01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

民進党代表戦はどうなるか、これからの政治で起こりそうなこと、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  今日も政治の話を書いてみると、前回もグダグダだったけど、やっぱりネタがないと書けるものもないんですよね、

  うーん、では何か書いてみると、民進党の代表戦があるかな、


  民進党の代表戦では前原と枝野が出ているが、どっちの評判が良いかはちょっと分からない、

  代表戦は小沢さんが民主党にいた時に、不正があったのではという話があったが、あれもずい分前の話になったね、


  代表戦は民進党の議員と、党のサポーターによって決まるものなので、外部から干渉ができないため、どうなるかは全くわかりません、

  マスコミも世論調査をしているらしいが、決めるのはサポーターと議員だから、世論調査をしても意味はなかろう、


  それでどうなるかだが、前原は極右政治家なので自民党に擦り寄るだろう、以前も野党共闘をやめるべきだといっていたし、不協和音を生み出す原因になるといえる、

  たしかに前原は口では別のことをいっているが、こいつは口からでまかせしかいわない人間だから、いっていることはほぼ100%嘘でしかない、
 

  昔から口先番長とよくいわれていたし、最近のメディア露出を見ても、プロパガンダ色が強くあるので、中身はその分ないと見ていい、

  代表戦では前原はメディア演出を工夫して、自分のイメージ作りを重視しているが、まあ全部嘘だろうね、


  前原はアベに近いタイプで、虚言癖の強いところがあるから、基本的に信じる価値はないといえる、

  以前も、永田メール問題で亡くなった永田氏に対して、涙をながすことがあったのだが、


  それで私もちょっと信用をしたのだけど、あっさり裏切りやがったからなこいつは、胡散臭い人間だと考えた方がいい、


  日本の政治は以前から書いているけど、プロパガンダの悪影響によって、民主主義システムが潰れるリスクが大きく、そういう問題の拡大を以前から、私は危険なことだと指摘していた、


  まあ、そう考えたのは、昔家庭用ゲームのシェア争いで、ソニーのマーケティング(プロパガンダ)で、非常に傷つくことがあって、それ以降気味が悪くなって、家庭用ゲームができなくなったというのが、根底にあるのだけど、


  元々は社会とかそういうものじゃなくて、個人の趣味が出発点あるわけですが、そういうプロパガンダ、ビジネス的にいえばマーケティングの拡大によって、民主主義が崩壊するおそれがある、というのが私の意見なんだけど、


  そういう視点で見ると、前原は明らかにマーケティング戦略をしていて、事実を一切いっていない、

  演出が工夫されすぎれいるし、通常の人間にはできないプロパガンダ効果を行っている、


  となると前原を使った、劇場型民進党みたいなことを考えていて、インチキをして潰そうとしている可能性がある、


  プロパガンダというのは、そんなに甘い問題ではなく、今のアベが成立しているのも、全てマーケティング戦略の成果であり、マーケティン戦略が民主主義を食い物にしている、事実が目の前にあるわけです、


  それを考えると、マーケティン戦略を重視している、前原は全部嘘をついていると見ていいので、誠意は一切ないでしょう、

  あとはこの人にどの程度人が騙されるか、というデータサンプルの資料にしかならないかな、


  枝野は、いまの状況だと民進党にとって、必要な人材ではある、

  何故かというと憲法問題が大きくて、憲法改正といっているが、その問題に真正面から向かっているのは、枝野だからだ、


  既得権の戦略があるとすれば、事前に買収しておいた前原を裏切らせて、憲法改正の糧に、民進党を利用することは当然考えるだろう、

  憲法改正ができれば独裁者になれるのに、それをしないって可能性はゼロだからだ、


  となると、憲法問題に対して抑制ができるのは、枝野だとはいえる、
  
  ただ枝野は、そういう意味では特化した所があるので、前原とは真逆だろうね、


  この問題は結構複雑で、メディアは前原対枝野という図式を作り、右翼対左翼という話にしている、

  それに対してネットの政治論者は、そうじゃなくて前原も枝野も同じだといっている、


  これどっちが正しいのかは良く分からないのだけど、現状憲法改正による独裁を目指すならば、

  それに合わせて大阪の維新の党があり、東京のレイシスト小池の党があって、野党潰しの憲法改正を狙っているとして、


  憲法改正に対して、この二人がどういう意味を持つかが、今回の代表戦における大きな意味だといえる、


  そう考えると、奇妙なマーケティング戦略をしている前原は、既得権に買収されている可能性が高く、憲法改正で民進党を寝返られせるための、道具になっていると見ていい、

  
  枝野は直接的に批判をしているため、既得権に買収されている可能性は低いだろう、そういう意味でいえば枝野を選ぶのが安全パイだといえる、


  結局のところ、憲法改正が独裁という、大きな権力を目指すためのものであるならば、それに合わせて全ての動きがあると考えるべきだ、

  今回の代表戦もそれに関係していて、純粋な代表選びというよりは、憲法改正の手駒として、民進党を動かすための代表戦だといえる、


  そう考えると、岡田や蓮舫のままのほうが良かったのだが、蓮舫を叩いたのが憲法改正を批判する、左翼勢力であることは連中の限界を表しているのだろうが、


  代表戦は憲法改正の仕込みであって、前原はかなり危ないだろう、


  今までの行動を見る限り、前原に理念や責任意識は一切ないので、民進党を売って金に変えるくらいしか、こいつは心の底では考えておるまい、

  たしかに前原にすれば、既得権に媚びを売ることになるから変化は起こるが、国民のための政治は遠くなる、


  今の政治の動きは、憲法改正からの独裁を目指しているので、民進党の代表戦も、その中の一つとしてみるべきでしょう、


  次に、ネタがないのでこれからの政治という、曖昧な話を書いてみると、

  これからの政治では、加計学園の認可が通るかがある、


  加計学園は建設も始まっているらしいが、最終的な認可は決まっていない、

  その結論がそろそろ出るらしいが、基本的に出来レースなので、通るには通るのだろう、


  ただ、加計学園はアベのインチキであることは確定しているため、通ったあとも批判は続く事になる、

  情報が一切出ていないし、具体的に何があったのか政府は説明をしていない、

  そういう状況で建設をどんどん進めていくのは、建設をするたびに批判を受けることになる、


  加計学園の認可が通ったとして、当然それに対してマスコミは報道するだろう、

  報道をすれば国会での議論もするが、時期的に国会が開かれているかはちょっと分からない、


  加計学園の問題は結局、建設をやめていないことが大きいので、建設を続けている限りは、ずっと批判を受けることになる、


  それ以外でもPKOの報告を稲田が隠蔽して、それがバレて辞めた話がある、

  PKOの報告は実はかなり危なくて、南スーダンに自衛隊はいたのだけど、実は戦闘に巻き込まれそうだった、


  そういうことを報告した資料を、日本政府側に送ったのだが、日本政府は現地が戦闘状態であると困るため、そういう書類がなかったことにして、隠蔽工作をした、

  この問題は書類の問題だと思われているが、実際は戦争に巻き込まれる状況にあったことを、報告した書類を隠蔽したという、本質的な問題がある、
  

  南スーダンはほとんど無政府状態で、国連が認めている現地の政府も、ただの最大武装集団でしかなくて、あちこちで虐殺を繰り返している、危険な勢力でしかない、

  それに対して自衛隊が支援をしていたのだが、当然恨みを買うことになるから、敵対する勢力は攻撃をしてくる、


  この地域は非常に危ないといわれていて、外国の軍隊は次々に撤退をしていた、

  そこでなぜか日本の自衛隊だけが残って、現地の政府(ただの武装勢力)を支援していたのだが、危うく殺し合いになるところだった、


  いうなれば、ベトナム戦争に自衛隊を送ったような状況になっていて、一歩間違っていたら、現地の自衛隊員は皆殺しにあっていただろう、

  だって何より、現地の政府軍が信頼できないわけで、そういう所ではどうなるかわからなかった、


  それで、危ないことは現地の自衛隊員には分かっていたので、その報告を行ったのだが、

  それを日本の自衛隊のトップと、防衛大臣の稲田が握りつぶした、


  南スーダンでは、現地に軍事基地を作っていて、安保法案の集団自衛権を使って、現地の政府と一緒に軍事行動をする予定だった、

  ある意味、安保法案はこの南スーダンのために作ったようなもので、そこで戦争の成果を出すことを目的にしていた、


  しかし現地があまりに激しい戦闘状態だったので、自衛隊員が皆殺しに合う可能性もあったから、結局撤退をすることになった、


  こう考えると、根本的にあるのは安法法案による、軍事成果を期待したアベが全ての原因なのだが、
 
  それによって現地の自衛隊員が殺されそうになって、現地から送られたSOSを稲田が握りつぶした、


  これが構図なのだけど、そういうことを国会で話すらしいが、稲田も出ないので隠蔽工作にしかならないだろう、


  政治的にいうとこれからは、加計学園の認可が決まるかと、PKOの報告の問題が国会で議論される、

  そのあたりがどうなるかでしょうかね、


  (PKOのことを書けば良かったんじゃね、と今気づきました)


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社




関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR