01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

アベが負けた那覇市長選、トランプの核戦争時代、廃墟になりそうな豊洲市場

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  そろそろ冬が近くなってきたのか、寒い日が増えてきました、といいつつ暑い日もまだあるので、どっちなのか分かりませんけど、


  政治の話としては那覇市長選があるか、野党側の候補者が現職で、それに合わせて自民党が立ててきたのだね、

  本来ならば自民党が色々やって、有利にするはずだったが、今回はあまり特徴がなかった、


  例えば自民党議員が大量に来るとか、そういう話は聞いていない、地味に進んで簡単に負けていたけど、これで自民党はいいのかね、

  結果は自民党候補の大敗で、ダブルスコアに近い形で負けている、全く勝負になっていないのは、自民党の末期症状を表している気がする、


  本来ならば低投票率なのだから、自民党が有利になっていいはずだが、全く勝負になっていない、

  前回の那覇市長選は投票率が60%近かったが、今回は40%でかなり低くなっている、


  選挙は自民党の組織票と、野党の浮動票の戦いになるため、投票率が50%を超えないと、野党側が勝つのはかなり難しい、

  だから40%台で負けるのは、自民党にとっては最悪で、那覇市のような大きな所でこうなるのは異常だ、


  地方の小さい選挙ならば、何らかの事情で差がつくだろうけど、現職だからといって自民党が大敗するのはおかしい、

  低投票率で現職が勝つのは自民党のやり方で、野党はこういう形で勝つのが難しいのだが、沖縄では政治の流れが変わったのかもしれない、


  一つの可能性としてあるのは、沖縄では自民党が完全に野党になって、野党候補者としてのスタンスでしか、県民が見なくなっている可能性だ

  今回の負けは低投票率で負ける、本来の野党側の候補に近い形で、低投票率で大敗というのは、何かが終わっている感じがする、


  元々沖縄県知事のデニー氏と関係の深い、地域だからというのはあるだろうが、こうもボロボロだと、自民党自体が壊れてしまった可能性が高い、

  他の選挙でもだいたい負けているし、自民党が勝てた選挙ってここしばらくだと、殆ど無いような気がする、


  低投票率で負けるのは、組織票が自民党以外を支持しているからで、本来の自民党支持層が大きく野党に流れ、不利になった可能性が高い、
  
  選挙というのは負ける時は負けるもので、どうやら自民党も焼きまわってきた感じがします、


  次に、アメリカのトランプが核軍縮をやめるといっている、相変わらずの馬鹿だがほんと、無能な人間にできるのはこの世の破滅だけ、それを地で行っているな、

  アベと同類のアホトランプは、パフォーマンスをして受ける方法を重視している、具体的な中身は考えず演出しかしない、


  プロパガンダ政治がこいつの特徴だし、そもそも社会を良くする考えはなく、政治的な影響力を、自分のビジネスに使いたいだけで価値はまったくない、

  いわゆるアベと同類の社会のゴミだけど、今回は核軍縮と来たか、


  うーんと、問題になっているのはロシアが中距離ミサイルを開発し、それがあるのだから核開発も認めるべきだといっている、

  たしかにロシアは中距離ミサイルを開発しているが、それは核兵器ではないのだから、いっている意味がよく分からないな、


  トランプは中距離ミサイルと核兵器の関係というが、たしかにロシアとアメリカの条約では、ミサイル開発と核開発をやめるといっているから、ミサイル開発を問題点として指摘するのは正しいだろう、


  しかしロシアは核開発をしていないのだから、ロシアのミサイル開発を元に核開発を、正当化するのは無理がある、

  ロシアは核開発をしていないのに、アメリカは条約を無視して勝手にやっていたのが、最近バレているが奇妙な話だ、


  条約ではミサイルと核の開発を規制しているが、あくまでそれは長距離攻撃ができる、核兵器の危険性を抑制するために、セットとして制限をしているだけだ、

  トランプのバカは、それがセットの契約だからどちらか一方で問題があれば、他方も責任があるというのか、アホでしかないな、


  ロシアがたとえミサイル開発をしたとしても、長距離からの核兵器の問題を引き起こしているわけではない、

  核開発とミサイル開発をセットで行うならば、それは条約違反になるがミサイルだけでは、問題を指摘できないだろう、


  具体的にどのミサイルが悪いといっているのか、良く分からないところはあるが、最近作られたものならば、それはアメリカが問題を起こしている、

  日本の地上イージスとかああいうのは、ロシアを包囲する形で設置されている、北朝鮮はただの演出で、本命はロシアのミサイルを封じるのが狙いだった、


  イージスシステムはEUにも作られていて、東と西からロシアを挟撃して、持っているミサイルを無効化させる計画を立てていた、

  それに対してロシアはイージスなどの、防衛システムを無効にするミサイルを開発した、その結果アメリカの行なったミサイル防衛システムは、意味のないものになった、


  聞いた話では、非常に速いスピードで移動できるミサイルを作り、その結果迎撃システムが発動するよりも、先に地上に攻撃できるものらしい、

  つまりロシアがミサイル開発をしたとしても、それはアメリカのイージスシステムが招いた問題で、ロシア自体が悪いわけではない、


  私の見立てが正しいとすれば、今トランプがやっているのはこの失敗を、ロシアのせいにする言い訳だろう、

  ロシアのミサイルは防衛システムを突破して攻撃できるので、防げなくなったから核兵器で対抗するのか、良く分からない話だな、


  根本的にはアメリカの、ミサイル防衛システムの失敗があるが、それを核兵器に持っていく意味が分からない、

  あるとすれば馬鹿なトランプだから、冷戦時代の雰囲気を作って、アメリカがすごいとやりたいのだろうけど、


  しかし冷戦時代に戻す核開発をするとか、現実的ではないし意味もないのでは、

  アメリカが影響力を持つ国は減っていて、もう世界の中心ではなくなっている、


  核抑止力のシステムは、あくまでアメリカとソ連が世界を二分して支配し、それぞれが対立したから成り立ったものだ、

  現状はアメリカもロシアも一国家に過ぎず、世界的な影響力はそれほどない、世界を二分するなど不可能で、核開発をしても協力する国もない、


  アメリカにもある程度は、権力の暴走を抑えるシステムはあるだろうから、簡単に核兵器の開発ができるかは疑問だ、

  もし無理に開発を進めれば、アメリカ以外の国が核軍縮の仕組みを作り、開発をするアメリカにペナルティを課す可能性もある、


  実際北朝鮮はそれで問題になったから、アメリカもやり過ぎれは同じ目にあう、核開発は人類にとって脅威であり、アメリカだからといってやっていいわけではない、

  そこまでするならアメリカを潰した方が良く、人類の安全のためにはアメリカはいらない、と思われるだろう、


  トランプは馬鹿なので多分何も考えておらず、パフォーマンスの一種としてやっているだけだ、

  ただここまでやるとリスクが高すぎるので、アメリカが自滅する可能性も出てくる、そんな気がします、


  後は、豊洲市場の話があるか、一応交通状態は改善したようだが、多くの問題が起こっている、

  一つは建物の設計がおかしく、全体が歪んでしまっている問題で、地盤沈下も発生していると聞く、


  初日からいわれていたのだけど、建物の一部が常に揺れる状態にで、そこで作業していると気持ち悪いといわれていた、
  
  多分設計ミスなのだろうが、何らかの重さの影響で建物が常に揺れ、おかしいのではという人がいる、


  市場ができてからしばらくして、問題が拡大してきてドアが閉まらなくなっているらしい、

  全てのドアではないけど、建物全体が歪んできてしまい、設備が使えない所が増えている、


  建物の異常も存在しているが、売上も悪化しているという、

  豊洲市場は移動しづらい所があって、青果市場と魚市場の距離が遠く、かなり長期間移動しないといけない、


  その影響で仕入れができなくなって、取引が不可能になったお店もある、商品の運搬の手間は、そのままビジネス損失になるので、このままだと維持できないという意見もある、


  もう一つは、駐車場などの料金が高すぎで、経営を圧迫している問題がある、

  豊洲市場を使えるようになる、少し前に駐車場などの料金を請求されて、それが高額で払うのが難しいらしい、


  築地の頃は格安だったのだけど、豊洲市場になったら何十万円も支払わなければならず、経営的に難しいという人もいる、

  市場で働いている人は零細企業だから、ちょっとした負担にも耐えられず、廃業してしまう人が少なくない、


  実際、築地市場から豊洲市場に移る負担のせいで、廃業してしまったお店は沢山ある、

  このまま行くと豊洲市場は廃墟になって、誰も利用しなくなるのではといわれている、


  この問題は年寄りの冷や水というか、戦後の頃の勢いがあった時代のイメージで、間違った判断をしてしまったのだろう、

  日本はもう老いている国だから、年相応に自分を大事にしつつ、ビジネスを組み立てなければいけない、


  築地市場も高齢化などで、廃業する人が多くてかなり弱っていた、そこに無理やり別の市場に移すのだから、このまま行くと市場のシステムが崩壊する、


  戦後の頃ならなんとかなったが、衰弱した今の日本ではこういう変動には対応できない、

  日本人は年寄りの冷や水で、自分がなにかできる考えはするが、実際には何もできない状態にある、


  昔そうだったから、今でもできるだろうというのは分かるけど、それは情緒であって現実的にいえば、できないものはできない、

  ほんと戦後世界観は人を不幸にするが、世界的に有名だった築地市場は、豊洲市場に移動し潰れる可能性が高い、


  この移転を拍手喝采するのが、日本のマスコミと洗脳を受けた日本人なのだから、救いようがないし、救われる可能性もないのでしょう、

21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社




関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR