01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

拡大するアベ北朝鮮問題、民進党代表戦の前原への評価

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  最近は急に寒くなることがありますね、夏の終わりなのかもしれませんが、寒くなる必要はないのになと思います、


  それで何か書いてみると、今日はは民進党の代表戦について、書いてみる予定だったのだけど、

  どうもアベ北朝鮮の問題が大きいので、その点について書いてみると、


  アベ北朝鮮問題は最近深刻化していて、核開発やミサイル発射活動をしている、

  最近は北朝鮮の記念の日があったらしく、それに合わせた行動をしていたのだろう、


  本来の計画でもミサイルや核実験は想定されていて、そのことについてアメリカ側が圧力を加えてていた、

  それに対して北朝鮮側も自重をしていたが、アメリカの圧力が弱くなったタイミングで、2つの行動を合わせて行った、


  北朝鮮の動きはアベの支援でもあるので、アベの憲法改正ののために、軍事的な行動をしている面はある、

  実際最近もミサイルを撃った時にアベが官邸にいたから、事前に北朝鮮から話を聞いていたのだろう、


  そういう意味でいえば、北朝鮮というよりはアベ北朝鮮問題といったほうが、現在起きている問題の表現としては正しいのだが、


  そんなアベ北朝鮮問題は、非常に複雑な問題にはなっている、

  アベとしては北朝鮮ネタを使って、憲法改正からの軍事独裁を目指している、そのために国会で冒頭解散をするという話もあるが、ちょっと性質が違っている、


  まず今起きている問題は、北朝鮮のミサイルや核開発が進みすぎて、実行的な脅威として変わりつつあって、以前とは意味が変わってきている、


  数ヶ月前に北朝鮮の撃ったミサイルは、アメリカ本土までは届かずアラスカまでしか、攻撃ができないので実効性がなかった、

  しかし今撃っているものは、アメリカの本土を十分に狙えるため、軍事的な効果が高い、


  更に核実験も以前は、本当に核開発をしているのか怪しかったが、規模も大きくなっているため、本格的な実験をしている可能性がある、

  となると軍事衝突は難しく、北朝鮮問題は軍事に頼らない対応が必要になる、


  それが正解なのだけど、問題になるのがアベとトランプだ、

  アベは北朝鮮問題を軍事利権の拡大としてしか考えておらず、国防をどうするかという発想がない、


  現状北朝鮮との国防論では、対話と外交による対処しか基本的にはないが、それをするとアベは北朝鮮問題を利用できなくなる、

  そうなれば北朝鮮ネタを使った、憲法改正による軍事独裁は不可能で、アベの今までやってきたことはすべて無駄になる、


  アベは北朝鮮ネタで軍事独裁を目指しているのだから、北朝鮮問題を平和的に解決する、選択肢を基本的に持っていない、

  その結果軍事的な方向性や、挑発行為だけをすることになるので、北朝鮮問題を最悪の結果に、進ませる可能性が高い、


  所詮アベのようなゴミにできることはない、ということなのだが
  
  この点に関しては自民党を引退した人も、外交重視をすべきだといっているが、アベのバカには日本語が通じないので、何をいっても無駄だろう、


  同じ問題がトランプにも発生していて、トランプもアベと同じように北朝鮮問題を利用している、

  トランプは最近支持率が下がってきて、以前のような評価を受けることがない、


  特に白人至上主義者を、評価した点は批判を浴びているので、トランプに対する批判はアメリカでは強くある、

  その挽回のために北朝鮮問題を使っているが、こいつもアベと同じ馬鹿なので、自分のやったことが、どのような結果をもたらすか考えていない、


  トランプは側近もゴミクズみたいのしかおらず、まともな人間はみんな辞めてしまっているため、

  大半は政治の素人や、マフィアみたいな胡散臭い人間が中心だ、

  そういう連中がトランプマンセーといいつつ、アメリカを運営しているのだから、北朝鮮問題は極めて危ない状態にある、
 

  北朝鮮問題は、そもそも北朝鮮と関係の深いアベが、ミサイルや核問題を引き起こし、憲法改正からの戦前回帰を狙うものだった、

  アベのアホにはそこまでの知能はないから、考えたのは別のやつだろうけど、それを長くやりすぎてリスクが高くなっている、


  無能な人間にできるのはこの世の破滅だけ、というのは私がよく書くことなんだが、そういうのが起こりやすいのが今のような環境だ、

  北朝鮮問題に対しては自重と寛容が大事で、譲歩をして話し合いができれば問題の解決ができる、


  しかしそういうことは高度な知能がいるし、戦略的な駆け引きが必要になる上に、政治的にいえばデメリットだけで、利益を得られる要素がない、


  真の政治家であれば、このような時に自分の不利益になるとしても、国益を得るためにあえて泥をかぶるだろう、

  そうすることによって国家を守り、国民の生活を維持しつつ、自分は批判されて退場することになる、


  それがアベやトランプには不可能なので、このバカコンビは最悪の道にしか進めないが、

  唯一可能性があるのは、北朝鮮のトップが計画的に動くことだ、


  北朝鮮のトップは厳しい環境で生きてきた経験があるため、リアリストとしての政治家の資質がある、

  一歩間違えば死ぬかもしれない環境で生きてきたのだから、このような環境でも判断はできるはず、


  変な話になるが、北朝鮮がアベやトランプのような無能政治家を操り、それによって問題を収めるのが、ひとつの展開ではある、

  それを中国が支援できれば、話をまとめることは可能になるが、少なくとも北朝鮮問題でアベやトランプが役に立つことはない、


  今の北朝鮮は一歩間違えば、北東アジアの崩壊を引き起こしかねい所がある、

  その状況を生み出したのはアベであり、こいつが憲法改正からの軍事化を目指さなければ、北朝鮮問題は起こらなかっただろう、


  北朝鮮問題は、アベの政治的な無能さを隠すためのカモフラージュであって、その問題が強くあったため、根本的な問題の解決ができなかった、

  そして政治ショーとして利用しすぎたので加熱化し、どこで問題を解決すれば良いのかわからなくなっている、


  アベ北朝鮮問題は、来る所まで来ているので非常に危ない、

  アベやトランプのような何も考えていない馬鹿が、核戦争の始まりを作っているのだから、笑えない所がある、


  このような問題にどう対峙すべきかを、本来は考えるべきだが、アベマンセー民族の日本人は、最後までマスコミのアベマンセー報道を信じて、戦前と似たような感じになりそうです、


  次に、民進党の代表戦を書いてみると、結果から見ると前原の勝ちのようだ、

  マスコミが前原が活用に誘導していたので、その影響が出てしまったという事か、


  しかし結果から見ると、枝野もそんなに悪くはなくて、特にマスコミがいっていたこととは違って、国会議員の特徴では五分に近い所があった、

  前原が80人で枝野が50人で、棄権したのが7人くらいいたから、この7人をうまく吸収できれば、80対60にできていたのだから大きな差はなかった、


  マスコミのことだから、前原の支持層だけを世論調査して、枝野を支持する層については調べなかったのだろう、

  結果から見ると枝野の支持者は多くいたし、マスコミが未確定といっていた人のほぼ全員が、枝野に入れていたのだから世論調査自体が不自然である、


  意図的に前原有利の演出をして、支持者を騙そうとしていた可能性が高いが、相変わらずインチキしか能のない連中ではある、

  
  民進党の代表戦では、地方の支持でも前原が有利で、枝野は国政と同じような傾向だった、

  以前聞いた話では地方の支持では、枝野が有利だと聞いていたのだけど、そういう傾向はあまりなかった、


  その点はマスコミのプロパガンダの影響で、マスコミの書いた前原有利の情報に踊らされて、つい入れてしまったのかもしれない、


  前原の体制はバランスタイプで、陣容をみる限りそれほど変なところはない、

  最近の前原は社会主義に傾倒していて、そういう発想が強くあるようだ、


  実際の所前原に善意があるとは思えないが、屈辱を返したいというのはあるかもしれない、


  前原は永田メール事件以降、社会的に抹殺された状態であって、与党にいたときも殆目立つところがなかった、

  野党に落ちた後も何もできず、うだつが上がらない状態だった、


  前原は多分善意とか、誠意とか、そいう考えを持った人間ではないだろう、

  実際少し前も、代表になることは欲望としてやってみたい、そんな話をしていた、


  つまり、前原にとっては権力を掌握し、政治家として全面に出られる手段としての、民進党の代表であるということだ、

  そのために社会主義に傾倒したり、今までと違う価値観を認めて、人事に関してもバランス形を目指している、


  平たくいえば、真面目にやるのが一番効率がよいという点に、前原がやっと気づいたということだろうが、かなり遅い気はする、

  
  もっとも前原がやりたいのは、永田メール事件などのイメージ払拭であり、汚名返上をしたいのが本音だろう、

  このまま一生何もせずに終われば、わざわざ政治家になった意味がない、そう考えているのかもしれない、


  今までが今までだったので、前原に誠意があるというのは甘い見方だ、

  前原自身の利害や都合で、変質しているとみるのが妥当だといえる、


  その変質が本物まで変化をするのか、野田もそうだが結果を出せるかどうかで、こいつのメッキの度合いが分かるでしょう、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社


関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR