03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

アベの内閣改造、レイシスト小池の日本ファーストの会、冷戦構造を維持するマスコミプロパガンダ

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  最近は変な台風が来ていて、不思議な事が起こっていますが、そういえば以前もあった気がします


  さて政治の話は何かあるかな、そういえばアベの内閣改造があったか、

  支持率が下がったので内閣改造らしいが、どんだけ意味があるのかね、


  内閣改造をするとしばらく、支持率を挙げられるポイントがなくなるので、実をいうと内閣改造は危ない面もある、

  頻繁に内閣改造ができるわけではないから、後数ヶ月程度は内閣改造はできないだろう、


  そうなると息継ぎポイントがないというか、浮上する機会を失うので、次の内閣改造ができるまでに、何らかの対策ができなければ水没する、

  最悪アベの辞任もあるだろうな、


  まあアベが辞任することはよいことだが、色々見るとあまり内閣改造の効果はなく、下落傾向は止まらないようだ、

  そもそも問題になった、森友問題と加計問題については、一切説明をしていない、


  具体的な資料は一切自民党は出していないし、国会での証言も論拠のあるものは一つもない、

  国会の答弁では記憶にないと全員が答えていて、具体的な証拠については一つもない、


  アベの周囲のやつは、ヘンテコリンな答弁が多いけど、少し前は記憶が無いのだから、そんなことはなかったというのがあった、

  そいつは強い印象が残っていないならば、そんなことはなかったのだろう、みたいなことをいっていた、


  記憶が無いから、そんな事実はないとかいう辺りが、基地外自民党の真骨頂といえるが、

  常識的にいえば、記憶が無いということは証明ができないわけで、ありうる可能性を認めた事になるが、


  それが自民党だと、記憶が無いからそんな事実はないというのだから、自民党の体制が続けば、日本の犯罪者は記憶が無いといっておけば、いずれ全員無罪になるのだろう、


  現状加計問題も森友問題も、情報を一切アベ自民が出すことがなく、大半の情報は別ルートから出ている、

  そういう情報を怪文書といって否定したのに、後から認めることを繰り返している、


  これでは誠意ある対応とはいえないわけで、問題への説明責任は1%もしていないといえる、


  私としては正直な所、マスコミを信じる気持ちは全く無いので、支持率も国民を騙すためのプロパガンダとしてしか見ていない、

  だから支持率云々といわれても、どうでもいいことのようにしか感じないが、アベの周囲にとっては意味があるのだろう、


  内閣改造をすれば数値は上がるかもしれないが、説明責任を一切していない現実があるので、評価されることはないだろう、

  特に加計学園はこれからも工事をしていくわけだから、社会に害を広げてしまう問題がある、


  それを考えると、加計学園問題は建設中止をするくらいやらないと、責任問題を問われることになる、

  これからどうなるかは分からないが、アベ政権の最後の息継ぎポイントになるかもしれません、


  次に、レイシスト小池が日本ファーストの会、とかいう政治団体を作ったようだ、

  こいつは人種差別主義者の人間のクズなんだけど、マスコミの報道のおかげでまともな人間だと思われている、


  ちょっと調べれば、こいつが極右政治家であることは分かるのだが、マスコミが一切報道していないので、気づいている人は殆どいないようだ、
   
  ただしこの名前は、明らかに極右政党の名前だから、レイシズム的発想が名前に含まれていて、人種差別主義政党としての意味がある、


  日本ファーストの会ということは、日本以外は低俗な民族という意味も持つ、

  それは日本国内に住む日本人以外は、日本人以外は低俗な民族だといっていることと同じだ、


  差別主義というのは反動で起こるもので、日本が正しいから他民族が悪い、そういう発想になるのが差別主義だ、

  差別主義というのは差別をするのではなく、何かが正しいからそれ以外が間違いだといって、迫害をすることが差別主義になる、


  日本ファーストの会ということは、日本人以外は差別しますよ、という意味があるわけで、明らかに差別主義政党の名前でしかない、

  この名前は日本第一主義政党という意味なるから、ファシズムとかそういう民族主義的な、発想があるといえる、


  そういう事について国民が気づくかだけど、多分分からないんじゃないかと思う、

  何故かというとマスコミが一切報道しないから、素晴らしい政党という形でしか、報道をしないだろう、


  レイシスト小池が差別主義者なのは、以前の言動を調べればすぐに分かることで、こいつの政治思想は基本的に、人種差別以外の要素はない、

  差別主義の塊みたいなやつだから、レイシスト小池は差別主義政治家でしかない、


  けど、そういう事実はメディアはでは報道されないし、国民がそれを知ることはないだろう、

  私みたいな人は知っているから、日本ファーストの会というと、日本人優生主義の差別主義政党であることは、良く分かる、


  しかし普通の人は多分よく分からなくて、こいつの人種差別主義政策も、何も考えずにバンザーイといいそうだ、


  マスコミは外国の極右政治家や政党について、政治的な問題として報道をするけれど、

  それが世界の潮流ならば、日本にだって極右政治家や政党はあるはずで、マスコミがまともならば報道をするだろう、


  現状、そういうことを報道したメディアは一つもなく、レイシスト小池が人種差別主義者であるという、本人も認めている明確な事実すら、報道する気がない、


  日本ファーストの会は明らかな、人種差別主義を標榜した勢力だが、その問題に気づく人もいないので、東京は人種差別主義がまん延するでしょう、


  後は何かあるかな、今日は話題がないので書きづらいのだけど、中国報道についても書いてみるかな、

  最近のマスコミは中国批判が強いが、結局はプロパガンダなのだろう、


  中国の代表が次の党大会で、色々やるので報道しているが、批判的なプロパガンダしかしていない、

  少し前に見たものでも、中国のトップが何故から軍事パレードをしている絵を使っていて、意味不明だった、


  これは北朝鮮報道もそうなんだけど、なぜかマスコミが北朝鮮や中国を報道する時は、軍事パレードの絵しか使わない特徴がある、

  北朝鮮の場合は多少はそういうところもあるが、中国は最近は軍事パレードを重視していないと思う、


  あまり中国の軍事パレードのことは聞いたことが無いし、それを中国を紹介するときに使う、日本のメディアは偏向報道をしている、


  マスコミの問題としてあるのは、特定の方向にイメージをさせることで、結局プロパガンダしか連中にはできない、  
 
  例えば中国の党大会があるならば、党大会の映像を使うか、いまの中国の政治の映像を使えばいい、


  それなのにメディアが使うのは軍事パレードだけで、中国が軍事独裁国家で、その取り決めをしている共産主義国家だと、

  いまだに冷戦時代続いているような、古臭い報道しかできていない、

  ある以上の年齢の人は、そんな報道でも喜ぶんだろうけど、いまの状況にあっていない、メディアの報道は結局のところ害でしかない、


  北朝鮮もそうで、確かに軍事的な意味はあるだろうけど、北朝鮮報道をする時は、軍事パレードの絵を使うのが普通だ、

  別に軍事パレードでなくても良い場合でも、使うのは必ず軍事パレードの映像になる、


  だから中国や北朝鮮も、そんな大したことをしていなくても、その映像によってみている人に、刷り込みが行われて偏った見方を強く持ってしまう、


  他の点もそうで、最近北朝鮮の経済制裁があったが、そこで報道されたのはアメリカの発言だけだった、

  国連での行動である以上、別にアメリカの意見を聞く必要はないはずだ、


  それなのに、マスコミの報道はアメリカの発言だけを捉えていて、それ以外の国連での議論については、報道をしていなかった、

  まるで国連がアメリカの一部の機関であって、アメリカの言い分をいうために国連がある、そういう形で放送していた、


  しかし実際は、国連でもいろいろな議論があるし、発言だって多くのものが存在している、

  それなのにマスコミが報道をするのは、アメリカの関係者の発言だけだった、

  アメリカの関係者の発言は、動画で時間をかけて伝えていたが、それ以外のことについてはほとんど報道していない、


  このように情報を伝えれば、アメリカの意見で国連が動いただけで、それ以外の意味はなかったように伝わってしまう、

  こういう所も冷戦時代的な発想で、冷戦時代のアメリカを彷彿させれば、冷戦時代感をくすぐれると読んだのだろう、


  もしかするとマスコミも老いていて、昔のことしか知らな人が報道をしているから、古臭い考えの演出になっているのかもしれない、

  中国や北朝鮮は必ず、軍事パレードをバックに報道すべし、

  国連で何かあったら、アメリカの発言だけを伝えて、それ以外はできるだけ減らす、そういう指示をする人がいるのかもしれない


  冷戦時代はそれでよかったのだろうが、今はアメリカに対する信用も低いし、アメリカだからといって評価する国は少ない、

  中国や北朝鮮も軍事一辺倒ではなく、ある程度は変化が起きつつある、

  けれど日本のマスコミは、絶対にそれを認めようとしないのだが、


  日本にベルリンの壁があるとすれば、それを作っているのは間違いなく日本のマスコミで、彼らのプロパガンダによって日本人の頭のなかに、壁が毎日作られているのだと思います、
  

21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社


関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR