03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

殺人鬼アベのオウム殺し、復興が難しい西日本の現実

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  オウム真理教を殺して人気取りをしようとたアベは、どうやら天の怒りを買ってしまい、西日本で大規模な災害が起きた、

  本来であれば国会の審議は、アベのオウム殺害で話題作りをして、隠蔽できると考えていたのだろう、


  しかし殺人鬼アベが考えるほど、現実は甘くはなかったといえる、
  

  そんな話を前回書いた気がするけど、その続きっぽいものを書くと、アベは支持率アップのために、麻原彰晃などの殺害を考えた、

  このクソは平気で人を殺すからね、基地外犯罪者でありながらしょうもないカスであって、更に倫理観の欠片もまったくない、


  現状別にオウム真理教関係者を、殺害する必要性はないから、担当大臣も何も説明をしていないし、あるとすれば支持率アップだけだろう、

  マスコミ主導で行われた、劇場型政治は最後は公開処刑みたいな、プロパガンダ政治に変わってくるとは、日本も末期的なのだろうが、


  まさか公開処刑で支持率アップ狙うとか、北朝鮮じゃあるまいし、日本はどうなってしまったのだろう、

  
  オウムの公開処刑は残酷なものだけど、マスコミ信者が多い日本では、本来ならば効果があっただろう、

  多分災害が起きていなければ、自民党やアベの支持は大きくアップして、アベマンセーと日本人はいっていた、


  それの程度なんだよね、困ったことに日本人の判断力は、他者を悪くいって自分が正しいと考える、

  犯罪者を殺せば日本バンザイ、理性的判断が日本人はできないから、感情的な煽りに弱くて、簡単に間違った判断をする、


  オウム処刑で支持率アップがアベの狙いで、このバカが考えたとは想像できないから、自民党の支援組織辺りが劇場型政治の一環として、オウムを殺そうと考えたのだろう、


  よく私は自民党批判のために、極端な意見を書くケースがあるのだが、今回に関しては素直にそうだと思う、

  支持率アップのためにオウム信者を殺したアベ、それ以外の可能性が存在しない、


  大臣が何もいわないのならば、当然それは大臣の判断ではなかったといえる、

  自分で判断したならば何らかの、意見があるはずだがまったくない、となれば上司に当たる総理の意見で、殺害をしたと考えるしかない、


  アベが麻原彰晃を殺害したのは、一つにはワールドカップの影響もある、もし日本の代表がもっと勝っていれば、

  そのプロパガンダを使って、しばらくは人気取りができていたし、法案の隠蔽も可能だっといえる、


  しかし負けてしまって、急にワールドカップに興味を持たなくなった、もともと関心が低かった大会だけど、日本が負けてプロパガンダ効果が弱くなって、そのタイミングで行ったのがオウムへの殺害だった、


  ちょうど国会が新しい始まりになる、タイミングだったので国会審議を、マスコミに報道させないために、殺害を計画したと見るのが妥当だ、

  あれ?、アベが計画殺人をしたように見えるが、まあそうなのか、アホに国家権力をもたせると、このような殺害を平気でやるので気をつけるべきなのだろう、


  オウムの殺害をした大臣は、前日にアベと酒盛りをしていて、人を殺せて幸せみたいな感じだったといえる、

  ネットの記事では、これぞ自民党だと議員がいっていたが、人を殺すのが趣味の大臣とか、自民党らしいといえる、


  劇場型政治というのは、昔のパンとサーカスみたいなもので、闘技場を作って殺し合いをさせていたけど、ああいう残酷な結果を生む、

  日本人は甘く見てたでしょ?、劇場型政治は面白いみたいな、そういう判断が今回の処刑につながったわけだ、


  判断力もなく、ものと考えない日本人は、こんな結果を生んでしまったのだろうが、

  これだけ明らかな問題が起きたとしても、日本人は考えを変えないし、自らの破滅に進む道しか選べないでしょう、それが日本人ですから、


  次に、西日本の災害では自民党は何もせず、対策本部も作らなかった、災害が起きて殆終わった段階で、一応作ったのだが何の意味もなかった、

  雨風の災害は事前予測ができるが、自民党がやったのは酒盛りだけだった、


  現地の人間が対応をすれば良いという意見もあるが、10箇所くらいの所で起こっている問題に、現地の人が対応できたとは考えづらい、
  
  結果まともな統制は取れず、それによって亡くなった人も沢山いるだろう、すべてアベや自民党を支持した人が悪いのだけど、そんな感覚もないのだろうね、 
  

  今回の災害の特徴としてあるのは、復興がかなり難しい点だ、

  複数の所で大きな被害がでているから、対応する人員がいないし、予算も用意するのは楽ではあるまい、


  オリンピックもあるから、復興支援のために人を呼ぶのは、かなり難しいと考えていい、

  似た地域ならまだ対応できるが、東京と西日本だから協力は難しく、災害からの復興は大幅に時間がかかる、


  予算の問題もある、実はアベ自民の経済政策は失敗していて、マスコミは報道しないけど、法人税などが下がり続けている、

  もともと見かけだけで中身のない政策だから、メッキがハゲればそれまでだったが、さすがにもう持たなくなっている、


  となると予算を用意しなければいけないが、アベのやつは色々なことに金を使っていて、予算の余裕がない、

  本来であれば予備費としてとっておくべき、資金も全て使ってしまうので、多分この規模の災害への対策資金はないと思う、


  やるんだったら国債の発行が必要だが、予備費みたいなクッションがない状態で、大量の国債を発行すると、予算がかなりおかしくなるだろう、

  場合によっては別の予算にしわ寄せが来て、社会保障の大幅削減とかも来る、


  西日本の震災は私は修復は無理だと考えている、人員もいないし予算も組みづらい、

  何よりアベ自民は劇場型政治の政党だから、本腰を入れて政策をするスタンスがない、


  以前の熊本の震災でも、アベはテレビに写っているところでは、活動していたけどそれ以外の地域には、一切行動しなかった、

  現地の確認作業すらこいつしてないからね、そういうのが総理なのだから、当然今回の災害でも対策はしない、


  するはずがない、それで被害を受けたのは中国地方とか、四国などの基盤の弱いところだから、復旧自体が難しい感じがする、

  例えばちゃんと対応すれば数年で解決できたとして、今の自民党だと十年くらいかかるとする、そのギャップで人が別の地域に移る場合もある、


  今の自民党は昔とは違って、自分が生き残れれば国民は死ねばいい、そいう考えを持った人しかいないから、

  小規模の災害ならば、パフォーマンスをしてそれなりに対応すれば、問題の解決は不可能ではないが、


  このレベルだと、もう自民党ではまともな対策はできないから、パフォーマンスしかしないと思う、

  テレビに写っているところだけ、復興をしてそれ以外の所は、映像化を規制するとか、そういう形になると思う、


  冷静に判断すると、一番可能性が高いのがこの形だから、まともな未来はもう来ないじゃないかな、

  
  以前も書いたけど、東北の震災が起きて復興は難しいと、そんな文章を書いた覚えがある、

  実際復興は不十分でしょ?、今でも困っている人が多いし、まともな生活ができな人も沢山いる、


  九州の震災も似たいような所があって、問題が起きたのに未だに直っていない、対応できていない所が少なくない、

  しかしそういう問題は報道されないので、誰も知らないし苦労している人も、どうすればいいか分からない、


  日本は衰退している国なので、歳をとった人の体みたいなものだから、一度ダメになるともとに戻すのが難しい、

  もちろん適切な処置をすれば、ある程度は良い状態に戻すのも難しくないが、かなり複雑な対応を求められる、


  そういうタイミングで、自民党という組織があるのは最悪で、こんなまともな判断力もなく、パフォーマンスで人を騙すだけの組織では、問題が起きたら一気にそのまま崩壊する、


  何かを悪くいいたいわけではないが、冷静な判断から見ると今の世の中で、大きい何らかの被害を受けた地域は、基本的にはもとに戻らないと考えたほうがいい、

  それができる条件が社会や、政治的にと残っていれば変えられるけど、日本にはその条件がない、

  
  アベ自民に対して、戦後の世代は昔からの付き合いがあるから、つい評価してしまうのだろうけど、

  その甘い判断が、いざという時に最悪の結果をもたらす、今回の災害はその一つであって、西日本が長期的にダメになる、基礎的な問題になるのではという気がします、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR