07 月<< 2020年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 

民進党はなぜこうなったのか?、実は安全な希望の党、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)
    


    どうもこんにちは、


  今日も政治の話を書くと、今回の選挙でポイントになったのは、民進党だといえる、

  民進党の分裂と消滅は、多くの人が驚いただろうけど、私も正直??え??みたいな感じでした、


  ただ後から考えると、意味がわからないでもなく、前原の行動も理解できる所はある、

  
  民進党がこうなったことは、民進党自体の成長が影響を与えている、

  もともと民進党は政権交代後に急激に弱体化をして、党自体が崩壊する可能性があった、


  それを救ったのが海江田と岡田で、この二人が地味な活動を続けることにより、少しずつだが党勢が回復していった、

  特に岡田は立て直しを十分に行って、それなりの勢力を得るまでになった、


  問題はその後急に崩壊した点だが、そうなったことにも理由はある、


  野党は直接自民党を倒せないため、キメラ構造のような複雑な意味を持ちやすい、

  政治論でいえば、リベラルと保守の2つの意味を併せ持って、それによって有利になろうとする、


  民進党が野党に行った時は、左翼勢力との協力を重視していた、

  そうすることによって民進党の傷が癒えて、少しずつだが勝てるようになってきた、


  民進党がある程度復活してくると、今度は別の方向性が現れてきた、

  それは他党との合併っであって、急激な拡張が可能になった、


  自民党に勝つのが難しい野党は、キメラ構造を持つことによって有利になる、

  キメラ構造とは基礎部分を左翼で固め、応用部分を保守で固める戦法だ、


  以前の政権交代時も理念や考えは左翼だったが、トップは小沢氏や鳩山氏だったため、かなり保守色が強い形になっていた、

  民進党が政治的に有利になる場合は、左翼勢力による足固めができたタイミングが、ひとつのポイントになる、


  民進党が自民党に勝つためには、キメラ構造を保つ必要があるので、リベラルで得られた地盤を使って、応用的に保守的な行動を行う、

  そうするとリベラルと保守の票を得られるので、一時的に大きな影響力を持てる、


  前原が想定していたのは、この変化の可能性が高く、リベラルを土台にして成長してきた民進党を、保守的な勢力と協力させて、強引に政治的な変化を起こそうとしていたのだろう、


  だから前原のやったことは、奇妙で異常なことではあったが、ある程度は意味を持っている、

  それは戦略自体は間違いではなく、協力者が問題があったため、失敗した面が強くある、


  民進党がなぜこうなったのかというと、それはリベラル勢力を使った、基礎固めが進んで、応用的な保守票を奪うタイミングが来たからだ、

  以前も維新の党の半分くらいを吸収して、それによって選挙で有利になれた、


  維新の党の半分を吸収できたのは、それだけ民進党の影響が強くあって、他党を吸収できるほどの、力があったからだ、


  国のトップになって世界と戦う家庭用ゲームでは、後半になると有利になりすぎて、殆ど戦争をしなくてもクリアができる、

  なぜなら自分の立場が強いので、圧力をかければ降伏して、自分の手下にできるからだ、


  それと同じことが起こっていて、民進党はかなり有利になっていたから、他の中小の野党を吸収しやすく、魅力的な政党に変わっていた、

  前原もそういう点は気づいていて、復調した民進党だったからこそ、希望の党側が協力した側面もある、


  民進党がこうなった理由は、野党に落ちた頃に比べて傷が癒えてきて、他の野党に対して影響を与えられたからだ、

  そして今までの選挙では、左翼を基礎にしつつ応用は保守票を得るタイミングがあるので、それに合わせて前原は動いた、


  私はこういう感じだと思うけれど、民進党がこうなったのは失敗したからではなく、

  ある程度成功して商品価値が出てきたため、それを利用する商売が始まって、その一つが前原の行動だったのでは、と判断しています、


  希望の党の問題を書いてみると、

  この党は批判的な意見が強くあるが、私個人としては害がないと考えている、


  確かにレイシスト小池は問題だが、今回の選挙ではこいつは役に立っていない、

  今回の選挙では、オリジナルの希望の党で勝てる人は、数人程度しかいない、

  当選できそうなのは殆が、元民進党系の議員ばかりなので、当選しても害になる人は少ない、


  希望の党へは批判的意見もあるが、この党でないと自民党の議席は減らせない、

  共産党が多少頑張ったところで、増える議席数は数議席程度だ、

  それに比べると、希望の党の増えそうな議席は数十議席になるので、自民党を脅かす時に使いやすい、


  今回の選挙でポイントになっている、希望の党だが私は勝っても良いと、判断している、

  たしかにトップはしょうもないやつだが、実際には問題にはなりづらいといえる、


  まず当選できるのが民進党系だけで、オリジナルの希望の党の候補者が、当選する可能性が低いこと、

  もう一つは、今回の失敗は小池が原因なのだから、選挙後は小池やその周囲の影響力が弱くなる、


  この状態ならば100%ではないけれど、希望の党に入れても問題になりづらい、


  希望の党は問題があるといわれるが、しかし当選できそうなのが、民進党系の人だけで、小池の失態が原因あらば、責任は問われない、


  今回の選挙で希望の党が、問題ないといえるのはシンプルで、レイシスト小池の影響が弱くなって、当選するのが元民進党系だけになるからだ、

  そうなれば希望の党は、第二民進党になるのだから、あまり気にしなくて良い、


  希望の党はいいわけではないが、実はそれほど危なくはないと理解できればよいのだけど、どうなるのでしょうか、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社




関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR