01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

アベ自民が起こした災害時のエアコン問題、日本の岐路になった保守と差別主義の違い

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  西日本の災害は大きなダメージを与え、更に炎天下で作業をするため、高齢者の体の不調など、大きな問題が起こっている、

  自民党はそのような問題を完全に無視して、カジノ法案だけを審議したが、これでも日本人はアベマンセーなのだから、もう頭がおかしくなっているのでしょう、


  西日本の災害ではクーラーの問題が、問われるケースがあった、

  自民党は学校のクーラに反対していて、冷房設備を作るの反日活動だと批判している、


  とある地域の市長は、共産党がエアコン導入を求めているため、エアコンは共産主義者の思想であって、そんなものを取り入れると学校ダメになるとか、よくわからないがそんな考えを持っている、


  自民党は完全に気が狂っているので、エアコンを使うのは日本の恥じとか、そういう考えを持った人しかいない、

  老人のための政党だから、昔の暑くなかった時代の妄想で運営されているのだろうけど、それが今回は問題になった


  災害が起きたときの避難所は、学校が使われる可能性が高く、自民党がエアコン禁止をしたので、

  被災地によっては学校にない所が多い、自民党がなぜエアコンを敵視するのかよく分からないが、意味不明な政党である、


  自民党のせいで、学校にエアコンが使われず、今回の災害でも体育館や教室にはエアコンがない、

  特に体育館は暑くなりやすいから、そういう場所に高齢者がいると、体調不良が起こりやすくなる、


  海外では災害が起きた時に、エアコン付きの施設で休めるらしいが、日本は自民党のがエアコンを禁止したので、災害が起きた時の暑さ対策がない、

  なんでエアコンだめなのかよく分からないが、そもそも税金は国民が払っているのだし、国民の生活支援のために使うならば問題ないはず、


  それを拒否するのは、税金=自分の金という意識が、自民党には強くあるからで、それでアコン禁止を徹底したのかもしれない、

  自民党の強い地域だと、一切エアコンがない場所もあるらしく、夏に災害が起きたら最悪の事態になりそうだが、ホント自民党は社会のゴミである、


  ゴミ自民党のやる政策だから、結局害でしかないのだが、今回はエアコンがなく被災者は、暑い中生活しなければいけない、

  全部自民党とアベが悪いわけだが、とにかく人の役にたたないゴミ連中である、


  客観的に考えれば、学校は災害時の拠点なのだから、そういうところの設備を充実させるのは、災害対策として必要な行為だ、

  それなのに、自民党は頭がおかしいから、災害時の問題を一切考えられない、


  災害支援をしてエコンをつけておけば、暑い時期に被害が派生したとしても、被災者の生活をある程度守れる、

  学校や体育館を使うとしても、災害対策の設備を用意しておけば、それなりに快適な生活ができる、


  不思議な話なのだが、日本て災害対策を全くしていない、

  例えば大きなダムは作るけど、被災者がどう生活をするのか考えていない、そういう拠点の準備がない、


  ある程度時間がたてば、仮設住宅なども利用できるけど、それまでどうするかが考えられていない、


  特に今回のように、災害復旧の遅れが出ている場合は、仮設住宅までの期間が長くなるし、被害がバラバラに発生しているから、仮設住宅がもしかすると作られないかもしれない、


  そうなると中間的な支援施設として、学校が重要になる、

  更に非常に暑いわけだから、エアコンを強制的に作っておけば、いざという時に対応できる、


  日本は災害対策を箱物では行うが、被災者にとって何が大切かという点では、何もしない、
  
  学校が被災者の支援施設になるならば、生活再建をする時もやりやすいが、現状だと必要最低限の機能すらない、


  被災者が暑いところにいるのに我慢しろとか、人間扱いしていないレベルだ、

  その辺りの災害支援対策のなさ、エアコン問題というのは、自民党の国民軽視の姿勢が現れた、問題じゃないかと感じます、


  次は、そういえばネットでは色々な話題があって、特に差別主義者への批判が強くなっている、

  日本は差別主義天国であって、外国人差別をしても捕まらなくなっている、


  海外ならば投獄される犯罪行為でも、日本では合法になっていて、警察が活動の支援までしてくれる、

  支援というほどではないが、人種差別的な活動は自民党が応援しているから、警察もそれに合わせて協力をする、


  日本の政治論の岐路としてあるのは、保守と差別主義の違いがある、

  保守と差別主義の考えは違いが少ないが、やっていることには大きな差がある、


  国を愛し同じ民族を評価する、そういう考え自体は同じだが、暴力性に走り他者への迫害をするのが、差別主義者だ、


  海外では差別主義者と保守は、別の政治思想として分類が分けられている、

  そのため差別主義は保守とはいわれず、差別主義者としての扱いを受ける、


  日本の場合差別主義と保守の違いが理解されておらず、どちらも同じものだと考えられている、

  それが日本の差別主義思想の拡大につながっていて、海外では日本は差別主義の国だと考える人が増えている、


  本屋に行けば、外国人差別をする本しか売っていないし、そういう事実は海外でよく報道されている、

  日本の人種差別主義の拡大は、国際的な認識として固定化されていて、日本人=人種差別主義者と見られつつある、


  例えを書いてみると、アパルトヘイトをした南アフリカは、現地の人にとって見ればその政策は、保守的な考えに基づいて行われてる、

  白人のための政策でしかないが、自分らの国家や民族を守るために、黒人を差別したわけだ、


  国家や民族を守るだけならば、それは保守的な思想と違いはない、問題はそれが他者への差別に繋がり、差別主義の拡大の原因になったわけだ、


  最近ネットの動画サイトで、差別主義者の動画大量に削除され、アカウントが消される動きが出ている、

  日本の感覚からすると、それ保守的な活動だと考える人もいたが、国際的な感覚だと差別主義だと判断された、

  
  その結果動画が消されたわけだけど、このような点が日本の保守と、差別主義を上手く分けられていない、現実だといえる、

  
  保守的な考えと、差別主義は半分くらいは、同じような意味を持っている、

  それが他者への差別批判につながると、保守は簡単に差別主義に変わる、


  差別主義と保守の違いがあるのは、外国人や特定の人間を悪くいう、外国を悪くいうために言論を行う、このような行為をすればそれは保守ではなくなる、

  正しい批判ならばよいが、そうでない批判のための批判になっている時は、保守的な方向性であっても、それは差別主義者でしかない、


  外国人を悪くいう、特定の国を悪くいう、このような考えは保守ではない、

  保守に入るためには差別をしてはならず、差別をした途端保守ではなくなる、


  差別主義と保守は紙一重で違いがあって、外国人差別をすればそれは、差別主義者でしかない、

  そして差別主義者は絶対保守にはならない、なぜなら根本的な考えが違うからだ、


  保守的な発想は、社会に対して意味のある考えを持とうとする、それに対して差別主義者は、社会を悪化させる考えを強く持つ、

  実際アベとかそういう差別主義者の発想は、社会悪化や人の不幸を望む所がある、


  例えば中国や韓国で問題が起きたとする、保守の人ならば彼らの心配をするだろう、

  差別主義者はその問題を快楽だと考え、喜び評価してしまう、


  このように保守と差別主義者は似ているが、方向性は完全に真逆であって、差別主義は人を不幸にする意味しかない、

  自民党のような差別主義政党が、存在したとして人を不幸にしかできないのは、彼らの思想が保守ではないからだ、


  分かりやすくいえば、保守や差別主義者は愛国とか同胞愛とか、そのような考えの時点では同じなのだ、

  どこが変わるかというと、保守には善意があって、差別主義者には悪意がある点、ここが全く違う、

 
  外国の人が困った時に、保守の人ならば助けるだろう、

  外国人が困った時、差別主義者は蔑み叩き、相手が不幸になることを喜ぶ、


  ネットの保守なんとかいう、ブログを見てみれば分かるじゃないですか、彼らは差別主義でしかなく、根本的にあるのは悪意だけ、

  そのような思想を何も考えずに、保守と考えてしまったから、日本では差別主義が大きく広がってしまった、


  保守は善意がなければ成立しない思想だ、海外を悪く言う人が保守になる可能性はない、
  
  善意を持って人として正しくあること、そういう方向性を目指すならば保守だが、現実的には保守なんてものはなく、大半はただの差別主義である、


  自民党は保守の政党と呼ばれる、しかし彼らに善意があるだろうか?、私の知る限りそんなものは一切ない、

  じゃあ連中は何なのか、支持している人々は何なのか、それは保守ではなくただの差別主義者であって、悪を持った犯罪者でしかないわけです、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR