03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

信長と似ている民進党の前原誠司、山尾氏や民進党に対するプロパガンダ問題、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんちには、


  今日も政治の話を書いてみると、前回は長めだったので、今回は短めにすると、

  うーむ、では信長と似ている民進党の前原誠司、ということを書いてみると、


  私は別に前原が素晴らしい天才だとか、そんなことをいう気はないのだけど、前原の状況は織田信長と似ている、

  といっても天下を取る全然前の状態で、党内の反乱分子との戦いに勝たないと、勝負ができない所にある、


  織田信長は尾張と統一するまでに、親族と戦って滅ぼす必要があった、

  そうやって消耗したところを、今川が狙ってきて戦争になったわけだ、


  前原の立場はそれに近く、党内の争いを調整しつつ、自民党と戦わなければいけない、

  以前書いたけど、共産党との協力見直しといいつつ、党の体制は協力ができる人材を配置している、


  そうやって矛盾のある行動をしてはいるけど、結果的に見ると党内の敵をどうするか、という点に方向性が集約されている、

  
  前原はひとまず党内の離党派を潰して、党内の統一を行わなければいけない、

  それは織田信長が尾張を統一したのと同じで、正直かなり奇妙な行動になるだろう、


  党内部の人間と戦えばそうなるのだが、そうやって統一ができれば、やっと自民党と争うことができる、


  前原が信頼できるかどうかは、正直未知数なところはあるのだが、マスコミがそこまで批判をするなら、それなりに社会にとって価値があるのだろう、

  マスコミは戦前も戦後も、既得権が生き残れば国民は死ねばいいと、心の底から思っている連中だから、マスコミからの批判は評価できる、


  本当に前原が悪ならばいいのだが、さすがに最近のマスコミの動きはおかしいので、既得権にとって前原が邪魔な存在で、国民にとってはそうではない、という所があるのだろう、


  これからの政治論は非常に複雑になって、民進党の内の統一をどのように行うか、そして自民党との戦いをどうするかになる、

  この2つはある種の矛盾があるのだけど、それを融合させていくことが、前原が唯一成功できる道である、


  織田信長も尾張の統一を考えつつ、今川との戦争についても対応をしていた、
 
  この2つは当時としても矛盾もあったのだろうけど、前原も同じことをしなければいけない、


  一つだけ希望があるのは、政府の犬のマスコミが前原を否定していて、特に腐ったゴミの朝日新聞が中心にいることだ、

  朝日新聞は鳩山氏を潰して、沖縄の普天間基地問題を修正不可能にした、罪のある犯罪組織だ、


  それが批判するならば、前原はそれなりに評価できる所があるのだろう、


  先の事は分からないけど、国民がマスコミを無視して必要なことを選ぶ、

  それが民主主義なのだから、その形ができれば世の中も良くなるでしょう、


  次は、民進党を離党した山尾氏に対して、左翼リベラルが批判的なことを言っている、

  いわれているのは、民進党が山尾氏を守らなかったので、それが党として責任があったのでは、そんな意見がある、


  もう一つは、山尾氏の会見は民進党が取り仕切って、十分な受け答えをしなかったことは、民進党の責任問題だと言っている、

  左翼やリベラルはものを考える文化がないから、何かを切り取って部分を批判して、自分が正しいという論を組みやすい、


  それがまた出たのだろうが、今回の件に関しては、民進党は山尾氏を守ったといえる、

  それは記者会見を早めに終わらせたことで、余計な騒動が拡大しないようにした、


  更に離党させることによって、マスコミの攻撃を受けないようにした、


  明らかに今回の件は、アベの犬のマスコミが自民党から金をもらって、民進党の出鼻をくじくことを、目的にしていた、

  もし山尾氏が幹事長になっていれば、自民党に批判的な女性票が減って、自民党は大幅に不利になっていた、

   
  それを見越してマスコミが動いているのだから、連中がアベから金をもらっている、詐欺師集団であるのは事実であろう、

  さすがにタイミングが良すぎるし、今までこんなことは何度もあったので、偶然だと考えることはできない、マスコミが意図的にやったと見るべきだ
  

  リベラルの批判は、マスコミが民進党内で山尾氏の離党や、辞任を求める声が出ていると報道し、 

  それを信じたリベラル勢力が、山尾氏を助けない民進党はだめだと、プロパガンダで刷り込まれた、


  その上にさらにロジックを組んで、ステレオタイプ的な環境ができたので、それを利用する次の手が、記者会見への批判だった、


  民進党のやったことだけを見ると、山尾氏の問題はアベとマスコミが結託した、民進党叩きであることは見えていた、

  それを考えて必要最低限の釈明をして、離党をすることによって山尾氏への攻撃を防いだ、


  これが山尾氏に対してベターな選択だったが、マスコミを信じている人には、そういう判断ができなくなっていた、

  これがプロパガンダの効果なのだが、事前に情報を刷り込んで、次の情報でも特定の感情を持たせる、


  実際に起こる事実とは無関係に、頭のなかでストーリーを作って、現実を把握させないのが、今回行われたことと見ていい、


  客観的にみれば、民進党は山尾氏に対して最大限の配慮をしているし、今回の攻撃が女性幹事長であると困る、既得権からの攻撃であることも把握している、

  だから対応自体は悪くないのだけど、マスコミを神のように信じる日本人には、現実を理解する能力もないということだ、


  そんなことがあったが、もう一つがあるのが、前原が維新の党と協力する話か、またマスコミのプロパガンダだね、

  
  前原は代表になった時に色々な党に挨拶にいって、その時に維新の党と協力を求めた、

  どちらかという社交辞令的な意味だったのだが、それをリベラル勢力がまたキーキー言い始めた、


  ほんとまあこの人達元気はあるのだろうけど、まともな判断力がないのが謎だが、

  今回の件もプロパガンダであって、マスコミが意図的な行動をしていると見るのが妥当だ、


  維新の党への挨拶は形式的なものであって、実際に話し合いでは協力をするという、話はできていない、

  これからもよろしく程度のものだったのだけど、リベラルや左翼は簡単に引っかっかった、


  ほんとまあ、この人達のマスコミ好きは宗教なのかと、思ってしまうほどなのだけど、

  このプロパガンダも基本的には同じ手で、事前に特定の考えを認識させて、次の情報も固定的に思い込ませる手段だ、


  こういうのは詐欺師が本来はすることなのだが、以前は前原は共産党との協力見直しといっていた、

  マスコミは野党共闘ができると自民党が不利になるので、政府の犬のマスコミはいつもその点を指摘する、


  左翼やリベラルはマスコミを神のように崇めているので、そういう協力の見直しの話を真に受けて、そういう形でステレオタイプが構築されている、

  その上に、今回の維新の党との協力と聞くと、中身を確認しないで批判をしてしまう、


  実際は、社交辞令的な挨拶にすぎず、どちらかというと非協力的な、話し内になっていたのだけど、

  マスコミは維新との協力でプロパガンダを流すから、単純なリベラルはそれに引っかかってしまう、


  プロパガンダは難しいものだけど、情報がどのように流れて、それがどう偏っているかを検証すれば、原因については把握できる、


  リベラルや左翼はマスコミを信仰しているから、マスコミを疑う感覚がないから、こういうプロパガンダの狂気に陥ってしまう、


  プロパガンダに引っかかった人間は、感情的になって事実を認めなくなる、

  これはプロパガンダであるという認識を持って、検証をし正確にものを見ない限り、頭の善し悪しに関係なく発生する


  だから、今回山尾氏のこともネットだと感情的にギャーギャーいっていて、

  維新の問題も同じように発言していたが、感情的にいうということは、プロパガンダに引っかかっている証拠になる、


  以前も書いたけど、政治論とはカルト宗教的な要素があって、マスコミのプロパガンダとの戦いの意味が強い、

  しかし、プロパガンダはそうは理解できないので、大半の人は意味不明な感情論を騒ぎ立てる、


  このあたりは日本文化の限界なのかもしれないが、感情で見ている限りはプロパガンダに引っかかる、

  だから自分や周りが感情的になってきたら、事実を本当に確認しているのか調べると、自分が騙されていることに気づけます、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR