01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

ネオナチが生んだ加計学園ビジネス、レイシスト小池による都議会選

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  最近はだんだん暑くなっていますね、気温がおかしいというのは以前からですが、夏が寒くなる事はあまりない気がします、


  それはともかく書いてみると、最近の話題として加計学園の問題があるか、

  この問題についてはなぜかマスコミが報道をしていて、一体どうしたのかという気がしています、


  いつもは政府の犬として国民の恫喝をしていたメディアが、ここに来てアベマンセー教から、ちょっと外れつつあるのはちょっと謎だ、

  まあ報道するのはよいのだけど、政府の犬の一丁目のNHKが批判的なのは、七不思議レベルでおかしく、アベを批判するNHKは月刊ムーで特集すべきだろう、


  今となってはメディアがアベ批判をすると、怪奇現象に見えてしまうほど、今まではアベとメディアは一連托生で、ほぼ同類だったのだが、一体どうしたのか


  多分アベがおごった寿司がまずかったのか、その程度の理由なのだろうけど、そういう報道を見ると、アベが圧力をかけたのほぼ確定している、

  この問題は愛媛県で大学を作るために、現地の担当者と話し合いをしていたのだが、その点について裏が取れている、


  つまり現地の人とは事前に話をすりあわせていて、このインチキ学園を作る取引をしていた、

  アベとしては国政の情報封鎖は考えていたが、結局地方の情報管理までは手が回らなかったらしい、


  その影響で地方自治体の人がゲロってしまったため、アベが地方自治体に圧力を加えて、事前に加計学園についてどうするか決めていたことが、バレてしまっている、

  そんなことに対して、顔面が死んでいる菅はたまたま、アベのマブダチが加計学園をやっていただけといっているが、そんな事実はない、


  この加計学園の問題は森友学園と全く同じ形で、自民党の都合で役所が動くことによって、本来できない学校の運営を可能にしていた、

  今はネオナチの日本会議が自民党を支配しているから、そういうネオナチ連中が教育に興味を持っている、


  以前も教科書検定とか、道徳教育とかに介入して、ネオナチ思想を子供に洗脳しようとしていたが、

  その影響で、アベやネオナチ日本会議が教育に興味を持っているため、教育ビジネスで擦り寄っている連中がいる、


  教育施設は公的な機関であるから、色々な補助金を受け取ることができるし、そうなればタダ同然で大きな資産を手に入れられる、

  教育=補助金の塊だから、ネオナチ日本会議の洗脳教育への熱意は、教育機関の補助金獲得ビジネスに変わった、


  それが加計学園の本質だろうけど、この学園は銚子でも補助金をせしめて、銚子市を財政破綻に追い込んだらしいが、
 
  そうやって教育ビジネスをすることによって、補助金を政治家に頼んで盗って、それで私腹を肥やすことをしている、


  加計学園の問題も結局補助金ビジネスであり、昔の大型公共事業と似たところがある、

  ネオナチ日本会議は教育に熱心だから、その点を金になると踏んで加計学園側が擦り寄ったのだろう、


  そういう形で多額の資金を手に入れたが、今回の多額の支援によって愛媛県は、財政破綻をする可能性が高くなっていて、公共サービスの大幅削減が起こりそうだ、

  加計学園は銚子市でも同じことを起こしていて、現地の市民を騙して金を盗んでいるので、さすがに二回目ということは確信犯だろう、


  こいつら金を盗むために学園を作ったらしいが、まさか教育制度で金儲けを考えるやつがいるとは思わなかったけど、

  日本の教育制度の質の低さが産んだ問題だともいえるが、


  そんなことがあって、アベのマブダチがネオナチ思想の流れを使い、補助金目当てでかけ学園を作って、愛媛県を財政破綻に追い込もうとした、

  これは日本会議を利用した教育ビジネスで、このような構図はうっすらとだが、森友学園にも見て取れる、


  そういう形でアベの友達が、愛媛県から金を盗もうとしたが、どうやら現地ではガードがゆるくて、いろいろな情報がだだ漏れしてしまった、

  現地の人はアベの注文について聞いたと答えているし、何回か面会をして交渉をしたことも認めている、


  その過程で、地方の資産をアベが私物化して、それを友人に渡してリターンを期待したのだろうけど、こんなアホが原因で財政破綻したら、愛媛県の人たちはやってられないだろう、


  今回の件から見えてきたのは、教育利権をネオナチ思想を前提に行っていて、教科書検定が、大学設立の補助金詐欺ビジネスになった、そういう犯罪成長とでもいうべき、アベの優れた学習能力を見た感がある、


  このゴミは、人の金を盗むことには熱心なやつだし、ネオナチ思想を持っていれば犯罪をするホモでも、政府高官に取り立てる変質者なので、こんな形になったのだろう、


  元々日本の教育は拝金主義であって、教育としての意味を問うものではなかった、

  それとネオナチ日本会議による政府支配によって、右翼思想による補助金詐欺が起きたのが、今回の件だったといえる、


  このままいけば多額の補助金を盗まれた愛媛県は、下手をすれば財政破綻して夕張市のようになるが、これも自民党を支持したやつが悪いのだから、どうにかできるものではない、


  日本人はアベマンセー、自民党バンザイというが、こんなゴミどもにできることは金を盗むだけで、人の役には立たないというのが結論でしょう、


  次に、レイシスト小池が都議会選をするらしいが、このレイシストはさてどう動くのか、

  本来、このレイシスト小池は極右思想家であるから、人権弾圧や人種差別を掲げて政治活動をしたいと考えている、


  嘘みたいな話だけど、このレイシスト小池の本性はそっちなので、本音で言えばこいつは差別主義を、政治的に広げたいと考えている、

  しかし差別主義を前面に出すと困るので、差別主義は影に隠しながら、一見レイシストではないふりをしている、


  このレイシスト小池は、元々は関西の維新の党と同じ、民進党潰しに作られた存在である、

  大阪では以前は民進党が強かったが、今は殆ど議席がなくあるのは維新の党の議席が中心だ、


  そうなったのは、維新の党が自民党と対立しているふりをして、野党票の多くを吸収したからで、実態は自民党の別働隊の維新の党が、マスコミのプロパガンダで野党に見えて、政治に関心のない大阪の人が騙された、


  その結果大阪では民進党はほぼ全滅して、結果的に維新の党は自民党の援護が可能になって、自民党の影響力が広がる結果になった、

  
  そのような図式が大阪の都議会選でもあって、今回の選挙では民進党はかなり不利になっている、

  それは民進党の議員がレイシスト小池の党に移って、それによって社会的信頼を失ったからだ、


  このようなことは雪崩式に状態が悪化してしまうため、実際は移籍をしたくなかった民進党議員も、レイシスト小池の党に移っている、

  それをマスコミは民進党批判として利用しているが、この結果がどうなるかははっきりしないところがある、


  そもそも地方政治は政党政治ではなく、会派などのグループによる違いが大きな意味を持つ、

  地方では社民党と自民党が手を組んでいるところもあるくらい、政治はごちゃごちゃではっきりしていない、


  そのため、地方政治においては政党はあまり重要ではなく、会派のようなグループが意味を持つ、

  そして今回の選挙では、レイシスト小池と民進党は対立していないため、場合によっては協力できる可能性はある、


  マスコミや既得権としては、民進党が負けたことを大体的にいうつもりだったのだろうが、実際に起こることはよく分からない所がある、

  例えばレイシスト小池の党と、それ以外の野党がそれなりに勝った場合は、レイシスト小池と民進、公明、共産の連立になる、


  そうなった時にレイシスト小池の政党があまりのびず、それ以外の野党が伸びた時は、レイシスト小池は他の野党の顔色をうかがわなければいけない、

 
  地方政治は悪くいえばごった煮の政治なので、明確にこうなると分けられるものではない、

  今回の選挙では自民党以外が協力をしているため、それぞれがそれなりに勝って会派を作れれば、大きな問題にはならない、


  今度の都議会選でポイントになるのは、レイシスト小池野党が大きく勝ちずぎず、自民党が大きく負けるかどうかが重要だ、

  他の野党もそれなりに勝って自民党が減るだけならば、レイシスト小池の影響力を使って、野党が有利になれる、


  本来レイシスト小池は、野党を潰すために作られた自民党の駒だが、こいつは胡散臭い人間であり、倫理観など一切持ち合わせていないため、金や利益になるならば何でもしてくる、


  そういう類だから、都議会選後に自民党が不利になる結果が出て、野党がどこもそれなりに勝った場合は、自民党と対立をする可能性はある、

  もちろんそんな理念や考えがあるのではなく、そのほうが金になるから程度の意味だが、利害で動く人間は軽薄なのですぐに寝返る、


  レイシスト小池の動きは今後重要になるが、こいつの倫理観のなさは場合によっては価値がある、

  こいつにとっては金や権力が全てであって、自民党が生きようが死のうがどうでもいいため、使い道はなくもない、


  最もこの人物が差別主義者であることは変わらないため、最終的には役に立つ人間ではないが、

  うまくいけばある程度の期間は、自民党を叩く形になる可能性はあります、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR