03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

技能実習生を殺すアベ移民法、日本人が気づきそうにない徴用工問題

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  今日も政治の話を書いてみると、ネタとしてあるのはアベ移民法が存在するか、

  外国人搾取を目的にしたアベ移民法は、政府の犬のマスコミの報道の影響か評価が良いらしく、外国人を奴隷にする日が近づきつつある、


  これってイスラム国と同じじゃね?、と思ったけど日本は中世への退行が進みすぎて、完全に狂ってしまったようだ、


  アベ移民法は新しく外国人を受け入れるイメージがあるが、実際はそうではなく受け入れるのは、すでに生活している技能実習生である、

  技能実習生の立場を長期化して、待遇を悪化させて搾取するのが、アベ移民法の本当の狙いだといわれる、


  ほんとこのクソ犯罪者は社会のゴミでしかないが、今でも問題のある技能実習生の制度を拡大して、更に立場を悪くさせるのが移民法の狙いだと聞く、

  狂った国だね日本は、20世紀にもなってなんで奴隷を合法化するんだよ、それを賛美する日本人もしょうもない、


  良く考えればおかしな話だったが、現状技能実習生が移民に近い扱いでいるのに、別枠で移民を受け入れるのは問題がある、

  つまり、技能実習生から更なる搾取をするために、移民法を出したのが自民党の狙いであって、どうやらコイツラ日本にいる外国人を皆殺しにするらしい、


  だってこれ以上搾取をするわけでしょ、聞いた話ではアベの技能実習生制度では、石を抱かせる拷問を受けた人もいると聞く、

  暴力を受けて腕が動かなくなった人や、暴力に耐えかねて自殺した人もたくさん存在する、


  国連からも技能実習生は奴隷制度だと、指摘を受けていて国際社会からも問題視されている、

  それを更に進めるのだから、日本にいる外国人は全員搾取して殺すんだろうね、


  私はもちろんそんな考えは否定するが、自民党支持者はこれをバンザイという、この人間のクズ連中は、外国人が死ぬと嬉しいんだろうね、アベと同類の社会のゴミというしかない、


  アベのクズは手癖の悪い犯罪者であって政治家ではない、今回の移民法もまっとうな意味はなく、最悪な形で使われる可能性が高い、

  狙いは何かといえば、技能実習生のさらなる搾取と拡大で、日本の人口減少問題などとは関係ない、


  しかしまあ、問題があるといわれる技能実習生を、更に拡大するとはアベはクソ犯罪者だ、

  更にいえば、ここまで問題になっている技能実習生の問題を、今まで一度もマスコミが報道しなかったのもおかしい、


  普通に考えればニュースになるネタだろうに、騒動が起きてから騒ぎ出したのは、アベと示し合わせて国民を騙していた可能性がある、

  マスコミなんてのは社会のゴミだからね、技能実習生問題だってメディアが指摘していれば、亡くなった人も死なずにすんだだろう、テレビや新聞が技能実習生を殺したようなものだ、


  移民法は最悪な法案で日本の未来とかは関係なく、ただの犯罪行為を拡張するためのものだ、

  そうだと気づければ国民は判断できるが、残念なことに日本人はマスコミを神のように信じていて、この国にはアベ犬マスコミしかいないため、多くの外国人を殺す殺戮国家に日本は変わるでしょう


  次に、少し前に徴用工の問題があったが、その時にとある人がブログでこんな話を書いていた、

  それは1965年に行われた合意では、国家間の賠償問題は解決していて、個人の権利が残っていると書かれていた、


  1965年は、日本と韓国の国交問題の解決のために、戦争責任を問わない形で条約が結ばれている、

  そこでは戦争責任はほとんど認められず、ただ韓国側への経済支援をする約束をして、互いに国交を回復する手続きをした

  
  その条約の意味が上で書いた内容だが、このような形になったので徴用工の問題は、請求されるはずがないといっていたが、それは不自然な意見だというしかない、


  まず、上の条件だと慰安婦や徴用工の問題は解決できず、そういう人々の被害を回復する方法がない、

  何故かというと、国家間の交渉による解決を認めていて、故人の請求権を残していても、戦争問題の解決はできないからだ、


  戦争問題の解決は金ではなく、責任の所在を明確にして謝罪する形になる、

  では、1965年の制度でそのような行為が出きるかといえば、ほぼできなくなっている、


  日韓の条約によると、国家間の交渉は解決済みになっているため、個人の請求をするときは国が支援してはいけないと、その人はブログで書いていた、

  ただそうなると、慰安婦や徴用工の人は個人で国家を訴えなければならず、名誉の回復などの大きな問題への対処ができない、


  戦争は国家同士の問題であるから、国家を通じた交渉でないと解決が難しい、しかし1965年の条約はそれを否定しているのだから被害を受けた方への保証が行われなくなる、


  韓国の裁判所が出した結論は、私の見立てだが多分このような問題に対して、解決策を出すべきだと働きかけた感じがする、

  つまり、被害を受けた人の名誉回復をする責任は、韓国政府にもあるのだから個人の請求権への支援も、政府が重視して行うべきだといっているのだろう、


  今までのやり方では、請求権を利用する時の窓口が小さく、個人で対応するので無理が存在していた、

  1965年の条約は国家間の交渉は終わっているから、国が戦争責任を問うべきではないとしていたが、そういう形が返って問題を引き起こしている、


  またこのようなロジックは疑問点も多く、実際に行われていない問題もある、

  例えば慰安婦問題は韓国政府も支援をしていて、その結果対応する形になっている、


  徴用工に対しても日本企業は支払いをしていて、今回の件も元々は支払いをする予定だった、

  それをアベのクズが邪魔をしたから、裁判になっただけで全てにおいて悪いのはクズだけである、


  また他の点でも韓国の裁判所は考えていると感じて、それは南北関係の緩和がある、

  北朝鮮は日本と国交がなく、戦争賠償を未だに受け取っていない国である、


  南北問題が緩和してくれば、当然それは日本の責任問題になるだろう、

  そこで日本の戦争責任を朝鮮半島全体で問う形になれば、今までとは違う議論をしなければいけなくなる、


  それ以外でも、最近の日本は人種差別主義が強くなって、レイシスト的な人間が増える傾向がある、

  本屋に行けば人種差別主義の本しか売っておらず、日本が差別主義の国でしかないのは明らかだ、


  海外でも日本の差別主義は大きく報じられていて、特にアベと差別主義団体の関係は、以前テレビや新聞で海外では伝わっていた、

  日本国内では自民党と人種差別主義者の関係は、報道されていないが海外ではよく行われていて、日本人は差別主義を評価する人々と思われている、


  海外で慰安婦像が増えてきたのも、差別主義国家日本に対する不信が原因で、別に韓国だけが行っているのではなく、海外から日本への信頼が落ちているから、慰安婦像が増えているわけだ、


  日本政府は海外にある、慰安婦像に対して嫌がらせをしていて、アベに近い人間が台湾で像を蹴ったときもある、

  その人間はカルト宗教の関係者らしいが、アベ同様に腐ったゴミである、


  韓国の裁判所の判断は日本人のイメージと違い、現実を考えて将来の変化も読んでいるように思える、

  日本人は単純に韓国政府の指示で判決を出したと考えているが、現状そのような意味はまったくない、


  裁判所が結論を出したのは、一つには1965年の合意の仕組みでは、徴用工の問題の解決が難しい点がある、

  更にアベが妨害して賠償金が支払えなくなったので、それによる問題を解決する能力が、訴訟した個人では難しいとも考えたのかもしれない、


  北朝鮮情勢が緩和してきたのと、それによる日本への戦争責任の追求の変化もある、

  海外の慰安婦像に対する日本政府の嫌がらせや、全く反省していないアベ自民の問題もあるだろう、


  裁判所の判断は徴用工の問題の解決が難しく、その責任は政府が負うべきだと指摘している所がある、

  これは形に固まった考えというよりは、潤滑油を提供して状況を変えるように指示したようにも見える、

  
  日本人は硬直した考えしか持たず、理論武装などの意味不明な発想しかできない、脳が化石になっているのか、思考能力は低く社会変化への理解も難しい、

  しかし韓国の人は、攻撃的な所もあるが柔らかく考えるので、変化を読んでそれに合わせた対応をする、


  そういう韓国の裁判の結果には、日本人が考えている単純な意味ではなく、何らかの理由が存在している可能性が高い、

  とはいえ日本人には判断力はないため、このような判断に気づく可能性は低く、大きな問題が起きてから何が起こっているのか理解するでしょう、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社


関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR