03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

結果がわからない米中会談、アベがする水道民営化詐欺

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)

    どうもこんにちは、


  ブログを長く書いてきましたが、もう何年くらいやっているのかな、あまり考えたりはしないんですけど、

  ずっと書いていて感じるのは、世の中が変わっていくのにそれに合わせられない、国は没落するんだなということですかね、


  今の日本は経済や社会もそうだけど、とにかく倫理観が崩壊していて、犯罪国家みたいになっている、

  犯罪をしても権力者なら合法になるとか、そういうのが普通になってしまっているあたりが、日本の劣化を表している気がします、


  それはともかく書いてみると、今日はこれといってネタはないかな、米中首脳会談があったようだが、貿易抗争の結論が出なかったようだ、

  アメリカと中国は関税を互いにかけて、つばぜり合いをしていたが米が強固に出て、それに対して中国が譲歩している、


  ただ中国は譲歩してはいるが、どのようにするかを明確にしていないのと、結論を出す期限を延ばしている所がある、

  米中首脳会談では関税の話も出たが、北朝鮮問題も話題になっていたため、その辺りのトレードもあったのかもしれない、


  現状北朝鮮問題は方向性が弱くなっていて、韓国と北朝鮮の協力体制はあるが、アメリカがあまり参加しなくなっている、

  米朝首脳会談も行われるというが、トランプは以前ほどは活発に動いていない、


  もともと北朝鮮との交渉は、中国をターゲットにしたものだろうし、関税の取引材料にする予定だったのだろうが、

  ただ現実的にいえば長期的な影響を与える、関税の問題と北朝鮮の対応はトレードにできない、一時的な問題でないと北朝鮮問題の交渉材料にはなりづらい、


  トランプの想定だと、北朝鮮問題て中国と交渉だったのだろうが、そこまで上手く行かなかった感じもある、


  米中の交渉は一時は大きな騒動が起きるといわれていたが、商売人の中国だから争いは避けたのかもしれないが、

  現状交渉は3ヶ月くらい延びるらしく、数カ月後にアメリカが関税をかけるか決める、


  アメリカが関税を高くするのは、中国からの輸入品の問題があるが、中国製品の関税はアメリカにとっても不利益がある、

  物価が上昇してしまうリスクがあるため、安易に関税を高くしてしまえば、国内の不満が高まるかもしれない、


  以前の選挙でも感じていたが、アメリカ人は経済が良くても政治家を評価せず、別の視点でものを考える所がある、

  もしくは見かけだけの好景気を見破るほど、経済に詳しい人でもいるのか、トランプのいう好景気の演出を国民は評価しなかった、


  今回の件もアメリカの成功や、経済的な意味を演出するものだが、その結果関税が高くなった時に、トランプが有利になるかは分からない、

  日本人と違ってプロパガンダを警戒する人が多い欧米人は、マスコミの洗脳もあまり効かないため、判断が難しい所がある、


  トランプとしては関税をかけて有利にし、経済的に成功したと見せたいのだろうが、米中関係はそれほど単純ではない、

  日本のように交渉を成功したように見えるだけで、簡単に騙せる人々ではないため、トランプが想定した結果にならない可能性もある、


  理由はよくわからないがトランプは、アベとか詐欺師の小泉のやり口と似た方法を行う、

  マスコミを買収して国民を騙しているが、今の所トランプに騙されているアメリカ人は少ない、


  米中交渉もトランプだから雑にするだろうし、その結果は複雑な問題を生むだろう、

  そのような話に対してアメリカ人は、ある程度は状況を認識する可能性がある、そうなってしまうとトランプのプロパガンダは効果が低い、


  トランプのやり口は恫喝と、玉虫色にして結論を見せないようにして、自分に都合のいい所を買収したマスコミに流させる方法だ、

  アベのクズとそっくりな方法だが、アメリカはこのやり方があまりうまくいっていない、


  多分日本のマスコミは今回か、三ヶ月後の結論が出た時にすごい効果とか、大きな問題とかそんな話を書くだろう、

  しかしアメリカの人はもう少し冷静に見て、判断するから極端な問題だとは考えない可能性がある、


  そういう所が日本とアメリカの違いで、報道を何でも鵜呑みにしてしまう日本人と、もう少し冷静なアメリカ人の違いが出てきて、

  なんとなくだけど、米中の交渉に対して間違った認識を日本人だけがこれからするのではと、預言者めいたものをちょっと感じました、


  次に、水道の民営化の話が存在するが、これは昔からいわれているものだね、自民党の阿呆が関わっていると聞くが、あのアホはしょうもないやつだが、水道事業を潰す気なのだろうか、


  自民党がしようとしている水道の民営化は、海外で失敗している方法論で成功する可能性はない、

  水道の民営化はインフラの費用が高くなるので、効率の良い民間企業に任せる考え方がある、


  ただし効率が良いというのは、サービスの質が悪化する意味もあるので、企業の理論で公共サービスをすると大体失敗する、

  企業は利益を得られる分野では価値があるが、それ以外ではほとんど意味がなく、使える用途が限られる存在だ、


  そういうものに対して公共サービスの権限を与えると、急激なサービスの質の低下が発生する、

  水道を民営化すると起こりやすいのは、料金が高くなってしまう問題で、海外では数倍に跳ね上がった例もある、


  大体インフラ整備が難しい水道を、民間企業に任せたらまともな運営ができるはずない、国ですらできない問題を民間企業がするのは不可能で、大幅にサービスが低下する形になる、


  なぜこのような形になるかというと、民間企業ならば無責任でもすむからで、国と違い責任が弱い民間企業は、公共サービスで失敗しても責任を問われづらい、

  つまり成立しづらい公共サービスを民間にやらせるのは、まともに対応するのが面倒なので、無責任に任せているだけに過ぎない、


  水道の民営化で他に起こりやすいのは、水質が低下して飲めなくなる問題だ、

  海外でも以前は飲めていたものが、水質が悪化して飲めなくなってしまった例がある、


  そもそも民間企業は有限サービスであって、金にならない問題には一切対処しない、そういう連中が水道の質など考えるはずがなく、大金を払った相手にしかまともなサービスは提供しない、


  海外でも水道の民営化は行われていて、結局大半は公共サービスに戻している、

  戻す段階で民間企業から設備などを取り戻すため、多額の金を支払わなければいけなくなる、


  そもそも水道の民営化は、失敗するのを前提にしたビジネスで、最初からうまくいく可能性など考えていない、

  企業にとっては失敗したとしても、政府の責任にして金を取れるので基本的には損をしない、


  問題がある行為をしたとしても、全て売却した政府の責任になるので、自分が何らかの罪を問われる可能性はない、

  そういう有利な状況でインチキをするのが目的で、最初から悪意しかないのが水道民営化の本質である、


  この件は阿呆が関わっていると聞くが、現状では正確な情報はわかっていないようだ、

  ただ海外の水道民営化でがっぽり儲けた、インチキ会社が自民党の作った民営化の集まりに参加して、どのようにするか話し合っていると聞く、


  そこまで組み込まれているのならば、当然自民党が民営化ビジネスでインチキしている可能性が高く、連中が不正をしていると考えるべきだ、


  今まで水道民営化の情報を見てきたが、成功した例は聞いたことがない、民営化は国の資産を売り渡して利益を方法だが、水道の場合は生活に密着したインフラを破壊する点が違っている、


  日本は水はまともだといわれていたが、それも破壊するのが自民党の特徴だ、というかこいつら人の役に立つこと何もしていないな、

  水道の民営化はマスコミも騒いでいるが、何というか遅いというしかないな、


  まともな報道をしているメディアも少なく、法案が気づいたら通っている可能性が高い、

  他でも水産に関する法案も出されていて、この点については全くメディアは放送していない、


  改革だ民営化だという話は、結局人を騙す意味しかなく、それによって国民が利益を得るところはない、

  なぜそんな民営化を正しいを考えるのかは、よく分からない所があるがやはり企業進行や、資本主義が正しいという冷戦時のイメージがあるのかもしれない、


  水道の民営化は特に地方で深刻になって、水が全く飲めなくなる可能性もある、なんたってインフラの維持ができなくなって民営化するのだから、インフラ維持の難しい地方は大きなリスクが発生する、


  日本人の感覚なのか、企業は正しく政府は間違いだと考えるが、公共サービスは民間企業では維持ができない、

  つまりサービスによって企業と、政府の向き不向きがあるわけだ、


  そのような視点があれば、水道民営化など詐欺だと分かるのだけど、やはり日本人は企業信仰があるかわ分かりづらいのだろう、

  水道の民営化は外資企業が日本の水道を管理し、失敗したら税金を盗ろうとしている詐欺話だ、


  本来ならばメディアが報道すべきだし、今までの例を考えれば失敗するのは誰でも分かるはず、

  しかし日本のメディアは政府批判をほとんどしないので、民営化詐欺が横行してしまうわけです、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR