07 月<< 2020年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 

かなり複雑なおしどりマコという問題

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  今日も政治の話を書いてみると、少し前におしどりマコという人物を、比例の候補者として用意したらしい、

  この人物は以前見たことがあるが、いわゆる低線量被曝などの問題を、芸人ながら詳しく調べていた、


  ただそのような活動をしていたので、芸人としての仕事が減っていて、生活ができるのかと心配されていた、


  さてこの問題は難しいな、、個人的な意見になってしまうが、現在の脱原発論は二つ種類があって、一つは原発事故前の論、もう一つは事故後の論がある、

  事故前の論は左翼勢力の意見であって、いわゆる原発ゼロなどを目指すものだ、

  事故後の論は小沢氏が中心になって行動した、被爆対策を重視した脱原発論がある、


  この点があまり理解されておらず、脱原発論は一体化したものだと、考えられているがそうではない、

  例えば今回おしどりマコという人を、沢山の人間が批判したが、それは脱原発論であっても、おしどりマコは被爆対策の脱原発論者だからだ、


  原発事故が起きた時に小沢氏は党を割ったが、その最大の理由が福島の住民の、生活を再建させるための勢力が必要だと考えたからだ、

  もちろん二大政党制へのあこがれもあっただろうが、党を割った問題は別にあるにしろ、目的としてあったのは被災地の救済だった、


  小沢氏はでっち上げの検察裁判で、与党でありながら何もできない状態で、原発事故が起きたときも対応できなかった、

  そういう点を気にしていたのか、民主党が末期的になった頃に、原発の被害者への救済を目的にする、政治活動を重視し始めた、


  おしどりマコはそういう時期に、同じような傾向で行動していた人物で、実はマスコミの受けが悪い、

  ここら辺は個人的解釈になるが、脱原発論はメディアと一体化した、左翼的な傾向の流れがある、


  左翼的傾向の脱原発論は、被爆問題は存在しないと考え、それは風評被害であると盛んにいう、

  良く福島に住んでいる方が、被爆の問題は安全なのか悩むという、一方は安全だといい、一方は危険だと発言する、


  で、どちらも脱原発論者だから、福島に住んでいる人にとっては、協力者に近い立場なのに、言っている話が全く逆になる、


  被爆問題がない脱原発論者は、メディア関係者と協力して行動し、被爆問題は全て風評被害だという、

  例えば、甲状腺問題は風評被害であって、そんなものは存在しないというのが、左翼的な脱原発論車の特徴だ、


  そういう人々はメディアと関係が深く、メディアが原発問題を事故後にどう封じるか考えた、プロパガンダの土壌に立って行動している、

  だから脱原発でありながら、被爆問題は一切なくメディアの意見は完全に正しい、そういう左翼で脱原発の一派が存在する、


  これは原発の問題を隠蔽するための、何らかの政治活動の成果として生まれたのか、

  それとも原発事故を認められない精神的な負担からの開放のために、できた擬似的な脱原発論なのか、はっきりはしないが脱原発をいいながら、実際の目的は違うところにある、
  

  おしどりマコという人は、被爆問題を直接的に問うので、いわゆる風評被害でごまかすマスコミの敵になっている、

  なぜこの人物が批判されるのか、理由としてあるのはメディアのいう、風評被害の神話を信じている人が、邪教徒として叩く場合が多い、


  実際ネットでも、メディア関係者がおしどりマコを、よく分からない理由で攻撃していたが、

  これはマスコミの内部の決まりでは、福島の被爆は全て風評被害であって、その発言をするのは邪教徒だと、そんな考えがあるのだろうね、


  メディアは原発利権で飯を食っていて、今でもそういう仕事をしているので、金のために被爆問題を指摘する人を、良く分からない理由で叩く、

  大体そうなんだよね、メディア関係者は被爆問題を指摘する人を、袋叩きにしようとするし、全て風評被害でないとダメという、


  そういう異常性が彼らにはあるのだが、もう一つの問題点としてあるのは、この人物が小沢氏のスタンスに近い時期があった点だ、


  小沢氏は上でも書いたように、今でもそうかも知れないけど、被災地の被爆対策を重視していた、

  他の党は被爆の問題は存在しないといい、具体的な対策を全く考えていなかったから、自然と被爆問題に興味がある人は、小沢さんの方へ近づいていった、


  それで、当時小沢さんは民主党と対立していて、野田などと争っている状態だった、

  その結果おしどりマコは反民主党、という構図ができあがってしまったのだが、それは当時の政治状況がそうだっただけで、この人物の責任ではない、


  まったくもって政治の流れの説明は難しいが、こういう情報なんて多分誰も知らないから、当時小沢さんの意見を詳しく見ていた人でないと、おしどりマコという人物の問題点や、批判の原因が理解できない、


  更にいえば、この人物を立憲民主党が評価したのにも、理由があるように感じる、

  それは小沢氏との関係修復で、沖縄の知事選挙でも自由党が勝てたから、関係を深める考えがあるのかもしれない、


  おしどりマコを選んだのは、管だろうけど左翼だからという程度で、決めたのだろうがそれ以外の意味も含んでいる、

  元々この人物は小沢氏と方向性が近く、脱原発の意味も一般的な左翼とは違っている、


  立憲民主党がおしどりマコを、評価すれば小沢氏と協力した、選挙活動が可能になる、

  
  元々枝野氏が心配していたのは、野党の人気が低く上手く行かない点だ、

  立憲民主党はそのために作られ、人気取りをどのようにするか考えている、


  他党との協力を拒む姿勢も、純化して目立つのが目的て、他党と協力するよりも、目立つポジションにつこうとしている


  過去の民主党の流れは、政権交代のための人気取りができず、詐欺師の小泉にいいようにやられていた、

  それを覆したのが小沢氏で、枝野はそういう点を買っていて、立憲民主党に利用できるのではと、考えている気がする、


  ほんと昔の民主党は色々頑張っていたが、それが結果を生む形にならず、努力をしても上手く行かなかった、

  唯一成功したのが小沢氏だから、立憲民主党としては知恵を借りたいのだろう、


  おしどりマコの話は、脱原発に舵を切る意味もあるが、同時に被爆問題を重視する、小沢氏に近い脱原発論の系統に、近づいている面もある、

  ただの偶然かもしれないけど、沖縄の選挙で小沢氏の候補者に対して、全面的に枝野氏が協力した点を見ると、将来的な友好を考えているかもしれない、


  実際、立憲民主党でスキャンダルがあって、活動ができていなかった政治家が、小沢氏の党に移籍している、

  それは信頼関係の醸成としての意味もあるし、十分な活動ができていないその政治家の、都合もあったのだろう、


  政治的な転換はたしかに理念や、努力によってもできるものだが、本質的に必要になるのは知識と知恵だ、

  プロの政治家が指導をして、物事を作り変えなければ行動は結果を生まず、余計な負担ばかりが発生してしまう、


  小沢氏はその力がある人物で、現状のアベ独裁的な状況に対しては、ある意味において非常に強い武器になる、

  実際以前一回潰しているわけだから、もう一回期待する考えが出ても、不思議ではないだろう、


  何故か長い話になりましたが、おしどりマコの話は遺跡を掘り起こすような、昔あったことが今出てくる、そういう特徴を持っている、

  更にいえば、当時の話は私みたいに多面的に見ている人は少なくて、特定の方向からしか普通は見ていないから、正しい判断をするのが難しい、


  多分枝野とかそういう、立場の人は何らかの読みがあって、計画的な行動をしているのだろう、

  ただそのような意見は表には出ないから、大半の人は良く分からない形で、情報を見るしかなくなる、


  私の読みとしては、おしどりマコの問題は立憲民主党の脱原発への傾倒と、被爆問題を含めた事故後の原発論への、ある程度の賛同を含んでいるように見える、

  そしてそれは、小沢氏のスタンスに近くなる意味も持っていて、枝野氏は小沢さんの力を期待しているのかもしれない、


  ある程度結果が出るなり、色々な人間関係の変化が発生すれば、分かりやすい形に変わってくるだろうが、

  現状は布石としてしか存在しないので、どのような結果になるのかは、少し落ち着いて見てみないと判断できそうにないです、
 

21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR