07 月<< 2020年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 

蓮舫の二重国籍問題の誤解、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  政治の話を長く書いていて思うのは、こういう分野のアップダウンの激しさです、

  多分投資をしている人やギャンブルが好きな方も、同じようなことを感じるのだろうけど、政治にも結構大きな変化があります、


  で、その変化が起きていて面白いなと感じているのだけど、うーんと、まずは蓮舫の二重国籍問題を、書かないといけないのかな、

  この問題は以前一時的に話題になって、そのときは一回決着がついている、


  ただなぜかまた二重国籍問題が話題になっていて、蓮舫が自分の戸籍を公開するといい出している、

  戸籍を出すことは個人情報的に問題があるのだが、野党の党首として決断をしたようだ、


  この件については色々な意見を見ていたが、勘違いも多くあったように感じた、

  特にネット論者の意見は異常なものが多く、その異常性から見えたものもあったように思う、


  そもそも蓮舫の国籍問題は、この人物の親の一人が台湾の人で、台湾と日本の国交がなくなって、その影響で国籍がおかしくなった問題がある、

  日本は台湾と国交をなくしているため、台湾と日本人のハーフの場合は、中国政府が国籍を持つことになる、


  ただし、台湾にいる人の戸籍を、中国政府が持っているわけがないので、

  日本から見ると台湾国籍の人は、国籍が中国にあるのだけど、確認できない形になる、


  蓮舫がいわれていたのはこの問題だったが、本人は若い時に国籍を抜いていて、日本人として暮らしていたようだ、

  本人もずっと日本人だと考えていたのだが、台湾に聞いてみるとまだ国籍が残っている、という話があった、


  国籍に関しては、国家で住む上では重要なものではなく、どちらかという形式的な意味が強くある、

  例えばアメリカにはいろいろな国の人がいるが、そういう人の国籍を細かくとうことはない、


  手続き上ある程度は問われるのだけど、海外では独裁国家や鎖国をしている国でなければ、国籍はあまり重要ではない、

  また、手続きをしていれば外国の国籍を持っていても、政治家になることは可能なので、国籍はあまりに意味はない、


  ただ日本人は、いまだに頭にちょんまげが生えている民族だから、外国ではまずない帰化しろとか、そういう外国人に対する抑圧がある、

  日本人は気づいていないけど、帰化しろなんて脅すのは日本くらいなもので、そんなことをしている国は、下手すると途上国でもないと思う、


  それだけ日本は閉鎖的な鎖国国家なのだけど、そんな民族性の影響か蓮舫の問題は、多少騒がれたけど大きな問題にはならなかった、

  それは国籍の問題がややこしい話だったので、国民の大半がよくわからなかったことが、原因だったのかもしれない、


  実際世論調査でも殆どの人が、蓮舫の国籍には問題がないと答えていて、問題があると答えていたのは、ごく一部にすぎなかった、


  それで終わったようにみえるのだけど、今回の都議選で民進党は受け皿になれず、選挙で負けるほどではなかったが、勝つほどでもなかった、

  そういう問題が民進党内で議論されていて、蓮舫やノダの責任問題ではないか、という意見が出ていた、


  選挙結果からすると、蓮舫やノダはよくやった方で、奇跡が起きてなんとか勝てたレベルなのだけど、たしかに国政を担うほどの議席は取れておらず、責任がないとはいえない、


  それからどうなるかだったのだが、どういうわけか民進党内で、蓮舫が二重国籍に対して、十分な説明をしなかったことが、敗因の原因になっているのでは、という意見が出ていた、


  確かにそういうところはなくもなく、大した影響はなかったけど、対応を工夫すべきだったいうことはあるだろう、


  さてここからが面倒くさいのだけど、この問題に関してはネット言論と、蓮舫の視点のズレが出たように思う、


  ネット言論について書いてみると、

  ネットの政治論者は、蓮舫を叩いたのはレイシズムやネトウヨの言論であって、その言論に民進党が押されることによって、人種差別的な意味で蓮舫が潰された、そういっていた、


  確かにネットだけを見るとそうなのだけど、実際はこの意見はかなりずれている、


  まずリアル世界においては、ネット右翼やレイシズムは遠い世界の話であって、無いわけではないのだけど、表立って出せるほど一般化はしていない、

  たしかにマスコミの反日扇動雑誌の販売によって、ある程度はそういう動きはある、


  しかし社会常識的にいって、ネットウヨクやレイシズムは異常な行為だから、リアル世界では影響力がない、


  もう一つ蓮舫から見た視点を考えると、確かに蓮舫はネット上の差別主義言論については、ある程度見ているだろう、

  そういう意見はよくいわれているから、ただしそういう視点で動いた可能性は低く、別の意味があったといえる、


  世論調査は胡散臭いけど、以前の調査では大半の人が、蓮舫の国籍に問題がないと答えている、

  だとするならばネット上で、蓮舫の国籍問題がいわれたとしても、それに答えたとしても意味が無いことは、当然分かっている、


  この議論がずれているのは、ネットには差別主義やレイシズムが普通にあるのに、リアル世界では殆どないことだ、

  その影響で、蓮舫が国籍問題に対して対応する時に、ネットで聞いた人と蓮舫がどう考えたかでズレが発生する、


  ここら辺がネット言論の限界なのだろうけど、匿名の世界だから誹謗中傷が、普通にあるのがネットの意見だろう、

  しかしリアル世界では社会的な制裁もあるため、誹謗中傷は簡単にはできない、


  となると、ネットで考えると蓮舫は誹謗中傷の影響で、民進党が動いてそうせざる得なかった、と考えてしまう、

  それに対して、リアル世界だと誹謗中傷は全く無いけど、誠意を示したほうがいいのではと、民進党や蓮舫は考える可能性が高い、


  ここまでネットとリアルの意見がずれるのも珍しいが、差別主義がネットではびこることが、同じ世界にすんでいるのに、見て見るものをぜんぜん違うものにしてしまう、それが今回の件の特徴だといえる、


  そしても一つあるのは、蓮舫がなぜ戸籍の公開をしたのかという問題だ、

  ネットウヨクの影響ではなく、社会的な意味を考えて公開したのならば、それにも理由はあるはずだ、


  その理由に関しては当人ではないし、民進党の内部について知っているわけではないため、何が原因かはわからない、

  ただ有りうるのは、蓮舫に対する指導力への疑問だといえる、


  少し前に国会で野党が自民党を批判していた時に、結構いい調子で批判をしていたので、蓮舫も何かやるのかなと考えて、国会の動きを調べている時があった、

  それで蓮舫が何をしたかというと、民進党の政策をただ述べるだけで、アベや自民党の批判をしなかった、


  たまたまそういう仕組みがあったから、蓮舫が穏やかなことを言っただけなのかもしれないが、ただ正直違和感はあった、

  以前も民進党が与党だった頃に、ノダの下で蓮舫は色々していたが、結局目立つことはしていない、


  よくいわれる二番じゃダメなんですから、という台詞があるけど、

  実際のところ蓮舫の仕事は地味で目立たないものが多く、意図的に衝突を避けている感じがする、


  蓮舫が党首になってからかなり時間が立っているけど、蓮舫が何かをしたのみた人いますかね?、

  確かに選挙応援はしているのだけど、与党を徹底的に追い詰めることは、したことがない、


  民進党は立場が強いわけではないため、何らかのアピールをしないと有利になれない、

  昔の小沢さんみたいに、上手くマスコミの気を引いてパフォーマンスをして、国民に興味を持ってもらうことが大事だ、


  そういう所が蓮舫は弱い感じがしていて、党内で批判を浴びたのも、それが原因ではないかと想像している、


  この論があっているとすれば、蓮舫が国籍の公開を踏み切ったことは、人種差別的な意味ではなくて、党内向けに度胸を見せるためではないか、そんな感じもしている、

  度胸を見せるなんて、政治じゃないようにみえるが、多少はパフォーマンスができないといけないわけで、それに応えたのかもしれない、


  昔の社会党も、そういうパフォーマンスがうまかったけど、もし蓮舫が以前二重国籍を問われた時に、今回のような対応をしていれば、それによってパフォーマンスができていた可能性はある、


  そんな下らないことを、というのは確かにあるのだけど、最近の選挙で勝っているところは、だいたい下らないことをしている、という視点も考えなければいけない、

  別に下らないことが正しいわけではないけど、それを完全否定したら、選挙に勝てないのではというところもある、


  蓮舫の二重国籍問題は、法的には問題があるものではなく、ネトウヨの影響力でやったものでもない、

  レイシズムでも人種差別でもなく、そういう意図があるものじゃないだろう


  あるとすれば党首として、民進党をアピールする宣伝ができていない、パフォーマンスが蓮舫は苦手、それが選挙結果になったのでは、という意見が党内にあった可能性はある、


  実際、東京のレイシスト小池なんて特に立場がないのに、パフォーマンスだけであれだけ勝ったわけでしょ、

  だとするならば、蓮舫も同じようなことを要求されるわけで、真面目に選挙活動をするだけでは、リーダーたる資格はないと、言われたのかもしれない、


  そういう指摘はあると思うが、ノダがやめるとかいっているので、ノダをかばっているのかもしれないが、

  根本的なものは民進党の人間ではないので分からないが、ただネットでいわれている論点はずれている、


  ネトウヨやレイシズムで公開をしたのではない、それ以外の何が理由なのかは分からないが、ネットの意見は的外れじゃないかと考えています、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR