01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

公共放送として終わる日本のマスコミ、下がってきたアベ支持率

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  今日も政治の話を書いてみると、最近気になっているのはマスコミの態度だ、以前はアベの犬として、餌をもらってキャンキャンいうだけだったが、この頃は政府批判が多い、


  特に完全にアベの下僕だった、NHKが政府批判をしていて、何かがおかしいなと感じている、

  その理由にありそうなのは、アベ自民がやっている放送局の変化だ、


  アベ自民は独裁国家に、日本を変えようとしているため、言論の自由がない社会にする予定だ、

  実際自民党の憲法案では、言論の自由は制限されていて、国家が認めた発言しかできなくなっている、


  つまり国家=自民党として、自民党を批判する意見を言わせないようにしているのが、いまの自民党の憲法改正案だ、


  そういう発想がある組織なので、言論の自由はないほうが良いと、連中は心の底から考えている、

  ただ単純に言論の自由を制限してしまうと、当然それは自分の批判になるだろう、


  以前の裁量労働制の問題も、他のまともな労働改革とセットだったのだし、連中は分かりやすくインチキをしない

  まあインチキなのだから、分かりやすくするはずがないのだけど、今回は放送の自由化のために、報道の不偏不党をやめるといっている、


  一見まともに見えるが、実際の狙いはそこにはなく、自分の手駒になるメディアだけを税金で優遇して、それ以外をすべて潰すのが狙いだろう、

  最初から言論の自由を否定している自民党が、自由な報道のための対策をする可能性はなく、言論弾圧のために自由という言葉を混ぜているだけだ、


  真実を混ぜると嘘が本当に見えるといわれるが、今回の件も一見自由といっているが、自民党に協力する勢力以外は根絶やしにする、インチキ政策でしかない、


  自民党のようなクズ組織が、社会のことを考える可能性はなく、人の金を盗むしか能がないアベ自民がやるのは、インチキと不正のみである、


  ただこの件は、実は失敗している点もあって、今回メディアがアベを批判している原因になっている可能性がある、

  なぜかというと、不偏不党をやめるということは、公共放送としての意味がなくなり、メディアがただの広告に変わるからだ、


  日本のメディアは色々な形で保護されていて、国の税金を数兆円程度使って、体制を維持している、

  直接お金をもらっている場合もあるが、特別な権限が得られるなどして、マスコミだけが特権を得ている、


  しかしこのような特権は、メディアが公共放送であるから、利益を得られるのであって、不偏不党をやめれば使えなくなる、

  特に被害を受けるのはNHKで、もし不偏不党をなくしてしまえば、国民からお金を回収できない、


  NHKが国民から金を回収できているのは、公共放送としての立場があるからで、それがなくなってしまえば、NHKは社会的な価値がなくなる、

  そうなるとNHKは広告で商売をしなければならず、多分だが高い確率で潰れるだろう、


  また他の民放も、実は制度上有利になっている、例えばテレビの放送をする権利は、本来であれば数千億円の価値がある資産だ、
 
  それを無料で使えているのは、公共放送としての立場があるからだが、もし不偏不党をやめれば、その権利も返上しなければいけない、


  放送局の権限がゆるくなって、どの国の勢力や組織でも可能になれば、アマゾンやグーグルなどの大きな資本が、日本国内で大規模なメディアを作るだろう、

  人材も大量に引き抜かれるわけで、一気に日本のテレビ局は潰れる、

  ある程度生き残れたとしても、大量にあるテレビ局の一つにしかならず、売上は下手をすると数十分の1に変わる、


  そしてこの問題は新聞にも影響を与え、大半の新聞社は潰れるとみて良い、

  日本の新聞社は保護されていて、特定の会社でないと発行できなくなっている、


  その影響で日本の新聞社は立場が保持され、問題があっても潰れなくなっているが、

  不偏不党をやめれば当然、新聞社を保護する制度も廃止するので、他の業界が大量に入ってくる、


  大量に他の業界が参入すれば、新聞社の売上も数十分の1になる、当然そうなれば潰れるし、不偏不党を辞めたメディアを信じる国民もいなくなる、


  自民党が失敗したのは、不偏不党をやめることによって、自分の子飼いのメディアを作ろうとした点だ、

  しかし、不偏不党をやめるならば公共放送を廃止し、メディアの社会的価値を完全に終わらせる意味が強い、


  メディアがただの広告業になれば、社会的な信頼は完全になくなるし、公的な支援制度も受けられなくなる、


  日本のマスコミがアベの犬になったのは、メディアの将来性が悪く、権力にしがみつくのが目的だった、

  しかし、不偏不党をやめれば、メディアはアベ政権が原因で潰れることになる、そうなれば反発はあるだろう、


  今回のマスコミのアベ批判は、いままでになかったことで非常に珍しい、

  ここ数年メディアが政府を批判したケースはなく、どんなことでもアベマンセーというのが普通だった、


  普通だったら政権が終わっていた問題が起きても、買収したマスコミを使って、隠蔽してきたから困らなかった、

  しかし、自民党は独裁を目指す勢力であって、連中にとってはマスコミも食料にすぎず、将来的には潰すことしか考えていない、


  独裁とは、スターリンと同じように、自分以外の人間を皆殺しにする思想だ、

  自民党の考えはそうであって、自分以外の人間を生かしておく趣味はない、


  その辺りをメディアは甘く考えていて、自分らを自民党が潰そうとしていることに、今更ながら気づいたのかもしれない、


  ここ数年マスコミは政府の犬だった、それがアベを吠え始めたのは、このあたりが理由だろうけど、さて今から間に合うかどうか、下手をすればマスコミも一巻の終わりでしょう、


  次に、支持率の問題があるようだ、私はマスコミを信じる気持ちはまったくないので、支持率にも意味がないと考えている、

  しかし興味を持つ人も多いので、ある程度は影響力もあるのだろう、


  その支持率だがアベの状態が悪く、かなりまずい所まで来ている、マスコミがちょっと報道しただけで、ここままで下がるのはびっくりするが、もっと下がるとダメになりそうだ、


  支持率はマスコミの都合で決まるため、本来であれば否定すべきものだ、なぜなら民主主義は国民が判断をすべきもので、マスコミが社会の善し悪しを決めるのは、民主主義に反するからだ、


  そういう視点でいえば、マスコミのいう支持率をもとに考えるのは、国民の不利益になるので良いことではない、国民の意志で行動しない限りは、国民のメリットを得られないのだから、マスコミの意見は無視するのが正しい、


  ただ、アベがそれで弱るならば悪くはなく、マスコミがアベ擁護に回らないのは、国民にとってメリットがあるだろう、支持率政治は民主主義ではないので問題だが、それ以上の害であるアベのダメージになるならば、評価できる点もある、


  マスコミの世論調査の結果だけど、大幅に下落していて以前の最低水準に近くなっている、

  前は20%台まで落ちていたが、今回はそれに近い所にある、このまま行けばもっと下がりそうだが、どうなるかはメディアの報道によって決まる、


  不思議と、今回はマスコミがアベ批判をしていて、支持率が下がる状態が続いている、マスコミが政府の問題を調べるのは、ここ数年なかったことだったが、以前とは状態が変わったのだろう、


  支持率は正直な所、それほど大きな影響をもっていない、選挙をする時ある程度票が変わるが、根本的になにかが変わるほどのものではない、

  どちらかというと、支持率は政治家が自分の正当性を言う時に使う道具で、直接的に民主主義とは関係ない、


  そのような性質があるが、国会の答弁や色々な行動をする時に、支持率が低ければ攻撃を受けやすくなるのは事実だ、

  上手く支持率が下がれば、アベの基盤も崩壊するので、ヤツを始末するのも可能になる、


  ただ正直な所、これからどうなるのかは分からない、マスコミも今は批判をしているが、長期的に続けるかは判断できない、

  以前も支持率が急激に下がったが、ある程度は戻っているため、上手く誤魔化せば元に戻る可能性もある、


  アベを支配している連中も、そう考えているだろうから、逃げ回る手を打ってくるだろう、

  
  とはいえ、マスコミが本当に攻撃をするならば、逃げ回ったとしても叩かれる、今まではマスコミが批判しなかったから、隠蔽工作の効果があったが、

  マスコミがアベ批判をするならば、逃げるだけでは負ける、

  まあ、アベが負ければそれで良いのだけど、まだ状況ははっきりしていない所があるため注意がいる、


  森友問題の本質的な所にあるのは、自民党やアベの極右的な思想だ、コイツらはレイシズム的な発想が強く、国民を奴隷として使うことしか考えていない、

  そういう点まで報道されれば、さすがにアベの命運も尽きるのだけど、


  支持率が下がるのは良いが、それがどこまで行き、やつが逃げられないようにできるか、その辺りが勝負の分かれ目になりそうです、
 
 
21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社


関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR