06 月<< 2020年07 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>08 月
 

トランプを利用した米朝和平、消えてしまった労働の話題

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、

  
  今日も政治の話を書いてみると、ちょっと前に書いているのでズレている可能性もありますが、

  少し前にあったのは、北朝鮮とアメリカの交渉だった、


  北朝鮮は韓国で行われたオリンピックに、重要な人物を派遣して、和解をする姿勢を見せていた、

  その後韓国から派遣された人も、北朝鮮で高く評価されていて、交渉も簡単に決まった、


  北朝鮮側が提示したのは、和平交渉をするならば軍事的な行動をやめることと、アメリカとの直接的な話し合いだった、

  米韓で行う軍事演習も認めていて、一気に和平路線に北朝鮮が変わった、


  アメリカは、北朝鮮に対する小規模な軍事行動を考えていて、それによる大規模な戦闘の可能性があった、

  トランプは馬鹿だから、戦争のリスクを考える能力がなく、インパクトがあると行動していたのだが、実は危険の高い方法だった、

 
  韓国と北朝鮮は長年、軍事的な対立をしていたので、互いの国を攻撃できる兵器を用意している、

  つまり火薬が積み上がっている状態なので、そこでトランプのいうようなちょっとした軍事行動をすれば、数十万人が死ぬような戦争になる可能性があった、


  アジア諸国が気にしていたのは、そのリスクだった可能性がある、韓国も戦争リスクを避けるためには、アメリカの挑発をやめさせる必要性を感じていただろう、

  その点は北朝鮮も同じだった可能性が高く、交渉が成功できる工作をしていたように見える、


  トランプはバカだが、いわゆるビジネスマン的なスタンスが、自分を表現できると考えている、

  優秀なビジネスマンはトップが話し合い、短期間で問題が解決できればかっこいい、

  
  かっこいいだけで、実際は違うところもあるのだろうけど、トランプはトップ同士の話し合いで、簡単に決める方法に興味を持っている、

  以前もトランプは、北のトップを若いのにリーダーシップがあると褒めていた、それはこのような構図を好んでいるという、情報を北朝鮮に与えていた、  


  それに合わせて北朝鮮側が演出していたフシがあって、韓国の代表との交渉のやり方は、一流企業のトップがするような対応だった、

  トランプはバカだから、そのような雰囲気が気に入ったのか、あっさり北朝鮮との交渉を受け入れた、


  まんまとトランプは引っ掛かったのだが、北朝鮮側の対応を褒めるべきだろう、

  もしくは安易に自分の性質を、国際社会でアピールしてしまった、トランプの落ち度だともいえる、


  ともかく、韓国の代表が北朝鮮に行き、韓国の代表との交渉を行う話をまとめた、

  本来であればその話し合いの結果を見て、アメリカ側がどうするか決める予定だったが、トランプが興味を持ってすぐに決まってしまった、


  トランプ体制は人材が不足していて、アジア方面の問題を対応する、担当者が存在していない、

  そのため直接トランプと話し合ったので、すぐにどうするかが決まってしまった、


  トランプからすると、韓国の代表があれだけ歓待を受けたのだから、当然自分はそれ以上の利益があると考える、

  北朝鮮側も準備はするだろうけど、アメリカの提示する条件次第になるだろう、


  また、この件には中国も絡んでいて、トランプが行動した理由の一つとして、中国からの働きかけがある、

  中国は金持ち喧嘩せずの国なので、朝鮮半島問題が収まってくれたほうが、良いと判断をしている、


  そのため、韓国側の動きに合わせて、アメリカにアプローチをしていたらしく、トランプがあっさり動いたのは、それが原因ではないかという話もある、


  客観的に見れば、アメリカのような大国が北朝鮮に興味を持つ必要はない、

  アメリカの狙いはアジアにおける優位性で、北朝鮮はそのために役に立つならば、批判する可能性はない、


  多分アメリカが納得する手土産は、北朝鮮側は用意できないだろうが、中国ならばできるかもしれない、
  
  最近やっている、一帯一路構想も使えるので、アメリカに特別な権利を渡す可能性はある、


  ということが起きていて、これがアップされた時には変わっているかもしれないが、

  この件はアベにとってはまずく、大きな問題になっている、


  アベは北朝鮮ネタで飯を喰っていて、選挙のたびに北朝鮮はミサイルを撃ち、支持率が下がると核開発をしていた、

  一度や二度ならば偶然だろうけど、ほぼ毎回起こっていたのだから、アベと北朝鮮がつながっているのは明白だろう、


  なんで繋がっているのかは分からないが、韓国で影響を持つカルト宗教と、アベは関係があるので、その辺りが原因だろうか、


  もしこのまま北朝鮮問題が、トランプとの交渉で収まってしまうと、アベの北朝鮮ネタが使えなくなる、

  北朝鮮としてはアメリカと交渉して、和平状態を作れれば軍事開発をする必要はない、


  勘違いをしている人もいるけど、昔の北朝鮮はミサイル開発も、核開発もほとんどしていなかった、

  それが、詐欺師のコイズミの頃から北朝鮮ネタを使うようになって、呼応するように開発を進めていったわけで、本質的にやりたかったわけではないのだろう、


  北朝鮮としては、フセイン大統領やカダフィ大佐の問題など、米によって潰された国の問題を念頭に、自分の立場を守るための軍事開発、外交的に埋没しない努力をしていた、


  ただ正直な所北朝鮮の、軍事開発は行き着く所まで来ていて、非常に危ない所には来ている、

  それによって北朝鮮自体も、直接的な攻撃を受ける可能性があって、判断しなければいけない状況はあった、


  ある意味潮時ではあるので、北朝鮮が矛を収める可能性はある、アメリカとの交渉でそうなってしまうと、ミサイルや核問題を自民党が使えなくなる、


  本来であれば、いまある森友問題に対して、北朝鮮はミサイルを撃つべきだ、それがアベとの契約なのだから、対応しなければいけない、

  しかしトランプとの交渉のために、しばらくは核やミサイルを使えなくなる、そうなればアベは何もできない、


  米朝間の交渉がどうなるかによるが、もしかするとアベの立場はなくなるかもしれない、

  北朝鮮と和平ができてしまえば、アベの軍事化を進める道具がなくなる、


  森友問題と北朝鮮の和平、これはアベの末路ともいえる話だけど、しかしこのクズはしぶといやつなので、完全に始末するまでは、叩いたほうが安全でしょう、
  
    
  それ以外だと、労働問題がいつの間にか吹き飛んだね、新聞社がそういう行動をするとは考えていなかったので、不思議な感じはする、

  私の想定だと高プロの問題をネットで議論し、それによって潰して成果を得る形になると考えていた、


  そうすれば労働問題に対して、国民が関心をもてるようになるし、日本の労働習慣を変えられる、契機になりそうだった、

  しかし森友問題をマスコミがぶっ込んで来たので、なんだか良くわからない話になった、


  色々見てみると、朝日と毎日は事前に情報を得ていて、それを出すタイミングを探っていたようだ、

  資料そのものはかなり前からもっていて、時期を選んで出したといわれる、

  労働問題が良いダメージになったので、もう一手打ちたいと考えたのかもしれない、結果として効果はあったけれど、


  高プロの問題は深刻で、法案が通れば多くの過労死が生まれる、アベは財界と取引をして、金をもらう契約をしていたのだろう、だから必死に通そうとしているが、これからどうなるのだろうか、


  森友問題は火がついてしまい、不正をしていたことを財務省が認めた、自民党としては財務省の問題にしたがっているが、

  国策でもないアベの個人的な犯罪行為に、財務省が協力したことを、財務省のせいというのは無理がある、


  どう考えてもアベのせいだから、アベが原因だというロジックは変わらない、

  財務省はアホウがいるが、コイツの下品な顔は役に立つかもしれない、悪い評判がたてばアホウは首にできる可能性がある、


  今の所情報が多くでていないが、一回労働問題の話がリセットされたのは、良いことか悪いことか判断できない、

  このまま流れで潰れればよいが、何らかのインチキで森友問題が、誤魔化されて通ってしまう可能性もある、


  そうなれば過労死が大量に増えるので、不安定な状況だとは感じる、


  森友問題は完全にアベの責任で、コイツが犯人であるのははっきりしている、他に関わった人物はおらず、アベ以外政治家は関与していない、

  そもそも値引き交渉が進んだのは、アベが地方の役人に直接あったから、それによって急激に値引きされた、


  他に関与している政治家はいないので、アベが犯人であるのは確定している、

  今の政治は少し前と違って、ずいぶん違うところに来ているが、本質的な問題はやはり労働問題だ、


  これからの変化によっては、労働問題も指摘して圧力を加えたほうが、良い感じはします、

  

21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR