01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

南北の朝鮮半島の会談、外交に関われないアベと日本の衰退、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  だんだん暑くなってきましたね、もう少したつと梅雨が来るらしいですが、また梅雨という名の台風ラッシュが来そうです、


  それはともかく書いてみると、話題としては南北会談があったか、どうなるかと心配になったけど、良い形でまとまってよかった、

  会談では非核化や、ミサイルの発射実験の終了を提案し、韓国側はそれを了承した、


  核開発はやめることになっていて、実験場の破棄は行われる、トランプが会談をする頃には、実験場の確認作業が始まって、核開発が終わったのが証明されるだろう、

  今回の会談は一回だけなので、ある以上の話し合いは行われていない、それは次回の会談でするらしく、秋になったら話し合うようだ、


  核もミサイルもある程度話がまとまって、大きな問題が起こる可能性は低くなった、

  トランプも中国の支援に感謝を表し、南北首脳会談の結果に満足のようだ、


  これからどうなるかだが、アメリカと北朝鮮の会談が、どのような形で行われるかが重要になる、

  安全性を考えるならば、中国あたりが穏当なところだろうか、ヨーロッパに移動する方法もあるが、リスクもあるため安全とはいえない、


  韓国に移動する手もあるけど、当然デモもあるだろうから、楽にできるものでもあるまい、

  飛行機だと撃墜される恐れがあるから、やるならば地続きの中国がベターだろう、トランプは中国との首脳会談もできるし、色々な会話ができれば良いといえる、


  現状は大きな枠が決まっただけで、なにかが変わるというほどのことは起きていない、

  しかし北朝鮮側がかなり友好的な、態度を示したのは好印象なので、問題が解決できる可能性は高いだろう、


  アメリカがどう出るかだが、当然そこでは中国の影響もある、話し合いのセッティングは、中国も関係をしてくるだろう、

  そうなればアメリカも、ある程度は譲歩をするかもしれない、あくまでトランプの目的は利益であって、北朝鮮でなくでもメリットがあれば納得するはずだ、


  問題になるはミサイル開発と、核開発の問題をどう検証するかだが、南北の終戦の取り決めが終われば、自然に状況は変わっていく可能性が高い、

  戦争をする必要がなくなれば、ミサイルも核も重要ではないため、北朝鮮側も手を引くだろう、


  今回の件は序章に過ぎないが、上手く変わっていけば北東アジアの、軍事的なリスクは小さくなる、

  北朝鮮問題を、根本的に解決するのには、数十年の月日がいるだろうが、良い形に進めば困る人も減るだろう、


  とまあそんな事を書いてみたが、そういえばなにか忘れている気がするな、

  ああ、アベか、あのアホのことは気づかなかった、まだ生きていたのかアイツ、


  今回の件ではアベは蚊帳の外で、一切関われなくなっていた、北朝鮮側も日本やアベの排除を第一にしていて、その結果話がまとまった、

  そもそもアベは北朝鮮問題を利用していたが、解決をする努力は全くしていなかった、外交は完全に失敗していて、日本への協力者はいなかった、


  今となっては平和の国日本ではなく、戦争屋が支配する野蛮国家日本であるため、国際的な評価の下落が、今回の蚊帳の外になった理由だろう、

  本来であれば北朝鮮は、平和主義をいう日本に仲介役を頼み、アジアにおける立場を作る計画だったのかもしれない、


  それがアベの基地外のせいで、戦争を煽る道具として利用されていて、そろそろ限界があると、感じていた可能性はある、

  平和主義でなくなった日本は、下手にかかわるとリスクのある国に変わっている、それが今回の件に日本が関われなかった理由だろう、


  中国やアメリカは実力があるが、日本能力はそれほど高くはない、もし日本が北朝鮮問題にかかわるならば、それ以外の特徴がなければならない、

  韓国のように民族としての協力ができるなど、何らかの価値があればよかったのだが、全く無かったので評価されなかった、


  日本に関わる意味がなくなって、それ以外の国で調整した途端、簡単に問題が解決したのだから、

  ある意味北朝鮮問題を引き起こしていたのは、日本だったともいえる、


  外交的な立場は、海外から見たときの価値が重要になる、以前の日本は平和主義国家だったから、仲介役として使える可能性があった、

  今でも北朝鮮は、ノルウェーなどの国に仲介を頼んでいるが、昔の日本だったらそれもできていただろう、


  しかし戦争国家に変わった日本は、仲介者としての価値が低く、支援者としても実力もかなり低くなっている、

  それを考えると価値の無い日本を、国際社会が見限ったのは当然で、使い道のない国である証明をしたようなものだ、


  アベのせいで日本はそこまで劣化したわけだが、日本人は自覚はあるまい、

  今回のことはアベの個人的な問題であるが、同時に日本に対する評価の低さでもある、


  日本は海外から見ると関わるリスクが高く、協力するメリットがない国だと思われていて、

  実際にそういう形になってしまったことは、この国の現状を認識する上で、重要な情報になりうるだろう、


  国というのはまともに運営していないと、数十年程度でだめになって、価値が殆どなくなってしまう、

  自民党やアベを支持する問題がどう現れるか、それがよく分かったのが今回の南北会談だったといえるでしょう、


  後は、アベの基地外が今回のことは、日本を中心にした行動の結果であって、蚊帳の外ではないといっている、

  やっぱコイツは基地外なんだなと、心の底から思うしだいだが、常識のかけらのないゴミって、本当にいるんだね、


  日本を中心にした行動?、私の知る限りそんな話はなく、日本は全く関係がなかった、

  主に関わったのは韓国と中国で、日本は会談とは何の関係もなく、トランプも日本のことは一切評価していない、


  海外メディアを見ても、日本に言及した報道はなく、日本とは関係のない話として、伝えられている、


  日本のメディアは政府の犬なので、今回の件をアベの成果とか言っている間抜けは多いけど、

  ホント日本のマスコミは腐敗がひどい、こんな分かりやすい問題であっても、アベマンセーというのだから、カルト宗教だね完全に、


  もちろんすべてのメディアが、アベマンセーだったわけではないが、かなりの割合で、そういう報道が行われていた、

  南北協議を評価する意見は少なく、どう批判してアベをヨイショするか、それがマスコミの仕事だった、


  今回の件は、結局の所アベが国際社会から、不要な人間だと烙印を押された形になっている、

  インドも中国まで行って会談をしているし、アベのいっていた中国包囲網は、どこを見ても存在していない、


  この間抜けのアホは、何言っているのかよく分からないが、中国を包囲して日本がリーダーになるといっていたが、そんな話はない、

  北朝鮮問題も、完全に蚊帳の外にいるわけで、日本人とは違って外国の人には、人間としての常識が残っている、


  客観的に見れば、アベは基地外の軍部の残党でしかなく、社会のゴミであって人の役に立つ要素はない、

  朝から晩まで嘘しかいわない、頭のおかしな犯罪者を、評価できる点があるならば、正直聞きたいレベルである、


  日本人はマスコミを神のように信じるから、アベ犬マスコミの報道をマンセーといい、絶対視してアベを正しいと考えている、

  正直今回の件でも、アベのおかげで上手く行ったと考えている人は、ある程度いる可能性がある、それくらいに日本人はものの考え方が異常だ、


  しかし海外は、日本のようなインチキマスコミがないため、正常な判断をして、

  アベは社会のゴミの犯罪者だから、国際社会からは排除したほうが、アジアの平和のために役に立つという、常識的な対応をした、


  北朝鮮の対応は、冷戦終結からの国の舵取りで日本に期待したのも、そのような方向性だろう、

  しかしアベの基地外のせいで日本は衰退し、軍国化が進んで仲介者としての価値がなくなった、


  そうなったので、北朝鮮側は冷戦を終わらせる、方法論を組むために日本排除の形で、政治活動をするようになった、


  日本以外の国は、冷戦が終わった前提で動いていて、冷戦時代に帰ろうとはしていない、

  しかし日本人は未だに冷戦時代が続いていて、ベルリンの壁がまだある前提で生活している、そのような時代錯誤が今回の問題を生んだ原因だ、


  北朝鮮の望みは、冷戦自体が終わった後のポジショニングだ、そのためには冷戦が終わった形にできる、国家との協力が必要になる、

  しかし日本とアベが行ったのは、冷戦時代の継続を望むプロパガンダにすぎず、北朝鮮の将来を作る形ではなかった、


  外交は取引であって、相手の望む商品を提供できなければ、取引相手として評価はされない、

  日本は北朝鮮に対して不利益でしかなく、交渉相手としての価値を失った、それが変化の本質的問題だろう、


  この国の人間は昔から、一人将棋、一人オセロをする性質がある、相手も自分と同じように、行動すると考えるが、外交ではそのようなものは成立しない、


  相手の手とこちらの手が違うからこそ勝負になり、その過程によって外交が成立する、こういった基本的な視点がない以上は、日本の国際的な価値は減ることはあっても、増えることはないでしょう
    

21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社


関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR