01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

アベが起こした日韓合意騒動、必ず失敗するアベ空母問題、貧困が生む景気回復

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    明けましておめでとうございます


  最近は寒くなりましたね、一度真夏の正月を迎えてみたいのですけど、ハワイに行っている方は、そんな感じなのでしょうか、

  私がハワイに行く日は来なさそうですけど、今年もよろしくお願いします


  それでネタなのですが、うーん、何かあるかな、日韓合意があるね、アベのアホがやって意味不明な話か、

  この件については、日本と韓国で過去の歴史を合意したといっているが、以前見た情報では、韓国側の認識は違ったようだ、


  日本の報道では、全ての問題を解決するといっていたが、韓国側の合意では簡易的なもので、大したことではない形になっていた、

  どうせアベが嘘をついたのだろうが、韓国と日本のどちらが正しいのかは、よく分からない、


  ただし払った金額が10億程度であるから、韓国側の言い分のほうが正しかろう、

  問題の多い慰安婦のことについて、10億程度で合意するとは考えづらい、多分だが日本のマスコミに嘘情報をアベが流して、でたらめな話を作ったのだろう、


  そんなことであるが、日韓合意については韓国では再検討が行われていて、やり直すべきだという意見がある、

  何故そうなったのかというと、それは世界的に慰安婦問題が議論され、大きな問題になっているからだ、


  日本政府は慰安婦問題に対して、不誠実な対応をして隠蔽工作をしていた、

  この問題がないと外国に圧力をかけて、散々嫌がらせばかりをしていたため、外国の恨みをかって、慰安婦像が各地で作られることになった、


  その影響で、慰安婦問題が大きくクローズアップされ、韓国でも話題になるようになった、

  日韓合意については、以前はそれほど話題にはなっていなかった、それが変わったのはこの動きが原因だろう、


  慰安婦の問題は韓国だけではなく、東南アジアにも広がっていて、フィリピンでもそのような像は作られている、

  戦前の軍部が行った、慰安婦の問題は軍事関係者も認めていて、歴史的事実として明白になっている、


  それをアベのようなクズが、歴史修正主義者として、慰安婦がなかったといってプロパガンダをし、
 
  外国にも慰安婦問題について圧力かけたことによって、胡散臭い国だと思われたので、結果的に慰安婦像を増やす結果になった、


  つまりアベがバカなのが全ての原因だが、この能無しは根本的な問題を分かっておらず、

  日韓合意の問題が、自分が行った歴史修正主義によって、かえって慰安婦問題が注目を浴びたことに気づいていない、


  バカは死ななければ治らないというが、それを地で行っているのがアベで、このアホは何故日韓合意が騒がれるのか、理解することはないだろう、


  今回の騒動になっているのは、慰安婦問題が国際的な議論になって、それによって日韓合意に興味を持たれたからだ、

  つまり日韓合意についていくら議論をしても、慰安婦問題の議論をしないならば、このような傾向は続くことになる、


  慰安婦は明確にあった事実であり、過去にあった歴史である、

  すでに数十年たっているものだから、適切な対応をして、歴史的事実として認めれば、興味を持つ人は殆どいなかっただろう、


  それがアベのバカが原因で、世界各地で銅像が作られることになって、こういう形になった、

  無能な人間にできるのはこの世の破滅だけ、今回のことも結局アベが原因で起こったわけです、


  次に、新しい戦闘機を買う話があるが、日本のヘリ空母を改造して、戦闘機を飛ばせるプランが出ている、

  空母を持つことは専守防衛ではなく、攻撃能力を持つことになる、なぜなら陸地の基地ではなく、空母を使うことは侵略目的としての意味があるからだ、


  日本には色々な地域に飛行場があるので、空母がなければ日本を守れないわけではない、

  最近の飛行機は遠くまで飛べるし、日本は中国や韓国とも近いため、空母が必要になる要素はない、


  それでも必要としているのは、外国への侵略行為を目的にしていると見て良い、

  戦争屋が金のためにやっているのだが、殆ど意味は無いだろう、


  そもそも日本が主体的に戦争ができるほど、日本は対立をしている国はない、

  そのため戦争をするためには、外国の戦闘行為に参加する形になる、


  外国の戦争行為に加担する場合は、戦略的視点と実利の計算が必要だ、

  しかし日本人にはそのような計算は不可能で、情念論や付き合い論をいって、外交的信頼のための協力と行動するだろう、


  国家間にあるのは信頼ではなく、それが必要であるかどうかの計算のみだ、

  日本の軍事が規制されているのは、日本人が国家の行動に対して、必要な計算ができない無能さから来ている、


  戦争はシビアな計算をして初めて成り立つ行為だ、それができない日本人には、外国と戦争をすることはできない、

  なぜ専守防衛になっているのかといえば、戦前の軍部を見る限り、日本は侵略戦争をする能力がないからだ、

   
  外国を攻める戦略が全く無く、なぜそれをしなければいけないのかについて、全く考える能力がない、

  そんな国家が侵略戦争をすれば確実に破滅に向かうから、専守防衛なのであって日本が専守防衛なのは、そうしないと国が滅ぶからである、


  今回の件も同じ意味を持つ、アベのような低能な人間は、ものの良し悪しや高度な判断ができない、

  そういう考えがある事自体理解できず、何も考えずに軍事予算のために、空母を作ろうとしているのだろう


  こんなアホが大きな顔をしている国が戦争ができるか?、

  結局のところ日本の平和論は、程度の低いリーダーしか生み出せない日本が、まだましに生き残れる方法論なのだが、日本素晴らしい教の人々には、そういう現実はわからないのだろう、


  馬鹿に付ける薬はないということで、アベが空母を作ろうとしているが、どうせ冷戦信者あたりが、中国ヘイトを繰り返して、マンセーと言い出すのでしょう


  後は、抽象的なことを書いてみると、最近の経済は景気回復と、貧困がセットで起こることが多い、

  詐欺師のコイズミもアホのアベも、景気回復と煽ってはいたが、大量の貧困層を同じように発生させている、


  戦後の常識からすれば、景気回復をすれば貧困が改善するように見える、そのため株価の上昇を見て、貧困問題が起こると考えた人は少ないだろう、

  しかし実際には貧困は拡大していて、減る様子はない、


  好景気のほうが貧困が増えるのは、戦後的世界観が影響を与えている、

  戦後は成長によって恩恵を受けられたが、それは戦争というマイナスの状態から、ある程度マシな状況に戻る浮力があったからだ、


  低いものが浮かび上がったのが戦後であり、ある程度の高さになれば成長は起こらなくなる、

  低成長時代においても、戦後世代は経済成長を神のように信じて、経済成長で全て解決すると判断する、


  その意見を低成長期に成立させるためには、ビジネスモデルを大きく変えることになる、


  低成長時代の経済成長のためには、長期労働と低所得のセットが必要だ、

  そもそも低成長期では利益を得づらく、経済がトントンの状態では、普通の方法では金は得られない、


  お金を得るためには、労働の対価を支払わないことが重要で、基本的のそれ以外の方法は成功しない、

  今の時代の経済成長は、長時間労働をさせて売上を伸ばし、実際に払う給料を減らして、利益を得る方法しか成立しない、


  売上が下がりやすいので、長時間労働で利益を得られる時間を拡大して、それによる負担を減らす形でしか、経済成長をすることはできない、


  現状、低成長自体における経済成長は、経済的な歪みでしか発生しないため、普通の方法では経済成長は起こらない、

  そこで使えるのは長期労働を使った搾取で、低成長来ても搾取をすれば、経済的な成長をすることは可能だ、


  何故経済成長をするほど、貧困が拡大をするのか、その理由は簡単で、経済成長が搾取によってもたらされているからだ、

  戦後のような低いレベルから、通常のレベルに戻るような、特殊な環境でない限りは、このような形でしか成長はできない、


  そしてもう一つ問題になるのが、戦後の高度経済成長だ、

  戦後の頃は焼け野原が多く、多くの建物を作り直す必要があって、人もたくさん増えていた、


  その需要に合わせた供給を、少ない人間で行っていたので、過重労働をするのが普通だった、

  しかしこの過重労働は、戦後の焼け野原をもとに戻すための行為であって、通常の経済状態では別の意味を持つ、


  今の搾取による経済成長は、戦後の高度成長と似た形は持つが、本質的には全く関係のないことだ、

  戦後の成長は本質的な意味があったが、今の成長はただ搾取をして数値を上げているに過ぎない、


  この2つは似て非なるものだが、単純にものを考えるクセのある、日本人には理解できないだろう、

  戦後の高度経済成長は努力が必要だったが、それは必要な需要に答えるためであり、戦争の被害がそれだけ大きかったことが原因だ、

 
  今の経済成長で問われる努力は、経済的な利益を得づらくなったので、国民を搾取しないと、企業の利益が減るから行っているにすぎない、

  その結果戦後は社会や人々の生活が良くなる成長が行われ、今の時代は全てが衰退する経済成長が起こっている


  この違いがわかればよいのだけど、日本人には難しくて無理でしょう、

21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社




関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR