01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

中身が全く無いアベ移民法、安田氏の会見で分かった日本政府の無責任さ

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  そういえば国会が開かれているはずですが、特にこれといった話題はないですね、アベは低能基地外なの国会が開かれても、まともな答弁ができないのでしょう、

  良くは知らないけど、全く情報が流れてこない点を見ると、アベのバカのせいで国会が動いていないのではと思います、


  一応国会のネタはあるのだが、今回は移民法が話題になっている、ここ数十年自民党が社会保障を大幅に削ったので、人口がかなり減ってしまって企業が潰れている、

  そもそも国民が減ったのは企業側が、働く人の給料を下げたのが原因で、小泉改革が大本に存在している  


  労働環境を悪化させては企業業績は良くなる、自民党の経済政策は基本的にこれだけで、こんなアホな政党を長く支持してきたので、日本はやせ細り人が大幅に減ってしまった、


  人口減少は完全に自民党の責任だが、利権屋で人間のクズが国家の将来を考えるはずがなく、移民で問題を解決すべきだといい出した、

  日頃保守だなんだといっていた自民党だが、結局金が全てで愛国心などなく、日本人が生きようが死のうがどうでもいいと、はっきりわかった話だったが、


  アベ自民のやっている移民法は問題が多く、実はどんな法案なのか誰も分かっていない、


  私はあまりマスコミを見ないだが、一応移民法を出しているのだから、法案の骨格はしっかりしていると考えていた、

  細かい点は後で調整するにしても、基本的なルールぐらいは存在していて、どのような条件だと移民を認めるのか、基準があると想像していたが、


  どうやらなにもないらしくて、具体的なルールは法案を作ってから決めるらしい、

  そんな法案あるのかと思うが、アベのクズは外国人の受け入れ体制は万全だとか、問題があったらすぐに帰ってもらうというが、どういう法案にするかは決まっていない、


  低能アベらしい意味不明な話だが、法案が決まっていないのだから、実質ルールはないのだし、現状でなぜどのようにするか決められるのか?、

  法案の骨格があればそれに合わせた調整もできるが、骨格もない状態の法案で議論するのは無理ではないか、


  うーむ、この自民党の出している移民法は良く分からない話だね、なぜ具体的な骨格が存在していないのか、

  議員が法律を作るのが難しければ、役所に丸投げする方法もあるし、下手に議員が作るよりもいいものができる場合もある、


  だから移民法を出すならば、役所に任せればよいだけなのに、何故か法案の中身がまだ決まっていない、

  アベのクズは法案の中身が決まっていないのに、閣議決定をして国会で議論しているが、正直意味不明でよく分からない、


  国会で野党側が質問をするが、アベや自民党はまだ決まっていないと答えるだけで、何の説明もしていない、


  アベのバカは字を書く能力もないのか、法案の名前だけを決めたのだけど、中身を全く作らないで閣議決定をした、

  どうなるかわからない法案を、どう議論すればいいのか、基地外アベのやることは意味不明である、


  ホントこいつ頭がオカシイよね、なんで法案の中身を作っていないのに、国会に提出して議論するんだ、

  根本的なルールを後で決めるならば、国会て議論する意味はないはずだが、アホの考えている話は意味不明だ、


  移民法は非常に大きな問題があるが、マスコミはアベ犬なので本質的な報道はしていない、

  例えば移民法の中身がない問題や、移民を受け入れる時のリスクなどの報道はない、


  やることとすれば、移民で景気回復とかだろうけど、外国人労働者問題は人権や、社会保障に対しても強い影響を与えるので、安易に行っていいものではない、


  良く分からないアベの移民法だが、支持者のネトウヨは移民マンセーといっているらしい、

  日頃の愛国精神は安物だったらしく、ちょっと状況が変わっただけで売り払い、移民は素晴らしいと今は考えていると聞く、


  アベが腐ったゴミだから、下僕も同程度のゴミでしかないだろうが、しかしあれだけ外国人批判をしていたネトウヨが、移民法マンセーというのだから、知能の欠片もないというしかないな、


  バカはバカを呼ぶという感じだが、この移民法は重要な法案でありながら、具体的な中身はなくどうするかは全く分からない、

  法案の骨格すらない異常なものだが、日本人は現実を見る能力がないから、中身が空っぽの移民法を、素晴らしいといずれ言うようになるでしょう


  次は、シリアで捕まった安田氏が会見を開いて、そこでどのような目にあったか話していた、

  私は記事で読んだのだけど、見てみるとだいたい想像したとおりで、日本政府は全く支援をしていなかった、


  イスラム国などのある勢力では、外国人を捕まえで身代金を取る勢力が多く、これは昔アラブで行われていた、ルールを元にしているといわれる

  古い時代は高貴な身分の人は、相手に捕まっても丁重に扱われ、身代金の対価として確保されていた、


  今は勢力が弱くなっているが、イスラム国ではこのような取引が、頻繁に行われていたと聞く、
  
  どうやら安田氏が捕まったのは、シリアの軍事勢力というよりは、イスラム過激派で身代金目的で捕まったようだ、


  捕まった時の記事では、何度か開放されそうなタイミングがあって、周りの人も金をもらえそうになると、安田氏を優遇したと書かれていた、

  しかし最終的に金が払われた形跡はなく、日本政府は最初の頃は活動していたが、それ以降は全く何もしていなかったようだ、


  カタール政府が金を払って救出されたけど、安田氏の話を聞くと金さえ払えば、いつでも開放される立場だった、

  つまり日本政府が支援をしなかったから、救出できなかったわけで自民党やアベが、意図的に見殺しにしていたのがバレた、


  カタールが支払ったお金は3億といわれるが、それがテロリストに渡るのは問題だと、ネトウヨのような人間のクズはいう、

  人間のクズの発言に意味はないけど、金がテロリストに渡るのが良くないのは、本質的な問題が分かっていない、


  前回も書いたけど、物事のルールは基本的に成立させなければならないものと、情念的な努力目標に分けられる、

  では今回の件で国家がすべきだったのは、まず邦人保護の義務が政府にあるのだから、安田氏の救出をしなければいけない、


  安田氏の救出は絶対目標であるが、それに合わせてテロリストの害を考える形になる、

  つまり邦人保護は必ずしなければいけないが、テロリスト云々は努力目標に過ぎず、無理に対応する必要はない、


  国家として見る場合は、このような手順で対応しなければならす、もしできなければ国家は大きな責任を問われる、

  ルールは基本的なところから問われるのだから、それができなければテロリストだなんだといっても、許されるものではない、


  人間の感情だと邦人保護と、テロリストだとテロのほうが大きく感じるが、それは間違いでルールとして考えるならば、最初に行うのは邦人保護だ、

  テロリストの問題は無理に対応する必要はなく、何なら形だけ対処するだけでも問題はない、このようにするのが国家として正しく、逆に行うと大きな問題が起こる、


  今回の件は、元々まともに対処する気がないアベ自民が、テロリストだと言い訳をして、なんの対策もしなかった話だ、

  全てにおいて間違っているが、行為や結果ともに日本にとって悪影響しかなく、多くの問題を発生させた、


  例えばフリージャーナリストへの攻撃や、報道をする意味などの否定を日本人はいい、ジャーナリズムは反日みたいな、そんなふうに考える人が増えてしまった、

  なぜそうなったのかといえば、マスコミがジャーナリズムを否定する報道を繰り返したからだが、正直こいつら何の商売しているのかよくわからないな、


  本来であればジャーナリズムを守るべきマスコミが、率先して破壊しようとする辺りに、日本のマスコミの低俗さを感じなくはない、


  安田氏の問題は日本政府やアベの怠慢が原因だと、会見内容からはっきりしたが、そのような形で報道したメディアは存在しない、

  ほんとマスコミは社会のゴミでしかないけど、テレビや新聞は報道機関ではなく、アベの犬でしかないというのが結論なのでしょう、

  
  
21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社




 
関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR