08 月<< 2020年09 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>10 月
 

野党の統合はどうあるべきか、マスコミというカルト宗教、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  今日も政治の話を書いてみると、そういえば前回書いたことの続きがありますね、何の話だったかな、

  そうそう、野党の統合がどうなるかでしたね、

  前回はマスコミ批判をしていたら、いつの間にかカッとなって終わったのですが、野党の統合ですか、


  野党の統合は、それぞれの党が独立して行いそうで、党そのものが一つにはならないようだ、

  実はそういう方が良いのではと、以前から感じていたので、変わってきたなと感じています、


  党が一つにならないほうが良いと感じたのは、小沢さんの問題があったからです、

  小沢さんは昔民主党とは別の党を作り、民主党と小選挙区制でぶつかっていて、共倒れを起こしていた、


  それで民主党と一体化したのだが、後から考えるとこの判断は間違いで、党を分けておいたほうが安全だった、

  もし小沢さんが一体化せずに、別々の党で行動をしていたら、党分裂後のゴタゴタはなかっただろう、


  その場合大きな組織にはなれなかったかもしれないが、中規模政党として、安定した運営ができていた可能性がある、


  小沢さんが失敗したのは、党を割った後の足場がなく、民主党分裂後のビジョンを描けなかったからだ、

  全てを一から整えるのは難しく、基礎からやり直したので成功しなかった、


  もし小沢さんが民主党に合流せず、別の党として選挙協力をしていれば、色々なトラブルを避けられた、

  政治と金の問題に対しても、小沢さんの党があれば党として、民主党を批判できたし、やれることも多かっただろう、


  たしかに2つの政党の二大政党制は、理想的な形ではあるけれど、問題が起きた時の対応力が低い特徴がある、

  小沢さんはその問題を、もろに被ったところがあるわけで、それを避けていればと考えたことは前にあった、


  今回の野党の分散した形は、上手く行けばより高い効果を得られる、

  少数政党の競合の良い点は、問題が起きた時の柔軟性にある、


  今の状態ならば何か問題があっても、別の所が行動して対応ができる、

  希望の党が問題になっても、立憲民主党が伸びればトータルでみればよくできる、


  ただし政党間の協力体制の構築、選挙区調整のメカニズムは必要だ、

  それができるならば、一つの理想的な形にはなるだろう、


  これからどうなるかだけど、立憲民主党は特に問題はない、

  枝野はまともな判断力があるし、党も特に問題がないため、真っすぐ進んでいけば成功できる、


  問題は希望の党だろう、希望の党はレイシスト小池の私党であったが、その問題を解消しなければいけない、

  少なくとも党内で民主主義的システムを作り、それが機能するようにすべきだ、


  候補者の調整や他党との話し合いの場を作ること、特定の個人が党を引っ掻き回すような、トラブルが起きない体制の構築もいる、

  このあたりができてまともに動けるようになるが、調整がどうなるかはよく分からない、


  そして最後に問題になるのは、無所属の人たちと民進党がどうなるかだ、

  現状民進党は希望の党に行かないため、党として存続することになる、

  無所属議員も残ることになるから、それなりの規模になるし、何より参議院議員は民進党にしかいない、


  次の選挙は参議院選挙になるので、選挙をするためには体制づくりがいる、

  そうなったときい唯一参議院銀が沢山いる、民進党をどうするかは重要だ、


  本来の計画だと、民進党は希望の党に移動する予定だったが、現状それはできなくなった、

  希望の党の調整はまだ分からず、民進党の参議院議員が入れる環境はない、

  となると立憲民主党に行くかもしれないが、そうした時に民進党がどうなるのかも不明だ、

 
  ネットの意見だと、民進党は支持がなくなっているので、選挙に勝てないという意見もある、

  しかし世論調査はあまり意味が無いので、それほど気にする必要はないだろう、


  選挙があるのは数年後だし、立憲民主党の支持は二週間で大きく上がったのだから、変な話全く気にしなくても良いといえる、
 
  マスコミの世論調査には意味がない、というのが政治的には重要なのだけど、そう考えると、民進党の存続もあるかもしれない、


  民進党が存続するメリットは、既存の組織をそのまま使えることだ、

  民進党には歴史があるから、組織や人が揃っている所がある、それをそのまま使えるのは悪くはない、


  もう一つの問題としてあるのは、民進党の議員が行く先がない点だ、

  全員が立憲民主党にいってしまえば、それは民進党が別に移ったように見える、


  このような事をすると、何故党を割ったのかよくわからないため、単純に行動はできない、

  希望の党はまだ不安定な所があるので、民進党を存続させたほうが、リスクは小さいかもしれない、


  野党の問題は、3つに別れた民進党をどうするかだが、リーダーである立憲民主党は統合をしないといっている、

  希望の党は不安定要素が大きく、しばらくは動けないだろう、

  民進党は参議院議員が多いので、これからどうするか考えなければいけないが、議員が移動する先がない、


  それ以外も共産党や小沢さんのグループとの協力も、どうするか考えなければいけない、

  このあたりがゴチャゴチャしていくけど、大半は元民主党だから大きな問題にはなるまい、


  ただ統合をしない選挙をどうするのか、地方組織がどうなっていくのか、お金の問題など、色々な問題はこれから決める事になりそうです、


  次に、やはり世論調査のことを書きますかね、なぜかこの問題にいつも引っかかるので、

  日本人はマスコミを神として崇拝している、マスコミ信者なのでテレビや新聞を疑う人はいません、


  もちろん海外では、メディアなんて信じている人はいないのですが、日本人は特殊な文化があるので、インチキ情報でもテレビや新聞で報道すれば、無条件で信じるのが普通です、


  そういうことを小沢さんの一件で見てしまったので、日本人の感性に対しては、疑いの眼差しがすごく強いのですけど、


  ネットで色々見ていて面白かったのは、マスコミの世論調査と選挙結果は関係なく、支持率と議席には相関関係がないと、いっている人がいて、

  その直後に支持率がこうだから、選挙はこうなるだろうと言い始めた人がいて、え~みたいに思いました、


  いや、さっきまで支持率と選挙には関係ないって、言ってたじゃないのなんですぐ忘れるの?、と感じたのだが、多分これが普通なんでしょうな、


  以前も書きましたが、世論調査では組織票が大きく出て、浮動票は調べることもできません、

  その影響で組織票だけを得る自民党は大きくなりますが、その数値はマキシマムであって、上限の数値になります、


  つまり自民党の得票の上限が、自民党の支持率として現れていて、更にその数値は投票率が50%以下の場合なので、国民の全体での割合は、その半分になります、


  この自民党の支持率が高く出る現象は、いつも不思議だなと感じるのですが、

  多分組織票の人は世論調査の電話に出て、そうでない浮動票に人はあまり出ないのでしょう、


  その影響で自民党の支持が高く出るが、実際の選挙結果から見ると、自民党の得票は世論調査の支持率が限界で、

  更に投票率が50%の場合だから、投票率が上がるほど減少するため、投票率がもし100%になれば、その半分程度しか得票できない、


  野党の支持率は、無党派が後から加わってくるので、実際はどの程度得票を得られるかは分からない、

  ただ小選挙区制なので、選挙区の野党で勝てそうな所に、票が集まりやすいところがあって、


  そういう形なので、実はあまり政党の違いはなく、勝てそうだから程度の理由で票が集まりやすく、それがどうなるのかは世論調査では分からない、


  選挙予想の場合は具体的な調査をするだろうが、世論調査と実際の投票には関係がなく、かなり歪んだ形でしかデータが出ない、

  これはちょっと調べれば分かることで、実際の所、政党支持率と選挙区の得票、もしくは議席数には殆ど相関関係はない、


  どちらかというと、選挙区の調整がどうなるかが重要で、勝てそうな統一候補ができるかどうかによって、選挙に勝てるかどうかが決まる、

  政党は重要ではなく、政党の支持も選挙ではあまり関係ない、

  
  基本的に今の日本では、与党よりも野党のほうが得票が多くなるので、ある程度投票率があるならば、統一候補を立てれば支持率に関係なく、選挙に勝つことは可能だ、

  こういうシステム的な縛りが強く自由度がないのが、小選挙区制の欠点なのだけど、

   
  今回のことで感じたのは、マスコミを神として信じる日本人と、実際の選挙における結果のギャップだ、

  マスコミの世論調査では、自民党は立憲民主党と希望の党に対して、十倍くらい投票先で差がついていた、


  しかし実際は、2つの党を合わせたよりも自民党は得票が少なく、マスコミが弱いといっていた、希望の党は立憲民主党と大して変わらなかった、

  
  マスコミの世論調査が、どれだけ的はずれなのかがよく分かる話だが、こういう現実を理解する日本人は、多分殆いない、

  何故かというと、こういう事実を認めた場合、マスコミ教の日本人からすると、邪教徒の教えに見えるからだ、


  日本人にとってマスコミは神であって、マスコミを批判する人は社会的制裁を受けることが多い、

  マスコミが嘘をついているとか、新聞がおかしいというのは、裏ではいえるがおおっぴらにいうと、村八分にあいかねない所がある、


  そういうのがあるなと感じて、上でも書いたマスコミの世論調査と、実際の得票や議席については関係が薄いのに、

  分かっていても、マスコミの世論調査を信じてしまう、現実を受け入れられないカルト信者とは、もしかして日本人では?と思いました、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR