01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

アベ関与が深まった証人喚問、北朝鮮主導の朝鮮問題交渉

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  政治の話は段々ややこしくなっていて、正直わかりづらいですね、アベとその支持者を叩けばよいのは変わりませんが、面倒な所もあります、


  それで何か書いてみると、うーんと証人喚問は不発で、あまりいい感じではなかったようだ、

  期待している人もいたが、完全にアベの下僕状態で、政府にとって都合のいい発言しかしていなかった、


  ただいっていることには矛盾が多く、嘘をついていた可能性は高い、例えばアベには全く責任がないとか、そういう異常性はあったといえる、

  証人喚問で問題になったのは、証言を拒否する行為が多かった点だ、確かに検察が調べているのだから、ある程度は拒否するのもありだろう、


  しかし、以前のアベマンセー小学校の理事長も、拒否はしていたが大半はちゃんと答えていた、

  それに比べると殆の答弁を拒否した、今回の証人喚問は異常だったといえる、


  本来証人喚問は拒否権はなく、特殊な事情がなければ話さなければいけない、情報を提供するための制度なのだから、何でも拒否できれば成立しなくなる、

  今回の件では違法性を問われていて、過剰に拒否したのではないかといわれている、告訴が行われる可能性も高く、アベに魂を売った官僚はひどい目にあうだろう、


  証人喚問でポイントになったのは、アベやその周りの関与を否定した点だ、その人物は自分は偽造について知らないといいつつ、なぜかアベや周囲の人間の関与を否定していた、どう考えても矛盾があるわけで、インチキだったというしかない、


  もしその人物が偽造に関与していないならば、アベがやったか判断はできないだろう、

  となると嘘をついていることになるが、現状だと2つの可能性がある、


  一つは、アベが関わったことが嘘で、実は改ざんに関与している場合だ、

  つまりアベが直接か間接的に指示を出して、文章を書き換えに自分が関わっているケース、

  
  実はこの可能性は高く、最近の調査でも文章の改ざんは、財務省から来たと証言がある、

  つまり地方の役所がしたのではなく、財務省主導で行われた情報があるので、今回の証人が主犯である可能性も高い、


  もう一つの可能性は、この人物が関与していないのに、アベが関わったかどうかを判断したケースだ、

  たしかに確実に関わったといえる証拠はなく、今回の証人が犯人であるかは分からない、


  そう考えると、アベが関わっていないといったのは嘘になるが、本人の改ざんへの直接的な責任は、ないことになる、


  この2つの可能性から見えてくるのは、根本的な問題は全く分かっていないことだ、

  1つ目の可能性だった場合は、証人はアベが関わっていた問題を隠蔽している、もう1つだと、アベが関わっていないか判断ができない、


  つまり、価値のある情報が全く出ておらず、証人喚問では何も分からなかったといえる、


  直接的には情報を得られなかったが、間接的には得られたものもある、それはこの問題は完全に、アベが関わっていることだ、

  もしアベが関わっていないならば、わざわざ関わっていないと証明する必要はなく、他の件について拒否する理由もない、


  アベが関わっていない証明をするためには、アベが関わっていない証拠を出さなければならず、それがないならば関わっている可能性が出る、

  可能性が出るだけならばよいのだけど、こうも露骨に発言をしているならば、アベの関与の可能性は高いといえる、


  実際はアベの側近が関わって、インチキをしていたといわれている、その責任を財務省の人間が負わされたのだが、役人根性というのは死ぬまで治らないのか、自分が不利になってもアベを守ろうとした、


  アベのような人間のクズを守った所で、ヒトラーのせいで死んだドイツ市民と、同じような未来しかないのだが、役人になるような人間だから、現実を見る能力が低かったのかもしれない、


  ともかく、今回の件から分かったことはなかった、まともな証言を一切しないので、証人喚問としての意味はない、

  別の人間を呼ばなければいけないのだけど、それがどうなるかでしょうか、


  次に、北朝鮮問題が大きく動いている、私が以前から書いていたように、最終的には中国が決める、という形が出始めている、

  北朝鮮のトップは中国まで行き、直接交渉をして問題の解決を頼んだ、それに対して中国側は快く答え、十分な支援をする約束をした、


  中国側は米中韓北による四カ国協議によって、朝鮮問題の解決をするように、とアメリカに提案をしている、

  これも以前書いた内容だが、北朝鮮問題は結局のところ朝鮮戦争を解決せず、そのまま放置したことに原因がある、


  いわば911のテロを起こしたタリバンと同じで、あれもアメリカがアフガニスタンを利用して、ソ連への攻撃をしたのが原因だった、

  アメリカは対ソ連戦争のために、アフガニスタンでイスラム原理主義という宗教を作り、洗脳システムを現地の人に提供した、

  
  勘違いされているが、本来イスラム原理主義とはアメリカのCIAが作ったもので、イスラム教にはそのような考えはない、

  ジハードと呼ばれる考えも、本来のイスラム教では軍事的な意味がなく、原理主義が発達する過程で生まれたものだ、


  大体からして、どちらかというと温和な性質がある、イスラム教が過激な思想を持つ可能性は低い、

  そういう考えを持つのは、十字軍とかのキリスト教の考え方だろう、そのような思想を植え付けて、対ソ連戦争をしたのがアメリカだった、

 
  その後アメリカはアフガニスタンを放置し、現地の人はイスラム原理主義を発達させて、911のテロに走ったわけだが、もとを正せば犯人はアメリカである、


  北朝鮮問題も同じで、朝鮮戦争はアメリカと、中国ソ連との軍事兵器の支援のために行われた、

  実際に戦争をしていたのはそれぞれの地域の兵士で、今の北朝鮮のトップの初代の人も、ソ連軍の将校だったといわれている、


  互いに直接戦争をするのは問題があるので、どの程度の兵器の性能があるか、朝鮮半島を使って腕試しをしたのが、朝鮮戦争の根本的原因だ、

  そんな理由で始めた戦争だったが、大国は興味を失い問題の解決をしなかった、その結果北朝鮮は軍事開発を、し続けなければいけなくなった、


  つまり、北朝鮮の核やミサイルの問題は、アフガニスタンのテロと同じで、アメリカが元々の原因を作っている、

  その次元まで深く修正をしない限り、北朝鮮問題を解決できない、このようなビジョンこそが、真の朝鮮半島対策となる、


  北朝鮮問題は最初は韓国が交渉し、その後中国に話が移ったが、これは自然な流れだといえる、

  マスコミは、中国と韓国の主導権争いというが、その考え方は間違いだろう、


  朝鮮半島の問題は、朝鮮戦争をした当事者同士の話し合いで、解決をするのが一番現実的である、

  韓国は当時傀儡でしかなく、直接的な当事者ではなかった、それを考えると駒としては弱く、できても補佐が限度だろう、


  朝鮮戦争の終結は、実は韓国や中国ではなく北朝鮮側が、提案をしているプランである、

  一見韓国や中国がいったように、報道されてはいるが、両国で同じ意見が出ているならば、提案したのは北朝鮮だろう、


  そして北朝鮮がシビアに、朝鮮戦争の終結を狙うならば、当然中国を利用しなければいけない、

  韓国は未だにアメリカの影響が強く、中立とはいえない所がある、アメリカへの窓口には使えても、最終的な結論をだすほどの力はない、


  北朝鮮が正確な判断をしたならば、韓国出入り口を依頼してアメリカを呼び込み、中国に最終的な結論を頼む、そうする可能性が高い、

  つまり、マスコミのいう主導権争いではなく、最初から北朝鮮が全ての主導権を握って調整をし、それぞれの国がそれなりに納得している、というのが現状である、


  外交的なプランニングは、方法論としての吟味が重要で、成立する可能性が高いならば、話を通すのは難しくない、

  あくまで外国は他人であるため、信頼関係による問題の解決は難しい、立場が違う人間が信頼で行動するのは厳しく、できるとすれば成立する方法論の共有であろう、


  北朝鮮が中心になって動いたとしても、方法論として価値があるならば、周辺諸国も賛同する可能性は高い、

  まあそれを嫌うところもあるが、中国が出てきて利益を得られる環境が作れれば、最終的な結論が出る可能性もある、


  洋服やファッションなどのデザインは、周期的にブームが起こるといわれるが、北朝鮮が行っているものも似ている、

  北朝鮮はずっと戦争を煽り、核やミサイルの開発をしていたため、平和路線のほうが利益が出ると、判断している可能性はある、


  そもそも立地からいえば、北朝鮮は理想的なところにあり、ビジネス的に自由にすればすぐに豊かになれる、

  中国と韓国の中間にあるのだから、両国の経済的な利益を、中継地点として得るのも可能だ、


  そう考えれば、軍事にこだわる必要はなく、別のやり方で対応を変える可能性はある、


  ということが起きているが、そういえば日本なんて国もありましたね、アベの間抜けのせいで、北朝鮮問題とは関われていないが、こんな無能な馬鹿にできることはないでしょう、


  アベのやつは、拉致問題の交渉を行うといっているが、今問われているのは北朝鮮を中心のプレイヤーとした、朝鮮戦争問題の解決がテーマだ、

  現状拉致やミサイル問題は本質にはなっていない、もしそういう問題を解決したければ、もっと早い段階で仕込んでおかないと効果がない、


  北朝鮮問題はアメリカと中国、もしくはロシアを含んだ交渉で解決する、韓国や日本は補佐的な立場が強いため、本質的な問題に合わせて日頃から対応し、自分の意見を食い込めるように準備をしておくべきだった、


  それがアベの間抜けは、北朝鮮問題をプロパガンダとしてしか使わず、意味のある外交交渉を一切しなかった、

  当然結果が残る可能性はなく、日本は蚊帳の外になって、評価する声は一切でないでしょう、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR