03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

戦後カルトが生んだ大阪万博

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  政治の話題は書くネタがある時と、そうでない場合に分かれやすいですね、今はネタがあるけれど、大阪万博の話があるのか、

  日本政府が外国の票を買収して、万博の権利を購入したらしく、300億円くらいの金で開催が決まった、


  結局下品な日本政府には、金で買収するくらいの能力しかなく、腐った対応しかできないのだろう、

  アベ犬マスコミは外国の勢力が、途上国の票を買っていて汚いと、連日報道していらしいが、一番やっていた日本に対しては批判はしていない、


  さすが社会のゴミであり、権力の犬でしか無いマスコミ連中だが、なんで外国が票を買っていたのは批判するのに、日本がやったら無問題で済ませるのか、マスコミの基地外ぶりはアベに似た所がある、


  社会のゴミ同士仲がいいのだろうが、大阪万博ね、これはどうなるのだろうか

  聞いた話では最低でも一兆円かかるらしく、莫大な費用がかかるイベントになっている、


  大阪で使い道のない人工島があって、いつもはごみを捨てるために利用している、

  そこを使って万博をすると聞いたけど、電車も十分に通っていない僻地なので、インフラ整備もし直さなければいけない、


  大雑把な万博の完成図も見たけど、どう考えても天文学的な費用がかかりそうな、すごく面倒な建物を作ろうとしている、

  作った建物はいずれカジノにするらしいが、カジノは外国資本が中心になるため、そうなると税金で作った建物をタダ同然で引き渡すわけか、


  その分維新の党あたりがキックバックをもらうのだろう、維新や自民党は売国政党だから、そんな仕事しかしないか、


  以前から書いているし、ある意味かなり悪口もあるけれど、結局今の日本を悪くしているのは戦後と、それを信じている人々だ、

  高度経済成長なんて何十年前に終わっていて、この世のどこを探しても存在しないのに、未だに経済成長で問題が解決すると考えている人がいる、


  もう完全に狂ってしまったのだろうね、そういう話を信じているのは、
 
  現状の日本は衰退がかなり前から始まっていて、日本全体が沈没する状態にあり、部分的に水面上に出ているところがあるだけだ、


  マスコミはその部分だけを放送して、日本は好景気と騒いでいるが、もちろん大本営であって事実ではない、

  日本は好景気などここ何十年起きていないし、もしあったとしてもそれは国民から搾取をして、経済数値が上昇しただけだ、


  そういう戦後病というか、現実を見ない人々が社会の多数を形成して、アベマンセー自民党バンザイというか、社会崩壊が起きて人間が生きられない、世の中に変わってしまった、 


  家の近所もたまに見てみるのだけど、それほど都心から離れていないのに、お店がほとんどなく廃墟になっているし、

  東京も人間が住まない地域が増えていると聞くが、日本の衰退は確実に進んでいるし、それを行ったのは戦後の世界観が原因だ、


  本来であれば経済成長を否定して、経済で単純に世の中が良くなると考えず、社会と経済の両立を考え、バランスの良い方法をしなければいけない、

  しかし日本は分かりやすい高度経済成長があったので、戦後世代が現実を理解せず、経済成長が続く時代を無理やり維持しようとした、


  それが日本の人口が半減した原因で、今の若い人は戦後世代の数分の一しかいない、そうなったのは高度経済成長を維持するために、大規模な搾取をしてしまったからだ、


  そういう人を騙す詐欺の一環として、東京オリンピックがあってこれが決まった時は、戦後世代は喜び日本は高度経済成長といっていた、

  もちろんそんな事実はないのだが、もう年だから現実などどうでもいいのだろう、東京オリンピックで戦後マンセーになってしまい、彼らは現実を見なくなった、


  今回は二度目の戦後マンセー教の、神殿を作ったようなもので、オウム真理教の新しいサティアンと似た所がある、

  高齢者を洗脳するためのインチキ祭壇を作って、戦後マンセー教を広めたいのだろうが、


  まあ確かに最近は維新の党も弱くなっていて、何らかのアピールするポイントが欲しかった、

  コイツラは自民党の別働隊でしかないが、大阪都構想が失敗してからは評価が低く、高齢者を騙すための対策が必要だったのかもしれない、


  戦後世代は東京オリンピックや、大阪万博といえば興味を持つから、オレオレ詐欺的にまた騙す予定だろう、

  マスコミも万博マンセーと騒いでいるし、新しいクソイベントが追加されたようだ、


  こうしてみると日本はやっぱり末期なんですね、なんでこんな腐ったイベントばかり起こるのか、

  大阪万博だって多額の費用がかかるし、確か大阪府は赤字だったと聞くから、当然資金の捻出は困るはず、


  マスコミは大阪万博の問題点を指摘せず、高度経済成長バンザイといっているが、ヘタをすると大阪の財政破綻もあるかもしれない、

  大きなイベントは想像以上の負担が発生するし、予算は当初の予定よりも増えるのが一般的だ、


  東京オリンピックだって、当初は数千億だったらしいが、現状3兆円以上かかるのは確定している、

  大阪万博は今の所一兆円くらいだが、このまま行けば2兆円は軽く超えそうだ、


  以前ギリシャは財政破綻したが、その大きな原因になったのがオリンピックだった、

  もともと財政的な問題があったなど、欠点は存在していたがオリンピックの負担が大きかったと聞く、


  ギリシャは小さな国だから、無理に国際大会を開いてしまって、その反動で財政がおかしくなって、潰れてしまったと聞いたことがある、

  大阪万博も似た話で、衰退している日本でもう一度行えば、地方財政は急激に悪化するだろう、


  万博の経済効果というが、以前行われていた小規模な万博は、だいたい赤字で地方財政をダメにしていたし、

  今回も金の計算だけで動いているから、しょうもない結果になるのは確定だから、そうなれば赤字が大量に発生するだろう、


  元々オリンピックや万博は、途上国が先進国に入る時にする儀式のようなものだ、

  先進国になる勢いがある状態ならば、資金や社会的リソースの余裕もあるから、大きなイベントをしても耐えられる、


  しかしある程度老いている先進国だと、勢いも社会的リソースもないため、大きなイベントをするのは、年寄りの冷や水にしかならない、

  こういう所がホント戦後病だけど、万博をすれば高度経済成長できるとか、年寄りは考えているのだろうね、


  もちろんそうじゃない人もいるだろうけど、大半は昔を懐かしんでバンザイというだろう、

  その結果が地域の破綻などの形で起こるが、年寄りにとっては現実の崩壊など、もはやどうでも良いからこのまま進むのか、


  まあ万博は大阪の問題でしかなく、地域の人々が責任を負えばよいのであって、福祉サービスが借金で崩壊したとしても、それは政治家を選んだ地域の人々の責任だ、何をされても文句を言う資格はない、


  もちろん政治家にはいってもよいが、そんな対応を今までしてこなかったのだから、ひどい目にあったとしても自己責任である、

  権力者を批判しなければ、権力構造の偏りが強くなって一般市民は損をする、それが民主主義というシステムである、


  大阪で起きているのはそういう問題だが、戦後の亡霊を信じる人は今も多く、団塊世代を騙す詐欺が政治の主流になって、日本は何十年もおかしくなり続けている、


  今でもそれは直っていないし、更に悪化しているのが現状で、今となっては戦後という時代の悪質さが、この国を蝕んでいるようにしか見えない、

  本来は良かった戦後の時代が、ここまで世の中を腐らせるとは思わなかったが、オリンピックはアベの基地外を生み、万博は大阪維新という腐った組織に栄養を与える、


  戦後は今となっては腐敗の土壌でしかなく、人間を不幸にするための道具としての意味が強い、

  失敗は成功の母というが、同時に成功は失敗の元になる、

  今回のような戦後ビジョンを見せる話に、日本人は無批判に賛同してしまいそうだが、その結果起こるのは醜悪な未来でしかないのは、今までの経験からして確実でしょう、
 

21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社


関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR