01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

アベの狂った欧米訪問、希望の党と民進党の統一会派

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  そろそろ冬も峠を超えそうですが、まだ寒いですね、そろそろ暖かくなって欲しいものです、


  では、何か政治ネタがあるかな、聞いたところではアベがヨーロッパにいって、意味不明なことをしているらしい、

  あっちの方の小国までにいって、北朝鮮問題を騒いでいるが、頭がイカれているな、


  そもそも北朝鮮はヨーロッパは相手にしていないし、ミサイル攻撃をする意思も見せていない、

  北朝鮮が攻撃する姿勢を見せているのはアメリカで、それ以外の国に対しては殆ど何もしていない、


  日本に対する軍事行動だという意見もあるが、実際は日本の向こうにある米に対する牽制で、日本はその間にいるので問題が起こっているに過ぎない、

  実際韓国も核やミサイルに対しては、大きな影響があるはずだが騒いでいない、それは北朝鮮の目的がアメリカで、自国でないことが分かっているからだろう、


  分かっていないのはマスコミを信じて、北朝鮮批判に染まっている日本人だけですが、

  連日連夜マスコミが北朝鮮ネタをいうから、北朝鮮と日本の対立があるように考える人もいるけど、北朝鮮の狙いはアメリカであって日本ではない、


  アベのクズが、日米安保がどうこうというのは、単純に北朝鮮との抗争に、日本が巻き込まれているだけなので、本来であればかかわらなくて良いリスクだ、

  それをこのバカは、北朝鮮騒動をすれば受けるだろうと考えて、買収したアベ犬マスコミを使って、毎日北朝鮮の恐怖を煽っているわけです、


  日本も低俗な国になったものだが、アベの間抜けがやっているのは、昔ユダヤ人を逃した日本人の話があるのか、

  シンドラーも有名だが、日本の外交官も以前ユダヤ人を大量に逃して、結果として評価されたことがある、


  日本政府はその人部とを評価したことは一度もなく、袋叩きにしていただけだったが、
   
  シンドラーのリストとかの話が出てからは、プロパガンダとして利用することが増えた、


  アベのクズは、その話を利用するために、わざわざヨーロッパの小国にいったらしいが、この間抜けはホント気持ち悪い屑だね、


  そんなことをしたところで何の意味もなかろう、そもそもユダヤ人を逃したというが、そのユダヤ人を迫害していたのはナチスであり、当時の日本政府であろう、

  日本政府の意向に反して、一部の外交官がユダヤ人を逃して、その人物を日本政府は徹底的に攻撃をした、


  つまり、日本の歴史でいえばユダヤ人迫害は、最初から加害者であって、立場が普通の国とは違う、

 
  更にいえば、アベは国際社会ではネオナチ政治家として有名で、戦前の軍国主義を賛美する極右政治家といわれている、

  メディアの報道はそういう形でしか行われず、人種差別主義者として報道されるのが普通だ、


  つまりアベはナチスであって、ファシストであると国際社会から判断されていて、ナチスを迫害した側の人間と見られている、

  戦前の軍国主義はナチスと協力をしていたのだから、当然ユダヤ人の迫害にも間接的に支援をしていたはずだ、


  それを賛美することは、ナチスの迫害を評価することと同じで、アベはそういう政治家としてしか見られない、


  もちろん、日本のアベ犬マスコミは事実を伝える可能性がないので、そのようなことについて報道する可能性は低い、

  しかし、海外のメディアはアベのナチス的な性質や、戦前の軍国主義を賛美する姿勢を前提に、報道することになるだろう、


  だとするならば、ユダヤ人を逃した人物を利用する、ネオナチ政治家が来たという形になるわけで、どう考えても評価されることはない、

  ただ日本のマスコミはアベ犬だから、そういう形で報道するかもしれない、人間のクズの集まりのマスコミだったら、こんな話でもまともなこととして伝えるだろう、


  そもそもヨーロッパにいって、北朝鮮問題を議論するのが異常であるが、日本のマスコミでその点を指摘したところはない、

  この時点でマスコミが社会のゴミなのは確定しているが、インチキ報道はそれなりに成立するかもしれない、


  北朝鮮の報道は、海外で見たときと国内で見た時は大きく違う、独裁国家ではメディアは政府の犬でしかない、

  それと同じことを日本のマスコミはやっているのだが、未だにマスコミマンセーな日本人を見ていると、この国のがまともになるのはまだ先だなと感じます、


  次に、希望の党と民進党が統一会派を組んだらしい、私はそんなに悪いことだと考えていないが、政治論者は批判をする人がいる、

  所詮政治論者は、社会の部外者であるから、一般的な意味を持つことはないのだけど、政治家に直接意見をいうこともあるので、影響力がないわけでもない、


  そういう人は、政治家にあれこれいって変な方に進ませたり、これが正しいと強要することによって、大きな問題を引き起こすこともある、

  政治論者は弊害が大きいのだけど、今回もそういうリスクはありそうだ、


  こういう人が根本的に間違っているのは、いまの政治状況を理解できていない点だ、

  以前から書いているが、日本の政治論は組織票と無党派の戦いになっていて、思想的な要素は少なくなっている、


  冷戦時の政治論は、左か右かという意見があったけど、今はそのような政治論は成立していない、

  与党と野党の関係は別の形になっていて、政治に関わる組織票が強い与党と、政治に興味のない浮動票が中心の野党に変わっている、


  そのため野党が選挙に勝つために必要なのは、政治論ではなく浮動票が理解できる、投票のしやすい環境が重要になる、

  
  野党に投票する人は政治に詳しくなく、難しい話は基本的に興味がない、

  彼らが興味をもつのはもっと単純で、シンプルなものだけを求める所がある、


  そのため野党の政治論者は、基本的に野党の役に立つことがない、なぜなら野党に投票する人は、政治に興味がなく政治論者の意見とは、まったく違う形で動くのが普通だからだ、


  野党に投票する人は悪くいえば、非常に低次元な衝動で動くことが多い、例えば与党でないから投票すると、その程度の意見で投票するのが一般的だ、

  政策に対する理解とか、そのような考えは全く無く、自分が投票しやすい、投票できる所に票を入れる、これが野党支持者の特徴である、


  野党の政治論者が役に立たないのは、野党に投票する人は政治論に興味がなく、どうでも良い人が多い点だ、

  政治論は野党では成り立たず、野党が成立するために必要なことは、分かりやすい政治の仕組みだけになる、


  そういう視点から見れば、民進党と希望の党の協力は正しく、選挙で支援関係を作れれば評価されるだろう、

  もちろんマスコミの世論調査では違う結果が出る、連中は政府の犬だから、与党にとって不利になることは悪くいうのが普通だ、


  しかし実際の選挙は、マスコミの殆ど調査とは殆ど関係なく、野党の政治論者の異見とも一致することはない、


  今回の件を、一般の人から見るとどうなるかといえば、投票しやすくなったと評価する、

  統一会派を組むためには、考えの統一が必要だという意見もある、しかし国民の大半は、統一会派が何であるか理解できまい、


  よく分かっていない統一会派について、国民が良し悪しを判断することはない、
  
  あるとすれば協力関係を築いて、国民が投票しやすい形を作ってくれた、程度の意見になると見て良い、


  政治というのは複雑で、その土壌にあるものは頻繁に変化する、特定の政治論の寿命は短く、状況に合わな意見をいったところで、多くの人に問題を起こすだけの結果に終わる、


  民進党と希望の党の統一会派は、基本的には国民は理解をしないだろう、なぜなら会派というものがよく分からず、それの良し悪しを考えないからだ、

  しかし協力をする姿勢を見せることや、希望の党が民進党によってきて、憲法改正から遠ざかる点は評価する、


  もちろんこのような傾向は、マスコミの世論調査では出ないだろう、出ないが実際の選挙では強い影響を与える、


  今の政治論の特徴は、組織票と浮動票の対立で政治が動くことで、世論調査では野党の得票が読めない点だ、

  無党派は基本的に野党にしか入れないので、そういう人達の判断をマスコミが知る方法はない、


  そのため具体的にどうのような形になるのか、選挙が近くならない限り、はっきりとはわからない形になる、


  そういう視点で見てみると、無党派の人は会派という考えを理解しないので、会派が政治的な方向を統一するものだと、考える可能性は低いといえる、

  だとするならば、会派は協力関係を築く姿勢を見せて、無党派が投票しやすくしてくれた、そう考えるだろう、

 
  政治論者は政治を知らない、ある意味私もそうなのかもしれないが、社会で起こる政治の関心と、政治に詳しい人の意見は大きくずれやすい、

  特にマスコミと世論が分裂している現代では、基礎になる情報も分かりづらいため、政治論者は安易な判断に流されやすい、


  ただ現状で見る限り、希望の党と民進党の協力は悪くなく、批判する声はマスコミ以外からは上がらないだろう、

  連中はアベの犬の屑だから、この件を批判して悪くいうだろうが、国民の意見はそれからもズレて、政治論者の意見もズレると見て良い、


  今の時代の政治は難しく、政治論がそもそも成立しない所にある、ややこしい社会に生きているけれど、

  いちばんやさしい形で政治を考えた時に成り立つことが、野党にとって大きな影響を与えるので、それが分かればある程度は理解できると思います、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社


関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR