01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

文章の不正をしたアベ森友問題、不自然なリニアアベ談合犯人の言い訳、生産性を信じる戦後病、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)



    どうもこんにちは、


  今日も政治の話を書いてみると、そういえばちょっとズレているが、森友問題で財務省が不正をして、公式文書を書き換えて2つ用意していた、

  公式文書を2つ用意するのは、偽札を作ると同じような犯罪のはずだが、なんだね、日本もう終わってる臭いな、


  例えば公的な文書としては、戸籍がありますよね、自分がどのような人間か証明するためには、戸籍を使うのが普通だ、

  じゃあその戸籍を、役所が勝手に書き換えて2つ用意していたら、どんな犯罪行為でも可能になる、


  役所の書類は、統一されているから価値があるので、同じものが2つあるのは完全に犯罪行為だ、

  しかも内容が大きく変わっているといわれ、アベの不正に財務省が関わった、証拠が書き換えられたのではといわれる、


  いや-、日本もう途上国だね、この国先進国じゃないわ、勝手に重要な書類を書き換えても良いとか、国家として終わっている、


  これをやっていいならば、例えばとある人の収入を書き換えて、莫大な税金を支払わせても良くなる、

  お金の振込先の書類を2つ作れば、不正なお金のやり取りも可能になる、完全に犯罪行為であるが、


  この件については、朝日新聞がスクープだといっているけど、協力者がいるのだろうね、

  新聞社にそんな能力があるとは考えられないから、実際に調べたのは別の人物だろう、


  そもそもマスコミが自分の不利になることを、わざわざ調べるとは考えづらく、別の人が調べていた情報が持ち込まれて、それをタイミングを見て出した可能性が高い、

  実際その後も、朝日は政府批判をすることはなく、アベのオベンチャラみたいな、ことをしているから、朝日はそれに協力しただけだろう、


  この件は非常に大きな問題であるが、それ以外のメディアでは報道していない、読売とかNHKでは伝えておらず、事実があった事自体書いていない、

  マスコミが社会に必要な情報を伝えるのは良いが、今までそのようなことをしてきたケースはない、そのため急な行動は多少おかしいといえる、


  とはいえ、政府批判をするのは悪くはなく、どこかで変節をしなければ、評価してもよいでしょう、


  次に、アベがやっているリニアで談合があった、本来はJRが自己資金で行う予定だったが、アベが金を出すことになった、

  コイツがやりたいのは戦後プロパガンダで、昔のオリンピックとか新幹線など、戦後世代が気に入る、情報を提供して人を騙すのが仕事だ、


  リニアもその一環として行われていて、少し前は買収したマスコミを使って、リニアの工事は素晴らしいという、北朝鮮みたいなプロパガンダをしていた、

  日本素晴らしい教というのは、戦後世代にとっては面白い話だから、騙すために話を作ったのだろうが、結局失敗した、
  

  談合の問題は昔からあるし、法的にもどのような手続きになるのかは分かっている、

  今回の件で不自然だったのは、捕まった人がこれで談合になるのはおかしいと、口をそろえている点だ、


  しかし、検察も自分に不利になる行動はしないだろうから、アベに逆らうためにわざわざ行動した可能性はない、

  つまり、法的に完全に問題があるから、手を出したと見るべきだろう、


  そうなると不自然なのが、談合をした側の行為は明らかに違法で、過去の例から見ても問題があるとわかっていたはず、

  ならば、談合でないと答える不動産会社は、おかしい答え方をしている、


  まるで談合はしていたけど、自分が捕まったのはおかしいとでもいうような、変な形になっている、


  この件はもしかすると、森友問題と一緒でアベの肝いりなので、自分は捕まらないと考えていたのでは、そう思ってしまう、

  公正な取引ではなくて、不動産会社側が勝手に情報を共有して、仕事の割り振りを決めていたのだから、常識的に考えれば捕まって当然だ、


  そういう事実がまったくないならば、冤罪かもしれないけど、実際に裏取引で価格調整をしているのだから、これで談合ではないというのは無理がある、


  他の問題もそうだけど、アベのやつは自分が何かできると勘違いしていて、問題が起きたときの対応を考えていない、

  森友問題でも隠蔽をすれば良い、国会で黙っていればバレないと考えて、まともな対策はしていなかった、


  全てがデタラメで情報がバレバレで、ありとあらゆる情報が出てしまい、隠蔽工作の形跡がどこにもなかった、

  だいたい、自分の名前を使った小学校で、お金のやり取りで不正をすれば、誰が犯人か簡単に分かってしまう、


  裁量労働制もそうだが、明らかな嘘捏造情報を使って、隠蔽工作をしていたが、全部デタラメなのが分かってしまった、

  アベのバカは、知能が足りないのだろうけど、どうもこの談合問題も、アベが関与していて対策をしていなかった感じが強い、


  あからさまに、談合をしていて捕まったのに、自分は罪がないとか意味不明な意見があるが、アベの友達だから捕まらないと、こいつらは考えていたのだろう、


  腐ったゴミというしかないが、この件が本来のJRの自己資金でやったのならば、捕まることはなかっただろう、

  公的資金を入れることによって、公共事業と同じ形になって、談合が難しくなったから逮捕された、


  捕まったやつはアベがなんとかしてくれると、考えていたのだろうけど、アベのバカには対策はまったくない、

  アベのような無能な人間にできるのはこの世の破滅だけ、こんなバカを信じたのだから、それ相応の罪を背負うはめになるわけです、


  後は、生産性を信じる戦後病、ということを書いてみると、病という言い方は失礼かもしれませんが、そういう体質がこの国にあると感じたので、書いてみると、

  アベの最近の答弁で、仕事の量を増やせば生産性が上がるといっていたが、実際にはそういう形にはならない、


  何故かといえば、需要には限界があるので、過剰に働いた所で、売り上げは変わらないからだ、

  他のテレビのCMでも、生産性を上げることが大事で、急に需要が増えた時に対応できる、生産性を向上できるシステムという、広告を見たことがある、
    

  しかし今の日本で一番の問題は、需要が限界に来て増えない点だ、

  限界のある需要に対して、効率のよい経済システムを使ったから、需要をうまく社会に還元できず、勝ち組負け組の歪んだ経済になった、


  総量が決まっている低成長時代は、成長による拡大が起こらないため、生産性を上げても効果はない、

  実際ここ数十年日本は生産性の向上を行ったが、それによって根本的な問題が解決したことはない、


  生産性の向上は、表面的な数値の上昇と、社会荒廃を招いただけで、国民の生活を破壊してしまったので、返って需要を減らし、実体経済の不景気を生んでいる、


  戦後世界観は現実的意味を持たず、今の自体においては病気のような意味しかない、

  以前の会社信仰はブラック企業や、非正規雇用者の立場の悪化を招き、多くの人々を苦しめた、


  経済成長をしない現代では、成長を行うためには、誰かを犠牲にしなければならない、

  生産性の向上は、以前は多くある需要に対するアプローチとして、機能をしていた面もある、


  しかし現代では、生産性の向上は国民から搾取する時の、方便にすぎず貧困者を生むキーワードになっている、


  戦後において生産性が意味があったのは、戦争によって建物が破壊され、物資の不足が大きかったからだ、

  また、通貨が低い状態で固定化されていたので、輸出もしやすく海外の需要を満たすための、ビジネスもやりやすかった点もある、

 
  しかし現代は戦後とは状況が変わっている、戦争から復興したことによって、建物は多く作られており、物資の不足も起こることはない、

  どちらかというと建物や物資の過剰化が起こっていて、この状態で生産性を上げれば、返って問題が悪化する所にある、


  輸出も同じような点がある、以前の日本は一ドルが360円で固定されていたから、輸出する時も簡単に対応ができた、

  しかし今は変動相場であるから、急激な円高も起こる可能性がある、そうなれば輸出を重視した産業は成立せず、海外の需要をあてにしたビジネスは価値が低くなる、


  戦後で起こった生産性への信仰は、戦争の荒廃からの復興という、特殊な問題を恒常的なものと考えた、その世代の妄想が生んだものだ、

  実際には、物が溢れているのだから、生産性を下手に上げてしまえば、過剰生産によって経済はダメになる、


  今の世の中で問われているのは、適量の生産性であって、過剰な生産を生む考えは問題がある、

  効率の良い経済を長年行って、それによって状況が悪化しているのだから、根本の発想が間違っていると気づくべきだ、


  戦後の生産性を信じる考えは、今の貧困問題を生んだ原因だ、必要もないのに生産性を上げたから、その負担によって生活が破綻した方が増え、少ない給料しかもらえない人間が生まれた、


  適性な形にしておけば、生産性を挙げなくても経済は良くなる、

  たいだい過大な需要がない環境における、生産効率の改善は過剰生産をうみ、社会や経済の害になるのだから、問題でしかないだろう、


  戦後はいい時代だったが、今の世の中では一種の病気になっている、

  戦争が終わった後の日本は病人やけが人といってよく、特別な方法で回復する必要があった、

  
  しかしそれを健康な状態で行えば、戦後の頃の特別な治療法が原因で、別の病気になってしまう、

  それが生産性を信じる戦後病であって、この考えを変えない限りは、日本の貧困問題は改善しないでしょう、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR