01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

アベが辞めないと終わらない森加計問題、不発だった相撲プロパガンダ

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  政治の話題をいつも書いているのですが、最近はネタがありませんね、アベのやつは森加計問題から逃げるだけで、何もしないようになったし、うーむネタがない、


  というわけで、森加計問題について書いてみると、この件については会計検査院から、財務省のやった値引きは異常であるといわれた、

  アベのやつは、会計検査院が正確な調査をするので、私に不正はないといっていたのだが、なぜか会計検査院は不正を認定している、


  つまりアベが悪いといっているわけだが、アベが以前いっていた会計検査院が、正確な調査をするので問題ないという発言は、結局どうなったのだろうね、

  マスコミも指摘をしていないし、隠蔽工作で誤魔化す気なのだろう、

 
  森友問題は、理事長が多くの情報を提供したため、アベが犯人であることがほぼ確定している、

  もしくはアベの奥さんが犯人で、どちらかが主体的に行動したのは、明確な事実といっていい、


  そのため批判的な意見も強く、アベが問題だという意見は消えていない、


  アベのやつの考えでは、解散総選挙をすればみそぎになると、判断していた所がある、

  自民党もそう判断していて、選挙に勝ったからみそぎだとよくいっていたが、国民はそう考えていないようだ、


  世論では森友問題の批判が強くあって、アベの発言や行動は非難されている、

  アベ犬マスコミがヨイショ報道を繰り返し、北朝鮮ネタなどで隠蔽工作をしても、国民の考えは変わらなかったようだ、


  なぜ国民が、アベの不正に対して考えを変えないのかというと、それには理由がある、

  どんな理由かというと、それはアベが説明をせず、辞任をしていないからだ、


  森加計問題を解決する方法は2つある、一つはどのようなことをがあったのか情報を公開し、それを元に国会で時間をかけて議論することだ、

  もう一つはアベが辞任して、社会的な責任を取るのも一つの方法だ、

  例えば甘利は不正をしていたが、辞任をして以降は批判を浴びなくなっている、同じようにアベが辞任をすれば、国民の批判は起こらなくなるだろう、


  アベ自民党は、適当な言い訳をすればごまかせると考えているが、実際はそうなってはいない、

  何故かといえば国会が開かれればアベが出てくるし、そこでは森加計問題の指摘を受けるからだ、


  国会では総理を中心に議論が進むため、アベが国会で発言をする機会は多い、

  このバカは知能のないアホなので、まともな答弁をすることはない、

  まともな答弁はしないのだけど、答弁する機会は多いため、そうなれば当然森加計問題を指摘される、


  なぜ森加計問題の指摘が続くのかといえば、それはアベが総理大臣であって、国会の中心にいる以上、指摘を受ける立場にあるからだ、

  総理を辞めない限りはこの構図は変わらず、永遠に森加計問題の指摘は続くだろう、


  もう一つの方法の、明確な証拠を出して説明するやり方もあるが、今までアベが証拠を提出したことはなく、まともな説明をしたこともない、

  ひとつもまともな情報を出していないのだから、説明責任を満たしていないことになる、


  アベの能無しは、よくこの問題は悪魔の証明という、悪魔の証明とは魔女裁判のように、対象者が犯人でない場合に証明できないことをいう、

  あなたが悪魔だといわれて、悪魔でない時に証明する方法がない、というのが悪魔の証明だ、


  この言葉に関しては、昔の小沢氏の件については悪魔の証明だといえる、

  なんといってもあの事件には証拠も、証言もなく、唯一あったのがレストランのレシートだけという、意味不明なものだった、


  そんなもので証明しろといわれても、小沢氏には証明ができなかっただろう、なぜなら何が疑いなのか意味不明だからだ、


  しかし今回は違う、マスコミは政府の犬なので役に立っていないが、森友問題で中心になった、理事長が用意していた証拠は意味がある、

  理事長はアベを信じていなかったらしく、会話などは全て録音していた、そのため今回の件で、アベが関わっていた証拠がたくさんある、


  つまり、アベの件は具体的な証拠があった上で、問題の指摘を受けているのだから悪魔の証明にはならない、

  さらにいえば、アベは総理なのだから情報を公開できるし、情報を公開すれば簡単に説明ができる、


  それを一切しないということは、アベがやったと本人が認めているに等しい、


  森友加計問題が終わらないのは、アベが犯人であることが明白なのに、それに対してアベが責任を取らないことが理由だ、

  現状で見る限りアベがおかしいという証拠はそろっている、それに対してアベは総理なのだから、反論できる証拠を出すことは可能だ、


  しかし今までアベがまともな証拠を出したことはなく、隠蔽工作と嘘をつくことに終止している、

  となればそれは、アベが犯人であると自分が認めたことになるわけで、ある意味悪魔の証明が成立してしまったケースだといえる、


  本来悪魔の証明とは、証明できないことを要求されて、それに対して対応ができない話だ、

  しかし今回の件については、説明できることを要求して、それに対してわざと説明をしていない、


  確かに、証明してないという点では、悪魔の証明と似たところはあるが、

  アベの場合は意図的に証明をしていないのだから、実質的にアベは犯罪行為を認めた形になっている、


  国民がこの件に対して批判をやめないのは、アベの隠蔽工作が失敗して、アベが犯人であると自ら認めたからだ、

  これだけのことがありながら、反論に足る証拠を一切出せないのは、アベが犯罪行為をしたことの説明になる、


  アベは森友加計問題に関与していて、それを自らの行動で示している、

  国民から見ればアベは金を盗んだ犯罪者で、そいつが居直り強盗をしているようにしか見えない、


  そうなれば当然批判を浴びるし、この問題はアベが政治家をやめない限り、永遠につづくことになる、


  森友加計問題の本質は、この問題がアベがやったことだと分かっている点だ、

  アベの隠蔽工作は稚拙だったため、大半が失敗していて、アベが犯人だったことがバレている、


  アベ犬マンセー報道を信じている日本人でも、さすがに税金を盗んだ犯罪者に対しては、批判的な意見をもつのは当然だろう、

  そのため、アベに買収されたマスコミが何をいっても、批判的な意見は減ることがない、


  本来であれば、この問題はマスコミを買収して、終わらせる予定だったのだろう、

  それが、国会で議論が行われれば、報道しなければならないので、止めることができなかった、


  アベのやつが、国会での議論を気にしたのも、マスコミを買収しても、国会で議論されれば報道されてしまうから、野党の質問の機会を奪おうとしたと見ていい、

  こいつは幼稚で低俗なやつだが、それも失敗したということか、


  最近は北朝鮮ネタや、相撲ネタを行って隠蔽工作をしていた、

  しかし国民はそういうことを無視して、アベは森友加計問題の犯罪者と見ている、


  これを是正するのは難しく、マスコミを買収しても国会で議論されればそれまでだ、

  という構図があるが、森友加計問題はこれからも続く可能性が高く、アベが政治家である限りは、永遠に批判されるでしょう、


  次に、森友加計問題の隠蔽工作として、自民党あたりがやった可能性がある、相撲の問題は下火になっている、

  まだ報道していることもあるけど、以前ほどではなくなっているようだ、


  そうなったのはプロパガンダ効果が弱く、問題があると既得権が感じたからかもしれない、

  本来であれば、相撲問題は貴乃花親方を叩くリンチネタとして、国民の喝采を浴びる予定だった、


  マスコミは、貴乃花親方を批判する報道に終止し、それによって対立を煽って興味を持たせて、

  貴乃花親方を厳しく処罰して、国民の気晴らしを提供するのが、マスコミの本来のプランだったのだろう、


  ただしその形は崩れていて、多分だがそれがマスコミが報道しなくなった、理由ではないかと考えている、

  その理由は、貴乃花親方のいっていることが正論で、それ以外の意見が間違っている点だ、


  マスコミは貴乃花親方を悪人にして、スケープゴートにする予定だった、

  しかし貴乃花親方は余計な発言はせず、必要な手続きを淡々と行って対応をした、


  それに対して、挑発して貴乃花親方の暴言を引き出そうとしていた、マスコミの思惑は上手く行かず、

  あせったマスコミと相撲協会のグループは、貴乃花親方への暴言を繰り返す形になった、


  特に相撲協会の暴力的な言動、犯罪行為を認める意見については、社会常識的に批判されるべき点が多くあった、

  貴乃花親方は法に基づいて判断していたため、客観的に見ると貴乃花親方が正しいことが明確になった、


  この構図になることはマスコミも、既得権も望んでいなかったので、段々報道しなくなったのだろう、

  プロパガンダネタとして使いづらくなれば、報道することをやめる時点で、マスコミの本業が垣間見えるわけですが、


  今回の相撲ネタは、森友加計問題の隠蔽のために行われたと見ていい、

  暴力行為まで政府が指示したとはいわないが、その後の過剰な報道は異常であって、常識的な報道をしていたとはいい難い、


  特に報道番組が、放送時間の半分も使って、毎日放送していたのは政府の指示と見るしかないだろう、

  そうでなければ、ニュース番組で相撲ネタを大体的にするはずがなく、政府から金をもらってやっていたと見て良い、


  そんなネタだったのだけど、相撲ネタは最終的には貴乃花親方をリンチして、批判する報道にすり替える予定だった、

  しかし貴乃花親方がまともな対応をして、マスコミとグルの相撲協会が間違った対応をし、貴乃花親方が正しくなってしまった、


  それによってプロパガンダ効果が薄くなり、報道をしなくなってきたのだけど、インチキマスコミの仕事なんてのは、こんなものだという事です、

21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR