03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

八方塞がりになった希望の党、国難アベの破滅解散問題、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


  (見直してみましたがちと古いネタですね、まあ参考程度にどうそ)


    どうもこんにちは、


  政治の話題を書いていますけど、リアルタイムではないので、もしかすると間違ったことを書いているかもしれません、

  さすがに未来予知はできないので、今どうなっているのかは分からないのですが、


  少し前の話題として、レイシスト小池が自分で党首になる、という話があったようだ、

  元々こいつは意地汚い人間で、金や権力のためならば倫理観を、平気で捨てる人間なのは昔から有名だ、


  以前は東京以外の選挙区だったらしいが、そこでも非人道的な対応を繰り返して、数々の逸話や悲劇を繰り返した、歴史がある、


  そんなクズ人間なので、今回の選挙は勝機であると考え、金になりそうだから自分出てみたのだろうが、出ていいのだろうかな、


  そもそも都知事になったのだから、都政に重視すべきであって、都知事が特定の政党の党首になるのは、問題が多いといえる、

  以前の石原だってそんなことはしなかったが、こいつは石原以上の基地外なのかもしれない、


  まあ下には下がいる感じだろうが、こいつは金が全てのゴミ人間なので、これで権力拡大ができると考えて、手を出したのだろうが、

  よくわからないのは、都知事を辞めても国政に出て良いとい考えて、そこまで手を突っ込む予定がある点だ、


  本来レイシスト小池の党は、民進党の離党者を中心に活動していて、細野辺りが中心メンバーになるのでは、という意見が存在していた、

  候補者の内まともなのは民進党系なので、第二民進党になりそうだった、


  そのあたりで一応話がまとまっていたのだが、急にレイシスト小池が自分が党首になるとか、そんなことをいいだした、

  代表になるみたいな話だけど、代表=党首なのだから地方議員のトップが、国政の代表になるわけか、


  そうなった場合に国政での議論がどうなるのか、良く分からない所がある、

  党の代表になった場合は国会までいって、他党との交渉をしなければいけない、


  党の代表になれば国政に参加するから、都政は実質的に終了する、

  
  いま公明党が都議会で協力をやめるといっていて、もしそうなればレイシスト小池の党では、都議会で過半数がないため政策が通せない、

  レイシスト小池が党の代表になって、国政に関わったら都議会では何もできなくなるから、都知事を辞めて国政に移るしかない、


  レイシスト小池はマスコミのプロパガンダが生んだ、狂った政治家ではあるけれど、都政を放り投げて国政に行って勝てるとは思えない、

  確かに党の代表になれば、知名度があるから国政選挙では有利になるが、都知事としては終了する、


  国政選挙で有利になるとはいうが、マスコミが宣伝するほどレイシスト小池には人気がなく、あまり評価されていない所もある、

  となる狙いがよくわからないのだが、頭がおかしいから適当なことをいっているだけ、という可能性もあるな、


  こいつって、アベや詐欺師のコイズミと似た臭がするからね、もしかすると真性のアホなのかもしれない、


  レイシスト小池が党の代表になるといって、細野辺りの行動を全面否定した、

  これで細野の立場はなくなったが、代表になったレイシスト小池の立場もなくなった、


  一体何なのかよく分からないが、こいつらの知能レベルがアベと同類なのは、良く分かりました、


  次に、アベの基地外が国難突破解散とかいい出したが、国難突破解散とはなんぞや、

  ああ、あれか北朝鮮ネタね、北朝鮮が脅威だから解散をしたらしいが、北朝鮮が脅威なら解散すべきではないな、


  解散をすると内閣は総辞職するし、しばらく活動ができなくなる、

  そもそも国難と総選挙には何の関係もなく、国難だからといって解散総選挙をする人はいない、


  国難だったら選挙をしないのが普通で、戦前も戦争中は選挙に規制があったらくらいで、国難があれば選挙は基本的にしないのが普通だ、


  こんな馬鹿でも分かる話を理解できないのが、アベのバカなんだけど、

  ここまで露骨だったさすがに分かるだろうけれど、今回の選挙は加計学園の隠蔽が目的だ、


  加計学園の認可が来月に行われるので、それをごまかすために解散をしたといわれている、

  野党と議論をすると、加計学園の認可時期が選挙の予定からずれて、ごまかせなくなったから、国会で議論をしなかった話がある、


  アベが敵前逃亡をしたのは、諸説あるのでどれが原因かは分からないけど、加計学園の認可が来月にあるので、その隠蔽工作のために解散をした話がある、

  このアホの低能はそこまでするのかと思うが、国の制度の私物化にも限度がありそうだけど、このバカには一切ないのだろう、


  ここからポイントになるのは、マスコミがどう報道するかが重要になる、

  マスコミは政府の犬にすぎないけれど、多少は真実を報道することもある、


  今回に関しては加計学園の隠蔽が目的なのは、誰が見てもそうなのだから隠すことはできない、

  唯一あるとすればそれ以上の、何らかの目くらましがなければいけない、


  それがレイシスト小池の党になるかもしれないが、この党が何かをしたとしても、アベの問題が隠蔽できるわけではない、


  となればアベ自身、もしくは自民党が何らかの形で加計学園の隠蔽になる、ネタを用意しなければいけない、

  本来であれば、それが選挙のスローガンとしてあるべきだったのだが、国難突破解散では興味を持つ人はいないだろう、


  アベは北朝鮮ネタしかないやつだから、北朝鮮ネタで騒げばどうにかなる、そう考えたのだろうな、

  確かにそういう側面はあるけど、それを全面に出してしまえば胡散臭くなるし、評価も下がる、


  大体からして、アベのいっている政策は全部民進党の丸パクリで、自民党が今までいってこなかったものばかりで、どう考えてもまともではない、

  政策そのものが良い所があったとしても、社会保障を重視する政策のタイトルが、国難突破解散では意味不明だ、


  国難突破解散というのならば、政策に関しても軍事的な方向を強めて、北朝鮮の問題をアピールするのが、方向性としては統一感がある、

  しかしいっている政策が民進党丸パクリの、社会保障重視政策では意味不明だ、


  やるなら社会の立て直し解散とでもいって、民進党の丸パクリ政策を出せば、統一感を出すことはできる、

  それが、国難突破解散といって社会保障政策をいっても、意味不明なだけだ、


  結局アベのバカは何も考えずに、解散総選挙をしたので政策を考えず、選挙の意味についても何も対策をしてなかったのだろう、

  だから思い付きの政策と、思いつきの選挙の意味をいって、どちらもチグハグになっている、


  問題はこんな支離滅裂な話であっても、マスコミの報道によってはよい解散総選挙、という形で国民が信じてしまうことだ、

  日本人はマスコミを神のように信じているから、現実的な判断をする能力がない、

  そのためこんな意味不明な理由なのに、アベマンセーという人が出てくる可能性もある、
   

  もうちょっと日本人はマスコミと距離とを取らないと、このまま行けば破滅に向かってしまうのだが、


  今回の支離滅裂な問題に対して、マスコミが正しく報道するかはかなり怪しい、

  
  今までもアベは異常な行動をしていたが、それに対してマスコミが厳しい批判をしたことは、一度としてない、

  加計問題や森友問題は、共謀罪というマスコミを狙い撃ちする、法案があったから批判をしだけだ、


  それがなければマスコミは、この問題に対して十分の一も報道していなかっただろう、

  これがメディアというものであって、私利私欲しかないしょうもない連中である、


  アベは社会保障を重視する政策をいって、国難突破解散という意味不明なことをいっている、

  そういえばナチスも社会保障と戦争をセットにいっていたから、そのあたりを真似たのかもしれないが、


  これに対して国民がどう判断をするか、アベに買収されたマスコミは国難突破解散マンセーと、毎日のように報道するだろうし、

  社会保障政策も民進党の丸パクリであることは、一切報道することはないだろう、


  しかし今回はかなり分かりやすい問題なので、さすがに政治音痴世界一の日本人でも、アベ政権が嘘をついていることに気づいてくれそうだが、

  日本人のマスコミ信仰を考えると、これだけ分かりやすくても、日本人はアベマンセーといい出しそうな気がします、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR