようなものもだんだん見えてきているようですが、まあそういうことも含め、自民党の野党化というのが時代の流れとしてはおきつつあり、そしてその必要性も実際問題としていろいろとあるように思います。 では、どんな点において自民党の野党化の必要性があるのだろうかということを考えてみたので、ちょっと書いてみようかと思います。



  それで野党自民党のメリットということで、自民党の野党化というものは多くのメリットがありますが、一番大きいのが、やはり多くの方が感じておられるように、今の自民党には政権運営能力がいないというのがあり、はっきり言えば烏合の衆といっていいでしょう、今の自民党では政治家といえるような人物は一割もいないのではないでしょうか、私に言わせればやつらの大半はチンピラでしょう、何とかチルドレンとかそういうアホの集まりみたいなやつが主流なわけですから、今の自民党を政党というのは語弊がある、政治家とすらいえないような連中の集まりになったのだから、当然政権運営能力もないわけですね。




  たとえば最近でも大臣がなんかしたとかそういうことばかり起こすわけで、なんと言うか今の自民党は犯罪組織に近いもので、たちの悪い人間のほうが評価され、立場につきやすいところがあるくらいで、今の自民党の出す大臣というのは大体、犯罪者といったほうがいいようなやつしかいないわけです。 あくまでこの国の未来は国民にとってどうであるかという点において意味があるので、自民党の議員の犯罪行為のために国があるわけではないのだから、この点において犯罪行為しか頭にない自民党は、やはり野党へ行ったほうがメリットがあるといっていいでしょう。




  他の点においても、たとえば安部という頭の逝かれた人物がこの国の中心にいるらしいですが、まあそういう異常人物、知性も、理性も、常識も、人間性もないような人物は、国の中心ではなく下水道のような隅のほうに流しておけばいいのでね、こんな頭のおかしいような人間を認める自民党という党も、等しく下水道のような隅のほうに流しておけばいいのではないでしょうか。



  今の自民党は中にはまあ、確かにまともな人もいないではないのですが、しかしそういう人間は一切活用されていない、その原因もまた自民党が与党であるからで、自民党が与党である限りそういう人材が生かされることはないでしょう、結局今の自民党は金に群がる犯罪組織に成り下がっているわけですから、それを改善するためには金がなくなればいいわけで、もし自民党が野党になれば、金がなくなりますから自民党は健全化するでしょう、多分その時に何とかチルドレンというチンピラもいなくなるはず。



  まあなんにしろ、自民党言う党はすべてにおいて、野党であるほうがいい状況なのではないでしょうか、私の見た感じ自民党が与党である必要性は一つもありません、この国全体で見たときに自民党が与党であることのメリットとしては、多分何も無いでしょう、彼らは実態としては犯罪組織化しているので、犯罪組織が世のため人のために働くとは到底思えないので、犯罪組織化した自民党はやはり野党へといってもらうしかないでしょう、また、自民党が野党へ行ったら、たとえば今は冷遇されている谷垣氏や、加藤氏のようなまともな人が、党の主流になるでしょう、そうすれば自民党も本来の意味や役割を思い出し、昔のようないい政党になる可能性もあると思います。



  そしてもし自民党がこのまま与党であろうとし続ければ、多分自民党は消滅するでしょう、自民党の存続は私の見た感じ与党であろうとすればするほど、だんだん不可能になってくると思えるので、今の状況ではたとえば自民党支持者であっても、自民党には票を入れないほうがいいと思います、多分今の状況で自民党に票を入れると、結果として自民党を殺すことになるので、今の状況で自民党を生かしたいというのならば、唯一の方法として自民党の野党化しかないと思う、それ以外の方法では自民党はこの世から消えてしまうのではないでしょうか、ですからすべての国民にとって自民党の野党化というのは意味があり、そして今の状況では最良の判断になると思います。


 


 


    それでは今は週二回ですので、次回は木曜日になります、では次回まで。


 


 


 



 

関連記事




  • このエントリーのカテゴリ : 未分類

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR