01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

国民民主党のコドモミクス、マスコミが生み出した北朝鮮問題、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  今日も何か書いてみると、前回書こうと思って入れられなかった、コドモミクスというのを書いてみると、

  これは国民民主党の選挙で、候補者がいった意見なのだけど、アベの基地外やっているの似せて、コドモミクスといったらしい、


  何々ミクスは、本来はアメリカの大統領がやったものだから、別にアベが本元ではないけど、子供の支援をすると発言している、

  以前の民主党は子供支援制度が充実していて、高校無料化などの対応をしていた、自民党が廃止したのでなくなったけど、それなりに効果はあったらしい、


  差別主義自民党や公明党は、子育て支援みたいのはいうのだが、正直な所殆ど効果がない、

  何故かというと自己責任で仕組みを作るため、貧困化が少子化の原因であるのに、その部分に対応ができないからだ、


  つまり学校に行かせるのは親の責任、子供の生活を守るのも親の責任で、それからはみ出した部分は支援をするけど、基本的な部分は全部家族でやれという、

  以前はそれでよかったのだろうが、低成長が続き貧困化が進む日本では、家族で子育てを支えるのが難しくなっている、


  自民党や公明党は、高校無償化を無駄といって廃止したけど、それは自己責任だから高校行くのは贅沢で、そういう金のないやつは学校に行くべきではないし、政府が支援するのは間違いだという、


  老害政党というしかないが、戦後の焼け野原ならそうかも知れないけど、今の世の中ではその話は通らない、

  もしやってしまうと、貧困化が進んでいるから支援制度がない時点で、子供を作ろうとしなくなる、


  貧困化というのは、階層的な仕組みとして成り立っているわけで、不平等な社会に変わっているのだから、階層の低い人はいくら頑張っても成功する可能性は低く、将来にわたって収入が上る可能性がない、


  だとするならば、自己努力で解決するべきだとすると、誰も子供を作らなくなってしまう、

  つまり高校無償化のような、自己責任でない補償制度がないと、少子化問題は解決しない、


  自民党は戦後世代が信じている、戦後カルト教みたいな教団なので、努力をすれば上手く行くというが、

  何十年もそんな話はうまく行かず、少子化が急激に進んでいる現実があるのから、まともに考えたほうがいい、


  最もカルト宗教のように、戦後マンセーといっている自民党だから、連中がまともな判断をする可能性はないだろう、

  
  それで国民民主党の政策は、国債を発行して子供支援を行うが、以前いわれていた民主党の政策では、財源がどうであるかとよくいわれていた、

  民主党は財政再建と、社会保障を充実させる大きな政府論の、ある意味真逆の政策を重視していた、


  それはそうするしかない事情があったからで、別に判断が間違っていたわけではないけど、財源がどうなのかという批判はあった、

  それを国債で賄うといっているから、子育て支援は問題なくできるだろう、


  特に地方にとっては公共事業よりも、少子化問題のほうが大きいので、それに国債を使うのはあまり批判はなさそうだ、

  政策そのものは悪くはないが、多分そのうち仲間を見たら必ず攻撃してくる左翼勢力が、コドモミクスに難癖をつけてくるのは確実でしょう、


  次に、北朝鮮の話があるか、またアベ犬マスコミが騒いでいるものだね、社会のゴミどもは迷惑でしかないが、なんでこんなゴミ連中を年寄りは評価するのだろうか、

  昔から付き合いがあるから、思い入れがあるのだろうけど、アベ犬マスコミの北朝鮮ネタは久しぶりだ、


  少し前に映像で見たのだけど、オドロオドロしい音楽を流して、恐怖を煽る報道しかしていなかった、

  ほんとこのゴミ連中は腹が立つけど、事実を伝える気持ちがまったくない、北朝鮮ネタを報道すれば、アベから金をもらえるとしか考えていない、


  真正の社会のゴミというしかないが、マスコミの北朝鮮ネタは偏向報道なので、殆意味はないのだが、

  アメリカの高官が北朝鮮に行く予定だったが、急に行かなくなった話がある、


  それは以前書いた覚えがあるが、北朝鮮の核放棄が進んでおらず、それが問題だと指摘したからだ、

  ただ、まだ別に核放棄する手続きは行われていないから、北朝鮮が対応する必要はないはず、


  大きな枠組みとして、核放棄の話し合いを始めるとはいっているが、具体的にどうするかは決まっていない、

  交渉が進んでどうするか決まったのならば、核放棄の手続きに合わせた行動を北朝鮮はしなければいけないが、また手続きをしていないのだからする必要がない、


  マスコミはその点嘘をついていて、北朝鮮とアメリカの交渉は、核放棄の入り口に立っただけで、具体的な手続きは決まっていない、

  だから北朝鮮が核放棄をする必要はないし、その責任を問うのも時期早々ではないか、


  具体的な計画のプランが決まったなら、まだ分かるのだけどマスコミは、そういう事実確認の情報を伝えていない、

  それに今回は北朝鮮を悪というのではなく、中国との交渉材料として対応した所があるので、別の意味が強くあるのではないか、


  トランプは北朝鮮を批判していないし、どちらかといえば中国批判を主にしている、

  つまり北朝鮮問題を進めたければ、アメリカとの交渉で中国は妥協しろという、トランプなりの作戦ではないか、


  事実を事実として伝えるなら、まだいいのだけどマスコミはオドロオドロしい、音楽をかけて異常な報道をする、

  連中はアベから金をもらうために、生きている社会のゴミなんだろうけど、そうだとしても偏った報道をしすぎだ、


  なんでテレビは北朝鮮とアメリカの交渉は、絶望的みたいにいうのかよく分からない、

  そういう理由があるわけでないし、今までも非公式の交渉はよく行われていたのだから、表面的な交渉がなかったからといって、外交関係がどうなるかは分からない、


  こうしてみると感じるのは、マスコミはバカしかいないってことかね、

  海外のメディアを見ると、やはり知的で専門的であって、状況をよく考えて視聴者に視点を与える、そういう伝え方をする場合が多い、


  それなのに日本マスコミは、馬鹿みたいに騒ぐだけで状況判断ができない、偏った演出をして国民が自分で考えられないようにしている、


  北朝鮮問題は、結局日本のマスコミのプロパガンダ体質、それが強く出ている問題だと思う、

  海外では別に北朝鮮問題は騒いでいないし、アジアでも日本だけ騒動になっていて、実は韓国でも大きな話題にはなっていない、


  ミサイルを撃ったり、核開発をしたとしても一番騒いでいるのは日本で、その原因を作っているのがマスコミだ、

  つまり、北朝鮮問題ではなくて、実はマスコミが騒いでいるだけなのが、連中こそ日本に問題を起こした諸悪の根源である、


  戦前の軍部の大本営を同じような形を、北朝鮮問題として行っていて、

  昔の戦争だって結局マスコミが国民を騙したから、ああなったわけでしょ、同じことを北朝鮮問題に対して、今の日本のマスコミは行っている、


  正直な所マスコミを信じるのは、国を滅ぼして国民の生活を悪化させる意味しかない、

  北朝鮮問題だってメディアが、煽るような報道をしなければ、冷静な判断ができて問題は解決できていただろう、


  マスコミがプロパガンダ的な、扇動行為をするから話がおかしくなるので、それを信じる国民はもう少し彼らを疑うべきだ、

  海外では昔から北朝鮮問題は騒がれていない、それは中国や韓国でも同じで、異常な形で騒いでいるのは日本だけだ、

  
  なんで騒いでいるのかといえば、マスコミがアベから金をもらうためでしょ?、そういう話を信じていいのかという問題が、北朝鮮問題の本質にある、

  敵は本能寺ではないが、実は北朝鮮問題は日本のマスコミが起こしている騒動だ、そう考えると本質が見えるのではないかと思います、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR