08 月<< 2020年09 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>10 月
 

民進党代表戦で枝野が勝つとどうなるか、代表戦での枝野の立場、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)

    どうもこんにちは、


  政治の話として書きたいことは結構あるのですが、書くタイミングを逃したため、上手く書けなかった話が多くあります、

  それを書いたからといって、どうなったわけではないのだけど、書けなかったネタのことを考えると、寂しい気持ちもします、


  それで今日書くべきこととしてあるのは、民進党の代表戦の話があるか、

  民進党の代表戦は、既得権のマスコミは前原に勝ってほしいらしく、盛んにそういうプロパガンダをしている、


  特に読売が前原押しなので、前原を選ぶとろくでもないことが起こるのは、確定していると見て良いだろう、

  アベの犬の読売が前原を推すのだから、日本を崩壊さえるような悪事を、この新聞社は考えているに違いない、


  それが何なのかはまだ分からないが、既得権が前原を押すことには理由があって、私の見立てだと選挙ではないかと感じる、


  現状民進党が選挙で勝つためには、共産党などのリベラル勢力の協力が必要だ、

  野党共闘に関しては時間をかけてきたので、ある程度は形になってきている、


  ただ完全とはいい難く、いい状態にするためにはいろいろな工夫が必要で、特に民進党の代表は、野党共闘を重視しなければいけない、
  
  野党共闘をするならば、前原に比べるとリベラルが強い枝野がよく、実は枝野が前に出ると、既得権にとってまず状況が起こる、


  確実にそうなるわけではないのだけど、枝野が野党共闘をすると、共産党などと考えが近いので、野党共闘が効果的に動くことになる、

  以前の野党共闘も岡田が頑張って、色々な調整をしていたが、それは岡田がリベラル系の人で、共産党も話しやすかったからだ、


  枝野は目立つ人間ではないけど、野党共闘を組み立てる上では、使いやすい人材だといえる、

  ただし目立つ人間ではないので、岡田があまり大きく勝てなかったのと同じように、枝野の実力だけで選挙で大きく勝つのは無理だ、


  では何が既得権の脅威なのかというと、それは自民党が弱体化している点だ、

  マスコミの世論調査は信じる気がないんだけど、その調査によるアベの不人気が強くある、


  それで、アベの不人気が高くなると自民党の支持基盤が寝返り、無党派が野党に投票し始める、

  実際仙台市長選挙でも、自民党の支持者が寝返って、無党派が野党候補に投票をしていた、


  仙台市長選挙では、民進党を離党した候補がいて、野党側が不利な条件だったのに、自公の推す候補者に勝つことができた、

  それだけ支持率が低いというのは、自民党にとっては致命的な問題で、大敗の可能性もある、


  日本人の大半は政治には興味がなく、投票に行く人も多いとはいえない、

  しかし野党が勝てる雰囲気ができれば、無党派も動くことになるし、自民党の積極的ではない支持者も、野党に投票する、


  基本的に自民党の得票は増えることがないので、固定票だけで勝負をしているところだから、

  自分のところの得票が減ることや、相手の候補者の得票が増えると全く勝てなくなる、


  実際、以前の政権交代のときも、自民党の支持基盤が大量に寝返って、野党が勝てると感じた無党派が、大量に投票をすることによって、自民党がガタガタに壊れることになった、


  ただこの状況まで持っていくためには、野党側が結束して戦う必要があって、野党間の不協和音があっては困る、

  前原は共産党批判をすることもあるし、野党共闘に関しても批判的なスタンスを持っている、


  今は代表戦の途中なので、一見野党共闘をするとポーズをとっているが、今までそんなことを言っていなかったのだから、信頼できるものではない、

  
  前原が用意されている仕事は、野党間の不協和音を演出して、国民の信頼を下げる事だろうね、

  そういう感じにすれば、自民党が支持率の低下で弱っても、野党共闘が機能せず、国民の信頼も得られないので大きくは勝てない、


  それに対して、枝野の場合は不協和音が起こらないので、自民党だけが悪いという形にでき、真正面からぶつかることができる、

  ぶつかった時にどうなるかは分からないが、もしそこで自民党やアベの支持が低ければ、下手をすると自民党が野党に行く可能性もある、


  上でも書いたように、日本人は政治は全く興味がありません、だから政策とかそういうのはどうでもいいんですね、

  もちろん政策自体は重要なのだけど、国民が望んでいるのは政党としての安定性、そして問題がないこと、


  現状のままアベ批判が続いた場合は、アベは総理やめたらただのゴミだから、こいつは死ぬまで総理の椅子にしがみつくだろう、

  となると、自民党をひっくり返すお膳立てを、アベが作ってくれることになる、


  そのままだと自民党が負けてしまうので、「野党も悪いよ」という構図を作りたいのが、既得権の狙いだと見ていい、

  「野党も悪いよ」という構図を作りたければ、野党共闘の不協和音が一番効果が高く、前原ならその仕事をするだろう、


  そういう意味で読売は前原を買っているわけで、既得権でしかない読売グループが、野党の前原を支持することにはまともは意味はない、

  そこには悪意があるわけで、メディアが前原推しをするのは、枝野だと困る理由があるからだ、


  以前から書いているけど、今の選挙は低投票率で組織票で既得権が勝とうとするので、その構図をどう崩すかが重要だ、

  現状でそのシステムを機能させるためには、アベ政権よりもひどい野党という形を作るしかない、


  それをやれるのが前原だと、既得権が太鼓判を押したわけだが、こいつの評価は既得権から見ても、低いのだなと納得したが、


  ただ、実際にどうなるかは、未来のことだからはっきりと分かるわけではない、

  もしかすると前原がいっているとおりに、やつがまともな人間になっている可能性もある、


  しかし、既得権のマスコミが前原を推しているのが不自然なので、前原を代表にすると何らかの問題が起こると見ていい、

  連中は金と権力が全ての連中だ、何の得にもならないのに前原を支持するわけがなく、何か理由があるのだろう、


  その理由としてありうるのは、枝野だと自民党が大きく負ける可能性があって、その原因をつくっているアベの首も切りづらい、そのあたりの問題ではないかと思う、

  
  ただ枝野にも問題点もあるので、結局どうなるのかわからない所はあるけど、マスコミが前原を推すということは、前原以外を選べば国民の利益になる選択肢が生まれる、そう考えていいでしょう、


  次に、ついでなので民進党の代表戦について、もう少し書いてみると、

  マスコミは代表戦で前原が有利だといっているが、これはプロパガンダ的意味もあるが、実際にそういうところはないでもない、


  以前も書いたけど、今の民進党は右翼や保守が4~5割程度いて、中間派が2割前後いる、

  左翼リベラル勢力は3~4割なので、実は民進党で一番大きいのは、右翼や保守勢力である、


  前原はわかりやす右翼政治家であるから、そうなると民進党の4~5割の支持を得てしまい、それだけで当選ができてしまう、


  この問題は岡田が代表をしていたときも問題になって、岡田は実は中間派という少数派の立場だったので、リベラル勢力の影響力も得つつ、保守勢力の関心も買わないといけない、難しいことをしていた、


  枝野もそれと似たような立場だし、今回に特にリベラル勢力の支援を主に受けているため、立場が不利になるのは当然有り得る話だ、

  ただし、勝てないというわけでもなく、特に中間派はリベラル的な人が多いので、中間派とリベラル勢力を合わせられれば、十分勝つことは可能だ、


  民進党の代表戦は以前は小沢さんとか鳩山さんとか、そういう人がぐるぐる回していて、あまり具体的な党内事情を反映していなかった、

  そのため今まであまり、党内の事情は重視されていなかったのだが、選挙で負けて野党になってから重要になった、


  今の状態だと枝野が勝てば、安定した状態になるけれど、普通にやれば前原が有利になってしまう、

  中間派とリベラル勢力をまとめられれば枝野の勝ちだし、それができないと前原が勝ってしまう、


  最近前原がリベラル的なことをいっているのも、こういう党内の複雑な事情が反映されていて、そういうことによって相手を牽制することに狙いがある、

  前原のことだから、今いっていることはリップサービスで、実際にはやる気なんてまったくないのだろうけど、


  民進党は党内がかなり変わっていて、リベラル勢力が影響力を持つのが難しいところがある、

  しかしマスコミが前原を推すならば、それは枝野のほうがメリットが大きいことの裏返しなので、民進党は枝野を選んだ方がいい、


  そうすることによって大きな変化が起こるのだろうけど、枝野が不利であるという事実は変わらないので、どうなるのかはよく分かりません、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社


関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR