03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

アベ加計解散で起こった異常な問題、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  実は今具合が悪いので、あまり情報収集ができておらず、ネタが思いつかないのですが、

  では、解散総選挙が行われるので、それがどうなるかを書いてみると、


  アベ解散では、加計問題の隠蔽を目的にして、国会での追及を避けるために、解散をすることになった、

  今回の解散ではいくつかのポイントがあるが、一つとして維新の党がある、


  維新の党は自民党の別働隊であって、野党の票を食って自民党を有利にするためのも組織だ、

  大阪の人は政治に興味が無い為、このような詐欺組織引っかかって、大阪の社会保障はかなりまずくなっている、


  そんな維新の党だが、ここは元々コスプレ市長が私的に作り、それが拡大して行った組織である、

  しかし大阪のコスプレ市長は今は引退していて、政治に関しても関わる気は持っていない、


  最近も維新の党の候補者が、コスプレ市長の推薦があると書いたら、すぐに告訴をしていたくらいなので、政治に関わり合いたくない考えはあるのだろう、


  その影響か最近の維新の党の支持は低く、世論調査も殆どゼロになっている、

  マスコミの世論調査はプロパガンダであるが、それでも殆どゼロでは評価が低いといわざる得ない、


  以前は維新の党といえば、それなりに評判になっていたのだけど、最近はあまりこれといった話を聞かない、

  インチキだった大阪都構想が失敗してから、維新の党は斜陽で勢いが戻ることもなく、評判はよくない、


  以前は維新の党の影響力があったが、今回はどうなるのかというのはある、

  昔は、コスプレ市長というシンボルがいたが、今はそういう人はいない、


  今の維新の党はただの地方政党であって、それ以上の意味も魅力も持っていない、

  そういう所がどうなるかなのだが、もし維新の影響力が下がっていれば、野党にとっても有利になる、


  特に維新の党は比例のや投票を大量に奪っていたため、それが大きく減れば比例において、野党側はかなり有利になるだろう、

  民進党が選挙に勝てなくなった理由の一つが、維新の党が票をとったことなので、それを取り戻せるかどうかがポイントになります、


  もう一つは維新の党がやろうとしていた、大量の候補者の擁立の問題があります、

  維新の党は全国の選挙区の8割に候補者を立てて、野党票の分断をする計画でした、


  もちろん選挙に勝つ気はなくて、批判票の分散が狙いだったのだが、こうも急に解散が行われると、人員の準備ができない可能性がある、

  選挙をするためには選挙カーもいるし、事務所を用意してスタッフにも働いてもらわなければいけない、


  それを準備するためには数カ月はいるので、急に候補者を用意するのは難しいだろう、

  そうなった場合は、維新の党による野党の分断ができず、自民党にとっては不利な選挙になる、


  維新の党と同じ自民党の別働隊としては、レイシスト小池の党がある、

  レイシスト小池は人種差別主義者で、都知事になってからは自分はAIだと、基地外発言をした人物だ、


  記者の真面目な質問に対して、自分はAIなので答えられないといい、はぐらかしたのだけど、

  自分がAIだといって話をはぐらかせると考える時点で、アベと同類の基地外なのだろう、


  このレイシスト小池ではあるが、こいつは維新の党と同じく、東京で野党の票を分断する予定だった、

  東京では野党が結構強いので、それを潰すために行動していたのだが、解散が早すぎて対応できていない、


  先月政治塾を開いたばかりで、そこから選定をして人物を選ぶ予定だったが、正直な所、また候補者と呼べる人物ない内容だ、

  しかし衆議院選挙は頻繁に行われるわけではないため、一回チャンスを逃すと次がない可能性もある、


  それであせって、レイシスト小池の党でも、候補者を立てるといっているが、かなり無茶苦茶になるだろう、

  それにレイシスト小池の候補者は、自民党の得票を食いやすいので、既得権にとって良いかわからない所がある、


  以前の都議会選で自民党が大敗したのは、レイシスト小池の党が自民党の票を喰って、自民党が一人負けをする環境を作ったからだ、

  元々、レイシスト小池と自民党の関係は深く、自民党の得票をレイシスト小池は取る所がある、


  そういう所が候補者を立てたとしても、返って自民党が不利になる可能性もある、


  もう一つの点としてあるのは、レイシスト小池と連合の関係だ、

  実はレイシスト小池と連合は協力していて、支援をしてきた所がある、


  以前の都知事選では連合は鳥越氏を支持せず、レイシスト小池を支援していたようだ、

  それは鳥越氏が脱原発論をいいだして、連合にとって危険な人物になりだったからだ、


  その後のと議会選では、民進党系の候補者の多くがレイシスト小池の党に移ったが、その移った候補者は連合系の人物が多かった、

  つまり、レイシスト小池の党は連合の支援があって、有利になっている所が強く、それが国政ではうまく働かない可能性がある、


  国政では前原と連合は協力をして、選挙の支援ができるようにしている、

  そうなればレイシスト小池の党は、連合の支援を受けられないので、大幅に弱体することになる、


  今、レイシスト小池の党が候補者を立てる予定だが、連合の支援がなければ想定よりは弱くなる、

  付け焼き刃の候補者では、まともな政治論をいうこともできないだろうし、あまり効果はないかもしれない、


  多分だが、レイシスト小池の党としては、選挙区ではなく比例狙いなのだろうけど、

  比例狙いだとお仲間の公明党とぶつかるため、こっちでも厄介な問題が起こる、


  日本の政治では野党分断をどうするかによって、自民党の選挙での有利不利が決まる、

  自民党の得票は基本的に増減をしないため、他の党の状況のみが選挙結果になる、


  今回の選挙では維新の党と、レイシスト小池の党がポイントになるが、色々な問題点があるし、

  準備不足な面もあるため、連中の効果は未確定だ、


  それがどうなるかが一つのポイントで、特に関西で維新が大幅に弱体化すれば、大きな変化になるでしょう、


  後は何かあるかな、今回の解散の原因の話がありますか、

  今回の解散は麻生がアベに解散すれば、問題が解決するといったことが理由になっている、


  ただ正直アベと麻生のアホコンビの判断が、まともな結果を生むとは考えづらい、


  今までもアベに対していろいろな情報が、自民党内から伝えられていたが、大概においてその情報は、実際の選挙結果とはずれていた、

  自民党内部でもアベに忖度して、自民党が勝つ情報を流すのだろうけど、それを元に判断するので、アベの判断は正しくはない、


  それに麻生は、最近大きな派閥を作っているから、そろそろアベと始末して、自分が総理になりたいと考えているだろう、

  麻生は暴言グセがあるので、総理になったとしても長くは持たないが、名誉職としてやりたい気持ちはあるだろう、


  麻生も結構な年齢だから、いつあの世に行くかわからないので、早めに総理になっておかないと、というのはあるかもしれない、


  今回のことは、本来の計画だと半年後くらいだった、解散総選挙を早くやったものだ、

  早くやることによって国会での指摘を避け、支持率の下落を避けることを目的にしていた、


  もし今回アベが解散をしていなかった場合、国会で追求があれば辞任もあっただろう、

  半年後支持率がすごく低い状態で、解散をすれば支持率がプロパガンダにすぎないとしても、かなり問題になっていた、


  それを見越して今ならばと、麻生がそそのかしたのだろうが、確かにその意見はある程度は正しい、

  ただ維新と民進党離党者、レイシスト小池の党の動きがないため、現状だと自民党と野党が正面からぶつかることになる、


  しかも、加計問題がまだ冷めていない状態だから、当然選挙ではその点を指摘されるし、

  テレビの党首会談をしたときも、加計問題が話題になるのは当然だろう、


  多分アベのバカは、支持率と選挙をするタイミングだけを考えて、それによって起こる問題を気にしてなかったのだろう、

  選挙をすればかえって加計問題を指摘されて、明確な答弁を求められることを、理解していなかったといえる、


  麻生もアホなので、こいつに悪意があるかは分からないが、アベが潰れても構わない、という考えはあったはず、

  どっちにしろアベが潰れる可能性があるならば、問題をアベに押し付けることも、考えていた可能性はある、


  今回の解散は急な話であったが、それを後押しした麻生には、アベ潰しの考えがあったのかもしれない、

  結果がどうなるかは分からないけど、マスコミのインチキも難しい選挙なので、状況は悪くないと思います、

21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社


関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR