01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

トランプの差別発言、好景気なのに不景気になる理由、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  今日も政治のことを書いてみると、政治の話としてはトランプのこともあるか、まあちょっと時期がずれているけど、

  トランプがアフリカ諸国を、社会のゴミみたいな表現をしたらしい、まるでアベ自民党のような倫理観のなさがだ、クズらしい発言ではある、


  この件についてアメリカでは批判が多く、国連からも人種差別主義者といわれている、

  アメリカではマスコミが政府批判をするので、そのような事実が国民に知れ渡っている、


  日本ではアベやその周りの連中が、同じようなことをしていてもマスコミが報道する事はない、

  連中は政府の犬だから、アベから金をもらうためにガス抜き程度で報道することはあるが、社会に必要な情報を伝える気持ちはまったくない、


  ホントまあ、日本のマスコミは腐ったゴミであるが、この件については色々な批判がある、

  元々アベトランプみたいなやつは、差別主義に走る傾向があって、人種差別主義者になるのが普通だ、


  なぜなら低能で無能だからで、まともな対策ができないならば、何かが悪いといって隠蔽をするしかできない、

  アベトランプの特徴は差別主義でしょ、このクズはそういう連中と仲がいいし、何らかの形で差別主義を助長する、


  それは無能さの裏返しで、まともな政治ができないから、他者を悪くいって自分をよく見せるしかなく、

  日頃からそういうことばかり考えているので、人種差別的な考えを持ちやすく、言動も差別的になるわけだ、


  今回のトランプの差別発言に対しては、自分はそんなことはいっていないといっている、

  まるでアベのクズそっくりだが、社会のゴミ同士通じるものがあるのだろう、


  アベとトランプの関係はヘドロと生ゴミのように、似た性質があって相性は良いようだが、ゴミである事実は変わらないが、


  ともかく、トランプは差別主義的な発言をして、その点について色々な批判がある、

  日本のマスコミも報道をしているが、アメリカだからいっているのであって、アベやその周囲が同じことをしたら、一切報道しなかっただろう、


  日本のマスコミは腐ったゴミであるが、この発言は国際社会から批判されるし、アメリカの立場は悪いものになるだろう、

  社会常識のない低能国家として、アメリカは国際社会から蔑まれるが、下品の国として有名なアベ日本と同じく、クズ国家として認定されるのでしょう、


  次に、景気が回復したのに不景気だという話があるね、まあこの手のことは何度も書いているけど、別に難しい話ではないはずだが、私以外は理解ができないのかな?、


  まあこんなブログで書いても、読む人も少ないだろうし、好景気なのに不景気という問題は、誰かが色々書くんじゃないかと考えていたが、未だに大きな認識にはなっていないようだ、


  この問題は別に難しいことではなく、以前とは経済成長の意味が変わっていて、性質が違うとわかれば簡単に分かる、


  以前の経済成長はコップにはいった水に例えると、その水が増加する現象といえる、

  コップに入っている水が増加するのだから、全体の総量が増えるために恩恵を受ける人が多く、社会全体に対してメリットがある、


  戦後の企業信仰や、経済信仰はこのような全体的な成長による、広範囲に広がる恩恵があったことが元になっている、

  しかし全体が成長する現象は、何らかの調整機能のが働くか、そもそも低次元でなければ起こらない、


  日本の政治システムは機能しているとはいえないだめ、戦後の全体的な成長は、戦争によって全体が沈んでいたことが原因だと考えて良い、


  戦争によって日本は壊滅的なダメージを受けたが、全体が等しくダメージを受けたので、それによる恩恵も広範囲に広がる結果になった、

  それが戦後の高度経済成長が、多くの人に恩恵を与えた理由で、コップの水が増えていくように総量が増え、利益を得る人が多くいた、


  しかし、戦争からの復興が終わった現代では、経済成長が戦後のように起こることはない、

  上の例えでいえば、コップの中の水がまったく増えない状態にあるので、それを増やしていくことはできない、


  一番簡単に増やす方法は、コップを傾けて中の水を斜めにする方法がある、こうすると一部が高くなるので、見方によっては経済が成長したように見える、

  自民党の経済政策は基本的にこれだけで、戦後世代が気に入る経済成長を演出するために、連中の政策は貧富の格差を前提にして行う、


  日本の成長はピークに達してしまい、これ以上伸びる可能性はない、
 
  なぜなら日本の成長は戦争のダメージを、もとに戻すための成長であったのだから、戦争の被害がなくなれば成長もできなくなるからだ、


  それ以降の成長は社会的な要素を考え、人が生きやすい社会を構築しつつ、経済と社会の調和を目指すことによって成り立つ、

  社会が良い形になれば、それに合わせて経済の状態も変わる、


  そもそも戦後の成長も戦争による、社会的な破壊を戻すことによって起こったものだ、

  つまり現実的な成長は、社会問題の修正によってのみ起こると見て良い、


  戦後はそれが戦争からの復興であったが、今の世の中ならば社会問題の修正がそれにあたるだろう、

  社会問題の修正による余波は、戦争ダメージをもとに戻すことに比べると、小さな形で起こるだろう、


  しかしそのような形で行わないと、本質的な経済成長が起こらないので、張子の虎のような中身のない、形にしかならなくなる、


  好景気なのに不景気という現象が起こるのは、経済成長を演出するために、社会破壊行う自民党の政策が原因だ、

  社会を破壊して富を偏らせれば、それによって経済数値を上げることはできる、

  例えば国民を全員奴隷にすれば、企業収益は上がるだろうし、それに近いことを自民党はしている、


  しかしこのようなことは社会破壊とセットになるため、破壊された社会問題による不景気が、同時に発生することになる、

  いうなれば、命を削って金儲けをした人に、健康問題が起こるようなもので、メリットとデメリットが分裂して起こる、


  それは本来ひとつであった、成長しないもしくはしづらい状態を、無理やり2つに分けで好景気と不景気の2つにして、経済数値に影響を与えやすい分野を好景気にし、それ以外を経済数値としてカウントしづらい分野にずらしたことが原因だ、


  このような形にすれば表面的には、経済成長を行うことはできるが、本来経済成長が起こらない方向性を、無理やし経済成長させるのだから、どこかが不景気にならないと釣り合いが取れない、


  だから今は不景気でもあるし、好景気でもあるわけだが、本質的にいえば不景気と見るのが妥当だ、

  なぜなら、景気が良いのは金融方面だけで、実際の経済状況はまったく良くなっていないからだ、


  金融は一般的な取引には使えず、国民の生活にとって金融経済はまったく意味がない、

  実体経済と関係ない金融経済は、いくら拡大したところで国民の生活とは関係なく、恩恵が社会に広がる可能性はない、


  金融経済は虚構であって実態はない、このようなものの拡大をもって、経済成長を演出していて、

  その負担だけを実態経済が行っているならば、それは本質的には不景気と見るべきだ、


  何故好景気なのに不景気なのか、それはわかりやすくいえば、本来景気が回復しづらい状況で、無理やり好景気にしたので、好景気と同じだけの不景気が、別の場所で発生しているからだ、


  戦後の高度経済成長は、戦争の被害を元に戻す意味が強く、戦争の被害がなくなれば、経済成長は起こらなくなる、

  その時代の神話を信じている人が多い日本は、経済成長で問題が解決すると考えるが、そのようなことが起こる可能性はない、


  現状は低成長が基礎であって、政治的な調整を行いつつ、社会的な問題を削り取ることができれば、
  
  社会的な問題の軽減によって、ある程度は経済成長ができる所にある、


  しかし日本人は戦後の高度経済成長が好きだ、それが何故起こったのか誰も理解しないまま、同じことが起こるだろうと期待している、

  期待しているのだが、どう考えても何十年も起こっていないのだから、可能性がないと見るしかあるまい、戦後は終わったのだもう二度と起こることはない、


  死んだ人間が生き返らないように、死んだ時代も生き返ることはない、戦後は死にもう生き返ることはないのだ、

  それを理解しない人が、戦後的世界観を期待して、経済成長を無理やり起こそうとするから、社会崩壊による不景気が起こる、


  今となっては戦後的世界観は、不景気を生む元凶でしかなく、多くの人の人生を破壊した、最悪の考えでしかない、


  そんな環境にいるわけで、低成長時代に無理やり経済成長をすれば、その反動で好景気と不景気が別れては発生する、

  実際には好景気にすることはできないため、虚構である金融経済は好景気を演出し、実際の国民の生活は、その維持のために不景気になる、


  株価が上がるほど国民は貧しくなる、この意味がわかれば対策ができるのだが、

  好景気になるほど国民の生活が悪化して、実際の社会が劣化していくのは何故か、


  それは好景気と不景気が同時に起こっていて、本質的には経済成長など起こらない社会だからなのだが、

  別の考え方であっても、好景気と不景気が分裂していると、気づく人はあまりいないですね、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR