03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

作る理由のない共謀罪、加計学園で崩壊する日本の獣医制度、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  今日も何か書いてみると、アベの基地外がやろうとしている共謀罪は、実はこの法案を作る理由が存在しない、

  アベのやつはオリンピックで必要だといっていたけど、実際はそういう必要性はない、


  その件については担当の人間が、この手続はマフィアなどを対象にしたもので、テロリズム対策をしてはいけないと答えている、

  なぜテロリズム対策をしていけないのかというと、それはテロリズムは国民への弾圧につながりやすく、そういう行為を否定しているからだ、


  つまりアベのいっている、オリンピックで共謀罪がいるというのは真逆で、アベのいう条約に関しては、テロ対策をすることを否定していて、アベのやっていることは完全に間違いになっている


  ということを、最近なぜかメディアで報道していたのだけど、そういう形になったのは、国際社会から日本の共謀罪が、危険な法案だと認知されてきたからだろう、

  その中心になったのは国連の議会で、そういうところとの交渉で失敗をしたことが、日本の共謀罪を世界に知らしめたといえる、


  アベのクズは詐欺師の小泉とは違って、低能な素人にすぎないが、頭が逝かれているのでブレーキがない、

  詐欺師のコイズミは詐欺師として仕事のルールがあったが、アベは基地外なのでそういうものは一切ない、


  そういう人間の屑なので、今回のこともテロ対策に使ってはいけないことを、テロ対策だから共謀罪がいるといい、しょうもない基地外話になっている、


  だいたいからして以前共謀罪の議論をした時は、オリンピックの計画自体がなかったのだから、オリンピックと共謀罪には何の関係もない、

  そのような単純な点すら指摘できないのだから、日本のメディアはすでに終わっているけれど、


  ともかく、アベのアホがいう、共謀罪を作る必要性は存在せず、この法案を作らなければいけない理由はない、

  あるとすればアベのマブダチの強姦魔が、共謀罪が成立しないと捕まるくらいだが、性犯罪者が生きようが死のうがどうでもいいので、これも論拠にならない、


  となると全く意味のない法案になるが、アベのクズのやりことだから言論弾圧とか、そういう辺りが目的だろう

  それに対してどうするかということだけど、ここまで来てしまった以上、日本の崩壊はある程度決まった気はします、


  次に、加計学園の話を書いてみると、アベの友達で強姦魔でない方がやっているのが、この学園であるのだが、

  この加計学園では100億近い金をネコババしていて、税金泥棒の学園だといわれている、

   
  加計学園の行ったのは獣医学部の新設だが、日本の獣医は十分に存在しているので、新たに増やす必要性はない、

  だから今までは新設が認められなかったのだけど、なぜかけ学園だけは認められることになった、


  そうなったのはアベのやった規制緩和で、岩盤行政を破壊すると嘘をついて、国民の金をアベと加計学園が盗んだわけだ、

  こいつらのやったのは、まず獣医が必要ではないのに無理やり新設をして、学校を作ることにしたことだ、


  獣医が足りないから行ったとアベはいっているが、実際には獣医が足りないかどうかについて、明確な調査は行われていない、

  この件について告発をした事務次官は、農水省に頼んだが調査をしてくれなかったと答えている、


  それはアベが農水省に圧力をかけたのだろうが、そういうインチキを行うことによって、農水省では獣医がいるのかについて調査をせず、具体的なところについては確認が行われていない、


  ただ獣医の学会からは、十分な獣医の数は存在していて、家畜関係は足りないところはあるが、他のペット向けの獣医が多いのでトータルでみれば、十分に足りていると答えていた、


  獣医学会がこのように答えられているのだから、農水省が情報を出さなかったのは、アベの圧力を受けたからと見るべきだろう、


  そして、加計学園の問題はそもそもの問題として、獣医がいるかどうかについて結論が出ていないところがある、

  アベは獣医が足りないから学部を作ったといっているが、実際にはそのような調査は行われていない、


  不思議な事だけど、加計学園の獣医学部設立では、獣医が足りないかについての調査は基本的には行われておらず、そのようなデータは存在していない、

  それなのに、この学部を作る時は獣医が足りない方というのが論拠になっていて、最初からインチキ目的で学部を作っていたのがバレている、


  そして、もう一つの問題になっているのが、学部を作るための期限についてだ、

  この獣医学部を作るための期限は、なぜか加計学園だけがクリアできるようにできていた、


  同じ学部を京都大学も作る予定だったが、京都大学が建設を終えられる時期よりも早く、建設期限が設定されていて、実際に新設が可能だったのは加計学園だけだった

  そして、いつごろに建設期限が来るのかを知っていたのも加計学園のみで、加計学園の建設時期に合わせて、役所が調整をしていた、


  このあたりのことはいろいろな文章から分かっていて、京都大学が新しく新設をする事ができないように、

  最初に建設の期限を加計学園だけに伝えていて、ある程度話が進んでから京都大学に伝えている、


  そりゃこんな形では京都大学が新しくできないわけだが、アベのクズの周りにはゴミしかいないのだろう、


  更に、この件については新設をするための4条件があって、その4条件は京都大学はクリアしていたが、加計学園は全てにおいてダメだった、

  それなのに加計学園が選ばれたわけだから、いかにこのアベ学園問題がインチキであるかがわかるだろう、


  この獣医学部の建設では国から100億近い補助を受けられて、それ以外でも色々な保証を利用できる、

  その利益を考えれば数百億の国民負担になるが、それをアベの友達だからというだけで、勝手に税金を使っているわけだ、


  こんなことをしていれば国が傾くわけだけど、この加計学園の問題は別の点でもあって、大量に獣医を育成する学部を作るとして、それを教育する人がいるのかという問題がある、


  獣医はそれほど数が多いわけではなく、何十年も数を増やしてこなかったので、それを教える側の人材もたくさんはいない、

  そのため、加計学園では素人に近い人間や、高齢でもうリタイアした人を教師をして雇うことにしているが、そういう人間では十分な教育は難しいだろう、


  つまり、この加計学園の最大の問題は教育の質が悪く、まともな獣医を育成できる可能性が低い点にある、

  そもそも、加計学園は他の大学も低レベルな所が多く、質の高い教育を受けられる学校ではない、


  今回の件も、ろくに計画を立てずに補助金目当てで初めているわけで、もし加計学園が作られれば、質の悪い獣医学部が発生したことだろう、

  そして質の悪い獣医学部の学生は、十分な教育を受けることがなく、質の悪い獣医を大量に生んでいた可能性がある、


  日本で年間に卒業をする獣医は1000人位で、加計学園ではそこに160人人数を増やす予定である、

  そうなると、もし加計学園が獣医学部を作ったとすると、年間二割くらい非常に質の悪い獣医が生まれることになる、


  こうなった時は世の中の二割くらいの獣医はヤブ医者になって、多くの社会問題を引き起こすことになる、


  加計学園の問題は、まず獣医が必要であるかについて調査をしておらず、明確な結論を得られていないこと、

  それなのに獣医が足りないから新設をするといっていて、獣医が足りない論拠を説明てきていない点がある、


  もう一つがあるのは、この学園の教育制度の質の悪さで、急にいまいる獣医よりも二割増やすならば、それに対応できる教育者も必要になる、

  しかしそのような人間はいないわけで、不十分な能力を持った教師しか雇うことはできない、


  そうなると、日本の獣医の二割は常にヤブ医者になるわけで、このような状態が長期間続くおそれがある、

  
  アベがやろうとしていたゴミみたいな学園は、こういう致命的な問題が存在していて、そもそも必要性があったとはいえず、まともな学校運営ができるようにも見えない、


  そういう意味では、加計学園の問題は森友問題と同じで、過剰な教育への介入によって、日本の教育制度を破壊した行為だといえる、


  このような問題をどうするかということだが、そこら辺でペットがヤブ医者によって地獄を見るのが嫌ならば、加計学園問題に対しては否定すべきだろう、

  たしかに獣医は人間の意志ではないけど、ペットを家族のように思っている人は多くいる、


  そういうペットの安全対策を崩壊させかねない、加計学園は極めて危ないところなのだから、この学園を認めてはいけない、

  はずなのだけど、アベマンセー民族の日本人にまともな判断ができるか、結構怪しい気がします、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



  
関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR