03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

トランプによるシリア攻撃の疑問点、一応は成功したデモ運動、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)

    どうもこんにちは、


  そういえば長く政治の話を書いていますね、やっていることが以前とあまり変わっていないのは、日本の根本的な問題が直っていないからでしょうか、


  ともかく書いてみると、最近の話題としてはシリアの話があるか、アサド体制の問題で、欧米メディアが批判する話だ、

  聞いた所では米を中心にした国が、シリアに対して攻撃を仕掛けたが、理由は化学兵器を使ったからといわれる、


  研究所へのミサイル攻撃をしたが、ある程度は迎撃されて、すべてが当たったわけではないという話もある、

  また事前にロシアを通じで情報を得た、シリア政府は職員を逃していたため、人的被害はなかったようだ、


  今回の件はメディアのプロパガンダとしては、シリアを悪にするいつものパターンがある、

  戦争を煽れば愚民は喜んで金を出す、残念だがこれが国家のビジネスであって、人間はそういう事をしてしまう、


  軍事行動は客観的に見るのが重要なのだが、そのような視点で考える人は社会的には少数しかおらず、それが国家の暴走と戦争の原因になっている、


  シリアへの攻撃は問題が多いといわれ、まずあるのは国連の取り決めが行われず、許可を得て攻撃しなかった点だ、

  NATOには国連を無視して、軍事行動をするシステムがあるため、今回の件もそれを使ったのかもしれない、


  その点については国連は批判しており、欧米諸国の行動は間違いだといっている、

  
  また、他の点でも問題点があって、それは証拠がなくなってしまったことだ、

  攻撃に参加した国は具体的な証拠があるといっているが、今回の攻撃で実質的な証拠はなくなっている、つまり本当にシリアがやったのかはすでに分からない、


  シリアの化学兵器の攻撃に関しては、国際的な機関の監査が行われて、実はすぐに行われる予定だった、

  それなのに、施設を破壊してしまえば、何が原因だったのか分からなくなる、今回の攻撃は、シリアがやった証拠を隠滅した行為だといえる、


  そもそもシリアは化学兵器は破棄していて、以前その確認が行われたはずだ、和平交渉でも化学兵器については、なくなったからできたわけで、現状でも持っているならば不自然な所がある、


  化学兵器に関しては、どちらかというと欧米諸国が気にして、警戒している所がある、

  軍事的優位性がある欧米諸国も、化学兵器による攻撃を防ぐのは難しい、それを考えると軍事侵攻のじゃまになる、このような兵器を指摘している可能性もある、


  化学兵器といっても運用は難しく、通常兵器の攻撃の方が、効果を得られるだろう、

  簡単に使える兵器は使いやすいのだから、化学兵器を重視するのは戦略的ではない、


  となると、欧米諸国は反政府勢力や、現地のシリア人を使って、シリア政府の化学兵器を潰す目的で、反政府勢力にわざと使わせている可能性もある、

  戦争というのは残酷なものだ、正直このくらいのことはしていると考えた方が、正しい判断ができる、


  今回の件はシリアの化学兵器の問題というが、いくつかの点で疑問点がある、

  まずシリア政府は化学兵器を破棄していて、それを利用する可能性が低いこと、

  もう一つは、化学兵器の監査を受ける直前で、欧米諸国が施設を攻撃した点だ、


  普通に考えれば、監査を受けてから議論をすべきだし、国連での話し合いをすれば、結論をだすのは難しくない、

  そもそもシリアの和平は化学兵器の破棄が前提なのだから、アサド体制が使っている証拠を出せば不利になる、そのような状況で証拠を破壊したのはおかしい、


  このような構図があったのに、欧米諸国が軍事攻撃をしたのは、不自然な所がある、

  一説には化学兵器は反政府勢力ももっていて、使用できるのではという話もある、


  化学兵器は作るのはそれほど難しくはなく、ある程度の勢力であれば十分可能だ、

  核兵器や特別な兵器は国家でないと難しいが、テロ組織でも化学兵器程度ならば製造できる、


  そう考えると、化学兵器をシリアが作ったともいえず、反政府勢力の自作自演の可能性もある、

  だとするならば、誰が使ったのか情報を集めて、どちらが使ったのかを判断しなければいけない、

  
  このような可能性をつぶしたのは、想像になるが欧米諸国がシリア侵攻を計算したのかもしれない、

  トランプはバカだから、戦争して利益を得ようとしている、シリア戦争は面白い程度の考えて、行動してしまったのだろうか、


  化学兵器の問題はあるが、正直な話この件は胡散臭い所が多い、

  メディアが子供の被害を大きくいうのは、予めそのような被害が出るように、誰かが細工をしていたようにも見える、


  大体からして、化学兵器を使うならば戦略的なポイントにするだろうし、一般市民の多いところを狙うとは考えづらい、

  それなのに市民の被害が大きいというのならば、わざとそういう所を狙っている風にも見える、

  
  戦争の問題はあるだろうが、そこで善悪を問えば永遠に殺し合うことになる、

  化学兵器が悪だから、核兵器が悪だから、大量破壊兵器があるから、だからあいつが悪いといって、戦争が止まったことはない、


  戦争の問題は一般常識とは考えが違い、善悪を問うてはいけない所がある、正しい戦争と正しくない戦争とか、そういうものを考え始めると、殺し合いは止まらなくなる、


  今回の行動は、化学兵器が悪だからという理由で行われたが、そうではなく何が原因か追求すれば、戦争を止めるのも可能になる、

  戦争を終わらせたいならばそうするだろに、なぜ欧米諸国は戦争の正義や、悪といい返って混乱させたのか、


  それは連中がシリアの内乱を望み、多くの人が死んでくれると利益を得られるからだろう、

  所詮戦争は人を殺すビジネスにすぎない、そのような問題をどうするか、欧米諸国に任せている限りは、シリアの内乱は永遠に続くでしょう、


  次に、東京でデモがあったようだ、私も一応参加したのだけど、終わりの方だったのであまりすることはなかったが、

  デモは相変わらずシールズとかがいて、古臭いなと感じたが、新しい人材はもう出ないのだろうか、


  シールズはなんというか、思慮が足らず考えが浅い所があって、正直、人の役には立たないと考えている、

  分かりやすいシンプルな思考は、具体的な行動に関して効果が弱く、表面的なメッキの機能しか持たない、


  それで状況を変えるのは不可能ではないが、余計な問題を起こす、

  そもそも政治はデモ以外でも変わるわけだし、デモを商売のように利用する人間は、色々な可能性を狭めるので良いとはいえない、


  デモに関しては色んな見方があるが、私の望むのは自然に起こるものだ、中心に立つ人間は存在せず、自然に動けるような形が良いといえる、

  中心に立つ人間がいれば、その人間が問題を起こせば、デモの活動は全てダメになってしまう、それでは活動の維持はできない、


  どちらかというとデモは、ある程度枠組みを作った所で、後は自由にできるようにすべきだろう、

  シールズも最初の頃はそうだったが、だんだん支配的な意見が強くなって、自分がデモの代表だという、行動をし始めた、


  確かにそういう側面はあるのだが、多くの可能性を潰してしまった、所もあると思う、


  まあそういう人の話はいいが、デモに関しては日時の問題が大きい、夜中にデモをする習慣があるが、そのような形だと近くに住む人しか、参加できないので制限を受ける、


  今回のデモの規模が多かったのは、動員によって集まったのも理由だが、昼間だったのが良かったのだろう、

  土日の昼間のデモはやりやすく、それが沢山人が集まった原因だ、これがもし平日の夜中だったら、半分程度になっていたといえる、


  また、他の点でも問題はあって、国会前は警備が厳重なので、デモをするのに向いていないのもある、

  ネットでも似たような意見をいう人がいたが、デモをするならば大きな駅などの、やりやすい所のほうが向いている、


  正直国会の前で行っても、それを見る人は少なく、マスコミ向けのパフォーマンスにしかならない、

  それではショービジネスであって、政治的な活動とはいえないところもある、やるならば人が多く集まる駅で、デモをすれば影響力はあるだろう、


  デモに関しては日本では未知数で、ベストと呼べる形はできていない、たまたま上手くいった方法論も、何度も行っていれば古くなり、社会的な評価は下がってしまう、

  多くの人がデモに来ないのはなぜか、そう考えると国民が悪いという人がいるが、そうともいえない点は多い、


  デモに参加しづらい環境があることや、メディア向けの演出として、行われている問題があるから、参加者が興味を持っていないのかもしれない、


  以前のデモはシールズの影響で上手く行ったが、それは新しかったから興味を持っただけだ、

  新人だから甘く見られていただけで、時間が経つと色々な問題を問われるようになる、


  ではデモをどうするべきか、という点を柔軟に考えるべきで、今回は人が集まったのだから、修正をしたほうが良いのかもしれない、

  特に昼間から夕方にするとか、土日にするようにするのは効果的だ、国会前もいいけれど、参加しやすい場所を選ぶのも良いといえる、


  デモはいいのだが冷静に見ると、行き詰まっている点もなくはない、今回は人が集まったけれど、何かが以前とは違う感じがした、

  勢いがないというか、新しさや興味を持たれる特徴がなかったので、もう少しやり方を変えるべきじゃないかと、感じました、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社


関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR